8月22日(火)出発決定
 天気予報が良くないので、大曲行きは明日に伸ばした。
 函館も雨の天気だったし、青森も雷、強風注意報が出ていて雨の天気だった。
 出発を延ばして良かった。
 今日青函フェリーに電話して明日の朝の4時半のフェリーを予約する。
 午前3時に家を出なくてはならない。
 明日は曇りなので何とか大舘までは走りたい。
 最近は体調的には今一つで、何となくけだるい感じだ。
 気がぴしっと入って居ない。
 こんな時は危険なので、交通事故の無いようにしなくては・・。

 玉子焼き器の修理をする。
 取っ手無しの玉子焼き器を以前に桔梗から貰ったのだ。
 取っ手はその都度、引っかけて色々な物に使えるタイプの物だが取っ手は無い。
 何かの工具を改造して間にシリコンを入れて取り付けたが、熱が伝わって熱くなる。

 そこで昨日新しいフライパンを購入して不要らなくなった、フライパンの取っ手を使う事にした。
 サンダーで取っ手を外し、少しカットもして取り付けた。





 これなら熱も伝わらない。


 その後は「箱館戦争 天狗岳の塹壕の考察」を作成した。
 A4で4枚になった。

 今後、HPには箱館戦争関連の物を重点的に掲載して行く方向にした。
 箱館戦争が始まって来年で140年の節目の年になる。
 それまでに準備しておかなければならない物は多くある。

 午後から雨の間を見て、100円ショップに行く。
 旅で使う物を少し購入した。
 首から下げる、ケース(カード入れ)
 小銭入れ
  青森ねぶたで、ウェストバッグをトイレに忘れて、誰かに持って行かれた事件が2件発生した。
 私も旅に中でウェストバッグをトイレに忘れた経験がある。
 その時は直ぐに気が付いたので事なきを得た。
 そこで今回はウェストバッグを止めて、カードとお金は別にして身に付ける事にした。
 他に時計は無いので、少し不便だったが100均の時計は非防水なので直ぐ壊れるが、今回行ったらシリコンに中に納めている時計が有った。
 完全に防水になるだろう。
 スマホのメールをリモートで受け取ったりする腕に付ける機器と似ている。
 これも100円だった。


 他にヘッドライトは200円。
 テント内で本を読んだりするのに、小さなライトを持っていたが壊れてしまった。
 そこでヘッドライトを購入。
 15ルーメンあるから、本を読むのには充分だ。
 これが200円で買えるとは。

 
 孫の瑞葵の誕生日が21日だった。
 終わった事がFBで知った。
 うかつにも知らなかった。
 誰にも言われなかった。
 誕生祝いの一言でも言ってあげたかったが・・。
 その日、桔梗に行っていたのに・・。
8月21日(月)天気が悪い
 今一つ天気が良くないので、大曲り花火競技大会への出発日を決めかねている。
 明日出発しようとしたが、青森は曇り後雨で午前中から雨が降りそうだ。
 最初から雨の中を走りたくは無い。
 明後日は曇り時々雨。
 もうこれで行くしかない。
 23日 函館〜(フェリー)〜青森〜大舘(公園ステージ泊)
 24日 大舘〜西鷹巣〜(自転車運搬=秋田縦貫鉄道)〜角館(河川敷)又は横沢公園(公園東屋泊)
 25日 角館又は横沢公園〜美郷町六郷
 26日 大曲花火競技大会
 もうこれでぎりぎりだ。
 秋田縦貫鉄道の自転車無料運搬を使って何とか間に合う。
 自転車運搬は無料で、普通乗車券を払えば良い。
 これによって難所の大覚野峠を越えなくて済む。
 1日分の食料が電車賃に変わってしまうだけで特に負担は多くない。

 マタギの発祥地の根子集落には天気の回復する帰路にゆっくり見てこよう。
 鍋の底の様な場所に有る

 奥ふかい山中だ


 二又荘と言う古民家がかなりの雰囲気が合って存在感がある。
 宿泊可能だが、2食付では1万円を超す。
 熊料理が出るそうだが・・・。
 貧乏旅ではなかなか泊まれそうにない。
 時間があったら小阿仁合の八木沢集落にも寄りたい。
 根子集落では長男が家系を継ぐ事になっているので、次男以下は集落を離れて、新たな集落を作った。それが八木沢集落で日本の村100選の里に選ばれている。

