5月30日(月)PG練習会
 今日はPG練習会。
 風が強く気温も低い事から、集まったのは10人と少なかった。
 自分の練習なのでそんな事は全然気にしない。
 一人でも全く問題ない。
 風が強くて寒いのでかなかなか集中出来ない。
 結局はあまり芳しくない数字になった。
 特にパターが悪くてなかなかぴしっと入らない。
 それでもホールインワンが2回も出た。
 そんなものかな?

 夕方GHに戻る。
 日本一周の自転車の旅人がやってくる予定だ。
5月29日(日)恵山親子登山会
 恵山つつじ祭りの関連行事として、今年が第一回の親子登山の指導員と言う役割で参加した。
 参加者は22名でお子さんは小学生が殆ど。
 親の方はお父さんが3名で他はお母さんの参加が多かった。
 天気は良く恵山火口駐車場にバスで着いた参加者は、雄大な恵山を見て感動の声が出る。
 噴煙が出て荒々しい岩肌を見ると、凄いなって思う。
 噴火が荒々しい
 自然倶楽部鎌鹿リーダーの注意事項があり、その後準備体操をして出発する。
 スタートする
 私自身は団体での参加は、めったにない。
 途中鎌鹿さんの説明が入る。
 鎌鹿さんの説明
 山や花やその他、色々な説明が途中である。
 プロのガイドなのでここまでやるんだと感心する。
 登りに入ると子供たちも大変になってくる。
 登りはきつい

 
 特に体重の有りそうな子供は疲れが見えてくる。
 特に恵山は階段が多いので大変だ。
 それでも何とか全員が山頂に到着。
 松本さんの説明
 皆で記念撮影をして昼食タイムになる。
 
 そこに小嶋さん御夫婦がやって来た。
 今日は二人で恵山に来たそうだ。
 お菓子を頂く。
 昼食後、恵山大権現に行く。
 ここで私も少し説明をさせていただく。
 
 そして下山。
 さすがに下りは早い、あっという間に駐車場に着いた。
 ここから更に新高原コースを行く。
 今日のために新たに整備した登山道だ。
 途中山ツツジが綺麗だった。
 ツツジが綺麗だ

 高原コースを行く

 椴山(前山)
 岩山の恵山から緑の多い新高原コースと雰囲気の違う場所を歩けるのは良いものだ。
 それにしても子どもたちは元気だ。
 春蝉の抜け殻に大喜びしたり、木の棒を杖にしたりと子供らしい。
 特に春蝉の抜け殻が沢山あり大喜びだった。
 春蝉の脱皮
 足の痛い子も居たが何とか皆下山出来た。
 ここでみんなと別れる。
 私は恵山温泉に入浴して帰る。
 
 帰って直ぐに桔梗に行く。
 大林商店の手羽先を購入して行く。
 1000円のパックを買ったが、皆で食べたらあっという間だった。
 今度はもっと購入しなくては・・・。 
5月28日(土)色々な日
 今日の予定としては、明日親子登山で子供に少し話しをしなければならなくなるかもしれないので、少し恵山について調べることと、IDカードが必要な事。それに水曜日に無くなった家と車の鍵を探す事だ。
 朝から徹底的に鍵探しをする。
 サツドラに買い物に行って、家の中に入っているから家の中に必ずある筈だ。
 その日着ていた服やパンツを探すが無い。
 バッグなどは持って行かなかったが一応調べるが無い。
 何処なの間に落ちていないか調べたが見当たらない。
 結局2時間くらい探したが出てこない。

 諦めて一時中止にする。
 その間、4月に行われた登城ウォークのまとめを作る。
 写真入れで経過と反省事項などを記載した。
 まとめが完成した
 その後10時になるのを待って、100円ショップに行く。
 瑞葵が運動会の役員なので、プログラムを入れて首から下げたいようだ。
 他の用事もあったので適当なものを購入して来た。
 これで良いかな?

 その帰り道、リサイクルショップのお兄さんが仲間と居たので、話しに入る。
 その中で、来週タイヤをホィールから外す作業をするそうだ。
 100本くらいはあるだろう。
 それなら私も手伝うから私のを外して欲しいと言うとOKになった。
 隣の整備工場のものを借りるので楽にできる。
 私のスタッドレスタイヤはもう限界に近い。
 7年シーズンくらいは使っている。
 親戚からあまり使っていないスタッドレスタイヤを貰ったがホィールが5穴だった。
 私のは4穴なので合わない。
 8本をホィールから外して、その内の4本を入れ替えなくてはならない。
 1本500円としても6000円位掛る。
 それで躊躇していたが、何とか履き替え出来そうだ。
 余ったホィールも一緒に持って行ってくれるそうだ。

 その後、3人で野球の話しになった。
 私も高校の硬式野球日に居た経験がある。
 それも55年前である。
 グローブが2つあったのでキャッチボールをする。
 「流石元野球部だね」と誉められたが、早い球もまだ受けられる。
 投げる方は流石に落ちてきたがそれでもかなりの遠投は出来る。

 家に帰ってIDカードを作る。
 以前ANAの「感動案内人」をやった時のはあるが、これではまずいので作る。
 肩書きが居るそうだが、何としようか。
 肩書きは自分では「地平線野宿党 旅人」なのだが、一般の人には分かりにくい。
 勝手に付けられた肩書きは沢山ある。
 古道研究家、土方歳三研究家、郷土史研究家、歴史の旅人、GH自遊旅主宰、
 講演などをする時、やはり肩書きが求められる事が多い。
 適当で良いですよと言うと、何か付けられる。
 その程度のものだ。
 今回は「郷土史研究家」(古道・二股口台場研究)とした。 
 今回はこれだ
 夕方サツドラに行ってアイスクリームを買った。
 家に帰って前籠から取ろうとしたら、籠の中に鍵が入っていた。
 あった!
 やったー!
 そう言えばサツドラから帰って来た時家の鍵を開け、籠に鍵を入れて外の片づけを少ししたのだ。
 そしてそのまま開いたドアから家に入ったのだ。
 籠の中の位置が死角になっていたので分からなかった。
 ずっと籠に入ったままだったのだ。

 夕食は八戸のせんべい汁を貰ってあったので、これを食べる。
 半分を調理したが、煎餅がもちもち感があり美味しかった。
 せんべい汁
 でも余りにも部屋の温度が上がり、暑くなって思わず外に出て自転車で近くを一周したら涼しくなった。
 今日は予定を全て終えて良い日だった。 
5月27日(金)自転車の練習
 今日の朝に帰ろうとしたが愛葵が帰ってくるまで居てと言うので居る事にした。
 帰ってきたら赤松公園に行って自転車の練習すると言う。
 今日は娘は休みで、妻は午前中ヨガに行くと言う。
 またまたパークゴルフの練習に行く。
 幼稚園と学校から帰った孫二人を乗せて赤松公園へ行く。
 さっそく愛葵の自転車練習。
 かなり上手木なって来た。
 もう両足を上げれる
 変える頃になったら、30m位は足を地面から離し、両足を上げて乗れるようになった。
 もう1〜2回練習をすれば、ペダルを付けても良いだろう。
5月26日(木)桔梗で留守番
 娘から電話が来た「今、オーシャン球場に来ているが居る?」
 今日は何処にも行かず薪小屋の屋根を高くする工事をしていた。
 薪が一杯で入らなくなったのだ。
 薪で一杯だ
 薪小屋にしまって置いた車のタイヤを外に出して、ブルーシートで厳重に囲った。
 タイヤを出した

