9月30日(水)下二股口台場案内
 私の書いた「下二股口台場」の愛読者から、是非台場を案内して欲しいとの話しが有り、行く事になった。
 同行にもう一人の土方歳三ファンの女性Uさん。
 お互い「碧血碑会」の懇親会で初めて出会ったそうだ。
 9時に函館を出て、途中北斗市にある弾痕が残る木のある意富比神社に寄る。
 何やら大勢の人がいる。
 パトカーも数台いる。
 そこに馴染みの教育委員会の方が居て、交通安全の啓蒙運動だそうだ。
 意富比神社の前の木や鳥居の下側に白い布が巻かれている。
 どうしたのかと思ったら道路拡張で木は切られ、鳥居は移るそうだ。
 鳥居も移設

 この木も無くなる

 これも新幹線が北斗市に来るための事なのか?
 
 野戦病院後から国道に入り、煙硝の倉沢に少し入り鶉山道を見学。
 土方歳三が進攻した道なので大喜び。
 土方の進攻した毛無道入り口を見て、赤滝、黒滝を見る。
 ここは赤禿、黒禿と言われた岩盤が大野川まで張りだしていて通行が困難な場所だ。
 この岩盤も明治の初めの開拓使工事により爆破され無くなってしまった。
 いよいよ台場を登る。
 恐らくこんな道は歩いた事のない人だ。
 え〜ここを登るのと言う感じだが、まだまだ先は凄い藪だ。
 弾薬庫、本陣、風呂場、米搗き場、大きな塹壕F-1とF-12を見学。
 そしていよいよ山の上に有る塹壕を目指す。
 いきなり深い藪を行く。
 藪漕ぎばかり
 笹は背丈程ある。
 釜で笹を切りながら沢を進む。
 登りきってさらに急斜面の笹藪を登り。
 ここを登りきって途中で「休憩したい」となり一休み。
 その後、上まで登り敵陣が見える場所まで行く。
 急な斜面が敵陣側に有り、登って来る事は不可能だ。
 更に尾根を歩きF−10塹壕に着く。
 F−10塹壕
 この塹壕は他の位置にある全塹壕を見る事が出来る事から、指揮的な立場の人が居たのでは?
 と思われる。
 もしや土方歳三がと思うロマンが有っても良い。
 更に尾根の斜面を下り塹壕群を見て歩く。
 こんな感じで敵陣を見ていたか?

 そして帰路に向かった。
 大変なコースだが良く頑張って歩いた。
 藪が深い
 今度は土方歳三が明治元年に進攻した道も歩きたいと言う。
9月29日(火)鮭の保存&旅人来る
 晴れたり雨が降ったりとはっきりしない天気になった。
 まずは塩を擦り込んで1週間保存していた鮭を切って冷凍庫に保存する。
 塩加減はおにぎりに丁度良い塩加減になった。
 今回はぶつ切りにした。
 良い塩加減だった

 こんな形に切る
 スーパーで良く見かける形で有る。

 雨の合間を廃材カットする。
 かなりの量をこなしたので、薪小屋がもう一杯になってきた。
 残り1列でもうお終いになる。
 早く燃やさなくては今後廃材の置く場所が無くなる。
 柱の太いものは壁に1本まま立てかけてある。
 これは在庫が無くなったら切る事にする。
 もう一冬分は十分確保できたと思う。
 そうなれば今後の解体は何処までやれるのか?
 薪の使用状況に合わせて切らなくてはならない。

 夕方旅人が来た。
 前に一度泊まった19歳の祐太郎君とねぶたで合ったSiさんだ。
 今年は19歳が多い年だ。
 5〜6人は来ている。
 Siさんは左手に生まれつきの障害があり指が無い。
 それで自転車日本一周を目指している。
 登り坂は所謂ハンドルを引くと言う動作があるが、彼は恐らく出来ないと思う。
 登る事が出来なかったら押せば良い。
 そう言う対応は出来ているのだろう。
 それにしても日本一周を考えるなんて凄い気力だ。
 平常者なら当り前に旅しているが、障害者にとっては厳しい旅なのだろう。
 旅が終わったら本を書いて出版したいし、講演もしたいと考えている。
9月28日(月)旅人出発&町内会PG
 朝に旅人が出発。
 まだ19歳と言うのに言葉づかいも、しっかりして最近の若者には珍しく礼儀正しかった。
 やはり横浜高校の運動部に所属していたせいもあるのかな。
 将来の方向はまだ決めかねているが、自分のやりがいのある道に進んで欲しいと願う。
 パッキングを見て居ても凄くきちんと丁寧に行っていた。
 彼の旅スタイルはトレーラーに荷物を積んでいる。
 最初は自転車に積んでいたが荷物が多くて、自転車のトラブルが続き、旭川で購入したそうだ。
 これは結構高い筈だ。
 トレーラーはこれでGH始まって以来2台目だ。
 また何時か会える日を・・と別れた。
 元気に後ろを振り返り出発して行った。
 革製のプレートは格好いい

 作って貰ったそうだ

 トレーラーの組み立て

 出発前の記念撮影

 元気良く出て行った

 出発して直ぐに桔梗に出発。
 孫の愛葵を幼稚園に送って行かなくてはならない。
 ようやく間に合って幼稚園に送って行く。
 朝ごはんも食べて無かったので、コンビニでパンを買う。
 娘の好きなイクラを持って来たので、家の冷蔵庫に置いてからPG集合場所に行く。
 今日は例会なので20数人は居た。
 早速のプレイ。
 Aの1ホールでまさかの7打で気分は最悪。
 A-6ホールで雨が降って来た。
 無理やり雨の中をプレイし34と悪いスコアで終了。
 一度クラブハウスに引き揚げる。
 雨があがってから残り3コースをやるが、一向に調子が上がらす。119で終えた。
 他の方も余り良く無かった様だ。

 午後からプレイするが、A-1は今度は絶好調で23と過去最高で回った。
 所が又雨が降って来た。
 相棒の2人はクラブハウスに逃げる。
 私はそのまま一人でプレイ。
 前の3人組が一緒にやろうとなった。
 少しは雨が上がったが、またまた降雨。
 一人が避難。
 結局3人で回った。
 私は今時期なのに短パン半袖・・みんなから寒くないの?
 と聞かれるがそれ程寒くは無い。
 家に戻り、エレクトーンに行く瑞葵を送って行きGHに戻る。
 所がバッグを桔梗に忘れる。
 取りに行ったら娘が届けに行ったという。
 また戻って待っていたら、瑞葵と愛葵がバッグを持って来た。
 何かご褒美をやりたかったが、我が家にはお菓子類は無い。
 今度桔梗に行く時に買って行こう。
9月27日(日)雨が降ったり晴れたり
 天気予報は雨が時々降るらしいが、朝は快晴の天気だった。
 まずは解体を少し。
 玄関ドアーの撤去と玄関上の屋根を解体した。
 1Fになったら作業が楽になった。
 でも今日はヘルメットを被った。
 低い高さほど転落事故が多いそうだ。
 低いので気持ちが緩むようだ。
 娘の旦那が言っていた。
 旦那は高所にある高圧線にも登っていたが、そこでは事故は無いそうだ。
 落ちたら死ぬから。
 でも5m程度では結構事故があるそうだ。
 この屋根の撤去

 解体を終えた
 その後は雨が降ったりやんだりと慌ただしい。
 旅人も観光に出かけられずに、二人でテレビ観戦していた。
 午後になって雨雲レーダーを見たら、雨が来そうに無いので、私はPGに行く事にする。
 10月1日に老人会の大会があり、私にも参加要請が来たのだ。
 行った事のない鈴蘭が丘ゴルフ場なので少しは知っておきたい。
 旅人も観光に出かける事になった。
 
