7月29日(金)暑い!
 ようやく雨の予報が消えて、明日からは雨が上がる事になった。
 しかし気温は青森で28度になりそうだ。
 こんな暑さの中、チャリを漕がなくては・・・。
 水を大量に飲みながら行くしかない。
 明日の4時半発の青函フェリーの予約を入れたが無事取れた。
 自転車と人で3000円になる。
 午前中に谷地頭温泉に行って入浴する。
 北海道を出る前に綺麗にして行こう。
 帰ってきたらやたら気温が高い。
 暑くて家でじっとしていたが、それでも暑い。

 昼の食材が無いのでスーパーに行く。
 バナナの半額ととうきみ2本が半額だった。
 これに飲み物を入れて350円程度。
 とうきみは水道で水を付けて、塩を手ですり込む。
 ラップで包んでレンジ6分で美味しいとうきみが出来る。

 午後からブックオフに自転車で本を買いに行く。
 旅先では暗くなればテントに入るが、する事も無いので退屈になる。
 そこで読む本を買いに行く。
 以前買いたかった本があった。
 「88カ国 ふたり乗り自転車旅」だ。
 宇都宮さんが夫婦で世界を旅した本だ。
 260円なり。

 自転車で帰ってきたら家の中はサウナ状態。
 暑い!
7月28日(木)明和園祭り
 大雨注意報が出てなかなか出発出来ない。
 今日はカラオケをやりたいと言う友瑛がGHに来ると言うので迎えに行ったら、瑞葵も愛葵も来ると言う。
 妻も来ると言う。
 今日は明和園の祭りが有るのでそこに行く事も予定に入った。
 まずはGHでカラオケをやる。
 なんだかんだで1時間くらいやっていた。
 GHで練習

 瑞葵も



 その間に妻が明和園に行って、とうきみ、焼きそば、つくね、焼き鳥などを買ってきた。
 それを食べてから明和園に行く。
 さらに追加でソーメンやソフトクリーム、氷水などを購入して食べる。
 お腹が一杯になった所で子供のゲームある。
 色が合わなく外れ

 友瑛は当たり
 友瑛と愛葵が出た。
 さすがに小学校6年瑞葵出なかった。

 その後はカラオケ大会。
 孫達3人は率先して受付に行く。
 愛葵はカラオケ大丈夫なのか?

 まずは友瑛流石にエレクトーンを習っているので音感も良いし、リズムも良い。
 声も大きくて良かった。
 堂々と歌った
 次に愛葵が歌うのだが、歌詞がはっきり分かっていない。
 スタッフのお姉さんも手伝ったが声が小さいので聞こえない。
 友瑛が手伝って歌うが友瑛の声で愛葵の声が聞こえない。
 それでも何とか終わった。
 声が出ない

 お姉さんが手伝う

 友がサポート
 瑞葵はお姉さんらしく落ちついて歌っていた。
 瑞葵はお姉さんらしく
 みんな沢山のお菓子を貰って祭りを後にした。
 夕方ママが迎えに来て全員桔梗に帰る。

 今月宿泊した徳島の方からうどんが送られてきた。
 美味しそうだ
 旧道歩きが縁で宿泊して頂いたのだが、相当喜んでくれた。
 松前から函館まで歩き、函館から宗谷岬まで歩いた。
 相当厳しい歩き旅で有ったそうだが、宗谷岬での感動も大きかったようだ。
 同じ73歳で気力もある。
 見習わなくては。
7月27日(水)雨で憂鬱な日
 天気予報通り雨になった。
 明日も雨の予報で、明後日の早朝の出発になるのか?
 取り敢えずねぶたに使用する衣装やキャンプ道具はヤマトから発想した。
 キャンプ場に近い青森橋本センターに8月2日まで置いて貰う。
 金額は40lザックに満載して、1520円だった。

 何もやる事も無く、「下二股口台場」の改訂版を執筆をしていたが、なかなか集中出来ない。
 3ページを執筆して終わる。

 旅の自転車MTBのグリップが相当使っているので、ゴムはつるつるでグリップも回転する有様だ。
 アルペンに行き、グリップを買い求める。
 今度はエルゴタイプと言う、手でグリップを握らずグリップの上に手をあげて置けるので、楽になるそうだ。
 さらに今まではきついグリップを苦労して入れていたのが、ネジで簡単に止められるタイプになった。
 両方を交換して終了した。
 ゴムが知り減っている

 簡単に取れた

 溝が無い

 エルゴタイプグリップ
 あごの愛葵に貰ったキティちゃん人形。
 旅に出る時は愛葵が「連れて行って」と言うので、今回も連れて行きます。
 キティも同行
7月26日(火)出発延期
 朝起きて、ねぶたの衣装やテントを送って、フェリーを予約して、明日には出発の予定だったが、明日の予報は曇り時々雨で確率は80%だ。
 う〜ん 雨の中を最初から走って行くのはしたくない。
 しばらく考えた挙句、延期をする事になった。
 青森最初に行われる「つがる市ねぶた」は見られないが、黒石ねぶたから見る事にする。
 出発は29日になるかな?
 