 スペース空いた

 屋根用の材木を入れる
 電話は屋根の骨組が終わった時点で来た。
 「ファイターズの試合を見たいが、子供が幼稚園と学校から帰って来るので、桔梗に居て欲しい」との事だった。
 OKして桔梗に行くが、子供が帰ってくるのは14時過ぎなのだ。
 その前に無料のパークゴルフ場で練習してから行く。
 留守番に焼き鳥弁当を頂いた

 学校の帰り道で友瑛を待っていたら、車を見つけ走って来た。
 乗せて家に行く。
 次は愛葵を迎えに行く。
 幼稚園バスに乗って来るのでそのバスが来るのを待って引き取る。
 「ママが休みなのになんでじぃじが来るの?」と愛葵。
 
 その内瑞葵も帰ってきて子供全員が揃った。
 私はTV中継でファイターズの試合を見るが、負けてしまった。
 夕方に愛葵の自転車練習をする。
 だいぶ良くなった

 友瑛はばりばり
 だいぶ良くなった。
5月25日(水)ベッド作り
 以前からお話しがあったのだが「函館の歴史をまなぼうかい」から講演の依頼が来た。
 タイトルは仮題で「箱館戦争 下二股口台場」になっていたが、「土方歳三の歩いた道と下二股口台場」変更して貰った。
 時間的に多すぎないかと言う懸念もあるが、新しく発見した小砂子山道「願掛澤・彦四郎澤」の厳しい道を、12月の積雪期に越えた土方隊の凄さを知って貰いたいためだ。
 下二股口台場については本を執筆して依頼最初の講演になるので、詳しいお話を出来ると思う。
 講演は12月9日(金)の要望を出した。
 場所は亀田福祉センターだ。
 
 函館市主催の恵山親子登山が29日に行われるが、その指導員を頼まれている。
 今回は4歳からお子さんが参加するそうだ。
 頂上で恵山の歴史の話しをしてくださいとの要望なのでお話をするが、松浦武四郎などはどう明するか?
 小さい子供のガイドはどういう話し方をすれば理解させられるか言葉が難しい。
 つい普段の言葉が出てしまう。
 恵山まで行くので前日に行って周辺を散策してみようかな?
 つつじの中でテントを張るのも良い。
 車にテントを積んで行こうかな?

 今日は特に予定がなかった。
 そこでベッドの位置変更をする。
 以前は押入れを改造した場所をべッドにしていたが、朝起きる時高くて短い足が届きにくい。
 今回リサイクルショップで出た廃材の中に丁度良い台があった。
 そこでこれを使えばベッドへの上がり降りが楽になる。
 直ぐに改造に入る。
 以前使っていたスノコ状の板は幅が大きいのでカットする。
 30cm位幅が大きい

 外に出して

 カットする

 ぴったり収まった
 これでぴったりシングル幅に収まった。
 頭の上にはラジオを置く棚を設ける。
 これも廃材を利用した。
 L金物を取り付け

 廃材を設ける

 ラジオ棚になった
 ファイターズの試合がTVで入らない時は、ラジオで聞くためだ。
 後は冬用の布団や毛布類が邪魔なので、足の方に棚を付けてそこに置く事にした。
 これも貰った廃材で完成した。
 後部に布団置き場

 こんな具合になった
 一部屋がすっかり片付いたので、新たに部屋が出来た感じになった。
 一部屋空いた
 途中でお腹がすいたので餅を焼く。
 ぷっくり膨らんで焼けた。 
 餅はストーブが良い
 終わってシーツ類や枕カバー、作業服の洗濯や洗濯ものの取りいれをした。
 いつもの洗濯もある
5月24日(火)色々な日
 朝はまず、衣類の廃棄処分に行く。
 何処かのリサイクルショップが廃店になったのか相当数の衣類が来た。
 私の持っている衣類より遥かに良いものばかりなのだ。
 メーカー品が多く、選択もきちんとされている。
 神経質な人は駄目だろうが、気にならない人にとっては有りがたい。
 サイズの合うものばかり、50点くらい手に入った。
 下着類は新品ばかりだった。
 靴下もかなりあり、私の和ダンスはもう入り切らなくなった。
 当分何も買わなくて済みそうだ。
 材質の良いテーブル。椅子もセットで会った。
 何に使うかな?

 この下駄は新品で足の乗る部分がカーブしている。
 高級品だ。

 殆ど新品の皮靴。はく事はあまりないが勿体ない。

 スニーカーは6足あった。
 アデダス、GTホーキンス、ナイキなどのメーカー品ばかり。

 質の良い長靴。
 ゴムが高級そうだ。

 桔梗の玄関に郵便受けが無く、クーラーボックスで受けていた。
 友瑛が設計図を書いたので、友瑛のエレクンコンクールが終わったら作る事になっている。
 でも下の家具が手に入った。
 これに手を加えれば良いポストになりそうだ。
 友瑛と相談しよう。


 朝から近所のリサイクルショップのお兄さんが持って来た家具の解体をする。
 2時間くらいで片付いた。
 もう薪の置き場が無くなって来た。
 少し寒くならないかな。
 今日の朝にお湯を沸かすのと味噌汁を温めるのに火を炊いたが、やはり暑い。
 
 家具の片づけを終わった所にバイクがやって来た。
 いつも私のブログを見ていてくれるそうだ。
 家も解体したので見に来てくれたのだろう。
 GHの中に入って少し話しをする。
 午後から4仕事があるそうで帰って行った。

 午後から湯川福祉センターの無料温泉に行く。
 すっきりして帰ってきたら、リサイクルショップのお兄さんが来た。
 また家具が軽トラに1台分出たようだ。
 処分してやることにした。
 何か要る物があったら、持って行って良いよと言う。
 勿体ないものが沢山なるのだ。
 電気用のビニールテープが新品で10本ばかり、梱包紐が3巻き、金づちの良いのがあったので貰った。
 バールも有ったがこれは有るので止めよう。
 でも何か勿体ない世の中だ。
 良いものでも捨てざるを得ない物が溢れている。

5月23日(月)町内会PG
 町内会のPG例会の日。
 気温は上がりそうなので今日は短パン半袖にした。
 スタートするが芝が先週よりも伸びてなかなか距離が合わない。
 みんなショート気味だ。
 それでも108のスコアで終わった。
 昼に帰って集計したら、皆さん悪かったようで、108は2人いて同点1位だった。
 午後からはコーチしながら回ったが暑くて大変だった。
5月22日(日)孫の自転車練習
 桔梗に移動して孫の自転車の練習をする。
 一番下の孫の愛葵がまだ補助輪を外せないでいる。
 上の二人は脚力もあったので、特訓で何とか乗れるようになった。
 下の孫はそうはいかないので、自転車の補助輪を外すとともに、ペダルやクランクも外してしまった。
 練習としてはサドルに乗って足で漕ぐのだ。
 そしてスピードが出てきたら、両足を上げてバランスをとる。
 これが出来ればプダルを付けても乗る事が出来る。
 部品をばらして乗って貰った。
 これだけ外した
 少し練習したがだんだんスピードを出せるようになった。
 最初はよちよち