 ここのゴルフ場は人気があるので一人ではプレイしにくそうだ。
 相当雨が降ったので、人も帰ったのではないかと思い、遅く出たので着いたのは3時だった。
 まずは歩いてコースを眺める。
 緑が綺麗で整備が行き届いている。
 人も少なくなったので、受付で200円を払う。
 65歳以上は半額になるので安い感がある。
 何時も行く桔梗高台ゴルフ場は700円もする。
 会員になって600円だ。
 コースの整備状況は鈴蘭が丘の方が遥かに良い。
 その分多くの人が来るので、なかなか思うように回れず待ち時間が結構あるようだ。
 フェアウェイは狭いのでミスショットは出来ない。
 グリーンは凄く良く、パターは安定して打てる。
 まずはAコースから回る。
 33とパーで回った。
 もう一度Aコースを回って30と徐々に良くなる。
 次にBコースに行く。
 ここは30で回った。
 最後の9番ホールを終わったら、女性が二人来て一人が帰るので、もう一人の方と一緒に回って貰えないですかと言われたのでOKした。
 同行するのは50代くらいのよしこさん。
 まだ初めて6ヶ月と言う。
 教えて欲しいとなり、基本を教えながら回る。
 全然上手くいかなかったと言う。
 やはり基本が出来て居ないので教えたら、がんがん入りだした。
 運動をしているそうなので感は良く教えた通り出来るのが良い。
 教えている私の方が集中できずロースコアになった。
 2コースを回って終了。
 ここは5時になるとぴったり閉める。
 駐車場も施錠されるので、直ぐに出なくてはならない。

 GHに帰って食事を終えたら、旅人も観光から帰って来た。
 明日出発するので準備をして、その後は一緒にテレビを見て過ごす。
9月26日(土)雨の日は家で・・旅人来る
 今日は生憎の雨で解体作業は中止にした。
 昨日貰った照明装置は1灯しか点灯しなかった。
 そこで修理するのだが、3灯も要らないので、2灯にした。
 3灯の照明装置だったが

 点かないのを修理

 点いた

 これで2灯が使える

 暗かったが・・

 明るくなった
 囲炉裏の上にある物干しの一角に取り付けた。
 これでステージ照明にする。

 台所に棚を一つ増やした。
 これで使い勝手は良くなる。
 右側の上が空きすぎている

 角材を取り付け

 棚を置く

 使い勝手が良くなった
 さらに工作室に棚を設ける。
 床に置いている物が多くて歩くのに邪魔だ。
 長物を置く棚と、他に2つの棚を作った。
 長尺用の棚

 ここにも設けた

 こちらにも
 不用の家具材などを使ったので無料で出来た。

 久しぶりに温泉に行く気になり、花の湯に行った。
 そうしたら、2時からフアイタ―ズの試合がある事が分かった。
 急いで入浴を済ませGHに戻る。
 試合を見ていたら旅人がやって来た。
 19歳の西田君で神奈川からスタートしての日本一周だ。
 テレビを見た彼は、浅間大基は同級生ですよと言う。
 そう言えば同じ年齢だ。
 横浜高校で一緒だったそうだ。
 西田君は自転車競技部で大きな大会にも出ているそうだ。
 将来はバイクか自転車で世界一周に出たいそうだ。
 夢が一杯だ。
 ズブ寝れで来たので、薪ストーブを焚いてやったら「暖かい」と喜んでいた。
 
 お決まりのなごみ温泉→ラッキーピエロコースで出かけた。
9月25日(金)旅人出発&家の解体
 朝には「旅する先生」高橋惇さんが出発する。
 これから大間に行き、むつ市まで走り、むつ市の学校で授業をする。
 昨日の取材で彼の話しを色々聞いたが、凄い人で驚く。
 某進学校をかなり良い成績で卒業している。
 大学も有名校だ。
 今回2度目の日本一周に発ったのは、芸人への道を辞めて高等学校の国語教師になる事を決めたからだった。
 社会を知って自分のスキルを磨くために、日本中の学校を回り、授業をしている。
 話の内容は主として旅の話しだが、子供たちの将来についても話をしている。
 学校ではいつも寝ていた子が、真面目に話を聞いてくれた事。
 その彼が「悔しいけど聞いてしまった」と言うように心を引きつける会話がある。
 旅の途中で御夫婦に止められ、泊まる所が無かったら止めてあげるよと言われた。
 家に行ったら条件が出された。
 次男の部屋で一緒に寝て欲しいだった。
 3年間家から出ず、ゲームばかりしていた子供だった。
 行った時もサッカーゲームをしていた。
 話しかけても無視。
 それでも画面を見ながら「ナイスシュート」などと叫んだが、それも全く無視。
 ふと見たらサッカーボールが有った。
 まだビニールに入ったままだった。
 子供にボールがあるなら外でやろうよとなったら、行く事になった。
 河原でサッカーをしたが、どちらも下手で、蹴れば何処に行くか分からない。
 パスミスした球ばかり取りに行くばかりだった。
 それを終えて家に帰って食事。
 子供の部屋には食事が運ばれる。
 部屋から出ないからだ。
 その子供からツイッター投稿があった。
 仕事決まったよと。
 何と3年間部屋から出なかった子供が仕事をする?。
 多分バイトだろうが、その行動に高橋君も驚いたそうだ。
 一緒にサッカーをして何か感じる所があったのだろう。

 そんなエピソードは切りが無い。
 特にヤンキーが得意と言う。
 彼らは高橋君の話しに感動して真剣に聞いてくれるそうだ。
 学校の先生も驚く事ばかりで、私の授業は皆寝ている。
 その子たちが真剣に聞くなんて・・・と
 
 困っている子、悩んでいる子を救いたいと言う彼の気持ちは先生になっても継続して行くだろう。
 そのための自転車日本一周は最高の手段であった。
 これからも南下しながら授業をして行く。
 取材に来た、共同通信の美郷さんも凄いな。
 取材ノートに8ページ位書いていたが書くのが早い。
 昨日話した記憶もばっちりだし感覚が鋭い。
 写真も角度のこだわりなど凄いな。
 おまけに美人だし。(高橋君の銃旅ノートに記載)
 写真撮影

 良い感じです

 この笑顔でまいる
 新聞記者は全国の新聞を見れるのが凄い。
 今回も「旅する先生」検索で、日本の何処の新聞が取り上げたか等全て見れる。
 
 「自転車やりたいな」と美郷さん。
 「買ったら一緒に付きあうよ」と言ったら「是非」と言ったがどうかな?