 桔梗に行く。
 いつもの9月分の小遣い前借りと食料代をささやかに援助して貰う。
 なかなか美味しいものは食べられる額ではないが、何とかなるだろう。
 帰りに西ききょう温泉に寄る。
 入浴していたら男性が話しかけて来て、ここの温泉は妻と一緒に来たが、もう来ないと言うので今は一人で来ているそうだ。
 確かにヒューム管を切って縦に置いて作った浴槽なので3人くらいしか入れない。
 それが内湯に3個所と外に3個所あるだけだ。
 さらにシャワーは無いので頭を洗うのは大変だ。
 やはり女性には嫌われる。
 話しの中で川汲温泉が休業になったと言っていた。
 ここの社長が無くなって温泉は閉鎖されたそうだ。
 箱館戦争の時に土方歳三が入浴した事でファンの人も入りにくるが、遂に閉鎖になったのか。

 夕方飲みものを買いにサツドラに行ったら、フライパンや玉子焼き器や鍋が321円で売っていた。
 フライパンは底がべこべこになっていたので購入した。
 鍋も欲しいがどうするかな?
 321円とは安い!


 8月20日(日)旅の準備完了
 今日は4朝から執筆していた。
 箱館戦争の内容だが、岡山藩の水原久雄氏の書いた絵があるのだが、その中に書かれた天狗岳と思われる個所に書かれた塹壕がある。
 水原氏の絵には山の名前が書かれていない。
 現在の地形図には天狗岳があり、そこに塹壕があると言われているが、どうもおかしいのだ。
 水原氏の絵と現在の地形図を比べたら、ほぼ合っている事が分かった。
 そうなれば天狗山に塹壕が3個所あると書かれた古文書の天狗岳は現在の天狗岳と違う峰になるのである。
 ここではややこしくなるので4書かないが、食い違いがある事は明白だ。
 この調査に半日費やした。


 用事があってベイエリアに行く。
 notteで自転車観光をやっている、ねぶたリーダーが居て暫らく話す。
 そこに大勢の団体が歩いて来た。
 手に資料を持っているので、カリスマガイド中尾さんがガイドを務める、団体かなと見ていたらお手伝いをしている、ぶんぽ研の仲間であるNさんも居た。
 近寄って少し話す。

 家に帰って大曲の旅のパッキングを終えた。
 
 
 天候が雨模様なので、出発するタイミングを測っている。
 22日か23日には出発したい。
 今回は花火見学のほかに、阿仁合の駅から自転車を乗せようと思う。
 前日に申し込めば秋田縦貫鉄道は、自転車は無料になる。
 角館までの運賃1260円を払えば良い。
 これをやって見たい。

 もう一つはマタギである。
 最近熊撃ち関連の本を多く読んで居る。
 熊の習性などを知るためだが、その中にマタギの熊撃ちも良く出て来る。
 熊の習性を良く知っていてその経験に基づいて熊を仕留めている。
 マタギの発祥の地は根子集落だが、そこの集落を見て見たい。
 坂を登ってトンネルをくぐり奥深い山中に集落がある。
 そこの集落には昔からの古民家があり、宿泊も出来る。
 泊まって見たいが1万円の出費は不可能だ。
 何処かにテントを張るしかない。
 その後、大曲に向けて走る。

 電話が来てFさんが来る事になった。
 以前調べた、当別修道院に勤務していた渡辺さんに関する戸籍が手に入ったそうだ。
 中を見せて貰ったが、戸籍は明治まで遡って居なく不明だ。
 渡辺さんが結婚したフランス人女性の名は今だに分からない。
 おみやげに焼きそばと胡瓜を頂いた。

 桔梗から貰ったニラがまだ沢山あるので、レバニラ炒めを作った。
 しょうが、ニンニク、オイスターソースを使った。
 良い香りがする。


 作っている最中にFさんが再び来て、大曲に行くのに持って行ってと、カロリーメートやゼリーエネルゲン等を頂いた。
 
 いつも有難い。
8月19日(土)免許証が見つかった
 昨日から免許証の無くしたと思われる場書を考えていた。
 どう考えても桔梗の自分の部屋しか考えられない。
 昨日は妻にいつも寝ている寝袋の中などを探して貰ったが無いと言う。
 交換した短パンのポケットにも無いと言う。
 まずは桔梗に行く。
 部屋に入ったら、パークゴルフの回数券の下に顔を見せていた。
 やっぱり簡単な所に有った。
 やはり自分で探さないと駄目か。
 昼に帰る。
 ジャガイモやトマト、キュウリ、にら、さやいんげん等を貰って来た。
 沢山貰っても来週には秋田に向かうので余してしまう。