 大分調子よくなったが・・・
 しかし「もう疲れた」となり、いったん終了した。

 一休み後、ママに練習方法を教えるのに外に出たら愛葵も来たので、乗ってもらおうとしたが、ぐずってなかなかやらない。
 ままも一緒に乗ったら少しはやったが、やはりやる気がなく今日は終了した。

 夕食は家の解体慰労会を開いてくれた、久しぶりのお寿司とフリーを頂いて大満足だった。
 豪華な夕食になった

 孫も一緒に
5月21日(土)終日板金塗装
 今日も快晴の天気になった。
 早朝から車の板金塗装をする。
 午後2時からのファイターズの試合までに終わるよう頑張る。
 まずは右後部フェンダーの修理が出来るまで。
 こんなに錆びていた

 板を張ってリベット止め

 パテ塗り
 作年は上の写真の様にやったが、パテが無くなってそのまま状態だった。
 新しいパテを購入して、作業を継続した。
 これは昨年の状態

 新たなパテを塗って

 研磨する

 マスキングして

 一度目の塗装

 完成した

 次は右の前ドアーの修理。
 凄い穴が開いていた

 金属プレートを張る

 パテで止めて

 研磨し下時塗り


 完成した

 次は後部ドアーの修理
 錆をテープで隠していた

 ここの錆びもパテを塗る

 ここも

 完成した

 色合わせは本来は塗装屋に頼んで購入するのだが、量も多いし高いので、イエローグローブで売っている色を買って来た。
 長年のっている車のなので、日焼けなどしているので色がなかなか微妙に一致はしない。
 それでも錆びているよりははるかに良いだろう。
5月20日(金)今日も暑い
 今日も暑そうなので朝早くから燃えるごみを選別する。
 結局4時間も掛ってしまった。

 車に積んで、近くのごみ処理場に持って行く。
 満載だ
 従来の100kg単位の軽量から10kg単位に変わったので50kgで129円で済んだ。
 もっと早く変わってくれれば相当違ったのに・・・。
 もう捨てるごみが少なくなった。

 午後から車の手入れをする。
 まずはエンジンオイルを見たら、下限になっていた。
 余ったオイルが出て来たので入れたら、丁度上限まで入った。
 本来は全量交換すればいいのだが、今回は補充にした。
 次にウィンドウォッシャー液を入れる。
 数日前から空になっていた。
 ガラコを3倍に希釈して入れる。

 後は何をしようかなと考えたら、そうだ版金をやろう。
 右後部のフェンダーが錆びて落ちたので、鉄板を張り付けパテを塗ったのだが、足りなかった。
 もう1年も前になる。
 昨年のままだ
 そのまま走っていたがやはりみっともないので修理する。
 パテを2000円で買ってきて、100均でヘラとまな板を買う。
 まな板はパテの台にする。
 100均も何でもある
 今までのパテを一度研磨した上に更に塗る。
 新たなパテを上塗り
 1時間後に再度水ペーパーで磨いて、最後にグレーの下地塗装剤のプラサフを塗装する。
 研磨する

 プラサフを塗った
 最後にこの車と同じ塗装を塗れば終了だが、これは明日にしよう。
 
 ついでに右ドアの腐った部分を修理する。
 かなりに穴が開いているので鉄板で塞いでパテで止める。
 こんなに錆びている。

 捨てレスの鉄板を当てる

 パテで固定する
 こちらは時間がかかるのでこれで終了。

 男の人が来て、家の解体をもう一軒しないかと言う。
 どうやら自分の家を解体したいそうだ。
 大きな家で見積ったら解体が120万円で廃棄処分料が30万円で合計150万円だそうだ。
 いつまで掛っても良いそうだが、私はもうやりたくない。
 是非相談に乗って欲しいと言うので、それはOKした。
 その内に家を見に行く事になった。
 どうなるやら・・・。

 後部パネルの版金をする。
 内張りを剥がし、オープン用の取っ手をばらし、ディスクグラインダーで錆を取る。
 後部ハッチの内張り剥がし

 内張りが無くなった

 オープナーを外す

 錆びが凄い
 その後に、パテを塗って、プラサフを塗る。
 綺麗になった。
 ここも後で車と同じ塗装をすると出来上がりになる。
 これで夕方4時になったので今日の作業は終わりにする。
5月19日(木)汗だくだ
 今日も気温が上がりそうだ。
 20度近くになるようだ。
 早く残材を片付けてしまいたいので、早朝から仕事をする。
 今日は廃材のカットと始末をする。
 半端材の処理だ
 短い半端材を中心にカットしたが、暑くて汗だくになる。
 昼に一旦昼食を兼ねて休憩する。
 そして午後から最後の廃材カット処理を終えて終了した。
 無くなった
 カットした廃材は薪小屋に積んだ。
 来シーズンの燃料になる。
 ついでに床も綺麗にして今日は終了。
 床も綺麗にした
 吹き出した汗を流すのに、福祉センターの無料温泉に行く。
 今日は天気が良いので皆何処かへ行ったのか空いていた。
 暑いのでさっと入って帰宅する。

 夕方はTVを見てゆったり過ごす。
5月18日(水)車のドアが直った
 今日は気温が上がりそうなので、朝の涼しい内から片づけを行い、ごみを捨てに行く。
 そこに妻から電話がある。
 健康サロンの迎えは娘の車で行くから良いとの事だった。
 健康サロンは今日から始まるのか?
 全く予定表には無かった。
 
 帰ってきて直ぐに行ったが間に合った。
 最初に今年度初めてなので挨拶を頼まれて、簡単なスピーチをする。
 その後、ストレッチやマット、イカ踊り体操などをやって昼食になる。
 今日は豚バラ肉の炒めなので沢山とった。
 今日の昼食
 お腹いっぱい食べて妻を駅近くまで送って行く。

 帰って少しのんびりしてから、近くの整備工場フリーウェイに行く。
 先日正規ディラーのホンダに行ったが、工場に入れて中を見てそれから価格が分かるが、部品交換で5万円と言われていた。
 フリーウェイなら少しは安くできるだろうと工場長に言ったら、家の前に来ていじりだした。
 ガチャガチャといじったらパカッと開いた。
 開いた!
 え〜何で・・・。
 そう言えばホンダの最初に見てくれた人は私並のレベルで、これでは無理だと思った。
 すると偉そうな人が来たが、車に触りもしないで、整備工場に入れるよう言った。
 それが間違いだった。
 フリーウェイの工場長は、確かに少し力を入れていじっていた。
 「何か噛んでいた様だね」と簡単に直ってしまった。
 無料で済んだ。
 工場長が材木を欲しいと言うので、10本ばかり差し上げた。
 看板が風で壊れたそうで、凄く喜んでいた。
 こちらこそ嬉しい。
 元々向かいリサイクルショップのお兄さんに貰ったものだが、カンナが綺麗に掛っていたので、燃やしてしまうのは勿体ないと持っていたものだ。