 見送った後家の解体。
 今日は西側の壁でここは30分位で解体した。
 今日はここの壁

 他はかなり解体した

 板を全て剥がし

 バサッと切った
 解体で出た木は全て切った。
 保管場所がだんだん無くなる。
 早くストーブを焚きたいな。

 向かいのリサイクルショップのお兄さんが来た。
 社長さんだが、お兄さんの方が親しみがある。
 また家具類を持って来た。
 引き受けて他に何か無いかと見たら、ギターがあった。
 韓国製のBarclaly SA-330の電気アコーステックギターだ。
 捨てられそうだったギター
 捨てると言うので戴いた。
 ギタースタンドも有った。
 これも欲しかったが買わないでいた。
 ギタースタンド

 これで良い
 他に照明装置。
 これはライブスペースの照明に使う。
 照明はばらして配置しよう
 ばらして天井からのスポット照明にしよう。
 他に新しい空気入れ、ママチャリ用が壊れていたので助かった。
 新しい空気入れ
 家具の処分代わりに色々なものが手に入る。
 面白い

 夕方になって土方ファンの方が子供と一緒に来て、下二股口台場を案内して欲しいと言う。
 他にも1名が案内して貰いたいそうだ。
 今日来た方は私の自主製作本「下二股口台場」を買ってくれた方で、物凄い土方ファンだ。
 台場に本を持って来てと言ったら、勿体ないので持っていかないと言う。
 本を大事に扱ってくれて嬉しいな。
 私が持って行けば良い話しだ。
9月24日(木)家の解体&Tシャツ
 今日も朝から解体の仕事をする。
 GH向かいの道路の舗装を切断するかなり高い音が聞こえた。
 まだ朝の8時である。
 こんな時間でも高い音を出して良いのか?
 と言う訳で私も解体に取り掛かる。
 今日は天井部分の桁を撤去し、北側の柱も撤去する。
 かなりの重量があるので要注意だ。
 ヘルメットをかぶって作業する。
 この天井を解体する

 別な角度から
 家の枠に繋がっている桁を切る。
 その後に2本の桁を切れば良いのだが少し考えた。
 北側片側2本を切っても、南側の繋ぎ部分で支えてくれると思った。
 まずは北側の1本を切る。
 少し全体がぐらっとしたが、まだ大丈夫だ。
 次に北側のもう1本を切るのだが、これを切ったら全体が落ちるのではないかと考えた。
 そこで落ちても桁が当らない所から切ってしまおうと、チエンソーを回した。
 残り僅かで切れると思った瞬間、バサッと全体が落ちてしまった。
 天井は落ちた
 やはり支えきれ無かったのだ。
 切る時の位置が内側だったら危なかった。
 落ちる事を想定してやったのが幸いした。

 次に北側の柱をバサッと落す。
 こちらは多分上手くいくだろう。
 ここの落ちる時写真を取ってくれるように、旅人高橋さんに頼んでいた。
 準備が出来たら呼ぶからと言って、少しずつ切って行った。
 最後の1本は薄皮一枚で繋げて置いて、最後に引っ張れば落ちる瞬間の写真が取れる。
 ぎりぎりまで切ったら、バリバリと全体が凄い音をして落ちてしまった。
 残念! 写真が撮れなかった。
 落ちた後の材木と記念撮影だ。
 もう落ちてしまった
 回りの柱が無くなったので見晴らしが良くなった。
 見通しが良くなった
 薪の材料も沢山出来たのだが、もう収納場所は一杯だ。
 今冬の分は間に合うと思うので、切らないで保管する事にした。
 でもこれだけあったら、後2シーズンは持つと思う。
 薪も大量に出来た

 昨日「旅する先生」の高橋淳さんが来たのだが、札幌のバイスクルクラブから預かったTシャツを受け取った。1
 バイスクルクラブは札幌の美容院で、主人も自転車日本一周をした方で60歳くらいかな。
 我が「自遊旅」にもパンフレットと無料散髪券が置いてある
 日本一周のチャリダーの頭を無料でカットしてくれる。
 更にバイスクルクラブのTシャツも戴けるのだ。
 そして宿泊する事も可能だ。
 我が「自遊旅」に来る人は結構寄って来て、Tシャツを何度も見せられた。
 青森ねぶたに行くともっと沢山のチャリダーがバイスクルクラブのTシャツを着ている。
 高橋惇さんのTシャツは319番と各Tシャツにはシリアルナンバーが入っている。
 私の貰ったTシャツにはシリアルナンバーが入っていない。
 超レア品だ。
 主人もシリアルナンバー無しは初めてだと言う。
 色は高橋君が選んでくれた黄色だ。
 何と私の一番好きな色だった。
 戴いたTシャツ
 高橋君が泊まった時にそれとなく黄色が好きだと感じていた様だ。
 嬉しかった。
 自遊旅のTシャツも作りたいが、資金的には無理だな。
 皆には自遊旅の何か記念になるものが欲しいと言われるが・・・。
9月23日(水)家の解体などなど
 今日も朝から解体の仕事。
 まずは昨日解体した材料をカットする。
 廃材カット
 置き場が段々狭くなり、もう何列になったのか分からなくなってきた。
 こんなに増えた


 焚き木は別な収納箱を作った。
 ここに薄いコンパネをカットして保管する。
 ストーブに最初に火を付ける時に便利な、燃えやすい木や板を置く。
 カットも収納庫製作も終わって東側の柱部分を解体する。
 
 ここは1時間程度で解体完了。
 やはり1Fになったので作業はやり易い。
 高さの恐怖が無くなったのが作業を楽にさせる。
 ここを解体

 ばっさり落ちた

 見晴らしが良くなった

 解体が終わって材料をカットする前に、お墓に行く。
 秋分の日なので手だけでも合わせてこよう。
 GHの仏壇は野の花
 自転車で行く。
 やはり墓参りに来ている人も結構いて、立待岬に行く観光客もいて賑やかだ。
 線香とロウソクだけ

 何時か名前が無くなる

 ついでに立待岬に行く。
 天気が良いので波がきらきらして綺麗だ。
 波がきらきら綺麗だ

 観光客も多かった

 北側の掛越山を眺めていたら、あれ何か道らしき雰囲気が有る。
 掛越山
 弾の中腹にはコンクリートの壁が有る。
 その前には道が有る雰囲気だ。
 ここから道がある
 今度登って見ようか。
 ここ大型バスの駐車場の下は台場が有った場所で、今も駐車場の下に保存されている。
 箱館戦争の際も使用した台場だ。
 
 ママチャリを押しながら碧血碑に向かう。
 旧幕府軍の慰霊碑にも手を合わせる。
 花がある

 旧幕府軍の霊も安らかに眠っているのか

 家に帰って再び廃材のカットをする。

 夕方には「旅する先生」の高橋じゅんさんがやって来た。
 道東の虹別小学校で全校授業をやっての帰りだ。
 共同通信社に電話したら、直ぐに来るとなった。
 先日私の取材があった後、彼の話しをしたら興味が有ると言う事なので連絡した。
 記者の美郷さんは、ケンタッキーフライドチキンとフライドポテトとサッポロクラシックを持って来た。
 夕食はまだ食べて居なかった。
 新聞記者も勤務時間がはっきりしないので大変だ。
 ビールは誰も飲めなく、旅人用に戴いた。
 高橋さんはどんな話しを学校でしているのか分からなかったが、旅を中心とした話で、小学校、中学校、高校で話し方を変えているようだ。
 さすがに司会などをやっていたのでトークには自信がある様だ。
 3人で大いに笑って10時過ぎまで過ごした。
 四国の授業がまだ余りないので、彼女が大学時代の友人に連絡してくれる様だ。
9月22日(火)鮭がやって来た
 最近目覚めが早くなった。
 4時にはすっきり目が覚める。
 そこで2時間くらいは、過去の資料をまたまた読み返している。
 朝食は6時になる。
 かなり早いが早く起きているので腹が減る。
 そして家の解体をする。
 朝は音の出ない仕事をする。
 9時には自転車でホーマックまで行く。
 注文していたカーボンブラシが入荷したとの連絡が入った。
 帰って来たら10時半になっていた。
 また解体の仕事をして浴室の屋根部分は撤去で来た。
 浴室の天井を解体

 天井が落ちた

 北側は柱のみになった

 廃材を切っていたら、ヤマト運輸が来る。
 鮭が届いた。
 ヤマト運輸も地域担当が決まった人なので、我が家の状況は良く知っている。
 時々居ない事があるから、事前に電話が来る。
 「今日は日乃出町ですか?」
 「そうですよ」と言ったらこれから配達しますとなる。
 