 温泉に行く事にする。
 文化賞を頂いた記念にOさんから頂いたチケットがまだ残っていた。
 谷地頭温泉にチャリで向かう。
 ようやく着いたら「本日休業」だった。
 仕方がなくまた戻る。
 湯川まで戻って老人福祉センターの温泉に入る。

 朝食はパンと目玉焼き。
 昼食は簡単に済ませ、夕食は作っておいたカレーにする。
 暫らくGHを離れるので食料は全て処理してしまいたい。
 後、2日分で殆ど無くなるだろう。
 殆ど空だ
7月25日(月)PGコンペ
 暑い夏が来るので町内会PGは前半最後のコンペを行って1ヶ月の休みに入る。
 丁度この間に青森ねぶたに行くので行事がバッテイングしなくて良い。
 コンペと言っても賞品が出るわけでもないので特に気合いは入らない。
 3人組で回ったが、同行の女性に教えながら回ったので、スコアも119と余り良くない。
 全くプレーに集中していなかった。
 結果は5位だった。
 参加賞はオロナミンCのみだ。
 
 午後からは練習だが、男性同士、女性同士の組み合わせ。
 私のグループは昨年のトップ3の人が集まった。
 これは気合いを入れなくてはならない。
 少しの差でホールを回って行く。
 トップと4位では5打差くらいだ。
 最終Dコースでショットもパットも決まって来て、107で1位だった。
 2位は100で3打差だ。

 夕方瑞葵をエレクトーン教室に送って行き、GHに戻る。
 妻から8月分の小遣い1万円と旅中の食費として1万円頂く。
 フェリー料金をひいて万円位。
 これで2週間過ごす。
 1日約1000円の食費だ。
 相変わらず贅沢は出来ない貧乏旅だ。
 明後日には青森に出発しようと思ったが、青森は曇り時々雨で80%の予報。
 どうするかな?
 出来るなら雨は避けたい。
 フェリーの予約を少し待つ事にする。
7月24日(日)まだある旅の準備
 最近のスマホは機能が充実しているので大変便利だ。
 旅に出て夜に走る時などは、土地勘がないのでとんでもない所に行く事が有る。
 私はタブレットなので大きい。
 いちいち出すのが面倒なのだ。
 昨年の黒石ねぶたの時は、道の駅「田舎館村」に泊まろうとして全く反対に行った事が有る。
 そこで前のバッグの上にタブレットケースを付けることにした。
 100円ショップに行ったら丁度ぴったしのプラケースが有った。
 中の仕切りを切ったらぴったり入った。
 100円プラ箱

 タブレットがぴったり

 蓋を閉めれば防水だ
7月23日(土)PGに誘われる
 孫達は夏休みに入ったので、家中が騒がしくなった。
 そんな所に町内会のYさんからPGへ行かないかと電話が有った。
 とくに用事も無いので行く事にする。
 他に女性が2人来て4人で回る。
 もうスコアより楽しんでPGをやる感じになった。
 今回参加したN女史は84歳である。
 普通の人であれば歩くのも大変なようだが、先日行われた大会も出た。
 桔梗町内会メンバーでは女子で一位だった。
 歳とは似つかなく上手なのだ。
 今まで教えた事はにのだが、PGで言うあげ玉が出来ないでいた。
 今日はその練習をプレィしながら行った。
 球の置く位置とグリップが悪かったので教えてあげたら、それこそ快調なショットになった。
 2ラウンド回って私とも大差が無くなった。
 月曜日のコンペが楽しみだ。

 終わってファイターズの試合を見る。
 2対〇で負けていた。
 今日は何か勝てそうも無い雰囲気だった。
 そこでGHに戻ろうとしたが、友瑛の友達の女なの子が二人来て、友瑛を待っている。
 愛葵も行くって聞かないのだが、皆は自転車で行くし、小学生なので愛葵は駄目だと言ってもなかなか納得しない。
 仕方がなくばあばから皆のドーナツをミスドーで買ってきてと行ったら、行くと言うので私の車で買いに行く。
 12個買ってきたらもうすっかり機嫌が良くなった。
 TVを見たらファイターズが逆転している。
 これは見なくては・・・。
 最後まで見たが6対3で逆転勝利で5連勝。
 GHに戻る。
 愛葵が外まで来て見送ってくれた。





7月22日(金)愛葵と函館山登山
 昨日は娘の誕生会がありました。
 沢山の美味しい物を頂きました。
 孫達もお母さんに、肩たたき券を沢山あげました。












 今日は天気も良いのと愛葵の幼稚園が今日から夏休みだったので、じぃじが一日一緒に遊びました。
 最初は函館山に登りました。
 元気いっぱいでした。
 挨拶もきちんと「こんにちは」と大きい声で言っていました。
 皆から頑張るねと言われました。
 頂上目指して頑張り、無事登り切りました。


















 帰りは急ぎ足で下ったので早かった。

 途中でパンを買ってGHで昼食を摂る。
7月21日(木)旅人が出発した
 旅のと二人は昨日函館山の夜景に行った。
 相変わらずアジア系の人で溢れかえっていたそうだ。
 朝、皆7時には起きて来た。
 チャリダー日本一周の高橋君は8時には出発すると言う。
 大間に渡り、東北の災害地を回って南下して行くそうだ。
 岡山発です

 荷物は多いな

 記念撮影

 真央ちゃんも一緒に

 出発した

 真央ちゃんは10時53分の鈍行で、余市に行って宿泊し、積丹ブルーを見に行くそうだ。
 その後、札幌の友人の所によって千歳から東京に向かう。
 色々話したが、やはり旅がしたくてしょうがない様だ。
 彼女は看護師なので、既に正職員として就職が決まっている。
 結婚希望なのだが、良い友達は沢山いるのに、友達止まりでなかなか結婚に至らないそうだ。