 午後からは、おかず作り置きをする。
 まずは昨日拾ったワカメの煮付け、そしてミートソースを作った。
 ミートソースとワカメの煮物
 貰ったパスタが沢山あるのでそろそろ食べようと思う。
 山辺さんが残したコーヒー瓶に入れて冷蔵庫に入れておく。
 さらにきんぴらごもうも作った。
 昨日の帰りにゴボウを農家の無人売り場で100円で購入した。
 キンピラゴボウ
 最後は昨日採ったウドの天ぷらも作った。
 ウドの天ぷら
 おかずが沢山出来たぞ。
5月17日(火)秘境小幌駅
 秘境小幌駅に行く事になった。
今日のルート
 廃止になりかけたが豊浦町が運営費を負担する事で存続した。
 いつ廃止になるか分からない。
 鉄道マニアにとっては、ぜひとも訪問したい地ではあるが、特に鉄道ファンでも無いので、駅の周辺のスポット探索が目的である。
 一番のスポットは岩屋観音のある岩谷海岸だと思っていたが、行ったらもっとすごいスポットがあった。

 曇り空の中、順調に静狩トンネルに到着。
 付近に車を置いて出発する。
 春紅葉が淡いいろいろな色で出迎えてくれる。
 春紅葉が綺麗


 車が1台有った。
 近くで草刈り機の音が聞こえる。
 道の整備でもしているのだろうか。

 林道のゲートをくぐって林道を進む。
 直ぐに右手の掘れた地形の中に草刈りの跡がある。
 ここの草を刈っていたんだ。
 とするとこの道は駅裏に出る道になるのか?
 新たな道の整備をしているように見える。
 今回は情報が無いので、一般的なルートで進む。
 林道を岩谷観音へ
 林道の周囲には色々な花が咲いている。
 あれこれと見ているので、なかなか前に進まない。
 名前に疎い私にとっては次々聞いた名前が頭に残らない。
 シラネアオイが綺麗な色で沢山咲いていたのが、一番印象に残った。
 シラネアオイ





 ネコノメソウ




 林道に別れを告げて、沢に沿った道を下る。
 砂防ダムを過ぎれば沢の直ぐ傍に道がある。



 昨日の雨で濡れていて滑りやすい。
 それに虫が多いので、払いながら進むのであずましくない。
 足元に注意しながら、岩屋海岸に出た。
 岩屋海岸が見えた
 両方を岩山に囲まれた綺麗な海岸で、中央の沖には桟橋がある。



 舟でここに通った時の名残である。

 右手には岩屋観音が安置されている洞窟がある。







 ここで円空が仏像を彫ったのだ。




 これは石仏像





 











 しばらくのんびりして小幌駅に向かう。
 旧道は沢を登って行くが、新しい遊歩道が付いているのでそちらを行く。

 直ぐに登りになるが、細い狭い道で、ジグザグに登っている。
 何回折り返したか分からないが、山中の道になる。

 周辺には花が沢山あり、珍しい花があるそうだが・・。






 カタツムリも居た
 中には珍しいランも発見したようだ。
 私は取り敢えず写真だけは撮るが、帰って見ても名前は思い出せないだろう。
 やがて小幌海岸と小幌駅の分岐点に着く。
 まずは小幌駅に行く。





 時刻表を見ていたTさんが、もう電車が来ると言ったが来なかった。
 おかしい。
 昼にはまだ早いので文太郎海岸の見える場所に行く。
 仙人の住処への道
 ここには小幌仙人と言われた、男性が住んでいたが2007年ごろ亡くなっている。
 ベンチも作られていて、ここからローソク岩や文太郎浜を眺めていたんだろうな。


 ローソク岩
 木々の葉も増えたので少し視界が悪い。
 そこで文太郎浜に降りる事にする。
 崖の上に着いた道だが幸いロープが張られている。
 2つくらい曲って行くと、アルミ階段を下る。
 そこから縄梯子で下る。
 落ちたら海岸迄落ちてしまう。
 梯子もある



 最後に海岸に出る




 慎重に崖の縁を下って、最後は海岸に出た。
 良い雰囲気の海岸だ。




 文太郎浜





 ハートの発砲スチロールがあった






 ローソク岩にはハヤブサが住んでいるそうだが見えない。
 さらに海岸を行き文太郎浜に出る。
 行く途中目ざといMさんが、流れ着いたワカメを拾った。
 岩をぐるっと回って行くと黒い石の海岸になる。
 つるつるの黒い石が殆どでこんな海岸も珍しい。
 こんな所に護岸がある。
 何のためなのか?
 ここで昼食をとる。
 浪の音がザアザアと聞こえるなかでの昼食。
 天気も良くなって良い感じだ。

 帰途に着く。
 ここを登る
 帰りの登りは、身軽なMさんが先頭で、その後に高所の苦手なTさんとSさんが続く。
 行くぞ!
 私が最後尾で皆を見ながら進む。
 「ゆっくり一歩一歩行こう」と声をかけるが、凄い早い。
 梯子を登ったら前の人はもうかなり先に行っている。
 そしてようやく到着。
 「随分早いね?」と聞いたら、「こんな怖い所を早く去りたい一心で頑張った」そうだ。
 それにしてもすごい勢いで登ったものだ。
 先頭のMさんは途中の崖にあったウドを取って来ていた。
 おすそ分け
 よくあんな崖の途中に有る物を取るんだと驚く。
 皆におすそ分けしてくれた。
 ワカメも皆でお裾分けした。
 もう一度駅に行く。

 今度は向かいに渡る。
 その内に電車の音が聞こえる。
 来た―!
 特急がやって来た。
 手を振ったが向こうから見えたかな?
 特急が来た
 そちらのホームの裏手に何か道が有りそうに見える。
 行って見たら道がある。
 沢に沿った道だが幅30cm位の道が続いている。
 もしかしたら地形から見て、草刈りのやっていた道に繋がりそうだ。
 ここを行けば距離はかなり短くなる。
 でも今回は確証がないので見送った。
 元の道を引き返す。



 天気も良くなり汗が出てくる。
 入り口のゲートまで来た。
 ここで皆に先に行って貰い草刈りしていた道を行って見る。

 山道みたいな雰囲気の道で、こちらは歩きやすい。
 このまま駅に行けそうな感じだ。
 恐らく、岩谷海岸に行かないで駅に直接行ける道を作っているのだろう。
 次回は行って見よう。
 本日の収穫
5月16日(月)PG練習会
 今日は町内会のPG練習日。
 風が強くて寒いので、参加者は19名と少なかった。
 PG場に行ったら、我々のグループの他は数人しかいない。
 早速スタートしたが、風が強いのでなかなか良い感じでプレイ出来ない。
 結果は午前中は110と今年最悪だった。
 午後からは106とまあまあの成績で終わった。
 夕方瑞葵をヤマハエレクトーン教室まで送って行く。
 毎週瑞葵と話しをしながら走るので楽しい。
 瑞葵分かれて、ホンダの会社に行く。
 右のスライドドアが開かなくなったので見て貰った。
 インターロックがかかったか故障かの何れかなのだ。
 受付で話したら整備服を着た年配の方が見てくれた。
 でもドアのロックを掛けたり開けたりするだけで、ドアをたたいたりしている。
 これなら私と同じで既にこれはやっている。
 駄目だと分かったのか、冗長らしき人が来た。
 全く見ないで、ドアの機構部が故障したか、マグネットが壊れて開かなくなったのかの何れだと言う。
 予約して工場に入れて、見ないと分からないそうだ。
 おおよその金額を聞いたら5万円位だと言う。
 大きい支出だ。
 どうしようか?
 解体車のパーツがあれば良いのだが・・。
 ヤフオクでは4万5千円で同じ車1台があった。
 今錆びている、右前ドア、今回故障の右後ろドア、錆びているリアドアなど一気に修理できるのだが・・。
 函館にあれば良いのにな。
 でも遠いから輸送費がかかる。
 