 鮭は2匹来た。
 鮭が2本入っている
 オスとメスだ。
 体調は80cmと大きい。
 かなりの手ごたえが有っただろうな。
 早速、捌く。
 まずはオスを3枚おろしにする。
 まずは3枚におろした

 骨もしっかり取って終了。

 血筋も取った。
 地筋も取った
 好きな人は醤油漬けにしてご飯に乗せて食べる。

 メスは大きな筋子が入っていた。
 大きい筋子だ
 最近は値段が高くてなかなか買えない。
 そのためイクラ作りも出来ないでいる。
 今回は思わぬプレゼントだ。

 メスは塩鮭にする。 
 腹を裂いた後、塩を外と腹に擦り込み終了。
 塩を擦り込む
 新聞が無かったので、タオルに包んで日の当らない部屋で1週間寝かせる。

 そしてイクラ作り。
 まずは湯を沸かし、ぬるま湯の中塩を少し入れ、その中に筋子を入れ箸で振りながら子をばらす。
 ぬるま湯の方が簡単に剥がれる。
 箸でぶらぶら振る

 そして水で薄皮や白い子を流す。
 これは薄皮が無くなるまでやる。
 薄皮が流れた
 出来たイクラの水を切り、ボールに入れる。
 塩をさっと振れば、真っ赤なイクラに代わる。
 良い感じになった

 後は醤油、みりん、酒を入れてOKだ。
 冷蔵庫に入れて置く。
 明日の朝には食べられるだろう。

 終わった後、おすそ分けの鮭を桔梗に持って行く。
 直ぐにGHに戻る。

 チエンソーのカーボンブラシを変える。
 新しいのと古いのでは長さが相当違う。
 こんなに長さが違う
 もう摩耗のしすぎかもしれない。
 時々止まるのはこのせいなのか。
 新しいのと取り換えて動くのを確認して終了。
9月21日(月)町内会PG練習会
 朝の食事をして有川PG場に行く。
 ここで2ラウンド練習して桔梗に行く。
 行ったが妻は今日の練習会には行かないと言う。
 私だけで参加する。
 今日は天気も良くて最高のPG日よりだ。
 まずは第一ラウンド。
 121とあまり調子は良くないと言うか、色々な練習を試しているのでこんなものだろう。
 昼食後は所謂、真剣にスコアメイクをする。
 町内会最強のDa氏、Su氏、それの女子のトップクラスYaさんと同じ組になった。
 Da氏はトップクラスなのだが、体調が余り良くないので、かっての上手さが消えている。
 目標相手はKu氏になる。
 結果は  Aコース  Bコース  Cコース  Dコース     合計
 Da氏    29    27     32     29     117
 毛利     25    28     28     28     109
 Ku氏    28    24     29     27     108
 Ya女史   29    36     30     30     125
 以上のように1打差でKu氏に負けた。
 彼はB-8ホールでホールインワンを出したのでそこで差がついた。
 それでもトップクラスと対等に競えるようになった。

 PGに行く途中、甲冑パフォーマーの山辺氏から電話が有り、鮭2本を送りたいと言う。
 現在日本の城を巡って歩いているのだが、網走で鮭釣りに誘われて、やった所2匹も釣れたそうだ。
 実家に送ろうとしたら、魚は捌けないし、イクラの作り方も分からないそうだ。
 それで引き取ってくれとの事だった。
 喜んで引き受ける事にする。
 明日の午後には到着する。
 旅する先生からも電話が来て、虹別小学校の全校生徒を前にしての授業は大成功たったそうだ。
 今は函館に向かっており、23日の遅くには函館入りする。
9月20日(日)GHに戻る
 早朝有川PG場で3ラウンド練習。
 帰って朝食を食べてから、スーパーに皆で買い物。
 玉子がLサイズ100円なので行かなければ・・。
 他にも米が無くなったし、みりんや料理酒、ごま油も無くなった。
 これらを購入して貰ったのだが、食材は無いので後で補充しなくては。
 
 GHに帰って廃材のカットをする。
 家具が沢山あるのでまだまだカットが必要だ。
 切った板ももうスペースが一杯になったので、前に1.5m伸ばす。
 貰った家具の扉などを使って屋根を付けた。
 屋根を付けた

 木は4列になった
 午後からワールドカップラグビーを見る。
 結果は日本が勝って世界中が驚いたのだるが、そのVTRを地デジでやるのでみた。
 素晴らしい試合だった。
 強豪南アフリカと五分の戦いで最後は逆転トライと言う最高の試合が見れた。
 特に日本のタックルが凄かった。
 こんな試合をして居ればラグビーも人気が出るだろう。

 夕方ケーブルテレビから依頼された電気屋さんが来て、インターネット回線を外して行った。
 既に私が殆ど撤去状態にしておいたので、高所の接続を外すだけだったのであっという間に終わった。
 インターネットはタブレットのテザリングで見る事にする。
 ただNCVのメールが使えなくなったので、連絡のある方はHPのトップページ下のメールから送って下さい。
 mousanmousan2424@gmail.comなので宜しく。
9月19日(土)愛葵の運動会
 今日は1番下の孫の愛葵の運動会。
 函館恵み幼稚園の年中さんになる。
 天候は雨の予報だったが午前中は何とか曇りで推移しそうだった。
 そのせいか運動会は行うとの連絡が来た。
 大急ぎで支度して桔梗に行く。
 皆も運動会は無いと決めていたので慌ただしい。
 ただ幼稚園は午前中の運動会なのでお弁当は要らないのでその分支度は簡単だ。
 敷き物だけを持って行けば良い。
 手作り看板
 見る場所は抽選で当たったが、1600mm×1200mmと大人二人と子供一人くらいだ。
 でもおじいちゃん、おばあちゃん専用のシルバー席がある。
 ここはイス席なのだ。
 まだ誰も居なかったので一番前に座る。
 今、膝が痛いのでイス席は有難い。
 膝が痛い

 運動会が始まる。
 入場

 爽やかです

 手を大きく振って

 余裕はあるが・・

 体操です

 ママだ!
 我が孫は運動能力は高くは無いので楽しんで参加してくれれば良い。
 最初の「かけっこ」は楽しく終了。
 後ろから数番目くらいか。
 かけっこ

 次は玉入れなのだが、我が孫は一番後ろから入れているが全く届かない。
 それでも1勝1敗で引き分け。
 後ろからだが入らない
 次は「パラルリラ」のダンス。
 楽しく踊っていた。
 踊りは楽しそう

 上手だよ

 次にお父さんの背中におぶさって歩く競争。
 お父さんは絶対走ってはいけないと言う事で和気あいあいにゴール。
 パパにおんぶ
 最後はホップステップスル―だが、何の競技か全く分からなかったが、障害物競争だった。
 これも後位で終了
 左が愛葵

 障害を越えて

 トンネルをくぐり

 ゴールだ
 最後に家族でフォークダンスをして無事終了。
 親子でダンス

 パチン

 豪快に
 寒かったが子供たちは皆元気で半袖短パンが多かった。

 メダル貰った
9月18日(金)台所の改善
 折角電動チエンソーが動いたのに今日は雨だ。
 家の解体は諦めて、GH「自遊旅」の台所の改善をする事にした。
 カセットガスで炊事をしているが、古い家なので排気が無いのである。
 油炒めなどをすると、油が飛び散ってべたべたする。
 そこでガス周りに囲いを設ける。
 材料は不用になって運ばれた家具が沢山あるから、その中の良い材料を使う事にした。
 今迄、炊飯器と調味料の乗っていた板を取り外す。
 この板を外す
 今迄は巾一杯の寸法で無かったのだが、今回は巾一杯の材料を使う。
 良い材料が有った

