6月30日(日)モモの旅支度&旅人来る
 昨日モモが亡くなったが、その前の日の夜、普段は寝たら朝まで熟睡するのだが、全く寝られず12時過ぎには起きて朝まで過ごした。
 モモが最後に来たのだろうか?
 そんな事があった次の日にモモが亡くなった。
 今日はモモの旅支度をした。
 保健所の言う通りに、布で包んで段ボールに入れ、中に花買って来て入れた。
 保健所に持って行こうと電話したら、職員が居ないので明日に出来ないかと言われた。
 昨日は休みでもOKだと言っていたのに・・・。
 仕方が無いので氷を購入してきて、一緒に中に入れておいた。

 引っ越し先に戻って、今日も荷物の整理。
 今度はGHの中の物置場の荷物も整理する。
 競技スキーやクロカンスキー、ヘルメット、ロード自転車のホィール、昔の高級スピーカー、レコード、赤ちゃん用お風呂などなど使わない物を外に出した。
 まだまだありそうだ。
 殆ど使わない物は思い切り捨ててしまって超身軽にする事にしたら、気持ちも吹っ切れて捨てる事が出来る。
 こんなに有った

 まだまだある
 夕方旅人真美さんと友達の女性がやって来た。
 共通の友人の結婚式が函館であるので2人で来た。
 2人にどんな共通点があるのか興味があった。
 真美さんは現在も自転車で旅しているが、北海道の牧場でバイトをしている時に、結婚する彼女と一緒だった。
 もう一人の女性は原チャリで日本一周したが、子供の時、世界一周船の旅に行った時に結婚する女性と知り合った。
 そして今回参加する2人は旅で知り合った。
 凄い繋がりがあるんだと感心する。
 結婚式参加姿で来る人は初めてなので、記念撮影をする。
 こんな姿の写真は初めてだ
 今日は楽しい日になるだろう。
 佐藤さんは元町方面に観光に出かけた。
6月29日(土)モモ亡くなる&旅人来る
 今日も朝1番で燃えるごみ捨てを終了。
 さらに燃えないゴミを、鉄類、ガラス等に分別する。
 後は妻が移動すれば良いのだが、それが出来ないでいたのだ。

 愛犬モモがここ2週間くらい食べ物が食べられず、水だけを飲んでいたが。今日息を引き取った。
 今日は保健所も閉まったので、明日保健所に行く。
 娘が北広島高校の時、XCスキー遠足があり、その途中の雪の中に段ボールに入れられたまだ目も開いていない子犬が4匹か5匹捨てられていた。
 それを希望者が引き取り、我が家にも娘が希望して引き取ったモモがやって来た。
 その後、娘も結婚し我が家では妻が面倒を見ていた。
 私も冬の東北や各地を車で一緒に旅して、寝る前には一緒にお酒を飲んだ思い出がある。
 ハスキーの混じった様な雑種で、力もあってそりも良く引いた。
 ここ数年は足が思うように動かず、散歩にも出られなくなっていた。
 毎年夏を越えられるかどうかという暑さとの戦いだった。
 今年で18歳になるので長生きしたと思う。
 1歳も迎えないで恐らくは凍死していた筈のモモが、運よく助けられて楽しく生きてきたが、今日18年の生涯を静かに終えた。
 




 今日バイクの旅人がやって来た。
 愛知県の九さんの紹介で来た。
 北海道は10年来ているそうで、今後は東京に戻り仕事に付くそうだ。
 北海道最後にこんな良いゲストハウスに泊まれて良かったと言っていた。
 明日には、昨年も来た真美さんと原付バイク日本一周の女性がやってくる。
 GHも徐々に旅人がやってくる。




6月28日(金)今日も忙しい
 何でこんなに忙しいのだろう。
 朝一番で妻を病院に送って行き、その間に引っ越し先に行き、燃えるごみを近くの焼却炉にごみ捨てに行く。
 家具類をカットして持って行った。

 90cm以内に抑えなければならないというルールがあるからだ。
 もしカットしなければ遠いごみ処理場に捨てに行かなければならない。
 計量したら110kgあった。
 失敗だ。
 100kg単位で値段が決められているから、10kgオーバーで200kg分取られる。
 504円であった。

 終わった途端妻から診察終わったと電話。
 すぐに迎えに行く。
 次は隣町の病院に送って行く。
 診察の間に七飯町三島神社に行って、地鎮祭の日程を決める。
 再び病院に戻って車で待つがなかあか終わらない。
 近くの100円ショップに行く。
 何か目新しいものは無いかなと見たら、サンダルと携帯用ミニトイレがあった。
 購入する。
 今日の購入品
 サンダルは家の中で履くためだ。
 100円で出来るとは凄いな。
 ミニトイレはキャンプで使うのに持って歩く。
 軽くて小さいので邪魔にはならない。
 強風で雨の日のキャンプの時に、寝る前の夜中にトイレに行くのは面倒だ。
 そこでこの携帯用トイレに用を済ませておいて翌日捨てれば良い。
 今までは空缶でやっていたが、この方が良い。
 なかなか重宝だ。
 妻の診察も終わってもう午後1時を過ぎた。
 
 すぐにドコモショップに行く。
 先日WEBが見れなくなって、クリーナーでメモリーの接点を綺麗にしたら直ったのだが、再び見えなくなった。
 また見えなくなった
 今度はメモリーカードを交換した。
 また様子見だ。
 なかなか新しいものとは交換してくれないな。