5月15日(日)桔梗に行く
 午前中は解体中の残材を片付けて、昼前には桔梗に行く。
 そして孫達の希望で七飯町の赤松公園に行く。
 風が強く監視役としては、じっと両方を見ているので寒い。
 友瑛はロープで作った構造物のてっぺんまで簡単に登って行く。
 昔はそろそろ登っていたのに、随分体力も付いたのだろう。
 愛葵はブランコが大好きでかなり長い時間一人で乗っている。
 自ら漕げるようになって、じぃじの力を借りなくても大丈夫だ。
 二人それぞれが好きな遊具に行くので、監視も大変になってくる。
 今回は自転車も持って来た。
 愛葵は補助車輪付き

 友瑛はがんがん走る
 友瑛はがんがん乗れる。
 立ちこぎも出来てもう一人前だ。
 愛葵は補助輪を外すか外さないかのぎりぎり。
 もう少し脚力が欲しいが、それでもかなり長い時間乗っていた。
 今度は補助輪を外して見ようと本人と話す。
 愛葵も早く皆なの仲間入りをしたいのだろう。
5月14日(土)解体物の処理
 今日は気温が上がって20度を超えそうだ。
 繋ぎのボタンが取れていたので直した。
 ふと見たら三菱自動車のつなぎだった。
 三菱自動車のつなぎだった
 川汲の千葉さんから頂いたものだ。
 燃費問題で日産の傘下に入ったが、苦労するのは下請けだろうな。
 社員だって必ずリストラが発生する。
 関係者が41万人もいるのだから影響は大きい。

 材木の片付けなら音も出ないので、7時頃から始める。
 それでも重い材木を運んでいると、汗が出てくる。
 材木は太い柱、細い木材と長い板、小さな材木の3種類に分けて整理する。
 午前中にはほぼ片付けが終わった。
 柱はこれだけある

 板と細い木

 短い木

 すっきりしてきた

 昼食をとった後に、鉄骨の切断をする。
 解体時はこの鉄骨の重さがかなりありそうで、心配したのだが、上手く倒れてくれた。
 今度はこれを切断しなくては車に積めない。
 6mはある鉄骨
 長さは6m位あるので4つに切らなくてはならない。
 これが2本あるので6個所を切断しなくてはならない。
 ディスクグラインダーで切る。
 昨日購入した切断砥石を使うが、なかなか切れてはくれない。

 切れるスピードが遅いのだ。
 ディスクグラインダーは安物なので30分定格になっている。
 長い間作業が出来ない。
 家にあった切断スピード2倍と言う切断砥石があった。

 使ってみたら流石に早い。
 でも2ライン切ったら減ってしまうし、失敗すればボロボロになる。


 切れた
 ホームセンターに行って、3枚購入して来る。
 安いのが1枚50円程度で高いは120円になる。
 砥石のブレードの厚さが安いのは1.5mmで高いのは1.0mmだった。
 順調に切って1時間掛って全部切れてしまった。
 これで心配していた鉄骨の切断は無事終わった。
 全て切った
 昨日は近所の鉄工所の社長さんと奥さんがやって来た。
 随分考えながらやっているのと感心してくれた。
 暫らく話しをして帰って行った。

 切断も終わって今日はここまでと家に入ったら、伊藤君から電話が来た。
 2年前にねぶたに行く前にGHに泊まってくれた。
 2時に行きたいと言うのでオーケーした。
 2時に来た彼は軽4輪のトラックだった。
 仕事用トラック
 今回は1週間休んで「いとう」釣りに道北に行ったそうだ。
 成果は初日で75cmの「いとう」を釣り上げたそうだ。
 写真を見せて貰ったが見事なものだった。
 もちろんリリースするのだが、最近は増えてきているそうだ。

 2年前にGHに寄った後、東北に行きボランティアとして家のリフォームをしていたが皆に喜ばれた。
 そこでリフォームの仕事をしようと旅を中断し、今は気仙沼に住んで自営で仕事をしているそうだ。
 忙しくてなかなか休めないが、今夏は1週間だけ休ませてもらったそうだ。
 人間関係も良いし、良い環境で仕事が出来ているそうだ。
 経験の無い大工仕事もこなすのは凄いな。
 物を作る事が好きなので、色々と調べながらやっているそうだ。
 お土産に気仙沼名物のふかひれスープを頂いた。
 おみやげのふかひれスープ
 30分くらい居て、記念写真を撮って帰った。
 記念撮影
5月13日(金)解体物の処理
 体は疲れているが、なかなか休養が出来ない性格で、今日も仕事をする。
 まずは撤去してあったアルミの窓やドア、それに屋根の小さなトタンを積んで出発。
 まずはアルミドアと窓を捨てる
 七五郎沢の廃棄場には、亡き父と一緒に仕事をした事のある方が居た。
 ごみを捨てた後、少し話しをする。
 まだ父を知っている人が2人いるようだ。
 今回でもうあまり来る事は無いと伝え戻る。
 
 GHに帰ってまずは車庫の天井に付いていたチエーンブロック用の鉄板のボルトを緩める。
 錆びているので緩むかどうか心配だった。
 潤滑油を塗布して、リサイクルショップのお兄さんから貰った大型のスパナで回したら回った。
 すべてのボルトを外す事が出来た。
 ボルトは緩んだ

 次にシャッターの解体をする。
 このままの状態では車に入らないので、切断しなければならない。
 ディスクグラインダーでカットするが、途中で切断砥石が無くなり、イエローグローブに買いに行く。
 さらに切断を続けるが、これが意外と時間を要した。
 4時間少し掛ってようやく解体した。
 シャッターは大きい



 だんだん解体して行く

 中心部のスプリング

 解体出来た

 こんなにある
 これ処分して今日の仕事は終わりにする。
5月12日(木)山辺さん出発&家解体
 山辺さんが出発する。
 6時に出るとなっていたので5時には起きていた。
 山辺さんも5時過ぎに起きて来た。
 私はそうでもなかったが山辺さんは寒そうだった。
 ストーブを焚いてあげる。
 キャリアを外に出し、荷物を積み込んで出発準備は出来た。
 GHから台車を出す

 ステッカーが沢山だ

 自遊旅もある

 草履にお面が

 洗濯はさみ

 旗も新しく作った

 行くぜ!

