8月31日(日)GHに戻る
 今日桔梗からGHに戻る。
 桔梗に行く前に洗濯したのを取りこんで、新たな洗濯をする。
 それと家の片づけをしていたら午前中はあっという間に終わってしまった。

 午後からはGHに工作台を作る。
 解体中の家にあった工作機械を移動しなければ片付かない。
 工作機械を置く台はタンスの上にした。
 タンスの上に糊板があったのでそれを活用した。
 板厚も十分なので、しっかりした台が出来た。
 板の周辺には屑が飛ばない様に、板を張り付けた。
 タンスの上が工作台
 床はソバ打ち用の立派な板を貰ってあったので、それを使用する。
 どうせソバ打ちはやらないだろうから。
 これで工作機械の移動を終えた。
 機械も移動した
 今日の夕方には全国歩いて城めぐりをしている山辺さんが函館入りする。
8月18日(月)旅の前に
 旅の前にやらなくてはならない事が色々ある。
 そんな中、朝から電話が来た。
 原口の佐々木さんが函館に来ているが、会いたいと言う。
 直ぐに出かける。
 10月に行うイベント「松前城登城ウォーク」の打ち合わせだ。
 上ノ国〜松前まで66kmをウォークする。
 途中の集落からも参加があり、それぞれ好きな距離を歩くのだ。
 主催は「原口桜松街道を守る会」で協賛に郵雪会や各種団体がなる予定。
 私がガイド役と原口での交流で「歴史街道ウォークの現状と小砂子山道の歴史講演」をする予定だ。
 9月10日までに計画書を作り、10月25〜26日に実行する。
 おもてなしとして原口での盛大な歓迎会が交流センターで行われる。
 最終の松前町でも観光協会などの御迎えを受ける事になりそうだ。
 歴史的に価値ある街道を後世に知らせるためのイベントになる。
 今回は第一回なのでテストケースになるが、将来的に大きなイベントになれば良い。

 旅に出る前にやる事。
 自動車保険の更新はインターネットから行う。
 保険会社が変わったのでフォーマットが変わり少し手間取る。

 次にドコモのオプション解約。
 機種を変更した際に1ヶ月無料オプションを付けるのが条件になっている。
 これがくせもので使わないのに入らせられる。
 解約すれば良いが、ドコモショップではやらない。
 自分でやらなくては駄目なのだ。
 これが分からなくて加入したまま、毎月お金を取られている人も多い。
 dビデオやBeeTVなどだ。
 BeeTVなどは視聴者が100万人を越えていると言うが、殆どはオプションを解約しないで使っているためだろう。
 これをパソコンから解約する。
 ドコモショップでは解約は8月24日以降にしてくれと言われたが、1日オーバーしても1ヶ月分のお金が取られる。
 8月24日以前の解約出来ないと言われたが、やって見たら問題なく出来た。
 他にもオプションは沢山あるので注意が必要だ。
 やる事を終えたので、自転車で桔梗まで行って、明日のフェリーで青森に向かう。
8月17日(日)昨日の仮装大会
 昨日は町内会盆踊り大会の最終日。
 数年ぶりに復活した仮装大会がある。
 それに出場することになった。
 勿論、青森ねぶた跳人衣装にする。
 果たしてどんな仮装大会になるのかは全く見当がつかない。
 会場に行ったら、神主さんの恰好や、あまちゃんなどなどそれほど凝っては居なかった。...
 腰帯の下にウォークマンから繋がる外部スピーカーを付け、囃子と共に跳ねようと思ったが、大音量の盆踊り音楽に敗北した。
 ようするに盆踊りの曲の中で仮装して踊りをする事だった。
 でもお客さんに対するサービスは忘れない。
 観客の近くに行って跳ね回った。
 何度もリクエストが出てその度に跳ねまくった。
 中にはラッセラーの掛け声をかけてくれるお客さんもいた。
 お陰で結構盛り上がったがどっと疲れた。
 そして表彰式になった。
 櫓から役員テントまで周りを大勢の人に囲まれた30mくらいの通路が出来る。
 これは良い。
 そこを行くとき跳ねて通った。
 大歓声だった。
 これで跳ねる熱い夏も終わりだ。
 賞品はずっしり重い。
 持ち帰る手が痛くなった。
 帰って中を見たら洗剤が4種類とティッシュペーパーと抹茶餅だった。
 これじゃ重いはず。
 残るは今年最後の大きなイベントである大曲花火競技大会。
 野宿で場所取りをし、自由席で観覧する予定だったが、六郷にライダーハウスが新設され開所式に 招待された。
 そこに泊る事になった。
 「自遊旅」2号館になるのか?
 花火大会も枡席に招待された。
 最高の夏が続く。
 賞品を抱えて・・
8月16日(土)旅準備&仮装準備
 今日も桔梗で朝食を取った後、GHに戻る。
 まずは今日行われる盆踊りの仮装大会出場の準備。
 青森ねぶたの衣装はOKだが、これだけだと何か寂しい。
 やはり囃子が無ければテンションが上がらない。
 Youtubeから青森ねぶたの囃子をダウンロードをしなければならない。
 何か良いソフトと探したら、「Freemake youtube MP3 boom」があった。
 これで映像をmp3に変換しSonyウオークマンに転送した。
 これで音楽はばっちり。
 スピーカーを腰に据え、ウォークマンを動かせば囃子が良い感じでスピーカーから流れる。
 今日はこれで行こう。