 次にコジマ電機に行く。
 新しい家にはNTTのフレッツ光を入れる。
 現在孫が見ている好みのVTRがあるので、今引いているNCVのケーブルテレビを変えなくてはならない。
 どうせなら特典を生かしたい。
 要するにNTTのタブレットのdtabを1万円で購入するか、surfaceRTにするかだ。
 SurfaceRTはoffice2013RTがインストールされていて、現在のPCとデータのやり取りが出来る。
 パワーポイントもOKだ。
 さらにマグネットで妻いだキィボードと液晶画面がワンタッチで切り離せる。
 離せばTabと同じ状態になり画面タッチで使用出来る。
 5万円のキャッシュバックがあるので無料で貰える。
 もう少し検討だ。
 なかなか良い感じだ
6月27日(木)今日も運搬
 今日は家庭用の大型石油タンクの撤去と廃棄を行う。
 まずは灯油をタンクから抜くが20リットル程あった。
 灯油を抜く
 次に土台の石からタンクを離す。
 ナットを緩める
 そして紐で引っ張り引き倒す。
 どす〜んと音がしてタンクは倒れた。
 見事倒れた
 次に足のボルトを緩め足を取り外す。
 足も外して
 タンク内の灯油が乾くのを待って、リサイクルショップに持って行く。
 ここがクロダリサイクル
 総重量は100kgあって1400円の収入になった。

 家に戻り残っている大型食卓台を運搬する。
 妻がどうしても捨てられないという。
 購入した時は20数万円した高価なテーブルだった。
 テーブルの中央の蓋を外すと鍋料理や焼き肉などが出来る。
 色々な思いがあるのだろうから、残すことになった。
 確かに重量は相当重くどっしり感がある。
 高級品だったが

 午後から不動産の評価額証明を貰いに市役所に行く。
 妻が手続きしている間、椅子に座っていたが、そこに来た男性が「寒くないかい」と言う。
 そう言えば今日は15度位だ。
 でもTシャツに短パン姿だった。
 「俺なんか股引も履いているし、上は長袖を3枚も着ているんだ」と股引を見せてくれた。
 かなりの違いではあるが、私は少し涼しい程度で何ら問題ない。
 「病気も無いいんでしょう」と言ったので「無いよ」と答えた。
 家に帰る途中歩いている人をチエックしたが、半そで・短パンは当然ながら一人も居なかった。
 
 再び大きな椅子などを運び、引っ越し先に戻る。
 最近は妻は現在の住まいで生活し、私は引っ越し先の家で生活している。
 私はまるでキャンプ生活だ。
 残るは大物は大型冷蔵庫と妻のベッドだ。
 前回引っ越した時は、大型冷蔵庫と大型食卓台は運送業者に頼んで2万円で運んだ。
 今回は残るは大型冷蔵庫のみだ。
 何とかスパイクモビリオに入れるぞ!
 車に上げるのが大変だ。
 妻も以前に比べ力が無くなっているのは仕方が無いか。
6月26日(水)健康サロンin明和園
 午前中は健康サロンのウォーキングに参加する。
 私と妻は5kmコースに参加した。
 距離は全く物足りないが、お年寄りが多いのでこれでもきつい人もいる。
 前回の打ち合わせの時は居なかったので、今回は明和園の障害を持った方がリーダーをした。
 コース図も持ったのだが、いきなり違うコースを歩いた。
 でも多少違っても全く問題ないので、そのまま歩く。
 結局1時間20分で歩いた。
 途中で休憩を20分取ったので随分時間がかかった。
 帰って皆で心拍を測定する。
 私は76だったが、102を出した人も居た。
 お年寄りには厳しかった人もいる。
 今日の昼食
 昼食はナスの揚げものときんぴらごぼうだった。
 何時も行事に参加する人で92歳の佐藤キミさんがいる。
 本当に元気で驚く。
 終わった後に皆で話しをしたが、毎日のように歩いて出かけ、体操やカルタ取り、トランプをしている。
 朝のNHKラジオ体操は第1回から毎日参加している。
 長生きの秘訣を聞いたら、「規則正しい生活」と言っていた。
 夜は9時に寝て朝は5時に起きる。
 良く歩く。
 駄目とは絶対言わない事。
 もう駄目と言うのは死ぬときだけだ。
 耳も目も全く問題ない。
 先日転んで骨折し右手首を折った。
 92年の人生で初めて外科病院に行ったそうだ。
 左甚五郎も右腕を切った時に左手で彫刻したから、私も右手が骨折しても左手だけで体操が出来ると、休まず体操に通っていた。
 凄い前向きなおばあちゃんで尊敬する。
 元気な佐藤キミさん
 午後から昨日解体した物置の鉄板をクロダリサイクルショップに持って行く。
 家から5分程度なので良い場所に有って助かる。
 160kgあった鉄を買い取りしてくれた。
 1344円だった。
 遠い市の廃棄物処理場に持って行けば、1575円取られる。
 少しだけど何か得した感じだ。
6月25日(火)ごみ捨てが続く
 家の解体が7月15日頃に始まり、新築の家の起工式が7月28日に決まったので、後20日位で引っ越しを終えなくてはならない。
 今日もごみを2回も捨てに行き、午後からはイナバ物置の解体を始める。
 ごみ捨てが続く
 底の部分は腐っているので解体をする事にしたのだ。
 初めての物置の解体だったが、構造がすごく上手に考えられているのに感心する。
 これなら組み立ても一人で簡単に出来るだろう。
 解体も簡単で固定している5mmのボルトを取り除くだけで簡単に解体出来る。
 インパクトドライバー様のボックスを購入したのでボルトも簡単に取れる。
 1時間位であっという間に解体を終えた。
 物置表面

 物置裏面

 前と後ろの壁が取れた

 全ての壁が取れた

 綺麗に片付きました
 解体した部材は鉄としてリサイクルショップに売れば良い。
 市の廃棄処分場だと有料になり、1000円位は取られる。
6月24日(月)パークゴルフ例会
 桔梗町内会「マスターズ桔梗」のパークゴルフ例会の日。
 大分人の名前も覚えてきたので、和気あいあいとしてプレイが出来る。
 普段は全く練習はしていなく、例会だけの参加だが徐々にスコアは良くなって来ている。
 4コースで128で回った。
 132がパーなので4アンダーになった。
 これからもっと上達して117位で回れれば最高位に行けるかも。
 