 大曲行きのパッキングもほぼ終えた。
 天候が今一つ雨模様なので、いつ出発するか考え中だ。

 今日は天気も良いので室内干しで乾いていなかった洗濯ものを外に干す。
 夕方にはすっかり乾いてしまった。

 自遊旅の電波状態が良くない。
 タブレットの受信も2程度で弱になる時もある。
 それでブログもアップできない事も出て来る。

 自遊旅の直ぐ傍の電柱にはNCVのフリーWiFiが付いている。
 しかし、家すべてをカバーしていない。
 NCVに加入しているので使えるのだが、女子の宿泊場所が一番電波が強い。
 ここだと入るのだが、居間からは離れているので、不便だし、旅人が来た時は使えない。
 WiFi中継器を購入すれば家中で使えるのだが、3000円位で中継器を買わなくてはならない。
 本当はNCVのサービス回線を使えば、ドコモの契約を安いプランに変える事になり、かなり特になるのだが、大蔵省は理解してくれないだろうな。

 一応パソコンとHDDを移した。
 暫定的に移動した
 ここでタブレットでWiFiを受信し、テザリングでパソコンに繋ぐ事にした。

 夕食は、貰った食材で作った。
 豚肉とジャガイモの甘辛煮とインゲンとシメジと玉ねぎのバター炒めの2種類を作った。
 豚肉は・・生生姜と生おろしが効いていて美味しい。
 玉子も添えた
 バター炒めは塩胡椒で味付けしたシンプルな物。

 お腹が一杯になった。
 食後に町内会の盆踊りで貰ったきびだんごを食べるが、随分薄くなったものだ。
 シンプルにバター炒め
 子供の時はこの厚さの3倍はあった様に思う。

 さびしい限りだ。
 これでも日本一のきびだんごか?
8月18日(金)免許証は何処に行った?
 桔梗を後にして自遊旅に戻る。
 やる事は沢山溜まって来ている。
 家を出る時愛葵も出てきた。
 愛葵の植えた朝顔が10個の花を咲かせた。
 昨日は4個だったのに一気に咲いた。
 一気に咲いた

 まずは洗濯ものを取りこもうとしたが、この湿った天気なのでまだ一部のナイロン製しか乾いていなかった。

 次に引き取った本の中で不要な本を近くの今島商店に持って行く。
 ここでは無料で本や段ボールを引き取ってくれる。
 本を降ろす作業もすべてやってくれた。
 その帰りに中古の夏タイヤを取りに、向かいのフリーウェイに行く。
 6480円なり
 車に積んで帰って来て直ぐにタイヤ交換をする。
 先週に続き交換

 こんなに違う
 今回のタイヤは185-70-14で標準の185-65-14よりは扁平率が少し低い。
 直径で5cm程度は大きくなるので車高が少し高くなる。
 もともとこの車は車高が低いのでむしろ高い方が有りがたい。
 ハンドルを一杯に切っても車体にタイヤが触れないので大丈夫だった。

 次にパソコンとカラオケのあるスペースのレイアウト変更をする。
 引き取った中でアンプとスピーカーは使えそうなので、新たなレイアウトにして使う。
 スピーカーは天井の下壁に付けた。
 スピーカーは天井した
 40w×2のスピーカーは結構な音量になる。
 以前のパソコン付近
 余っていたパソコンテーブルを組み立て、そこのプリンター2台をセットする。
 プリンターのあった場所にはカラオケアンプと今回頂いたアンプをセットする。
 位置が高くなったので操作がしやすくなった。
 プリンターも低い位置になったので、紙のセットが容易になったので良かった。
 新たなレイアウト

 全体を見る
 アンプに電源を入れてエコー付きのマイクで少し歌ったが、なかなか良い音が出る。
 自遊旅の大きさには丁度良い音量になった。

 パソコン用の椅子は簡単な椅子を使っていたが尻が痛くなる。
 桔梗にあった、壊れた椅子を修理してパソコン用の椅子にした。
 これで長時間のパソコン作業にも耐えられそうだ。