 元気で・・

 出発した
 4月5日に来たので、1ヶ月と1週間GHで暮らした事になる。
 同じ地平線会議の仲間なので気心は知っているので、気にしながらの生活と言う事も無いので、何のトラブルも無く毎日過ごしていた。
 今回で3回目の滞在になる。
 今後はなかなか会えない事になるので、寂しさはある。
 それでねぶたには来ると言っているし、地平線会議で山辺さんの報告会が有れば行かなくてはならないだろう。
 記念写真を撮って出発する。
 9時半の大間行きフェリーに乗り今日は大間キャンプ場で野宿する
 その後は4号線を中心に南下し、今年中には神戸に着く予定だ。

 見送った後、食事をして、廃棄物を七五郎沢の処分場に捨てに行く。
 今回は外壁と断熱材だ。
 外壁を処分する

 車に満載だ
 総廃棄量は1700kgとかなりあった。
 
 3日前に倒した1F部分の材木の解体をする。
 これ解体する

 角度を変えて

 無くなった

 奥の材木も解体した
 10.時から15時までやったので疲れた。
 もう構造物は無くすっきりした。
 後は整理するだけだ。
5月11日(水)のんびりの日
 外は雨なのでのんびりの一日だった。
 午前中は私は資料作りをして、山辺さんは明日の出発に備えての準備をして過ごす。
 午後3時になって、温泉に行こうとなった。
 山辺さんもこれからはそんなに温泉には入れないだろう。
 花の湯温泉に行ってのんびり入浴し帰ってくる。
 夜は日ハムの試合とU23のサッカーを交互に見て10時には寝てしまった。
5月10日(火)山菜採り
 今日出発予定の山辺さんが、天気が雨予報なので2日間出発を延期する事になった。
 やはり雨の日の移動は出来るならしたくはない。
 雨の中でテントを張るのは皆厭だ。
 今日は雨が降る前に燃えるごみを焼却場に持って行き、それから山菜採りに行く事にしていた。
 焼却場が開くのを待っていたら、山辺さんが珍しく7時には起きて来た。
 そろそろ早朝起床に慣れるためか。
 テントを張った朝は、キャンプ場以外はのんびり寝ていられない。
 早く起きてテントを畳むのが、鉄則なのかもしれない。

 山辺さんを山菜採りに誘ったら行くと言うので、ごみを捨ててから出発する。

 ごみの料金が従来の100kg単位から、10kg単位になった。
 お陰でごみ捨て費用も安くなった。
 今日は60kgで155円だった。
 従来だと280円位取られた。

 山菜採りはいつもの場所に行く。
 いろいろな花はまだ咲いていた。
 ニリンソウ


 特にサクラソウが綺麗に咲いていた。
 下の2枚の写真は色が良く出なかった。



 ホワイトバランスを曇りにしたら、本物に近い良い色が出た。
 桜草
 蝉の脱皮した殻も見つかった。
 蝉の脱皮
 山菜の方は椎茸が沢山採れた。
 ここのウドは細いが、天ぷらにするなら丁度良い。
 ワラビは少ししか出ていなかった。
 まだ早いようである。
 30分くらい採って帰宅する。
 大きな椎茸

 ウドは細いが軟くて良い
 桔梗に椎茸いるかいと言ったら、いると言うので早速持って行く。
 国道5号線から、いつもは1本西側の道を行くのだが、何故か国道を行けば友瑛が国道傍の歩道を歩いているので、いるのではないかと国道を進む。
 でももう子供たちは誰も歩いていなかった。
 学校少し先に行ったら、米の自販機の屋根の下に子供が居た。
 あれ!友瑛ではないか?
 通り過ぎてからブレーキをかけ、バックで戻る。
 助手席の窓を開けたら友瑛だった。
 車に乗ると直ぐに泣き出した。
 どうしたの?と聞いたら、雨が降っているので、ママが来ると思い、雨宿りしていたそうだ。
 所がママの車が止まらないで行ってしまった。
 雨は降っているし、今日は寒い。
 それで泣きながら雨宿りをしていたが、不安になっていた様だ。
 それにしても変な感が当ってしまった。
 不思議なものだ。
 家に着いてママに会ったら又々泣き出す。
 ママに「こんな小雨、何で歩いて来ないの!」と叱られる。
 雨は小雨で皆雨の中を歩いて帰ったのだ。
 まだまだ弱虫だな。
 
 妹の愛葵は何で傘を持って行かないの!と追い打ちをかける。
 末っ子は強い。

 GHに戻ってウドは天ぷらにした。
 美味しかった
 椎茸は焼いて醤油で食べた。
 久しぶりなので美味しかった。
5月9日(月)PG例会
 今年最初のPG例会。
 まだ何か疲れが抜けていないが、頑張るしかない。
 天気は快晴で19度まで気温が上がると言うので、今年初の半袖になった。
 組合わせをしたが、夫婦が同じ組になる所が2グループあった。
 そこでいつものように入れ替えをしようとしたら、それに猛烈に怒る男性が居てトラブルになる。
 別に賞品が出るわけでも無し、スコアを集計するだけなのに・・。
 気分が悪いままのスタートになった。
 最初のBコースは27で回るのでまあまあだ。
 妻は調子が良く28で回った。
 次のCコースは26とこれもまあまあ。
 妻は29とまあ良い調子だ。
 Dコースは私が28で、妻が32と少しスコアを落とした。
 最後のAコースは私が26で、妻が35と妻が悪かった。
 総合計で私が107で妻が124だった。
 文句を付けた男性は126と妻にも負けてしまった。
 今日は101と103のスコアを出した人が居るので、107は少し落ちる。

 桔梗に戻ったら瑞葵がWi-Fiがおかしいと言う。
 私のタブレットで繋いでみたが繋がらない。
 NCV電話したら、機器がフリースしていたそうだ。
 電源コンセントを一度抜いて、再び入れたら復帰した。

 GHに戻る途中、瑞葵をエレクトーン教室に送る。
 GH戻ったら山辺さんが旅の準備を終えていた。
 荷物は多い

 鯉のぼりも付けた
 明日出発予定だが、雨の可能性もあるのでどうなるか。
5月8日(日)今日は完全休養
 朝3時過ぎに目を覚ましたら、テニスが放映されていた。
 錦織とジョコビッチの試合だった。
 最後まで見てから起きる。
 昨日は疲れて9時には寝てしまった。
 外出していた山辺さんが戻って来たのも分からず寝ていた。
 かなり疲れているんだろう。
 腰、背中、腕と痛いところばかりだ。
 
 そんな事で今日は完全休養にした。
 テレビをのんびり見て、9時頃起きて来た山辺さんと話をして過ごす。

 10日に立つ山辺さんの台車を出してくる。
 ブレーキのレバーが曲っていたので、修理をする。
 これは難なく修理を終えた。
 ブレーキが利かなくて、台車を置いている時や、坂の登りで休憩する時も、いつも押さえていなくてはならなかったようだ。
 治ったのでもう大丈夫だ。

 100均ショップに行ってごみ袋を購入。
 山辺さんは大量の用品を購入した。
 旅では色々使うのだが、田舎では100均はそれ程多くは無いから、まとめ買いをしておくのだ。

 午後からも、日ハムの試合をラジオで聞いていたが、逆転負けだ。
 明日はPGの例会なので、桔梗に行く。
 味噌と灰を頼まれたので、持って行く準備をする。

 夕食のおかずを作りご飯を炊いていたら、もう5時になってしまった。
 山辺さんは東北の観光案内書を買いに本屋に行った。
 恐らく今日も9時帰宅なのだろう。
 我が家にはWi-Fiが無いので、外で無料Wi-Fiを使わないと、ブログやFBの発信が出来ない。
 それで毎日ベイエリアに出かけるのだ。
 ここには無料Wi-Fiがある。