 北斗市に新幹線が2年後にやってくるが、北斗市観光の掘り起こしを進める動きが出てきた。
 函館観光コンシェルジュセンターと北斗市観光協会が組んで行う様だ。
 箱館戦争の激戦地である「二股口台場跡」も何とか観光の目玉の一つにしようとしている。
 今後皆で話し合って、具体的な方向を決めて行く。
 他にも「矢不来台場」や、箱館戦争初戦の地である「峠下」が隣町に有るので、箱館戦争に関する遺跡には事欠かない。

 スマホのインターネットが見れなくなった。
 ドコモショップに持って行ったら、メモリカードの接点不良で、スプレーでクリ―ニングしたら直った。
 その時WIFIルーターを無料で差し上げますの宣伝が目に入った。

 聞いてみたらスマホを契約していると無料で貸出し、2年間使ったら無料で差し上げますという事だった。
 今のスマホは使い放題だが、ある容量を越えて使うと速度が遅くなるという制限がある。
 このWIFIルータは何処プロバイダーの回線にでも使えるので、今使っているNCVケーブルテレビのラインに繋いで使える。
 これでスマホもPCも無線で自由に使えるので便利だ。
 タブレットを買っても通信料無料で使える。
 と言う事で注文をした。
 2週間後には入手出来る。
6月23日(日)カッパリ倶楽部3日目
 今日の昼12時のフェリーで秋田に戻る。
 朝は3時半に起きて大森浜の砂の上を散歩する。
 朝日を見たかったが、曇って出そうにもない。
 一汗かいてGHに戻る。
 そして朝風呂に行く。
 行き先は6時から営業している「永寿湯」
 中には5〜6人居る。
 朝風呂ファンの多くは熱い風呂に入りに来ている。
 まずはオンタさんが入るがすんなりとは入れない。
 兎に角熱い。
 それでも何とか堪えて入る。
 次に畠おじさん。
 ここも何とか入る。
 私もしばらく足だけを入れていたが、思い切って入る。
 KOBAさんも気合いを入れて入る。
 そしてカトさん。
 どうしても熱くて入れない。
 見かねた熱湯ファンの方が「折角来たのに入れないとかわいそう」と水を入れてくれた。
 それでも入れず、シャワーのみで出る事になった。
 GHでうどんを作って食べ、荷物も整理して西波止場へ向かう。





 ここでお土産を買い、帰りの船で食べるハセストの焼き鳥弁当を買う。
 自販機に「ハコダテニキテクダサイダー」と言うのがあった。

 お土産も買い弁当も買い、フェリーターミナルへ行く。
 フェリーターミナルでお別れだ。

 次は8月に大曲花火大会で私が伺う。
 本当に楽しい3日間だった。
6月22日(土)カッパリ倶楽部2日目
 宴会が何時まで続いたか分からない。
 朝5時半頃にGHに行ったらまだ寝ていた。
 その後、朝食を食べて大沼方面に行く事になった。
 まずは昆布館に行く。
 ここで試食を十分にして、各人お土産も十分に購入。
 その後、日暮山に行く。
 一人がまだここからの景色を見ていなかったので、是非見せたかった。

 駐車場に車を置いて、天望台に行くが駒ケ岳は生憎ガスがかかっていて頂上は見えない。

 それでも雄大な景色に満足して貰った。
 昼食はジンギスカンにする。
 大沼のジンギスカンは美味しい。
 店に入らず外で頂く事になった。



 注文は6人で6kgと超ボリュームだ。
 さらにジャンボ焼きそばを2皿注文した。



 店の前では家の解体が始まると言う状況になった。
 マグロショーならぬ家の解体ショーだ。
 今回の中には2人の建設関係者がいる。
 解体を見ていて「危ない!」の連続だ。
 重機の回転範囲に人は入っているし、ヘルメットは被っていないしと、秋田だったらレッドカードで、会社に来なくても良いと言われる。
 こんな状況だと入札からも外されると驚いていた。
 そして東大沼キャン場に行く。
 土曜日なので大勢の人がテントを張っていたし、カヌーも沢山湖に出ていた。
 今回来たKOBAさんはカヌーをやっているので、興味はあったようだ。
 カヌースクールのスタッフが来たので話したら、初心者用のカヌーは秋田の人が開発したカヌーだそうだが、その方は早くして亡くなったそうだ。
 そしてギャラリー美人妻に行く。

 何かを想像させる様な名前のギャラリーだ。
 誰かが女性に「あなたが美人妻ですか?」
 と声を開けたら、「私は使われている者で・・奥さんは美人ですよ」と言う。
 オーナーは東京築地で刺身のツマを作っていたそうだ。
 そのツマと美人の奥さんをコラボして、美人妻と名付けたそうだ。
 洗濯機やキャンプ用椅子なども無料で貸している。
 携帯電話の充電も無料だ。
 ギャラリーの写真も駒ケ岳や大沼の綺麗な風景が広がっている。
 ルピナスの花も咲いて良い雰囲気の場所だ。