 燃えるゴミの処理をする。
 今まで溜まっていた燃えるごみを、近くの焼却場に持って行く。
 車に満載
 帰りの生産場には元の会社の同僚のSさんが居た。
 料金は51円だった。
 51円と安い
 結構な量を運んでも安い。

 最後に郵便局に行って口座の住所変更をしようと、印鑑を持って免許証を持ってとなるのだが、免許証が無い。
 昨日の事を思い出す。
 西ききょう温泉に行ったが、財布は持たずに免許証と小銭だけを短パンのポケットに入れて行った。
 温泉を上がった際に短パンは変えた。
 休憩室で孫にアイスを買ったので、この時はお金をポケットから出している。
 当然免許証も入っていた筈だ。
 車の鍵も入っていた。
 車に乗って帰ったのだから鍵は新しい短パンに当然移し替えていた。
 免許証と小銭だけが無くなったのは何処か?
 桔梗には履いて行った短パンを置いてあったがポケットには当然入って居ない。
 帰って方から定位置の、財布に移し替えたのかと思うが、免許証は入って居ない。
 お金は他にも入ってるので分からない。
 う〜どこに行ったのだろう???
8月17日(木)中古タイヤがあった
 朝5時に桔梗から自遊旅に一時戻る。
 洗濯を2回して干した。
 それと引き取った本を、図書館に寄付するものと私が読む物、捨てる物に仕分けした。
 さらに捨てても良いと言ったコンポの電源を入れて見た。
 ラジオも入ったし、マイクも使える。
 どうするかな???

 カラオケ装置はあるし・・結局アンプとスピーカーとマイクは残そうか。
 マイクはエコーが掛るので使えるだろう。
 自遊旅のライブ設備が少しは充実するかな。
 レコードプレィヤーとカセット再生録画ユニットは捨てよう。

 本や燃えないゴミを引き取ったお礼にとかぼちゃと西ききょう温泉の入浴券を頂いた。

 西ききょう温泉の社長さんを知っているので頂いたが、先日娘が帰郷してたので車に乗せて貰い行ったが、温泉で足を怪我したそうでもう行かないと言う。
 この温泉は少年野球のグランドの傍に井戸を掘ろうとしたのだが、30m掘ったら温泉が出てきたのだ。
 最初は無料で簡単な囲いをして入れていたが、その後建物が建った。
 浴槽の特徴はヒューム管なのだ。
 ヒューム管を切って縦に設置し浴槽にしている。
 内湯に3個と露天風呂が3個ある。
 この浴槽の縁には温泉の成分が付着して、そこに足が辺り怪我した様だ。
 桔梗の実家の近くなので有難い。

 近所の整備工場で中古の夏タイヤが出たと知らせてくれたので、昨日妻に話してOKの用なので、今日行って購入をする事を決めた。
 ホィ−ル付きで1本1500円×4で6000え円だった。

 午後に友瑛と将棋して今日も勝ったがその内には負けるだろう。
 終わって西ききょう温泉に行く。



 のんびりと入ったのですっかり体も温まった。
8月16日(水)盆踊り最終日は仮装大会
 頼まれていた本の引き取りに行く。
 昨年亡くなったSさんの本を引き取って貰いたいと言われていた。
 青森ねぶたの後でとの約束通り伺った。
 かなりの本が残された。
 私の必要な本は貰ってい良い、他の必要で無いものは捨てて欲しいと言われていたが、私の必要で無いものは図書館に寄付する方向で進めている。
 一部は寄付したが、忙しさのため自遊旅には本が山住されている。
 さらに今回の追加分で本は溢れかえっている。
 おいおい整理して処分したい。



 他にコンポやラジカセラジオも処分してくれと言われた。
 
 近所の自動車修理工場に行く。
 車検を頼んでいたが、もう出来ているのだが、なかなか行く機会が無く今日伺った。
 車検代を払って暫らく話しをする。
 ここのお姉さんは話し好きで、話していても楽しい。