 高橋君との出会いは屋久島で、その時に自転車旅を知り、彼女も実行に移したそうだ。
 彼女が日本一周のきっかけになった人が高橋君だった。
 
 真央ちゃんは色々お土産をくれ備品は補充してくれた。
 草加せんべい、函館のパン屋のもちもちパン、テッシュぺ−パー、洗剤補充をしてくれた。
 草加せんべい

 このパンがおいしい

 洗剤補充

 テッシュペ−パー補充
 冷蔵庫を見たらガラナが入っていた。
 私の飲んでいるガラナが少なくなっていたので補充してくれたのだ。
 ガラナも置いてくれた
 最後は掃除までしてくれた。

 自遊旅マップは彼女が前回来た時に書いてくれたが、少し間違いが有って気になっていたようだ。
 今回、新しいマップを作ってくれた。
 下が新しい
 駅まで送って行った。
 駅まで見送り

 午後から無料湯温泉に行く。
 今日は空いていた。
7月20日(水)パークゴルフ大会
 朝は4時に目が覚めた。
 まだ早いなと思いベッドでうつらうつらしていた。
 その内に眠ってしまったのだろう。
 起きたら7時だった。
 すっかり2度寝をしてしまった。
 慌ててご飯を食べて、西桔梗町会館に向かう。
 到着したら沢山集まっていたが間に合った。
 今日の参加者は11名だ。
 大会は「第2回北地協パークゴルフ親睦交流大会」で参加者は198名という大きな大会だ。
 
 開会あいさつ、ルール説明などを終えてコースに出る。
 今日のメンバーはマーカーが川井さんと言い、25年度の優勝者だ。
 他に川筋さんと言う女性が1名の3名のメンバーだ。
 スタートはD9からとなる。
 緊張の1打目はミスしてフラッグの遥か遠くだ。
 2打目を上手く寄せて3で終わった。
 スクランブル方式なので、この次はAコースに移動する。
 Aコースは難しいコースだが2打でフラッグ手前50cm。
 これは3打で終わると思いきや、パターミスして5打になってしまった。
 ショックだ。
 その後は何とか納めて、29で終わった。
 川井さんは24だ。
 さすがに上手い。
 パターが抜群に入る。
 川筋さんは31打。

 Bコースに入る。
 4打は1回あったが残りは全て3打で28打に収まった。
 まあまあだ。
 川井さんは26打で川筋さんは33打になった。

 そしてCコ−スに入る。
 ここは最初から2打で調子が良かった。
 結局2田が回と残りは全て3打で24打と好記録。
 川井さんが25打で川筋さんが健闘して25打だった。
 初めて優勝者を上回った。

 そして最終のDコース。
 26打で回り、川井さんも26打、川筋さんは33打となり終了した。

 合計は
 川井さん101打。
 さすがに凄い。
 私は107打でまあまあだった。
 川筋さんは112打で彼女としては良かった様だ。

 表彰式が始まるまで時間が有ったので、川井さんにパターの打ち方を教えて貰う。
 私の打ち方とはやはり違う。
 この方法で練習してみたが、良い感じで入る。
 今後もっと磨きをかけよう。

 今回の上級者のを見て一番差が有ったのは2打目の確実さであった。
 ティショットは全くレベルが変わらなかった。
 パターを練習すればもっとスコアが上がるだろう。

 表彰式で川井さんが4位に入った。
 私も10位に入った。

 昨年は50位程度だったから随分上達した。
 妻に撮って貰ったが・・

 賞品は米だった
 賞品は米だった。
 今日の朝に切れたので助かった。

 GHに戻ったら、旅人は夜景を見に出かけていた。
 真央ちゃんから書き置きとパンが置かれていた。
 パンが置かれていた
7月19日(日)旅人来る
 旅人が二人やって来た。
 一人は真央ちゃんで、今年日本一周を終えたばかりだ。
 看護師さんなので就職は直ぐに決まり8月から勤務になるそうだ。
 そしてもう一人は北見から来た。
 自転車日本一周中なのだが、北見に3年間もアルバイトをしながら生活していたそうだ。
 真央ちゃんも旅の中で知り合ったのだろうが、彼の函館南下に合わせて函舘で合流した。
 二人で夕方からジンギスカンを食べて盛り上がっていた。
 私も進められたが、私は5時には夕食を終えている。

 明日はパークゴルフの大会が有るので、今日は11時で就寝するようお願いした。
 先日、朝の2時頃まで話していた人が居て、寝られずに朝を迎えた事が有った。
 早くベッドに入り、タブレットのTVを見ながら、眠くなってきたらすっと寝る。
 これ私の睡眠方法だ。
7月17日(日)GHに戻る
 朝起きたら小雨だった。
 何もする事が無い。
 新聞読んでTVを見て、朝食は8時頃頂く。
 孫達は9時過ぎに2階から下に来る。
 食事が終わればエレクトーンの練習で忙しい。
 お父さんが帰って来たので、厳しく言われるので、皆エレクトーンの練習。
 外は小雨で何も出来ない。
 TVを見ていたが飽きて来たのと、夜は皆で花火大会に行くようなのでGHに戻る。

 GHに戻ればやる事は沢山ある。
 洗濯をして、資料を作成する。
 夜になって花火の音が聞こえてきた。
 7時にスーパーに行って半額品を買いに行く。
 今日は、トロの鮭寿司、イカの煮付け、エビのフライ、それと食パンを買ってきて600円なり。
 エビなどは10本も入っていた。
 自分で作るより遥かに安い。
 半額品だ
7月16日(土)旅人出発
 今朝旅人が出発した。
 石桁君が出発した