 (左がスピーカーで右がウォークマン。マジックテープでスピーカーを腰に巻き、ウォークマンは首から下げる。
 音源はyoutubeからでMP3に変換してウォークマンに転送した。

 次に大曲り花火大会への最終準備をする。
 これも順調に終わって今日の作業は終わり。

  いつもの準備だ。
 今回は三沢市を回って行こう。
 「会津藩、廣澤安任と新選組」の特別企画を三沢市先人記念館で行っている。
8月15日(金)孫達出発&旅準備
 3日間滞在した孫達も今日が出発日。
 朝からあわただしく荷物を積んで出発した。
 遊園地での連日の遊びや、何かとごちゃごちゃした雰囲気で疲れた。
 皆で記念撮影
 私もGH「自遊旅」に戻る。
 家の片付けと、大曲花火大会に行く、自転車旅の用意もある。
 自転車旅の方はフロントバッグを変更する事だった。
 青森ねぶたの時には貰ったフロントバッグを付けて行ったが、大きすぎて邪魔になった。
 今は多くの荷物を持たないシンプルな旅スタイルなので少しでも少なくした。
 家の中を片付けたらカメラバッグが出てきた。
 CANONの1眼レフカメラを買った時に一緒に買ったものだ。
 殆ど使っていないので、これをフロントバッグにする。
 今回の旅では輪行も視野に入れているので、自転車もコンパクトにしたい。
 フロントのキャリアも出っ張っているのでこれを無くしたい。
 まずはフロントのキャリアを外し、アルミでバッグの受けを作る。
 アルミをカットした
 これを車体に取り付ける。
 バッグに合わせてカーブも作った。
 曲げてバッグに合わせる
 次にバッグの上部取り付けだが、これはマジックテープを利用した。
 テープをバッグに縫いつけて完成。
 これを使用する


 ハンドルに取り付けるマジックテープを付けた。
 付けて見たら算定性も良く小型になったので満足だ。
 これで完成

 今日も夜は桔梗に帰って盆踊りに出る。
 今日は普通の服装で行く。
 そして明日は豪華商品付き仮装大会に出る。
 青森ねぶたの格好で出るがそれだけだとインパクトが少ないかな?
 でもあっと言わせるネタも無いしこのままで良いか?
8月10日(日)旅人出発&オイル交換
 神奈川から来たバイクの旅人、新妻さんが今朝出発した。
 250ccのスクーターで北海道屈斜路湖まで行く。
 屈斜路湖が北海道で一番好きな場所だそうだ。
 70歳と私と同じ年なので、頑張って走って欲しい。
 100kmくらい走ると疲れるそうだ。
 余り自転車と変わらないな。
 新妻さんが出発