 GHに戻って谷地頭温泉に行く。
 25日から改装工事が始まるので丁度良かった。
 GHに戻り宴は果てしなく続く。 

6月21日(金)秋田カッパリ倶楽部来る
 思えば9年前だった。
 私が自転車で日本一周していた時に、私の発信していたブログを見てくれ、秋田新庄を通った時に大勢のメンバーが訪れ、新庄マリーナキャンプ場で大宴会を開いてくれた。
 それ以降お付き合いが続いている。
 兎に角楽しいアウトドア倶楽部である。
 私も毎年自転車で彼らの地元の大曲で開催される花火大会に伺っている。
 朝6時40分着のフェリーで到着した。
 フェリー「びるご」
 GH「自遊旅」に荷物を置いて、食事に行こうとなり朝市に向かう。
 相変わらず観光客が多い、カニやその他諸々の試食をして食堂を定していた。
 何か高そうな店ばかりだ。
 「寿樹たけうち」と言う店があった。
 メニューを見るオンタさん
 メニューを見たら安い。
 そこに年配の男性が来て「2階に店があるぞ!」と言い、さらに「俺の店だ」と言う。
 そうかここのオーナーなんだと思った。
 全員集まった所でこの店に決定。
 ラーメン+イカ丼でセットで900円。三色丼が750円と安い。
 それぞれ好みを注文。
 最初に三色丼が来た。
 イクラにうに・イカが載っている。
 1人はメニューままの注文だったが、1人りはわがままに刺身と御飯を別にして欲しいと言ったら、その通りにしてくれた。
 わがまま丼?
食べたら美味しい!だった。
 他はラーメン+イカ丼セットでこちらも美味しかった。
 追加で1人がモーニングセットを注文。
 付いて来た玉子は茹で卵だった。
 先程の年配の男性はここの店の常連だったのだろう。
 付いていたのは目玉焼きだった。
 
 その後中島廉売に行き、蟹を買って数人が送った。
 やはり蟹だ
 そして観光に行く。
 西の元町周辺だ。
 公会堂を見て、ソフトクリームを食べ、教会群を見て本願寺を見て、再び中島廉売に行く。
 カップルが出来た!

 定番の立待岬
 イカ、塩から、野菜等の食材と大量の飲み物を購入。
 それを持って皆の大型バックパックに詰めて函館山に行く。
 目指すは千畳敷の展望台。
 ここで大宴会をするのだ。
 大宴会だ!

 KOBAさんはひと眠り
 途中山に登って来た男性も中に入って、長時間話したりと楽しい時間を過ごした。
 生憎霧で夜景は全く見えず残念だった。
 夜8時頃帰宅の途につく。
6月20日( 木)薬師山参拝の道探し
 午前中はフェデレーションカップの日本対イタリア戦を見た。
 日本も随分良い感じで攻めていたし、ボール支配率も良く勝てそうと思っていたが、最後は4対3で負けてしまった。
 残念。
 引っ越し荷物は1度運ぶ。

 最近引っ越し関連作業ばかりで山にも行っていないので、午後から函館山に行く。
 古図にある医王社を通って観音堂に行くコースを探すのだ。
 今日のコース
 薬師山の薬師堂は目病が治ると昔は人気で多くの人が参拝していた。
 現在は道すら分からなくなっている。
 下の古図は150年前位に書かれた「箱館之図」だが、この中に参拝道は書かれている。
 箱館之図
 過去に何度か歩いているがまだ探せないでいる。
 スタートして愛宕社への道を行く。
 愛宕社までは良い道がある
 昔は愛宕社があって、今は愛宕グランドになり、それも使われていなくて草がぼうぼうになっている。
 参拝道ははっきりしないまま、観光道路に出た。
 ここから土手を攀じ登って進む。
 道なのか雨が流れた跡なのかはっきりしない。
 広範囲に歩きながら道を探す。
 そうしたらはっきりとした幅の広い道が現れた。
 幅の広い道が現れた

 ここも道だった
 これは間違いなく参拝道だろう。
 その道も途中で切れてしまった。
 おおよその見当を付けて登って行ったら、薬師山の上の方に出た。
 薬師山の上部
 ここは何度も行って知っている場所で、ここに薬師堂があったという文書もある。
 やはり薬師山の頂上では無く、さらに上の方に有ったのか?
 帰りは東側にコースをとって下る。
 薬師山の要塞跡が出て来る。
 薬師山の要塞跡
 そこから下に行くが全く道のある雰囲気がしない。
 西側に戻ったら先程の道が出て来た。
 ここははっきりした道だ
 来た時は途中からだったので、今度は下まで道を辿ったら観光道路に出た。
 ここから真っ直ぐ下に進む。
 道ははっきりは付いていない。
 しばらく下ったら、あれ〜石に穴が開いている。
 穴のあいた石
 これはもしかして鳥居を載せていた石では無いのか。
 そうすれば他にもある筈だ。
 下の方を探したら、やはり穴のあいた石があった。
 もう一つあった
 さらに長い角の石もある。
 鳥居の一部か

 先が加工された石
 これらは鳥居の貫か島木ではないのか。
 古図には3個所に鳥居が書かれている。
 木製と思っていたが石で作られていたのだ。
 そうすれば他の2個所の鳥居の残骸があるかもしれない。
 古図では大きさが分からなかったが、石の穴径は20cm位あるので、大きな鳥居があったと推定する。
 鳥居の上部には何かを置いたような広いスペースがある。
 広いスペースがあった
 ここが医王社のあった場所なのか。
 今回は一応の成果があった。
 次回はさらに道を探して薬師堂参拝コースを明らかにしよう。
6月19日( 水)今日もごみ捨て
 今日は建築業者の方が来て地盤の調査を行った。
 昔は家を建てる時こんな事をしたのかな?
 地盤の強弱によって基礎工事が変わってくるのだ。
 設計図も着々と出来あがり、物事はどんどん進んでいる。
 外観はシンプルなデザインになっている。
 外観は落ち着いた雰囲気
 まあ飽きなくて良いだろう。
 色やデザインに我々は言う事は無い。
 これから長く使う人の好みの色やデザインで良いと思う。
 図面では我々も違和感が無く、落ち着いたデザインなので良かった。
 私の部屋の設計も終わった。
 私の部屋
 自分から図面を提出したので、その通りのデザインにしてくれた。
 タンスと書かれたのは間違いで書庫だ。
 歴史関連や旧道のファイルが凄い量ある。
 一番不思議なのは、部屋には窓が無い事だろう。
 その代わりドアがある。(図面の左側)
 このドアを開ければ外に出られる。
 設計屋さんから「夜中に何処かに抜けだすのですか?」と聞かれる位あやしいドアだ。
 昔、大謀網の漁師の家にはある目的の裏口があって、そこは何処かに飲みに行って、芸者さん等に送って貰う時、彼女らは玄関から入れないと言う仕来たりが有ったそうだ。
 そんな時に専用の裏口から入るのである。
 勿論今回のドアはそんな目的ではない。
 部屋の外にウッドデッキを作りたいのだ。
 そこで本を読んだり、ハンモックに寝たりしてみたい。
 ギターをひくのも良いだろう。
 そんな目的でドアにした。
 部屋は4.3畳と狭いが、物入れが十分あるので大丈夫だ。
 自分の荷物は昨年の引っ越しの際かなり整理したが、今回はさらに整理したので、身辺がすっきりした。
 これからは、何もかも出来ないので、活動を重点的にしようと考えている。
 70歳で人生の一区切りだ。