 荷物は多い

 補強も大丈夫だろう
 これから恵山を回って森まで行き、その後フェリ−に乗って日本海側を南下する。
 恐らく自分としては最後の日本一周だろう。
 今度はバイクで北海道だけを回りたいと言う。
 ス−パーカブの110ccが良いようだ。
 このバイクは燃費が良いし静かで私も欲しいのだが、何しろ22万円位する。
 とてもてが出る物では無い。
 自転車が乗れなくなったら、バイクで旅するのが夢だが・・・。
 安い中古が無いかな。

 出発した後に、桔梗に行く。
 娘の旦那が3連休なので帰って来ていた。
 私が行った時は、家族で釣りに行くところだった。
 テレビを見て過ごすしかない。

 夕方河川敷パークゴルフ場に行った。
 3台の草刈り機で芝を刈っていて、なかなか回れない。
 芝刈り機の居ない所を回って帰る。

 釣りの成果は結構あった。
 子供たちもたくさん釣ったのか興奮気味で話していた。
 早速フライになったので美味しく頂いた。
7月15日(金)自転車改造
 昨日から来ている旅人の名刺には「四十七歳の地図」とタイトルが書かれている。日本一周をひと筆書きで回ろうと言う計画だ。結構話しが合って、毎日話しが長くなる。
 今日は彼の自転車のフロントキャリアが割れてしまったのでその修理をする。
 私と同じキャリアだが、荷物が多いせいか負荷がかかったようだ。
 本人は新品を買うつもりだったが、新品を買うのも勿体ないのでやはり修理だ。
 家の中を探せば何かの金属は有る。
 早速良い物を見つけて改造をする。
 がっちり付いたぞ。
 あるパーツを使う

 やすりをかけて

 仮付け

 穴あけ

 完成状態
 以前のよりがっちり付いた。

 2日前から書いていた毛無山のルート紹介の小冊子が出来た。
 今回は3コースまで書いたが、後2コースを調査し無くてはならない。
 何れも明治時代からあるコースなので探すのも楽しみだが、最近は暑いので来週に行くか、青森ねぶたが終わってから行くかだ。
 様子を見よう。
 表紙

 16ページになった

 先日図書館に行ったが休館日で入れなかったので、今日ママチャリデ行く。
 東京都日野市の博物館に努める学芸員の依頼で調査する。
 調査するのは、旭町に住んでいて、雑貨荒物を販売していた「山岸多吉商店」だ。
 この人の遺族は居るのか?
 コピーを貰ったのだが、図書館に行っていつもの学芸員に見せたら、このコピーは国立国会図書館のデジタルコレクションだった。
 原本は函舘中央図書館に有った。
 明治30年に函館に店を出した。
 その後どうなったかを調べる。
 学芸員の方が、函舘商工会の発行した本を持って来た。
 大正3年の本には記載が無かった。
 大正7年の本には住所が西川町になって、竹細工と荒物販売で載っていた。
 昭和2年の本には山岸多兵衛で「荒物雑貨」で載っていた。
 住所は同じ西川町で番地も同じだ。
 息子に店を譲ったのだろうか?
 昭和4年の本は山岸ヤヨ子になっていた。
 住所も電話番号も同じだ。
 何かがあって、多分奥さんが店を継いだのだろう。
 
 今の住所では大手町15番地だ。
 まだ子孫が居るのか行って見よう。
7月14日(木)歯科医院に行く
 資料作りをしようとパソコンに電源を入れたが、起動しない。
 これはまずいと何度も試みたが、パソコンは動いているが画面が開かない。
 何度やってもダメで、諦めて予約していた歯科医院に行く。
 雨が降りそうなので来るまで行く。
 待っていた人は6人、これで予定の9時半をすっかり過ぎて10時を回ってから診察。
 と言っても先生が入らないくらい簡単な治療なのだ。
 入れ歯が抜けて来た。
 そのまま入れて居たら、特に問題無く食べられる程度だった。
 それでも時々は取れて来るので、うっかり飲み込んだらまずい。
 技工士の方が直ぐにやりますからとなったが、先生も見なくてはならない。
 先生も同じ様に直ぐにやりますからで修理にかかり、直ぐに出来てしまった。
 これで1割負担で730円取られた。
 と言う事は治療費は7300円になる。
 随分高いな。

 帰ってパソコンの電源を入れる。
 どうせ起動しないと思ったら起動した。
 良く電源を落としてしばらくすれば起動する事があると言うが本当だった。
 まあ動いて良かった。
 
 先日調査した毛無山参拝ルートをまとめた。
 毛無山だけで16ページになった。
 後は校正をかけて終了。
 内容は豊富だ
 歴史の沢山ある山は、資料が豊富だ。
7月13日(水)お墓参り
 本州では一般的に8月に行われるお盆だが、函館のお盆は7月に行われる。
 明治以前は旧暦の7月に行ってきた。
 所が明治5年に太陽暦が採用されて8月になった。
 8月にお盆は函館にとって都合が悪かった。
 函舘八幡宮の例大祭が8月に有るためだった。
 親戚が集まる八幡宮の祭りと祖先の霊を迎え供養するお盆とは一緒には出来ない。
 そこで函館は大正6年から新暦の7月に行われるようになった。