 ぴったり収まった

 次に天板を用意する。
 これはテーブルの上板があった。
 かなり暑くて丈夫だ。
 表面も艶が有ってつるつるだ。
 これは良い材料だ
 
 側版も2枚用意したので組み立てる。
 裏側の板も取り付けた。
 完成した

 これを台の上にセットする。
 ぴったり合った。
 前より置き場が多くなった
 カセットコンロの周辺の板が汚れない様に、アルミのレンジ用の板を貼る。
 これなら汚れても良い
 これで完璧だ。
 後は油炒めをする時は、前の上部を少し狭くする工夫をする。
 ロールカーテン式に上から少し遮蔽板が下がってくれば、油の飛散は無くなる。
 台所のスペースがぐんと増えて、使い勝手が良くなった。
 ついでに台所の周辺や、電気器具の掃除も全て行った。
 みんなすっかり綺麗になった。

 午後から整骨院に行く。
 最近左の膝が時々痛い。
 痛くない時は全く痛くないのだが、加減によってぴりっと痛くなる。
 数日間で1トン近くの物を持って、車に積んだり降ろしたりしていたし、解体の梯子の上がり下がりも相当やったせいなのか。
 電気治療と湿布をする。
 湿布薬がずれないようにネットを被せてくれた。
 大げさになった

 夕食はかき揚げにする。
 玉ねぎがあったし、人参も有った。
 スーパーでちくわを購入し、3種類の食材で作る。
 ちくわも入れる
 他にビスケットを買って来た。
 先日見た県民ショーで何処の県か忘れたが、ビスケットに小麦をまぶして揚げるのを見た。
 それをやってみようと言うわけだ。
 ビスケットも購入
 まずはかき揚げを作る。
 これはかき揚げ

 沢山出来た
 その後に、ビスケットを揚げる。
 ビスケット揚げ
 出来たのを直ぐに試食。
 揚げたては流石に美味しいが、衣が少し足りなかったかな。
 もっとふっくらさせれば良かった。
9月17日(木)チエンソーを何とか
 動かなくなったチエンソーを何とかしたいと思い再び原因調査する。
 ばらした

 まずは電源プラグ間で、テスターに依る導通テストしたら、全く無限大の状況だった。
 スイッチをONにしても変わらない。
 テスターで図る個所が無いので、線を切断して個々の導通テストをする。
 無限大であった、カーボンブラシに急に導通があった。
 あれこれなら動くぞ。
 切った線をはんだ付けで修復してビニールテープを捲いて終了。
 回して見たら何と回るではないか。
 動いた
 早速解体現場に行って木を切るが、数本切ったら止まってしまった。
 ここをやる積りだったが

 少しでストップ
 回転時の音が変だった。
 ぱふぱふといった感じで感じで回っていた。

 戻ってカーボンブラシをばらす。
 何と判断線になっていた。
 左が正常、右断線
 ブラシに繋がっている電線が浮いていてふらふらしていた。
 それで接触したり離れたりしたりしていたんだ。
 
 これは交換するしかない。
 ホームセンターに行ってカーボンのプラグを探すが導種類は無い。
 おばちゃんに聞いたら、少し大きめのを買ってカーボンを削れば良いと言う。
 おばちゃんにしてはなかなか知っている。
 しかしカーボンブラシはマキタしかなかった。
 丁度良い大きさのブラシはなかなか見つからなかった。
 仕方が無くおばちゃんにリョウビに電話して在庫確認して貰った。
 型式の古いチエンソーなので無いかと思ったが有ると言う。
 注文をしたが1週間かかるそうだ。

 桔梗の近くまで行ったので妻に会いに行く。
 風邪を引いていたと言うが、まあ元気になった様だ。
 暫らく話して帰宅する。

 帰りに有川パークゴルフ場に行く。
 試合もあるのに練習はなかなか出来て居ない。
 2ラウンドを回って、近くのリサイクルショップに行く。
 何かめぼしいものをと見たら、新しい炊飯器があった。
 シャープの3合炊き炊飯器だ。
 見たら蓋の閉まりが悪いので1800円となっていた。
 かなり安い。
 1800円の炊飯器

 綺麗だ
 新品だと1万円近くする。
 蓋をチエックする。
 ぴったり締まらない。
 少し隙間が有るように見える
 そうかこれで安いのか。
 他の炊飯器を見たら皆、カチッと閉まる。

 しかし良く良く見たら、この炊飯器は釜がフローテイング方式で浮いているのだ。
 釜が浮いている
 それで蓋をした場合カチッと閉まらないか、浮いている釜が蓋と合って少し沈む方式なのだ。
 だから下までカチッと閉まらない。
 止め金具も全くずれて居ないのでこれは壊れていないとなった。
 そうなれば実際に試して見たい。
 
 今使っている炊飯器は娘の学生時代の物で無かっただろうか。
 そうすれば20年も前のもだ。
 かなり古い

 使用感がたっぷり

 底も傷がある
 最近炊飯は出来るが保温していると、品質がかなり落ちてくる。
 そこで欲しくて探していたが高くて買えなかった。

 多分大丈夫だろうと、エンジニアの感で購入。
 家に帰ってご飯を炊いてみる。
 途中で炊飯の湯気が所定の位置から出てきた。
 これで蓋と鎌の間が漏っていない事が明確なのでOKだ。
 結局炊飯は上手く出来た。
 上手く炊けた
 他に、パンも作れるし、ヨーグルトも作れる。
 やはり機能が全然違う。

 ご飯を炊いている間、チエンソーの修理。
 カーボンブラシが来るまでの間、何とか使えるようにしたい。
 切れた線に3cm位の線をはんだ付けで長くし、それをスプリングに巻きつけてはんだ付けをする。
 スプリングに絡ませた

 こんな感じで入れた
 これで動けば取り敢えずは使える。
 電源を入れてスイッチを入れたら、キーンと回った。
 良かった良かった。
 新しいのを買う前に修理で来て良かった。
9月16日(水)家の解体
 今日は健康サロンのウォーキングの日なのだが、妻は風邪気味で不参加となった。
 それなら私も不参加にする事にした。
 家の解体を急ぎたいのだ。
 今日は東側の外壁を剥がす作業をする。
 おおよそ3時間掛って、外壁を撤去し、断熱材も撤去した。
 解体前

 外板を剥がした

 断熱材と防水シートも撤去
 後は木を切る作業だけが残る。
 ハンマーで叩いたがなかなか木は剥がれて来ない。
 やはりチエンソーが必要だ。
 車に解体した外壁と断熱材を積んで捨てに行く。
 1回目は300kgぴったりだった。
 やったー。
 そして2回目は何と190kgであった。
 100kg単位に計算するのでこれは効率が良い。
 

 夕方、自転車で湯川の無料温泉に行く。
 行ったらビンゴ大会をやっていた。
 もう少し早く行けば間に合ったのにだが知らなかった。
 先着100名で30位まで賞品が当る。
 休憩室は満員だった。
 お陰で風呂は3人しかいなかったのでのんびり入れた。