 夕方までのんびりしていたら、大分疲れも取れた感じだ。
5月7日(土)家の解体終わった!
 昨日は山辺さんが、蟹を買って来た。
 半額で600円だったので、私の分も買って来てくれた。
 本州の人にとっては、普通にこの値段で買える事が嬉しいようだ。
 長芋の焼きもの、スライスハム、蕗の煮付け、沢庵、味噌汁と粗末な夕食も、一気に豪華になった。
 質素だな

 旅人らしく半額品
 値段の割には味噌も沢山入っていた。

 疲れたので9時には布団に入った。
 朝は雨だったが予報では昼から快晴だ。
 午前中に段取りを付けて、午後から難しい個所の解体を行う予定だ。
 昨日今日と解体手順を考えていた。
 2枚の重い鉄板を如何に静かに真っ直ぐに下すかだ。
 下の写真のように幅一杯に入っている。
 推定300kgだが・・・。
 この鉄板が重そうだ
 隣の家の方に倒れないようにロープを8本張った。
 ただロープが荷重に耐えられるか分からない。
 ロープはふんだんに使った
 ますは太い桁を2本電気チエンソーで切る。
 切った途端にぐらっと下がった。
 お〜冷やりとする。
 桁を切った
 これで残りは両端の上部の角材と2本の柱になる。
 上部の角材を2本切ったら傾いて来た。
 でも4本のロープで支えていたので、一瞬にして落ちる事は無かった。
 この後は、4本のロープの内、張っているロープを少し緩める。
 するとぐらっと傾く。
 またロープが張るのでそれを緩めて少し降ろす。
 何度が繰り返していると下に着いた。
 予想では一気に落ちるかと思ったが、意外とロープの強度が強かった。
 無事静かに降ろせて一安心。
 後ろ側が少しずれた

 さらに離す

 少しづつロープを緩める

 徐々に落ちる

 更に落ちる

 やった!
 残った部分だが、ここにはシャッターが入っているので、外してからやろうと思ったが、鉄板部分を落とした際にロープが引っ張られ、下の部分も傾いてしまった
 それなら、ここもシャッターを付けたままで倒そうとなった。
 前の方も傾いた
 倒すために木柱に切りこみを入れる。
 すべての柱に切り込みを入れたので落ちるかと思ったら動かない。
 切りこみを折れる
 1本の柱に全荷重がかかった状態になっている。
 その柱をハンマーで叩いたら一気に崩れ落ちた。
 一気に落ちました

 記念撮影

 後は整理が有る

 整理は簡単だ
 これで長い間、解体を続けてきたが、年とか自力での解体が出来た。
 2Fの解体には苦労したし、高所作業は怖かった。
 屋根のトタン撤去は一番大変だったが、旅人石原君と山辺さんが手伝ってくれた。
 屋根に出る穴はきゅうさんに開けて貰った。
 そして解体最後は山辺さんが手伝ってくれた。
 困難でつらい時もあったが、旅人の少しの手伝い以外は、全く支援が無かった。
 一人で黙々作業していた。
 近所の修理屋のお姉さんが一番声の応援してくれた。
 それとリサイクルショップのお兄さんも・・。
 向かいの鉄工所の社長や奥さんも一緒に来てくれた。
 解体の現場をしっかり見ていってくれた。
 諦めないで、何とかやり切れた事は自分自身にとっては大きかった。
 人間は努力すれば、何でもやる事が出来るんだ。
 今日は美味しいものでも食べて、ノンアルコールビールでも飲んで、祝いたい気分だ。
 でも普通通りの食事だろうな。
 山辺さんがアイスクリームを買って来てくれた。
 山辺さん有難う
 10日に出発する山辺さんも、これで旅達が出来ると喜んでいた。
 後は倒した材料を整理して、薪にするのと必要でないものは、捨てる作業になる。
 地上での作業なので気持ちは楽だ。
 連日の作業で腕はぱんぱんで腰も痛い。
 少し休養したい。
5月6日(金)困難個所の解体
 昨日は相当疲れていたのだろう。
 夕方温泉に行ったのと相まって、夜の10時に寝たのだが、朝の6時まで一度も目覚める事が無くぐっすり眠った。
 朝起きたら腰が痛い。
 
 今日は9時から作業開始する。
 今日は階段部分の解体で、階段が隣の家の方に倒れて行かないように工夫が居る。
 階段が大変

 向こう側に倒れそう
 内側の柱と天井の桁を切り離す。
 外側だけを残して、ここは最後に切る。
 外側を最後にしないと逃げ場が無くなるからだ。
 隣の家の方に倒れないように数本のロープを固定する。
 そして倒壊用のロープを引っ張る。
 動かない。
 中の柱の上に全荷重がかかってしまった。
 何かの方法で外さなくては・・・。
 太い丸木を投げつけたがびくともしない。
 もう中に入ってハンマーで叩くしかない。
 逃げる用意をしながら、柱を叩いたらうまく外れて、バリバリと崩れ落ちた。
 落ちた!

 階段もうまく落ちた

 片付けも大変
 階段に負けて隣の家の方寄りに倒れたが、2m位手前に落ちたのでOKだ。

 崩壊した柱を解体するが、暑くて汗が噴き出る。
 山辺さんと2時間かけて柱をばらし、積み上げた。
 来年の薪用に使うのだ。

 12時過ぎに終わって、山辺さんを温泉に誘った。
 汗だくなので申し訳ない。
 それにモンベルのパンツを釘で裂いてしまった。
 裂けてしまった
 旅で古くなったとはいえ、今後も使うのだ。
 山辺さんが手縫いで何とかほころびを直した。

 温泉に行ってのんびり風呂に入ったが、全身がだるい。
 山辺さんも同じ様だ。
 帰りに食堂で遅い昼食を食べて帰宅する。

 帰って二人ともつかの間の睡眠をとった。
 今日も疲れた。
 山辺さんは10日に出発と決まったので、後2つの解体をそれまでにしなくてはならない。
 残りはこれだけ
 もう解体も終盤を迎えて来た。
 後、少しで建物の解体は終わる予定だ。
 2Fの屋根の撤去や難しい所の解体は旅人世話にもなった。
 最後の300kgの鉄板が一番危険かもしれない。
 毎日どうするか考えているが、心配もある。
 明日、天気が良かったら決行だ。
 残り少し

5月5日(木)家の解体
 今日も家の解体をするのだが、山辺さんが手伝ってくれる事になった。
 今日は東側の残っている壁と南側の壁の撤去をする。
 下の写真が東側の壁。
 東側の壁
 高い所は山辺さんんが梯子で上がって解体をする。
 高所はめちゃくちゃ強い
 山辺さん
 1時間くらいかかって東側の壁は撤去できた。

 次に南側の壁の撤去だが、山辺さんが東側の壁を撤去している間に、こちらは殆ど私がやって、上の方だけ山辺さんが解体した。
 解体前
 壁が全て解体出来たので柱だけとなった。
 すっかり壁が無くなった
 写真左側の壁の後ろには荷物が有るので後に解体する事になった。
 これで柱のみになったので、適当な個所を切って倒そうと言う考えだが、問題は中央部に入っている鉄骨だ。
 重さは推定で300kg位はあるだろう。
 これが倒れた際に相当の音がするのではないかと考えている。
 そこで倒れる方向の柱を残して置いて、全体を同時に倒そうかと考えている。
 それによって直接床に落ちる事が無くなると推定している。
 解体した木材を片付けた後、やらなくてはならない。
 これが上手くいけば高い場所での難しい作業は無くなる。
 月曜日のパークゴルフから毎日動いているので相当疲れた。
 夕方、「なごみ温泉」に行く。
 GWなので凄い混みようだ。
 ジェットバスで腰をしっかりマッサージしたが、まだ痛い。
 