 今日、娘と妻の3人で谷地頭のお墓に行く。
 妻と娘と3人でお参り
 人出は最近少ない。
 やはり地方に行った人たちは8月が休みになるので、そちらの方が多くなったような気がする。
 7月に来るのは年寄りばかりだ。
 墓が少しずれている。
 地震でずれたのだろうか?
 見た限りでは全然問題ないのでOKとした。
 墓の回りのブロックも少し壊れていた。
 先日の地震かな?
 ここだけ少しずれている。

 供物をあげてろうそくに火をつけ線香を焚く。
 ろうそくは風があっても消えないタイプになった。
 何の世界も進化はしているのだ。
 お参りの後、食べ物は置いて帰られない。
 全て頂いて帰る。
 いつもじっくり見た事のないお爺ちゃんとおばあちゃんの墓を見たら、法名が「釋空山」「釋遊林」だった。

 あれ〜少し驚いた。
 今の私の活動は、旧道探しで山に入る事が多い。お爺ちゃんの法名には「山」が入っている。
 またゲストハウス「自遊旅」を運営しているが、おばあちゃんの法名に「遊」が入っている。
 何か運命を感じるな。

 戸井町に関する歴史で調べたい事があったので図書館に行ったら本日休館だった。
 そう言えばこの前も休館だった。
 調べてから行けば良いのに・・・。

 仕方がが無いのでアルペンに寄る。
 青森ねぶたは期間が長いのでいつもの山用テントより広いテントを持って行く事にした。
 組立てて見たが、入り口側のポールが入っていない。
 ポールが無くとも使うことは出来るが、ポールがあればターフの役目も果たす。
 青森は日中暑いのでターフがあれば最高だ。
 おかしいなと思い、アルペンで見てみようとなった。
 すると何とポールはオプションで売っていた。
 2本で1500円と少しだった。
 早速購入した。
 オプションだった

 ポールが無いと塞ぐだけ

 ターフ代わりになる
 今年の野宿は快適になりそうだ。
7月12日(火)調理とねぶた準備
 今日は最高気温が26度の予想だ。
 外に出て何かやるのも大変だ。
 朝から幕末関係の執筆を行う。
 10時までには終えて、100均へ行く。
 旅の準備で足りない物を購入する。
 ネットとゴム紐のみだ。
 ねぶたの衣装も全て準備して旅を待つばかりになった。
 旅の中での電気はソーラーパネルを使う。
 これでスマホ、電話、カメラの充電はOKだ。
 USA製のゴールゼロは発電効率が良い。
 ソーラーパネル搭載

 全景

 じゃらんFPを参考に
 今年は新幹線駅の今別を経由して、 今別の荒馬踊りの資料館を見学したいし、本マグロ丼は無理だが、郷土料理のあづべ汁を食べよう。そして高野崎キャンプ場に宿泊。
 高野崎
 その後竜飛岬まで走り、竜泊ラインを越える。
 太宰宿泊場所

 今年は生を見たい

 これも田舎料理風で良い
 竜泊ラインは、結構厳しい登りだが、10年ぶりだ。
 ここが厳しい
 はたして登りきれるのか。
 以前は頂上にソフトクリームの移動販売の女の子が居たが、今でも売っているのだろうか?
 その後は金木オートキャンプ場(無料)〜金木〜五所川原〜森田(つがるねぶた見学)〜森田道の駅野宿
 翌日は弘前〜平川〜田舎館(田んぼアート)〜田舎館道の駅野宿
 今年はスターウォーズ
 黒石ねぷた見学して田舎館道の駅野宿
 黒石ねぷた
 浅虫の青森ねぶた前夜祭花火大会を見学、そのまま野宿。

 青森ねぶたサマーキャンプ場到着。
 8/2〜7日までねぶたで跳ねる。
 こんなスケジュールだ。

 午後から調理をする。
 まずは久しぶりにカレーを作ったが、安い「こくまろ」を使っているが、ルーが薄くなっていた。
 パッケージは依然と同じものなのか、余計目立つ。
 薄い
 実質的な値上げだ。
 水の量も1000mlになった。前は1400mlであったと思ったが・・。
 水は1000ml
 4回分しか作れない。
 仕方がない熱を取って冷凍庫に入れる。

 次は貰いもののひじきがあったので、ニンジンと油揚げで煮込む。
 醤油、みりん、砂糖で味付け

 完成
 これで今日一日は終わり。
 夜はファイターズ16連勝達成で盛り上がるぞ!
7月11日(月)PG例会&GHに戻る
 今日はPG月例会。
 天気は快晴で暑い。
 いつものようにメンバーを決めて回る。
 今日は106と良いスコアで回れたが、トップのKさんには1打負けた。
 午後からは練習で1ラウンド回ったが、同行者に指導しながら回ったので、スコアも111と普通。
 夕方には瑞葵をヤマハエレクトーン教室に送って行きGHに戻る。
 帰って洗濯をする。
7月10日(日)桔梗でファイターズ観戦
 朝に参議院議員選挙の投票に行く。
 こんな物をくれたが、スーパーの買い物5%でも割引になれば、投票率も上がるだろうに。
 こんなのをくれる
 今日は他には特にする事もなく、午後2時からのファイターズの試合観戦がメイン。
 試合は5対0で負けていたが4そこから奇跡的な、逆転勝利で14連勝した。
 皆で最高に盛り上がった。