 今日もごみを捨てに2回も行って来た。
 最初は燃えないゴミ。
 1回目は重かった(504円)


 ここは広大な処理場がある。
 特に興味があるのは自転車。
 もの凄い量の自転車がある。
 以前は1台下さいと言えばくれたのだが、今は古物商に売却するので全くくれなくなった。
 帰って近くの燃えるごみステーションに行く。
 燃えるごみ(252円)
 軽トラが3台待っていたが、他のゲートを開けて先に捨てらしてくれた。
 何故だろう・・・。
 引っ越しは殆ど終わって余裕が出来た。
 後は妻が引っ越すのみだ。
6月18日( 火)まだまだ引っ越しが続く
 父の日は16日だったが、今年も娘からプレゼントを貰った。
 それが「還暦10周年記念だ」と言われて貰ったのが、真っ赤なショーパンパと赤系のTシャツだった。
 Tシャツは良い感じなのだが、真っ赤なショーパンは何か派手過ぎそうだがまあ良いとするか。
 若さ全開だ
 今日も運搬をした。
 不要のFFストーブをリサイクル工場に搬入。
 不要なストーブ
 若い男性が車の中を見て、この車は中が広いねと言う。
 若者車中泊では一番人気の車だったのでこのクラスでは最高に広い。
 誉められたついでに洋服タンスと食器棚を運ぶ。
 これも高さが180cmあるがOKだ。
 大形荷物も入る
 これで今日の仕事は終わり、桔梗に戻る。
 大分引っ越しも終わった。
 残る大物は冷蔵庫、テーブル、妻のベッドくらいかな。
 7月後半に解体なので余裕で間に合う。
 桔梗に戻るのはSPORT1の放送で、日ハムと広島戦が入る。
 そこで大谷君が二刀流に挑戦するのだ。
 これは見なくてはならない。
 地上波しか見れない私のTVなので仕方が無い。
 中国のHPで見れるのだが、スマホのテザリングを使って受診しても、処理スピードが遅いのか、画像が時々止まるので仕方が無い。
 通常のインターネット回線なら問題なく見れる。
 こんなに綺麗に見える
6月17日(月)銅管修理完了・・でも
 銅管修理の続き。
 昨日はパテを十分硬化させて、これで大丈夫だろうと通水したら水が漏れた。
 こうなれば仕方が無い。
 やりにくい個所の配管を外して銀ろう付けを行う事にした。
 新しいエルボを260円で購入する。
 ついでにフラックスを購入。
 フラックスも使う
 前回はフラックスの在庫が無かったのだが、テストでは着いたので無くとも良いとした。
 でも今回は最後の積りなので万全を期す。
 外した銅管を玄関にセットする。
 玄関で作業
 下になる部分を上向きの良い条件で溶接を行おうと言う事だ。
 真っ赤になるまで加熱
 前回は過熱が不足だったとの反省もあるので、銅管が真っ赤になるまで十分加熱した。
 すると銀ろうの溶け具合が良い。
 これで下の部分は完成だろう。
 次に配管を繋いで上向きの部分を加熱し銀ろうを流し込む。
 上部は散り付けてから行った
 (白いのはフラックス))
 先程要領は覚えたので、万全に出来たと確信する。
 銅管が冷えるのを待って注水をする。
 頼む漏れないで・・・。
 しばらく見つめていたが漏らない。
 成功だ!!
 湯も十分に出るし問題ないように思えた。
 しかし・・水の方に混合栓を回しても水が出ない。
 おかしいな?
 水の方は全くいじっていないのに・・・。
 3個所ある元栓を開けても全く水が出ない。
 困った。
 原因が分からない。
 長考・・・。
 そう言えば半年も使っていないので、配管が結構錆びている。
 混合栓を外し、配管内を覗いてみる。
 良くは見えないが錆はある。
 ドライバーで錆を突っついてみた。
 そうしたらいきなり、ドバ〜と錆と水が凄い勢いで顔面に噴射した。
 元栓を止めるのに走って行ったが、止めた時には居間に水が溜まっていた。
 幸い捨てるごみの方向に水が飛んだので、被害は無かった。
 水浸しになった
 硬化パテでも水漏れが防げなかったのに、錆が高圧の水道水を止めるとは驚いた。
 錆って凄いんだ。
 広い範囲に飛び散った水を雑巾で拭きとり終了した。
 混合栓を取り付け、元栓を開けで水を出してたらOKだった。
 でも目に錆が入った様でチカチカする。
 ドラグストアーに行き、洗浄液を購入して目を洗う。
 これで洗浄
 大分取れたようだ。
 という訳でお湯の銅管修理も終えて、水も出るようになってようやく終了だ。
 今回は初めての銀ろう付けだったが、何とかノウハウを覚えた。
 また一つ新しい技術の習得が出来た。
6月16日(日)眠い&銅管修理失敗
 午前帰りにかかわらず、朝4時からのサッカーブラジル戦を見たので超眠い。
 朝食はパスタを作って食べ、直ぐに銅管の水漏れ確認。
 昨日から相当の時間が経っているのでパテもすっかり硬化した筈だ。
 水道の栓を開ける。
 水は漏れていない。
 これで大丈夫かと思っていたら、針穴程度の穴から漏れ始めた。
 やっぱりパテは無理かな。
 このパテを使った