 風呂を出てホームセンターに行く。
 チエンソーは幾らするのか見たい。
 一番安いのが税込みで5378円だったが、品物は売れて無かった。
 安かったが・・
 やはり安いのが売れる。
 良さそうなのがリョプビの9158円だ。
 これが良さそうだった
 帰ってアマゾンで調べたら同じ機種で7790円だった。
 1350円は安い。
 送料も無料なのでやはりアマゾンになるな。
 後り1階部分が終われば、それ以降は使う事も無いので安い5378円にしたいが・・。
 メーカー品だと7790円なのでその差をどう考えるかだ。
9月15日(火)旅人出発&家の解体
 高橋さんに書いて貰った筆字はやはり良いなとしばらく眺めていた。
 幼い時からやっていたそうだが、7段とは凄ないとつくづく感心。
 自遊旅

 夢をあきらめない

 朝5時に起きて56時半から家の解体をする。
 大きな音が出ない作業なのでこの時間でも近所迷惑にはならない。
 外壁を剥がして行く。
 防火壁なので1枚当たりの重量は結構ある。
 2時間で外壁は剥がれた。
 一度GHに戻って森山君と話す。
 9時には出発する。
 来年も北海道に来たいらしいがどうなる事やら。
 これから日本海を南下して沖縄を目指す。
 記念撮影

 木の看板だ

 元気に行った
 沖縄にはもう相当の旅人が集まっている。

 彼の出発した後、断熱材を剥がす。
 70リットルのビニール袋3枚分入った。
 その後は、細い材木をハンマーで叩いて解体する。
 大きな材料はさすがにハンマーじゃ無理だ。
 チエンソーが壊れたのが痛い。
 昨日の状態

 外壁は無くなった
 後は柱を残すのみとなった。

 午後になって向かいのなんでも屋さんのお兄さんが来る。
 私がGHに帰った時大量の家具が入っていた。
 こんなに家具が

 解体したらこんなに
 捨てるなら燃やしてあげると言ってあったので全然OKだ。
 彼は電話連絡したのだが私がPGをやっていたので、持って行かなかったので連絡がつかなかった。
 暫らく話する。
 何処かでチエンソーが出ないだろうかと聞いたら、今迄出た事は無いそうだ。
 一般家庭にはなかなか無い様だ。
 午後から、外壁材を車の近くまで運ぶ。
 重いのでかなり疲れる。

 その後は家具の解体と切断をする。
 半分は出来たかな。
 
 朝の5時半から夕方4時まで作業した。
 途中1時間の休み。
 やはり疲れる。
9月14日(月)町内会PG例会
 いつもの例会日。
 先週は1ヶ月ぶりの練習日で今日は1ヶ月ぶりの例会になる。
 28人も集まった。
 天気は快晴で涼しく最高のコンデションだ。
 しかし久ぶりのPGなので、今一つ調子が上がらない。
 121でホールアウト。
 他の人も120越えが多かった様だ。
 午後からの練習は116とまあ良い結果になった。

 夕方旅人が来た。
 森山君で神奈川綾瀬から来たが、私の以前勤務していた会社の工場が綾瀬にもあったので懐かしい。
 夜は大いに歓談する。
9月13日(日)旅人出発
 今日は高橋さんが出発する。
 朝市で500円の海鮮丼を食べてからフェリーターミナルに行くので8時頃には家を出た。

 記念撮影
 まずは愛媛に帰り、沖縄眼ざして進むのかな。
 来年には再び北海道をじっくり回りたいそうなので、バイトをして資金を貯めるようだ。

 看板も筆字だ

 中学校の時ギターを習った

 出発した

 彼女が出発してから家の解体をする。
 外壁を剥がすために、沢山伸びた草を刈る。
 家の裏側にハッカが密集していた。
 釜で刈って梯子が立てられるようにした。
 試しに一部の壁を剥がして見たが簡単に剥がれる。
 左側1枚剥がした
 今日は試しに一枚剥がしただけだが、2〜3日で全て剥がせるだろう。

 終わってから桔梗に行く。

 孫達は小学校のバザーに行くと言うので私は久しぶりに温泉に行って来た。
 夕方は友瑛の友達の4コンサートがあるので金森ホールに送って行く。
 コンサートの合間にGHに愛葵を連れて行く。
 アイスとぶどう、ロールケーキを買った。
 食欲は旺盛だ。
 GHに設けたライブ装置を使って「アナと雪の女王」を歌う。
 マイクの前に立っても物おじしない。
 身体でリズムを取って歌っていた。
 
 コンサートが終わって友瑛とママを乗せて桔梗に帰る。
9月12日(土)旅人出発&家の解体
 朝の3時に目覚ましを掛けて起きたが、前原さんはもういなかった。
 え〜一体何時に出たんだろう。
 後ほど電話が来て、朝の2時半に目が覚めたので、そのまま起きてフェリーターミナルに向かったそうだ。
 再び寝るもののなかなか寝つけない。
 6時には起きて早い朝食を食べて、その後家の解体作業に入る。
 今日は天井の板を剥がす。
 2Fでの作業だが、今迄の高所に比べ全く恐怖感は無い。
 9時には全て取りはらった。
 板がすっかり無くなった

 青空が見える
 一旦休憩の後、剥がした板を切って薪にする。
 これだけ木材が出た
 切り終わったのは午後1時だった。
 昼食は昨日作ったいももちにした。
 美味しい。
 これで昼食は終わり。
 
 高橋さんはベイエリアと元町周辺の観光に出かけた。
 明日には函館を出る様だ。
 
9月11日(金)佐々木さんと会う
 原口佐々木さんから会いたいとの電話があった。
 彼が入院後初めて会う。
 函館の長男の家にいるので訪問する。
 少し瘠せたが、熱い気持ちは変わらずだ。
 Se元原口校長先生と親戚のSaさんも来た。
 話しは来年の松前登城ウォークだった。
 原口の関係者をウォーク当日、原口に集めて色々交流をしたい様だ。
 来年のウォークは出来れば2泊3日でやりたいが、一番の問題は旧道整備をどうするか? 参加者大人数の場合の食料の確保。ゴール後の人の移動手段などなど色々あるが、組織が無いのも同然なのでなかなか詳細を話しあう機会がない。
 Seさんにも実行委員会の組織作りが必要と言われるが、本人には何処まで理解して貰えたのか。
 年齢も高齢なので、細部の話しになればなかなか伝わらない。
 
 GHに戻ったら旅人がまったりしていた。
 何しろ雨なので何処にも行けない。
 それでも女子大生の高橋さんは雨の中、五稜郭方面に出かけた。
 私もやる事も無くTVを見たり、道具の修理をしたりしていた。

 昼はいももちを作った。
 ジャガイモを湯掻いて潰し、荒熱が取れたら片栗をいれ、それを油で揚げる。
 ソースは醤油、砂糖、みりん。
 片栗粉を入れて加熱して完成。
 湯掻いたジャガイモを潰す

 完成

 明日は前原さんが青森に向かう。
 朝4時半のフェリーだ。
 洪水被害の有った東北から茨城を通って行く。
 今日の内に撮影
 高橋さんは初めての函館なのでもう一日観光する。
 今日でお別れだ
9月10日(木)旅人来る
 台風の影響で小雨交じりで風もある。
 家の解体をどうするかと考えたが、雨が本格的に降る迄やろうとなりスタート。
 まずは2Fだった床の板を撤去するのだが、コンパネは全てビス止めだった。
 まあこうしなければきしみ音が発生するので仕方が無い。
 剥がす方は大変だ。
 電気ドライバーで1本ずつネジを緩める。
 途中で充電1回をして無事完了。
 これは昨日現在

 全て撤去

 タル木も撤去
 続いて板の下のタル木を外すがこれもビス止めだった。
 相当数のネジを緩めてこれも完了。
 残りは板1枚を剥がせば良いのだが、明日は大雨の予報なのでここでストップ。