 郵便入れを玄関前に設置した。
 作ったぞ
 貰った家具を利用して作ったものだ。
7月9日(土)旅人出発&桔梗へ
 今日の朝旅人二人が出発する。
 二日前に来ていたのは神奈川県藤沢市から来ていた滝本さん。
 もんじゃ焼きの店を経営していたが、店を友人にお願いして2年間の休暇を取り、日本一周をしている。
 荷物の多さに驚くが、本人はゆっくり旅なので気にしていないようだ。

 もう一人は神戸から来た若い女性の川端さん。
 ママチャリでやって来たが、女性では初めてだ。
 ディバッグに寝袋のみとかなりの身軽さ。
 何処にでも寝られるのと、初めての人でも会話が出来ると言う特技?があるそうだ。
 途中じいちゃん、ばあちゃんにお世話になって来たそうだ。
 大間では生ウニのパッケージを2下り貰ったそうで、夕食時には私も恩恵に預かった。
 美味しかった
 他にもバナナや沢山の食べものを頂いたそうで、女性は良いなあ。
 じいちゃんでも時々は貰いものは有るが、若い女性ほど多くはない。
 彼女の乗って来たチャリは、前籠が重い荷物で壊れていた。
 他の荷物も積載方法が悪く大変そうなので改造してあげた。
 籠も直した

 バッグをサイドに付ける

 彼がテスト

 イエ〜

 何とか旅の自転車らしくなった。
 パンク修理も出来ないので、1度パンクした時は10kmも歩いて自転車屋まで行ったそうだ。
 直せそうも無いので、10均でパンク修理キットだけを買って持たせた。
 誰か男性に会ったら直してくれる人が居るだろう。
 まあ二人とも元気に旅だった。
 彼は荷物が多い



 二人で

 銀マットが旅人


 その後桔梗に行く。
 久しぶりに孫達に会う。
7月8日(金)毛無山戸井川コース調査
 今日は天気も良いので、かねてから調査しようと思っていた、毛無山の戸井川コースを調査に行く。
 戸井町からの丸山竜神参拝コースは片道10kmもある、早朝に出かけて夜に帰ってくると言う過酷なものだった。
 その途中には1等三角点のある毛無山がある。
 コースは全部で4コースあり、その内2コースはすでに調査済みで実際に歩いている。
 残るコースの一つに一度高所に登ってから戸井川に下り、再び登って行くコースがある。
 このコースの調査である。
 大正時代に書かれたコース図は下記の通りで、筆者が赤線と青線で上からなぞった。
 赤線が今回が歩こうとしたコースで、青線は今回は行かなかった。
 赤線は実際には少し違った道を歩いてしまった。
 すでに林道として現在の地形図に書かれているのでだが、実際はこのルート図とは異なっている。
 車で走られる林道が出来たので、道が大きく変わったのであろう。
 この青線の道が現在も残るのかは今後調査しよう。

 下の図が今回歩いたコースで赤線で表わしている。
 登りコースのラインはピークの296m高所までは似ているし、そこから下るコースは幅は狭いが、植林のための車も通れるようになったので、ジグザグが緩やかになっている。
 しかし大まかには同じラインである。
 黄色い線が旧道になるが、今回ここは気が付かなかった。
 川を渡ってからは現在は車も通れる林道になるが、ここは林道を行かないで真っ直ぐに登って行っている。(黄色い線)
 このコースを見つけられれば旧道が判明する。
 下地図の「ここに道があった」と書いた所には道があったので、この道が旧道と帰ってから分かった。

 次回は毛無山に至る黄色線の旧道を探そう。
 歩いた順に写真を掲載する。
 イタドリで運賀林道が見えない

 ここが入り口

 旧道の雰囲気だ

 相当惚れている

 曲がりくねっている
 バヤリースオレンジの瓶だが、今も有るのかな?
 調べたら、昭和26年から31年に瓶のバヤリースオレンジが作られ、その後プラスチックに変わっているのが調査で分かった。
 ジュース類の日本での先駆け的な商品で有ったそうだ。
 毛無山ルートは、古いビール瓶も2本見つけており、まだまだ出てきそうだ。
 バヤリースオレンジの瓶

 さらに続く
 道が二手に分かれた。
 普通で有れば道なりに左なのだが、ここはあえて右手の深く掘れた道を進む。
 右手に行った

 やはりこちらが古道か

 シダ類が大きい

 大きな白木の倒木

 一瞬ドラゴンと思った

 まだ咲いている花があった

 林道に出た

 ここが戸井川に下る道か

 中は道が良い

 かなり下って戸井川に出る。

 水が朝ック良かった










7月7日(木)文保研例会&PG
 桔梗に寄る。
 四国の旅人から貰った、讃岐うどんの生が美味しかった。
 腰が合ってつるつるとした触感だった。
 2人分が余ったので持って行く。
 その後文保研の例会に行く。
 今日は「北斗市郷土館にある大砲の弾、調査報告」を行った。
 貴重な弾であるので弾についてしっかり調査を進めたい。
 終わって、皆で懐かしの写真展を見に行く。
 会長は詳しい
 上磯地区の名士の方が撮った写真で、懐かしい物が沢山あった。
 中でも上磯地区に古くから自転車クラブブがあり、あちこちにツーリングを楽しんでいた様だ。
 まだ自転車が高級な時代で、今でいえば車を購入する位の感覚であったのだろう。
 洒落た帽子をかぶりワイシャツにネクタイと言う姿が面白い。
 時代の先端を行っているのが良く分かる。
 ハンドルが高い!
 帰りにCOOPで弁当を買って帰り妻と食べる。
 家の中には七夕の飾りが付いた竹が置いてあった。
 「世界中が平和になるように」瑞葵。
 「エレクトーンをもっと練習して上手くなる」友瑛。
 余程コンクールで落ちたのが悔しいのか。
 でも来年はきっと選ばれるだろう。
 愛葵のが見当たらなかったので、じぃちゃんが愛葵に「みすどうにつれてって」はどう?
 と行ったら早速書いていた。
 この願いはかないそうだ。