 この様に付けたが・・。
 取り敢えずは失敗と言う事で、パテを全て削り取ってしまった。

 午後から日ハムと広島の野球の試合があったので見る。
 半分は居眠りしながら見ていた。
 試合は3対2で勝ったが、9回の表に2アウト満塁になった時は、今日は負けるかなと思ったが、辛うじて勝利した。
 はらはらの試合だった。
 夕方はカレーラースを作る。
 まるでキャンプと同じ料理で済ませている。
 今は単身で暮らしているが、冷蔵庫も無いしガスもまだ入れていない。
 さらに水道は使えない。
 キャンプ生活に慣れているから、自分の部屋で調理している。
 カレーライスだ
 食事後、銀ろう付けの仕方をWEBサイトで調べたら、少しやり方が間違っていた。
 銅管をトーチで加熱した後、銅管の温度だけで銀ろうを溶かして流し込むそうだ。
 銅管の過熱が足りなく、銀ろうをトーチで溶かして流そうとしたのが失敗だ。
 また挑戦するぞ。
6月15日(土)ごみ捨てと配管修理と同期会
 僅かに漏れる配管を修理するのに防水パテか防水テープが無いか探した。
 まず行ったのは100均ショップ。
 ここには無いだろうと思ったが、何と銅管の写真にパテが貼ってある品がある。
 信頼度20%位かなと思いつつ購入した。
 そして張りつけ。
 1Hr程かかるので十分効果する迄放置しておく。
 その間に、箪笥や物入れの箱を壊して焼却場に持って行く。
 車1台満載で252円だった。
 まだまだ廃棄は続く。

 今日は中学時代の同期会。
 会長の挨拶
 昨年初参加したが今年も連絡が来た。
 今回は15人くらいの参加だった。
 会話は楽しい
 新しい同期性も2人参加した。
 男性は知っているNさんで札幌から駆け付けて来た。
 女性は見た事があるが名前が思い出せない。
 女性から毛利君でしょうと言われる。
 どうも私の記憶力は悪いな。
 名前がTさんだと聞いてようやく思い出した。
 今回は小学6年生の時の同級生が2人いた。
 小6の同級生
 中学生の同級生はいまだに会えていない。
 中学時代の話しをするのは本当に楽しい。
 我々の子供の頃は食料も十分では無かった。
 「トンボの頭と尻をと羽を取って、残りの胴の部分を食べた」とか。
 食料の少ない分は、それぞれが何とか確保していたんだ。
 色々な話しが出て来るが、皆さん本当に記憶が良いので驚く。
 2時間半話して、2次会はスナックに行く。
 超満員のスナックだった。
 カウンターは10人位で満席。
 我々10人くらいはテーブル席に座ったが、歩く場所も無い位人出溢れている。
 カラオケがガンガンとかかる。
 普段は全く静かな生活?なので頭が痛くなりそうだ。
 会話は全く聞こえない。
 結局は午前12時過ぎに終わって帰宅。
 煙草の煙がきつかった。
6月14日(金)ごみ捨てと配管修理
 家を建てるのに、現在の家を解体しなければならない。
 解体屋さんが一昨日来て、妻と話しをしたのだが、その際、解体屋さんは家のみの解体と廃棄をする。
 布団やその他の不用品については、自分で処分をしなければならない。
 運搬する手立てが無い人には、市の清掃担当を紹介するとの話しだった。
 トラックは燃えるゴミと燃えないゴミの2台必要で、1台7万円で2台なら14万円だそうだ。
 これは廃棄物の量には関係なくこの値段だと言う。
 実感としてはもの凄く高い。
 何時もごみの処分に車で運んで行っているが、普通車で1台分は252円しかかからない。
 私の感覚では全てのごみを捨てても、ガソリン込みで2万円もあれば十分だろう。
 12万円の差は大きい。
 結局自分達で処分する事にした。
 早速、布団や毛布を車に満載して持って行く。
 252円で済んだ。

 引っ越し先に私だけ移動する事にした。
 荷物を運びこんでいるが、通いだとなかなか荷物が片付かないのと、ボイラーの銅の配管が冬に凍結して、穴が開いて水類が使えないので修理が必要だ。
 ここのパイプが破れた
 銅管なので銀ろう付けになるが道具や材料は持っていない。
 ホームセンターに行き購入する。
 凡そ3000円だった。
 これだけ購入
 これで治れば良いが・・。
 配管の破れたエルボの部分をカットして、新しいエルボのパイプを付ける。
 ここまでは順調だったが
 次にバーナーで加熱して銀ろうを溶かして付ける。
 上向きの部分は上手く行ったが、パイプの下側は銀ろうが落ちてしまい付いてくれない。
 何度挑戦しても付けられない。
 バルブを開けて水を通したら、僅かだが水が漏れる。
 どうするか?
 耐熱パテでも埋めるしかないか?
6月5日(水)旅人河合君出発
 一昨日から宿泊していた神奈川県横浜からの旅人河合君が今朝出発した。
 二日間はぐっすり寝られた様だ。
 野宿旅をしていると慣れてはいる筈なのだが、やはり何処かに安眠出来ないでいる姿がある。
 そんな時屋根付きの家がある事で、安心して寝られるのだ。
 GH「自遊旅」も雰囲気がすっかり気に入って貰った。
 旅関係の本も沢山あるが、まだまだ読み切れなかったそうだ。
 一緒に撮影
 観光も2日間しっかり見て回ったので良かった。
 8月の青森ねぶたに誘ったら、日程に合わせて北海道を回って来ますとなったので、またねぶた参加者が増えた。
 2ヶ月の予定で北海道を回るので、十分間に合うだろう。
 元気に出発した
 彼は右回りで北海道を回ると言う事で、今日は松前町の道の駅まで走る。