 夕食を作ろうとしたら食材が殆ど無い。
 スーパーに行って牛乳と卵などを購入した。
 今日は子供の日だった。
 美味しそうな食材が沢山あった。
 桔梗でも美味しい物が食卓に並んでいるだろう。
 蕗の煮付け、行者ニンニクと鶏肉の炒め物、味噌汁、漬け物で食べた。
 味噌汁が一番おいしい。
 やはり手作りみそのせいなのか?
5月4日(水)色々あります
 昨日の夕食は行者ニンニク入り餃子にした。
 それと採って来たウドと行者ニンニクと山辺さん支給の味付けジンギスカンだった。
 二人で30個食べたのでお腹一杯だ。
 餃子を焼く

 ウドと行者ニンニク

 完成した
 昨日はさすがに疲れて8時には寝てしまった。

 朝起きて昨日採ったカタクリと昨日からあくとりをしていた蕗を湯がいて、カタクリは冷凍庫に保存した。
 蕗は今日の4おかずにする。
 その後、昨日採った妻の好きなアズキナとカタクリを持って桔梗に行った。
 アズキナは今年初ものだった。
 ただいまと部屋に入ったら妻が台所に居た。
 無言・・「返事も無いのか?」と言ったら「お帰り」と言うが・・
 喜んで貰えると思ったのだが・・・。
 山菜を置いて直ぐに帰って来た。
 歓迎されざる人なのか?
 朝からテンションが下がる。
 長男の友瑛に帰るよと言ったら、「早!」と言っていた。

 GHに戻って少ししたらもう昼になった。
 昨日山に行った後も風呂に入る時間が無かったので、今日老人福祉センターに行ったら休みだった。
 午後2時から日ハムの試合があるので、TVの前で見ていたら、吉川がピリッとしない。
 5対3になった所で家の解体をする。
 今日の解体個所


 すっかり無くなった

 青空が出てきた
 屋根をすべて取り外した。
 風が有ったが、力が入ったのか汗をかいた。

 戻ってTVを見たら、大谷、レイアードがホームランで逆転。
 テンションが上がったが、中継ぎのマーチンが2度もボークをして、スクイズを決められ同点。
 延長になった。
 風呂に行く時間も無いので、湯を沸かして身体を洗う。
 自転車旅では夏時期、いつも水で体を洗っていた。
 温泉に入ると汗が止まらず、身体もぼっとしてしまう。
 夏の本州では水で洗うのが普通だ。
 湯で洗ったのですっきりした。

 野球はまだ延長戦をやっている。
 もう18時40分になっている。
5月3日(火)花を求めて林道歩き 
 数が少ない希少価値の「イワナシ(岩梨)」を身に行こうとなったので案内する。
 「イワナシ」は北海道西南部から、本州の日本海側に分布する。
 道南ではあまり咲いていない様である。
 今日の気温は+20度と夏の様な天気が予想されている。
 到着して車を置いて歩く。
 もう既に暑い。
 林道の周辺には花が満開状態だった。
 一番多く咲いているのがキクザキイチゲで無数に咲いている。
 その中でも数の少ないブルーのキクザキイチゲも多数あった。

















 やがて私の知っている「イワナシ」の場所に来たら、数株咲いていた。
 名の通り岩にへばりつくように咲いている。

 ここを見てから更に林道を行く。
 道端には出て来たばかりのウドがあるので採りながら行く。
 更に山の登りに入る。
 急登を喘ぎながら登ると、道端にはイワナシが咲いていた。
 岩で無くとも地面に咲いている。
 




 もう少し登ったところで、昼食にする。
 暑いので風が通りやすい場所を選んだが、もうそんな時期になったんだ。
 カラス嶽
 食事後同じ道を下って来たら、マウンティンクラブの土佐さんと会った。
 やあ久ぶりと挨拶を交わす。
 同行したメンバーも知っているので、暫らく会話。
 M子さんが土佐さんに岡田さんどうしてると聞いたら、そこに居るでしょうと言われびっくり。
 どうやら昔の岡田さんよりはふっくらしていて分からなかった様だ。
 別れて再び林道を歩いて車まで戻る。







 その後、近くのすみれのある高地に行く事にした。
 Sa子さんが、「どのくらい時間がかかるの?」と聞いたので15分と答えた。
 笹の藪をこいて、あずきなを採りながら登る。
 斜度は結構ある。

 境界地点に出るとさらなる急登が待ち構えている。
 ここを登りきって平地に出たが、すみれはまだ早く少ししか出ていなかった。
 残念。
 幅の広い境界線の一面に咲くのだが・・・。
 ここは宮内庁の境界標識がある。

 いわゆる国有林になる。
 それなのでこんな山奥でも立派な境界線があるのだ。







 仕方がなく下って車に戻ったら、先程会った土佐さんがもう山を登って来て戻っていた。
 少し話しをしてから帰途に着く。
5月2日(月)PG練習会 
 町内会のPG練習日である、
 朝5時過ぎに河川敷のPG場で練習して、家に帰って来て新聞を読んで、孫達が学校へ行くための慌ただしい朝を過ごし、静かになった頃、町内会館前に行く。
 今日は18名の参加であった。
 天気は良く気温は15度の予想なので暖かい。
 それにしてもこの桔梗台パークゴルフ場は空いている。
 大丈夫なのであろうか??
 他のゴルフ場に比べて700円と高いので敬遠されるのであろうか?
 組み合わせが決まりスタートする。
 最初のAコースは30と言う最悪のスコアだった。
 Bコースに入っても27と普通のスコアだ。
 これでは良い成績にはならない。
 気合いを入れてのCコースはようやく25を出した。
 そしてDコースも25となり、107で終了した。
 まあ良い感じのスコアに納められた。
 昨年は110を切るのが1年で数回しかなかったのに比べれば上出来だ。

 昼食をはさんで、そして午後の部になる。
 組み合わせも変わり、Aコースは25で良かった。
 Bコースは28で少し悪い。
 Cコースは26となりまあまあ良かった。
 Dコースは24の良いスコアが出て、105で終了した。
 ばらつきはあったが最近は安定して110を切れるようになった。
 結構疲れてGHに戻る。
5月1日(日)桔梗でのんびり 
 明日は町内会のPG練習日なので桔梗に移動する。
 行く途中河川敷パークゴルフ場で練習をして行く。
 桔梗の家族は妻以外は娘の旦那の実家である登別に行って居なかった。
 昼食は久しぶりに回転寿司に行く。
 十分に満足して、午後からはファイターズの試合をみる。
 大谷君が1勝できるかどうかの試合だったが、何とか完投して1勝をあげた。
 夕方には娘家族が帰って来た。
 明日は学校がある。
 昨日、桜が丘通で取材を受けたので新聞に載っているかと思い、セイコマで函館新聞を買い求めたら大きくカラーで載っていた。
 これなら山辺さんも良い思い出になるだろう。
 私も殿の陣羽織で小さく写っていた。

 HP TOP