 午後からPGの練習に行く。
 今日は込んでいた。
 2ラウンドを一人で回る。
 ショットは良くて良い感じになったが、今日はパターが弱めで再三外す。
 何かが良いと何かが悪い。
 ほぼ週一回なのでこんなものかな。
 毎日来ている人もいる。
 会員で600円としても1万8千円か??
 無理だ。
 大会も近いので出来るだけ頑張ろう。

 大会が終わったらねぶただ。
 ・・その前に山のガイドが・・何処に行こうかな?
 ニセコ辺りには暫らく行っていないので行きたいな。

 夕方湘南からの旅人が来る。
 もんじゃ焼きを経営しているそうだが、他の人に店の運営を頼み、2年間休みを貰って旅に出たそうだ。
 湘南発

 タブレット置きだろう
 これから北海道を一周する。
7月6日(水)雨の日は室内で
 3時頃目覚めたら雨の音が聞こえる。
 今日は雨かと枕元の7インチタブレットのTVを点けたら、ウインブルドンの女子準決勝を放映していた。
 しばらく見ていたが、5時には起きてパソコンに向かう。
 既に書き終えた本の『下二股口台場』だが、新たな資料が増えて来たので、改訂版を出すことにした。
 改定は第7回になる。
 7時まで書いて終了。
 さらに見直しをするので、142ページを白黒で印刷した。
 随分厚い。

 食事を終えてから、青森ねぶた用の荷物のパッキングをする。
 旅のチエックリストに基づいてサイドバッグに納めて行く。
 足りないものは100円ショップに行って購入して来る。
 自炊するかどうかで荷物の量が随分変わる。
 半分自炊の形にした。
 簡単な物は作ろう。
 結構時間がかかったが、98%は終了した。
 後は27日の出発待つばかりだ。
 公式サイト
 25日に町内会のPGコンペがあるので、これが終わったら出発する。
 青森→今別(荒馬見学)→竜飛岬→隆伯ライン→金木→五所川原→森田(一番早いねぶた見学)→弘前→田舎館(田んぼアート見学)→黒石(黒石ねぶた見学)→浅虫(青森ねぶた前夜祭の花火大会)→青森サマーキャンプ場→6日間ねぶたで跳ねる→8日の夕方帰函になりそうだ。
 走りで一番厳しいのは隆伯ラインだが、足を付かずに登れるかな?
 全てテント泊で過ごす。
7月5日(火)色々やった
 朝起きてまずは洗濯をする。
 旅人が出発した後は、シーツと枕カバーの選択が必要だ。
 ついでに自分の衣類も洗濯する。

 次に燃えるごみの処理。
 これは定期的に行かなければならない。
 最近は桔梗のごみも捨てているので量が増えた。
 それでも合わせて129円だ。
 今日はこれだけ
 有料ごみ袋よりははるかに安い。
 
 チャリで市役所に行く。
 家の解体に伴うリサイクル法の手続きが必要だ。
 前回行った時には解体前に出す事になっていると言われ、始末書を書くように言われた。
 それで作成した。
 それに、壊す前の家の全景、該当建物の場所地図、解体工程表などが必要だ。
 作って持って行ったが、簡単なチエックでOKになった。
 これだけの書類が必要
 それ程重要ではない書類に思えた。

 昼は旅人から貰った讃岐のうどんを食べる。
 半生うどんだが腰が強くて美味しい。
 生うどんだった

 ママチャリのサドル交換した。
 今まで付いていたのは高級なのだが、雨にぬれると、縫い目から水が入りそれが座った時ににじみ出てくる。
 尻が冷たいので保存してあった別なものに交換する。
 カバーで凌いでいた

 縫い目から染み込む

 これに変えた
 青森ねぶたも近づいたので、チエックリストに基づいて、自転車に積みをする。
 テント類やマット、寝袋などを積み込んだ。
 残りは衣類と炊事道具、ソーラーパネル関係などなど。
 青森ねぶたは8月2日からだが、今年はつがる市ねぶた、黒石ねぶた、浅虫花火大会を見てから青森ねぶたサマーキャンプ場に入る。
 出発は7月22日なので後、2週間くらいしか無い。

 家を解体したのでシーツの干し場がなくなったので新たに設ける。
 かなり長い虎ロープにしたので相当干せるぞ。
 これで洗濯ばっちり

 長いぞ!

 さらに桔梗の家使う郵便箱を作る。
 現在はクーラーボックスを置いているのだが、変えようと言う訳だ。
 貰った箱を改造して郵便受けにする予定。
 貰ったのはこれだ。
 下の扉を取って、下はオープンにしてここに花を置く。
 上の蓋も付いた

 この様に開ける。
 ほぼ出来上がり、後は蓋部分を赤く塗り、〒マークを付けて、郵便の入り口をジグソーで切ればお終いだが、今日は途中で終わった。
7月4日(月)町内会PG
 今日は町内会PGの日だ。
 暑くなりそうだ。
 今日の組み合わせは、強豪のKさんと女子二人。
 強豪Kさんとは最後までせっていたが最終コースで僅かに離された。
 女子二人は結構話しが長いので、打つ際に集中が出来ない。
 PGは結構話しをしている人が多いので普通だが、まだ話しに気を取られているのは精神力が足りないか?