 木曜日はCOOPで安いパンが出るので行って購入。
 キャベツも大きいのが88円だったので即購入。
 厚い豚肉も1枚当たり約100円とこれも安かった。
 パンは11食分に切って冷凍庫に入れる。
 解凍しなくてもそのまま焼けば良い。
 キャベツは10日は持つ。
 サラダや炒め物、味噌汁と用途は広い。
 豚肉は1食1枚で5食分。
 歳を取ってから食事の量は少なくなったので安上がりだ。
 これで当分は持つ。
 これで800円少々

 そこにお客さんが来た。
 日本一周の旅人前原さんだ。
 現在61歳で、もう既に退職している。
 鹿児島の「指宿トライアスロンクラブ」所属だそうだ。
 そのクラブの会長が自転車日本一周に鹿児島から出たが、静岡で癌が見つかりそこで亡くなったそうだ。
 前原さんが日本一周をする事になり、その際、亡くなった会長の奥さんから、会長が使っていた自転車で日本一周して欲しいとなったそうだ。
 その自転車で彼は旅している。
 しばらく話して、夕方には温泉に行ってスーパーで食料を買って来た。

 前原さんが温泉に出かけた後、愛媛の女子大生、高橋さんがやってきた。
 大学の夏休みのみで旅しているので、時間が余りなく、今回は美瑛から輪行で来た。
 今後、春休みを利用して九州方面を回るそうだ。
 何と彼女は習字が半端でない位上手だ。
 社会人の7段だそうで、学生では師範格だそうだ。
 路上で書いた習字を売る事もしている。
 山も好きで今回も利尻富士にも登って来たそうだ。
 道の無い藪漕ぎも好きだそうで、話しが随分合った。
 旅では親から野宿は駄目と言われていて、ビジネスホテルやライダーハウス等に泊まっているそうだ。
 北海道はまだライダーハウスが多いが、本州は余りないのでこれからが大変だ。
 ホテルや民宿は前日やその前から予約を入れなくてはならず、雨の日も走らざるを得ないそうだ。
 夜には温泉と楽しみにしていたラッキーピエロに行って大満足だった。
9月9日(水)旅人出発
 旅人高橋淳さんは夕べは函館山登山をした。
 私は早々に寝るので同行はしなかった。
 朝に聞いたらやはり頂上はアジア系人で一杯だったそうだ。
 私が教えた直ぐ下の穴場は誰もいなく静かに夜景を見る事が出来て良かったと言っていた。
 朝早く出発する。
 今日は雨の予報で、もう少し居たい所だが、先の予定があるし、ここ数日は雨模様なので待っていても解決しない。
 札幌で会う友人と標茶での授業が決まっているので、どうしても走らなければならない。
 記念写真を撮って出発した。
 出発準備

 記念撮影

 今回のテーマ

 後部に掲げてる

 いざ出発

 上手だ
 まあ今月の14,5日には戻って来るのでその時のんびりできるか?
 岩手での授業も入った様なのでのんびりできるか?

 薪ストーブを付けることにした。
 一気に寒さが来る前に準備しておこう。
 3シーズン使って左右のトタンに穴が開いたのを、ステンレスのプレートを切って、リベットで止めた。
 錆びていたストーブも錆を落として耐熱塗料を塗ったのですっかり綺麗になった。
 円筒掃除もして煤もなくなった・
 これで何とかストー部を購入しないで済む。
 昔の人は皆この様に自分で修理して使ったのだろう。
 今年は2Fを解体した柱の薪が豊富にあるので、暖かい良い冬になりそうだ。
 綺麗になったストーブ

 昼食はFさんがアジアを旅行した時のお土産のインスタントラーメンを食べる。
 もう色々な種類を食べたのだが皆美味しかった。
 今回のは何かは全く分からない。
 文字が全く読めない。
 インスタントラーメンには違いない。
 ハムとネギをふんだんに入れる。
 出来た味はピリ辛のラーメンだった。
 今回も美味しかった。
 外は少し寒くなったが、汗が噴き出るくらい辛い。
 これも美味しかった

 曇り空だったので、午後から家の解体をしようと2Fへ登ったが、板を3枚剥がした所で大粒の雨が降って来たので今日の作業は諦めた。
 ここをやろうとしたが・・

 雨で3枚だけ

 パソコンに向かって資料作りをやる。
 大分溜まっているのでこちらもピッチを上げなくては・・。
9月8日(火)旅人高橋淳さん来る
 孫の友瑛の傘がまた壊れた。
 先日直したばかりなのにまた壊れたのだ。
 ここが最初の破損
 今回も骨折だった。
 随分弱いのか、傘で遊んで壊すのかは分からない。
 今回は入院治療と言う事でGHに持ち帰った。
 今回はここ
 
 折れた部分を抱かせて針金で固定して完了した。
 
 旅人高橋淳さんがやってきた。
 今から4年前に日本一周した。
 吉本芸人で日本一周の後、吉本で司会などの仕事をしていたが、組織のしきたりには余りなじめなく芸人を辞めて今回は「旅する[先生 プロジェクト」として、日本中の学校で旅の話し等を聞かせて回っている。
 北海道の標茶の小学校に行く途中に寄った。
 先生の紹介で話し先の学校を紹介して貰い、そこに行って話しを聞かせる。
 将来は教員免許を持っている、高校の先生になる事に方針転換し活動している。

 解体の手伝いをしてくれると言うので、浴槽の解体したコンクリートやタイルの運搬を頼む。
 結局250kgと220kgの2回運んだ。
 荷が重いので運ぶのは大変なのだが助かった。
 お礼にラッキーピエロのハンバーガーを奢らせて頂いた。
 人気ナンバーワン

 陽気な高橋淳さん
 夜は函館山の夜景を見に行くと行く。
 明日は札幌に向かって出発し、大学時代の仲間と会い、それから標茶の学校に向かう。
 その後は南下して、岩手の学校でのお話しも入っている。
 函館でお話し希望の学校があったら9月14日か15日はOKですよ。
 勿論ボランティアでやります。
9月7日(月)町内会PG練習日
 自転車世界一周中の小口君から絵葉書が来た。
 普段からフェースブックで見ているので情報は知っているが、わざわざ定期的に絵葉書を送って来る。
 律儀な青年である。




 訪問国も138ヶ国目になり、中南米グアテマラからだった。
 訪問国数では過去の日本人の世界一周の旅人の中で最高になった。
 凄い快挙だ。
 残り2年で約8年に及ぶ旅が終わりそうだ。
 日本に帰ったら是非会いに行きたい。

 町内会PGは1ヶ月ぶりに再開した。
 8月は暑いので休みになっていた。
 13〜4人集まった。
 早速プレイするが、久しぶりなので感覚が今一つだ。
 それでもフォームや打球の方向、強さの間隔を取り戻す練習だ。
 午前中は122と1コース30を切る事は無かった。
 食事後、午後の練習ラウンド。
 3人組だが強豪のKさんとYさんが一緒だ。
 それでも勝ち負けは関係なく、色々なチエックをしながら回っていた。
 しかしYさんはいつも勝負にこだわる人なので、途中でも勝っているとか、負けているかと気にしている。
 最後のコースになって1打1打勝った負けたと言うので、こちらも気合い入れてやる事にした。
 7ホールまで21打同士で互角。
 8ホールで私がホールインワン。
 彼が3打で2打差がついた。
 最終ホールは私がオーバーして、彼はピンそば。
 私が残りもし3打で彼が1打で入れれば同点になる。
 ここは気合いが入る。
 ラフからの4m位でスライスライン。
 打ったら見事読み通りカップイン。
 これでショックを受けたか、彼が近い距離を外す。
 結果は私は24打、彼は27打と3打差で勝った。
 9アンダーは滅多に出ない。
 この調子で後半戦も頑張りたい。

 孫をエレクトーン教室に送ってから温泉「花の湯」に入ってGHに戻る。
9月6日(日)共同通信社の取材を受ける
 午前中は電動チエンソーの修理をする。
 昨日突然ピタッと止まったきり動かない。
 配線を見たが問題なさそうだし、ブラシかなとなりばらしたら少し汚れていたので清掃する。
 もう一方のブラシは片減りしていた。
 電源を入れたら回ったが、少ししてバチっと音と火花が出てストップした。
 その後はうんともすんとも言わず。
 遂に壊れたか
 お手上げだ。
 やはり家庭用は極使に耐えられないのか?