 明日からブログはこちらで発信します。
 北見の孫の運動会に行きます。
 今日は寝具や食料、炊事道具、水などを積み込んだ。
 勿論車中泊で帰りは山でも登ろうかと思っています。
6月4日(火)恵山御殿山と尾根縦走
 今日は恵山御殿山(428m)登山。
 同行は3人となった。
 今回はスタート地点から桜並木を見学して御殿山に登り、その後明治の地形図にある旧道を探し歩き、尾根を縦走してスタート地点に戻る計画だ。
 全コース初めて行くコースで道は最初しか無く、藪漕ぎになる予定。
 今日のコース
 天気は快晴で絶好の登山日和になった。
 まずは桜並木を見ながら歩く。
 以前この付近に桜がある事は確認していた。
 今回のコースにも桜がある筈である。
 この辺り一帯に別荘地を作る際に植えられた桜だが、別荘地としては売れなく桜だけが残っている。
 函館市街地の公園の桜は既に終わっているが、ここは満開状態だった。
 ピンクや白、花の大きいのや小さいのとかなりの種類の桜が20m間隔位で植えられている。
 青空に映える

 綺麗だった
 桜を観賞しながら歩くので足取りは遅くなる。
 その内、道路の周囲にはワラビが出て来る。
 「あった!」と声が出る。
 でも少し遅すぎたので、かなり伸びている。
 白い花が群生していた。
 私は花には疎いが、そこは女性群がいる。
 その中でも超詳しいT子さんが「見た事が無い」という花。
 他の誰も見た事が無いと言う。
 結局写真を撮り、写真のお持ち帰りで調査する事になった。
 道は急登になる

 途中で恵山が見える
 約4kmの桜ロードを満喫した跡は、急登の藪漕ぎになる。
 いつも藪漕ぎになるので、皆も決して良い服装では来ない。
 私と行くと必ず藪漕ぎになると言う事はすっかり浸透した。
 笹はそれ程長くは無いが斜面は急だ。
 距離にして400m程度の登りだが汗ばんでくる。
 手も着いて登る

 海岸が見えて来た
 でもこの斜面は凄かった。
 既に伸びきっているのだが、ワラビ、ゼンマイが物凄い量生えているのだ。
 ワラビ、ゼンマイが群生

 ツツジも綺麗

 恵山も見え始めた
 みんな大感激。
 直ぐに来年の春は絶対来ようとなった。
 採ったらザックは幾ら大きくても足りないだろう。
 御殿山山頂だ
 左右にツツジのある急斜面を登りきって御殿山山頂に到着。
 御殿山山頂で記念撮影
 ここで昼食にする。
 小さなワラビもある
 海向山、恵山を眺めながら太陽が燦々とした中の食事は美味しい。
 のんびり食事後出発する。
 ここを下る
 道なき道を下の鞍部まで下って行くと、明治29年の地形図にある旧道がある筈だ。
 笹は短いので歩きやすい斜面を一気に下って行く。
 出た所は平らな広い場所で、なかなか雰囲気の良い場所だ。
 広い鞍部だ

 まるで人が作った様だ
 こんな所に、こんな風景が見られるなんて想像もつかなかった。
 今は水が無かったが、雪解け時には水も溜まっているようで、大きな窪みには鹿の足跡が無数にあった。
 ここから先に進むと登りになって来るが、はっきりした道が出て来た。
 これが明治29年の地形図にある道に間違いない。
 旧道が出て来た
 緩やかな斜面を登って行く。
 登りきって平らな場所に出た。
 ここからどうするか?
 楽にスタート地点に戻るなら登山道に出て、そのまま下れば良い。
 しかし私の提案は410mピーク、372mピークを縦走して行こうと言うものだ。
 恵山に行った時に何時もこの特徴的なピークを縦走しようと思っていた。
 410mピークへの道
 皆も「も〜さんお任せコース」に行く事になった。
 ジグザグに斜面を登り410mピークに到着。
 下から見たら細い尾根だと思っていたが意外と広い。
 景色が木々に遮られてあまり見えない。
 尾根の縦走に入るが道は勿論ない。
 獣道が無数にある。
 景色の展望がないまま372mピークに着いた。
 左を見たら「あ〜綺麗!」・・・。
 恵山が正面に見え、手前にはツツジが満開の光景。
 恵山が突然見えた

 ツツジも綺麗
 一気にテンションは上がって、写真!写真!となる。
 さらに道なき道を獣道に案内されて歩く。
 次のピークに着いたら、あ〜海が見える!