 家にお礼の手紙や贈り物が来ていた。
 先日の碑前祭で、碧血碑に案内したのだが、それが嬉しかったそうで、日野市の土方ファンの女性から土方歳三うどんや土方歳三まんじゅうとパンフレットなどが送られてきた。
 まんじゅうは早速頂いた。
 本の位一部を掲載
 弘前の女性からも葉書が届いた。
 今度二股台場を案内して欲しいそうだ。
 皆さん熱心だな。

 娘からコンサのチケットに付いて来た割引券を貰った。
 対象は寿司の函太郎などだが、2000円食べないと割引にならない。
 2000円食べて500円割引だ。
 割引券
 使う事はあるかな?
 旅人は無理だろうな・・・。
 行きたい人に上げますよ。
7月3日(日)旅人出発&コンサ応援
 朝に旅人3人が出発した。
 山形組は予定した新幹線を変えて、朝早くの便に乗り、新青森で下りて観光し、予定した新幹線が来たら乗って帰ると急きょ変更した。
 

 苦心の跡が

 手作りキャリア



 もう一人の若者は函館観光してから、深夜のフェリーで青森に向かうそうだ。



 いずれも元気に出発した。

 コンサドーレが5年ぶりの函館開催になる。
 これは見なくてはならない。
 娘が車で来て、私の妻と長女、長男を並ばせ、家まで来て車を置き、私の車で娘と次女を送って行く。
 私がGHに帰り、自転車で行くと言う計画通りで上手く行った。
 11時に開場で2時にクックオフだ。
 3時間は長いなと思ったが意外と短く過ぎた。
 やがて選手が練習に出てくる。
 敵の横浜FCだが流石カズの人気は凄い。
 彼もスタンド全体に手を挙げて答える。
 もう日本のカズだから誰もが認ている。



























 試合はコンサ圧倒的に動きが良く、前半3点、後半で2点の5点。
 横浜FCは後半で2点と圧倒的に勝利した。
 孫達もすっかり応援に熱中していた。
7月2日(土)山形チームと観光
 恵山の水無海浜温泉に行くのが今回の山形チームの目的だった。
 しかし天気予報は午後から雨だった。
 自転車で行ったら帰りはずぶぬれだ。
 そこで良かったら車で行きませんかと行ったらOKとなり出発する。
 荒木さんは3回目の訪問ですっかり馴染みの人なのだ。
 雨雲レーダーを見たら、恵山の雨は11時過ぎになるようだ。
 途中無意の島展望台に行く。



 良い景色に感動していた。

 そして水無海浜温泉に着く。
 駐車場に御夫婦が居たが、もう温泉から上がって来たようだ。
 今はだれも居なく我々のみだ。
 湯は少し少なかったが温度は丁度良いぬる目。
 幾ら入ってのぼせる事はない。
 のんびりと過ごす。













 まるで別世界だ。

 かなりのんびり入って、恵山の賽ノ河原駐車場から恵山を眺める。
 絶景に皆喜んでくれた。








 薬師堂

 内部

 薬師堂裏の岩

 薬師堂裏の岩

 昼食は以前山辺さんが来た時に寄った食堂にした。
 主人は顔を覚えていてくれた。
 注文ははもせいろが2人と恵山ラーメンが1人。
 それに珍しいムイ貝の味噌あえを1品頼んで3人で試食。
 ムイ貝
 固い貝に入れ歯が壊れると荒木さん。
 確かにかなりの固さだ。
 店を出た時は雨が降っていた。
 少し走ったら豪雨になった。
 はもせいろ
 トラピスト女子修道院に寄ってGHに戻る。
7月1日(金)旅人来る
 朝起きてキンピラごぼうを作っている時に電話が来ていた様だ。
 折り返し電話をしたが出ない。
 家電にかけても出ない。
 何か有ったのかと桔梗に向かう。
 家は鍵がかかっている。
 入ったが居ない。
 暫らく待ったら帰って来た。
 ヨガに行っていたそうだ。
 何も無くて良かったが、お互いこの歳になると少しの事でも心配になる。
 GHで切れてしまった「かつお出汁の元」を貰って帰る。

 午後にFさんの奥さんが英会話の帰りに寄ってくれた。
 そろそろねぶたの時期だ。
 今年は函館からイカ踊りが青森に行って踊るのだが、市では無料で派遣している。
 新幹線開業も有って申し込みが多そうだが、メンバーに入れるかなと心配していた。
 青森にイカ踊りが来れば、ねぶた参加者も一緒になって踊る。
 
 夕方には旅人がやって来た。
 山形の荒木さんとその友達だ。
 荒木さんは3回目の訪問だ。
 輪行と自走で来たそうで、格好良いレーサージャージィとウェアだった。
 60人くらいのチームがあり、そこに入っているそうだ。
 その後、兵庫発の若い旅人尾崎君もやってきて賑やかになった。
 姫路城のパンフレットを持って来た。
 観光大使になっているそうで、200枚のパンフレットを配りながら旅しているそうだ。
 重そうで大変だ。
 旅が終わったら仕事に着くそうだ。

 夕食は山形の二人が温泉の帰りに、スーパーから買ってきた食料を、皆で食べながら遅くまで話した。
 楽しい会話

 豪華な夕食
 HP TOP