 昨日解体したタイルを袋に詰める。
 重いので袋には1/2程度しか入れられない。
 約10袋に詰めた。
 コンクリートが重い

 袋に詰めた
 他に大きな破片はそのまま車に積む事にする。
 来週には処分場に持って行く。

 GHの外灯を設置する。
 旅人が夜来た時や出発する時に外は真っ暗で苦労していた。
 ヘッドランプなどで作業していたが、今回外灯を付けた。
 解体中の家には人感センサー付きの外灯があったのでそれを流用した。
 これがあった

 無事取り付け完了
 普段は人を検出して点灯すると勿体ないので、スイッチを切っておいて、使うときのみ電源を入れるようにした。
 これで便利になるだろう。
 
 午後から共同通信の取材。
 函館支局の岩井記者で若い女性だった。
 ゲストハウスの取材なのだが、私の活動も随分取材された。
 広範囲に渡って取材されたので最後に写真を撮り終わって2時間半の取材だった。
 共同通信社は新聞各社が出資しているので、ここで書いた記事は全国の新聞社が、必要な記事を選んで自分の新聞に載せる。
 今回の取材で何社が興味を持つのか?
 取材は話しが弾みなかなか楽しかった。
 熱心に写真を撮る
 火曜日に吉本芸人の高橋淳さんが「自遊旅」に来るので、また取材に来るかもしれない。

 明日は久ぶりの町内会PGの練習日だ。
 殆どクラブを握っていないのでどうなるやら。
9月5日(土)色々やった
 朝起きて天気が良いと直ぐに洗濯が思いつく。
 すっかり主夫感覚が身に付いている。
 

 洗濯が終わってさて何をやろうかと考えた。
 そうだ食材を入れている個所がごちゃごちゃしていて取りだしにくい。
 そこで物を整理してプラケースを1個空にした。
 これに野菜や調味料、インスタントもの等を区別して入れる事にした。
 凄く分かり易くなったので良かった。
 プラケースの食材入れ
 
 分かり易くなった

 次はストーブの準備。
 穴は塞いであったので、錆を落して耐熱塗装をしようと、ホ-ムセンターに行ってスプレーを購入。
 錆を落していたら、先日穴を塞いだ反対側も穴が開いた。
 同じやり方でステンレス板をリベットで止める。
 そして黒のスプレーを塗った。
 これで綺麗になった。
 4000円の出費が無くなり、1000円少しで収まった。
 ここは先日直した

 こちらは今日直した

 耐熱用スプレー

 すっかり綺麗になった

 午後からはいよいよ家の解体に入る。
 今日は浴槽の撤去だ。
 タイル剥がしガ大変
 タイル張りだが、下地に網入りコンクリートがあるのでなかなか厄介だ。
 大ハンマーで何度も叩いてようやく壊した。
 発泡スチロールが出た

 板になった

 板も撤去

 コンクリート壁なのだが水回りはやはり弱く、内の板が相当腐っていた。
 風呂は一度新規に作り直したので、この家では一番新しいのにこの有様だ。
 古い家なら相当腐っているであろう。
 こんなに腐食している
 これで今日の作業は終了とした。
 風邪の方は一生懸命作業していたらすっかり良くなっていた。
9月4日(金)GHに戻る
 昨日から風気味で鼻水、咳が出る。
 まだ初期の段階なので様子見だ。
 桔梗では孫の瑞葵が風邪で2日間も学校を休んでいる。
 私も風邪を貰ったのだろうか。

 GHに戻る。
 途中アサヒ商会でガソリンを入れる。
 函館はガソリンが安くて有名だが、随分安くなったものだ。
 現在は118.8円/Lだ
 
 3000円入れたら、満タン近くまでメーターが上がった。
 随分安くなったとメーターを見ても感じる。
 中国経済の落ち込みが主要因らしいが、我々にとっては嬉しい価格だ。

 風邪でもじっとしていられない性格なので、まずは布団を収納するスペースの改造。
 先日戴いた布団の収納にも必要だ、しいつも積んで置いているのも見苦しい。
 以前から収納庫はあったのだが、扉が無く壁になっていたので入れにくい。
 この戸が邪魔

 そこで板を外してオープンは物入れ場にする。
 柱と壁板を取って、その板と柱はすの子になった。
 板を外した

 解体現場の古きも合わせて

 すの子が出来た

 布団が収まった
 これでこの部屋の布団と貰った布団が収まる。

 その後は煙突掃除。
 外してあった煙突のすすをとる。
 新品に交換
 直ぐやれば良いものを、ブラシが何処に行ったのか分からず暫らく放置していた。
 今日になってようやくブラシが出てきた。
 早速掃除する。
 すすは意外と少なかった。
 曲りの部分もすっかり錆びてしまったので、家に有った新しいのと交換した。
 そろそろストーブを付けて置いても良いかな。

 アマゾンに発注していたAVケーブルが届いた。
 安いものだが、意外と売っていない。

 全てがオスの1対2のケーブルなのだ。
 ライブ装置のメインのアウトプットをアンプに繋いでパワーアップしようとしたが、アウトプットはモノラル1個しか端子が無い。
 アンプの方はステレオでLRの2つの端子がある。
 普通に繋ぐと片方のスピーカーしか鳴らない。
 そこで1対2のケーブルを使う。
 モノラル→ステレオLRと繋げば全てのスピーカーが鳴る。
 さらに6Ωのスピーカーが有ったのでパラレルに繋ぐ。
 ウーハーも同じく繋いで、これで7スピーカーになった。
 音も断然よくなった。
 音も良くなった
 
 カラオケの音源はタブレットにする。
 いちいち購入するわけにはいかない。
 youtubeのカラオケ音源をブルーツースのスピーカーに流して鳴らし、音声はカラオケアンプを使う。
 Youtubeからの音源
 これで通信費だけで済むので安上がりだ。
 今の契約で事足りる。
9月1日(火)薪切りで一日
  朝4時に目が覚めてしまった。
 パソコンに向かい昨日の函館山の内容を、今書いている旧函館山三十三観音参拝コースと歴史」に纏める。
 6時には朝食を食べ、車の清掃、洗濯とこなす。

 8時には薪切りを開始する。
 解体した2Fの柱が沢山溜まっている。
 柱が20本くらいあった
 これをひたすら切って行く。
 柱は太いのでなかなか切れない。
 4時間やって昼食はパン1枚のみで、直ぐにまた薪作り。
 結局午後3時までやったので、ほぼ8時間仕事をした。
 すっか無くなった

 こんなに薪が出来た
 あ〜疲れた。
 薪を積むのは明日にしよう。
 でも良い薪が出来たのは嬉しい。
 
 HP TOP