 ここからは海岸線がずっと見渡せた。
 対岸の下北半島は勿論、更に先にある高い山まで見渡せた。

 満足感で一杯だった。
 ここからは急斜面を一気に下る。
 こんな斜面を下る
 木があるので掴まりながら下れば良い。
 獣道が縦横無人に付いている。
 臭いも強烈にする。
 こんな動物の臭いの濃い所はあまり経験が無い。
 車が小さく見えた
 下って下ってようやく車の置いた場所に着いた。
 今日の走行時間は6時間で8.4kmだった。
 初めてのコースだが、皆良かったと言ってくれた。
 桜、山菜、景色、旧道と内容豊富?だった。
6月3日(月)旅人出発
 朝に引っ越し荷物を運んで来たが、旅人は何処かに出かけていない。
 荷物を搬入してから登山靴の修理をする。
 退職した時に買った物で2万6千円位したが、流石に底が減って来ているし、接着部も取れて来た。
 ゴム用の接着材を買って来て修理する。
 もう少しは使えるだろう。
 糊づけした
 2日前から来ていた東京の旅人Tさんが、午前中にGH「自遊旅」を出発した。
 期間中はあまりコミュニケ―ションが取れなかった。
 彼女が携帯電話を忘れて来たのでなかなか連絡も出来なかった。
 それでもMTBを貸してあげたので、早朝から函館市内を回っていた。
 朝5時頃から活動する活発な女性で、魚市場でイカの競りを見たり、湯川温泉の足湯、北々亭の回転すし、ラッキーピエロ、自由市場で買った蟹に満足し、温泉、ラーメン、函館山などなど積極的に回ったそうだ。
 今日も近くの北浜食堂でラーメンを食べ、永寿湯に入り、湯川で三色団子を食べて飛行場に向かうそうだ。
 来た時も空港から歩いて来たし、帰りも歩いて帰るそうだ。
 また夏に来たいと言っていた。
 それなら青森ねぶただよと誘ったがどうなるか。
 Tさんと記念撮影

 引っ越し先に荷物を運んだが、インターネット環境はまだ整っていない。
 スマホのデザリング機能を使って、ブログ発信やインターネットの閲覧をしているが、NCVの契約している速度とは全く変わらない。
 これならプロバイダーも必要ない。
 スマホの料金は上限設定されているので、それ以上はお金がかからない。
 結局ただで使える事になる。
 NCVと同時契約しているケーブルテレビが見られ無くくなるが、親戚の台湾在住のANDREWがあるHPのアドレスを送って来た。
 J-SPORT、GAORA、BSNHK、他民放の地上放送&BS、WOWWOWなど全て見れるすぐれものだ。
 台湾、中国、韓国のTVも全て見られる。
 画像も良いし最高だ。
 フルスクリーンでも良い画像だ。
 NHKBS
 NHKBSも連絡文書のテロッパが入らない。
 USBでTVのHDMIに繋げば大画面でTVが無料で見られる。
 これって良いのかな?
6月2日(日)引っ越し&ポール作成
 今日は引っ越しを再開する。
 忙しくて引っ越しは中断していた。
 午前中に2回運んだ。
 私の部屋の全財産は布団1式を残して全て引っ越しが終了。

 妻の方はベッドやTV、衣装箪笥等が残っている。
 冷蔵庫、食器類やストーブ、ダイニングテーブルもこれからで、
 最後に大物が残っている。
 ホンダスパイクで大形冷蔵庫は運べるのか?

 午後から登山用ポールを作る。
 従来からスキー用のポールを登山用ポールとして使っていた。
 アルペンレース用のストックなので軽くて、それでも十分なのだが、
 新たなものを作ろうと虫が騒ぐ。
 と言うのは、クロカンスキー用のポールが使わないで余っていたのだ。
 このポールはグラスファイバーなので凄く軽い。
 しかし長過ぎて歩くには向かない。
 何処かでカットしなければならない。
 何時も使っているポールに合わせて、電動カッターで切る。
 先端をカットした
 切った先端に合うゴム類があるのか?
 トレッキングポール用の先端のゴムは合うのか?

 ホームセンターで見つけたのはイレクターのパイプの先端に埋め込むゴムだった。
 イレクター用ゴム
 パイプに埋め込むものだが、内側にも穴がある。
 その穴に切ったポールを入れたらぴったり入った。
 ぴったり嵌った
 接着剤もいらない位なのだ。
 これで完成だ。
 完成したポール
 先端のゴムはトレッキング用は高くて7〜800円くらいしたと思うが、
 これは100円だ。2個で200円と低コストだ。
 取り敢えずは夏用ポールの完成だ。
 2本で300g少しという軽量ポールになった。
 300g少しだ
 冬用にはリングを付けられる構造にすれば良い。
6月1日(土)説明看板草刈り
 北斗市の旧大野地区には史跡の説明看板が130個所位ある。
 その看板周辺は今時期になると草が伸びて来る。
 特に郊外の看板周辺は草で覆われる。
 そこで草刈りとなる。
 今日は8名が参加。
 女性群3名は資料館周辺の草刈りをし、男性は郊外の看板周辺の草刈りをする。
 今回はエンジン付きのカッターがあるので楽ではある。
 旧大野町〜中山峠まで左側の看板周辺の草を刈りながら進む。
 機械は早い
 中山峠で折り返し。
 この辺りには、今調べている江差山道の旧道があるのだが、まだ調べ終えてはいない。
 同行の先輩に聞いたら、現在のトンネルの他に旧トンネルがあり、そのトンネルの近くに旧道があるそうだ。
 良い情報が入ったので後日行ってみたいのだが、旧道は立ち入り禁止と看板が掛けられ、パイプで入れない様になっている。
 どうやら旧トンネルに入られ無いための処置なのだろう。
 この旧トンネル内は冬期間つららが天井から伸び、幻想的な光景が見られる。
 その写真が新聞に載った事がある。
 きっと訪問者が増えて、危険なので立ち入り禁止にしたのだろう。

 中山峠で折り返しで、反対側の道路沿い草を刈って看板周辺をすっきりさせる。
 普段よく見えなかった黒滝もすっかり見えるようになった。

 
 午後からGH「自遊旅」に行く。
 今日、東京からY子さんがやってくる。
 旅人では無くどちらかと言えば、観光客かもしれないが受け入れはOKだ。
 飛行機で来て空港から歩いて来たそうだ。
 夕方、函館山に行くと言うのでMTBを貸してあげた。
 登山口にMTBを置いて、夜景を見に行き、帰りに定番の「あじさい」でラーメンを食べて来るそうだ。
 HP TOP