 昨日買ったエンジンオイルを交換する。
 しばらくしていないので、エンジン音が少し高くなっていた。
 眼鏡石の上に前輪を載せる。
 以前ジャッキーで作業して、それが倒れ下敷になって死んだ方が居る。
 注意しなくては。
 きつく締まったボルトをようやく外し、オイルを抜く。
 次にオイルを入れるが、オイルさしが無い。
 ペットボトルを切って代用とする。
 これでオイルを入れて終了。
 オイルを抜く

 作業風景

 オイル注入

 今日から桔梗で過ごす。
 12日から孫が来るので戦争が始まる。
 明日からのブログは旅のブログで発信します。
8月9日(土)妻の元へ
 函館に帰ってきたが、旅人が居るので妻の所へは直ぐに行けなかったが、今日旅人が観光に出かけた間に行って来た。
 しばらくぶりなので、ねぶたの話や妻の方の出来事を話した。
 お互い元気で居たのが何よりだ。
 久しぶりなので近所に開店したそば店「一富士」に一緒に行く。
 先月の中旬に開店した店だが、まだ混んでいて駐車場に空きが無く、その間にホームセンターに行き、妻の畑に使う資料や竹棒などを購入。
 私の方はエンジンオイルや洗剤を購入した。
 その後そば屋に行き、妻はとろろそばセット(とろろそば、中落ち丼、サラダ)と私は天ザルを頼んだ。
 注文したものは何れもソバの量が多くて、お腹が一杯になった。
 妻も余し気味なのでそれも私が食べた。
 味的には特に特徴がある感じではなった。
 麺が細かったくらいしか分からない。
 もうお腹パンパンになった。

 家の畑からトマトやナスビ、サンチュウ、キュウリを貰って帰る。
 明日残っている仕事をやって妻の元へ暫らくは行く。
 12日には娘夫婦と孫がやってくる。
 13日はお盆の妻の方の家の墓参りで、夕方からは焼き肉店「いかりや」に皆で行く。
 美味しくて安い焼き肉屋さんだが、夫婦だけでは量が多すぎてなかなか行けない。
 年に一度の行事になった。
8月8日(金)函館に戻る
 昨日も夜間から明け方にかけて大雨の予報だったので、予定した五所川原も大変な状況なので、急遽テントを撤退する事になった。
 北海道に渡るゆっきさんも、行くので一緒に行く事になった。
 ねぶた関係の荷物をヤマトからだそうと行ったらベィブリッジが通行止めだった。
 警察官の指示に従ったが、かなり手前からなので迂回も大変だ。
 ようやく出てきたらまた警察官が居た。
 道路を横断しても良いとなって案内してくれた。
 でもそこの警官はヤマトに来るなら橋の手前まで来て良いのにと温度差がある。
 
 荷物を出してテントを撤収してごみも総て捨てた。
 フェリーは今年3月に就航したはやぶさだった。
 はやぶさ
 真新しい室内は快適だった。
 コンセントも十分あり、パソコンをするカウンターもある。
 海峡フェリーはコンセントが無いので、料金が安いのに係わらず有難い。
 早朝3時に着いた。
 ゆっきいさんは歩きなので待合室に残し、自転車で戻る。
 家に帰って車でフェリーターミナルに迎えに行く。
 家に戻って再び睡眠。
 9時頃まで二人とも寝ていた。

 ゆっきさんは函館観光と谷地頭温泉に行く。
 私は旅の荷物の整理と青森から送った濡れた衣類をヤマトに取りに行き、洗濯や後かたずけをする。
 じんべの奥さんから頂いた

 
 昨年の安東さんとの写真をまことさんから頂いた。(今年とポーズが一緒だ)
 貰ったキックボード。子供にやるか

 いつもながらの光景

 ねぶたの着物も・・

 車を使って・・
 どっと疲れた今回のねぶたであった。
 特に大雨と洪水には参った。
 衣類がずぶ濡れなのと、ねぶたの衣装も濡れたままで毎日濡れた衣装を着なくてはならず大変だった。
 跳ねて帰ればテントは水びたし。
 まあこんな経験もなかなか出来る物ではない。
 夕方電話があり、理江ちゃんの紹介で旅人一人が来る。
 HP TOP