 彼女が自遊旅前に置いてあった車に車検書を取りに行ったら、家の中から外人さんが出てきて驚いたそうだが、その後、色々話しをしたそうだ。
 彼の事は私より詳しくなっていた。
 彼は日本の大学を今年卒業して、その記念に九州から北海道まで自転車で縦断する事になったそうだ。
 彼とは私もねぶたで会って、衣装を無料で貸してあげたり、函館に渡る寸前に有った時に、自遊旅の鍵のある場所を教えて家を使って良いよと話した。
 それが彼にとって凄い感動だった様だ。
 何処の誰かも知らない人に家に入って良いよと言うのは信じられないと言う。
 自分を信じてくれた事に大感激だったそうだ。
 旅が終わったらミシガン州に帰るそうだ。
 今度、日本に来る機会があったら、絶対函館に来たいと言っていたそうだ。
 そんなに感動して貰えて良かった。
 彼女いわくあんな素敵な外人さんに会えて良かったそうだ。
 背は高いし(190cmは越えている)、ハンサムで話しも女性の様に優しいといつもより雄弁だった。良い出会いで良かったね。
 自遊旅に残したメッセージ

 車検代を払って桔梗に戻る。
 今日は盆踊り最終日で、仮装大会がある。
 我が家は友瑛が「魚くん」、愛葵が「シンデレラ姫」、私は何時もの青森ねぶたになった。





 会場に行くが、今日は寒い。



 皆から腕をまくったねぶたの格好に寒くないの?と言われたが、熱いぞ!
 町内会の子供育成委員のKさんが、話しを聞かせて下さいとやってきた。
 色々ねぶたの事を話してあげた。

 愛葵が誰かと離れた所で話していた。
 娘と「誰と話しているんだろうね」と話していたが、北海道新聞の地域担当記者の方だった。
 一体何を話したんだろう?

 昨年は私が取材された。

 最終日なので子供盆踊り定番イカ踊りを目いっぱい踊って汗がびっしょり。
 子供の部が終わった後で、仮装者にお土産をくれた。
 子供はお菓子、私は秘湯温泉の元と浴用タオルだった。
 その後、大人の部もフル参加して終えた。
 おばちゃんに幸せの鈴を配ってすっかり無くなった。

 今年の盆踊りもフルに楽しんだ。
8月15日(火)盆踊り二日目
 自遊旅に行きタイヤ交換をする。

 夏タイヤが車検を通らないと言うので、急遽スタッドレスに変えたが、スタッドレスを履いていては舗装路走行で消耗は増すので、新たに夏タイヤを手に入れるまで暫定的に履く事にした。
 交換はいつもやっているので、30分もあれば出来る。

 その後は家の中に干してある洗濯物を取り込んだり、家の掃除をしてからドンキホーティに行く。
 本の印刷を10部頼まれているが、ドンキホーティに好きな用紙があった筈だと行く。
 紙の白さは漂泊の量によってきまる。
 94%位蕭白するとかなり白さが出る。
 しかしその分価格が上がる。
 店に入って探したら、あったが・・・A4版だった。
 欲しいのはB5版。
 230円と安かったが仕方が無い。

 桔梗に戻る。
 午後に娘から登別から自宅に戻るの電話を貰う。
 お盆で旦那さんの実家に行っていた。
 夕方には沢山の物を手に抱えた孫達が元気一杯に帰って来た。
 そして町内会の盆踊りに参加する。

 長男は太鼓が叩きたい。
 始まる前から叩いていたら、町内会の会長から祭りのハッピーを着せて貰って喜んでいた。



 しばらくは太鼓を叩いていて、その後祭りにも加わった。
 長男次女とも祭りの輪の中で走り回っていた。



 どうも長男は踊りも好きそうだ。
 おばちゃんの踊りを見ながら真似して踊っていたが、意外と手つきが良いし、体のこなしも良い。
 祭りが好きなら青森ねぶたに連れて行きたいが、私が元気なうちに行けるかな?
 次女はまだ走りまわっている方が多いか?
 長女はあまり乗り気ではなかったが、知り合いのおばちゃんに誘われて輪の中に入った。
 子供の時間は圧倒的にイカ踊りが多くかかる。
 これを連続してやると結構な運動量になる。
 大人のおばちゃんは敬遠勝ちだ。

 子供の時間が終わるとお菓子が貰えて、それぞれ帰宅する。
 私は大人の部も参加する。
 それにしても知り合いが増えたものだ。
 パークゴルフの仲間、隣のお姉さん、向かいのおばさん、もと会社の同僚も来ていた。
 それに自遊旅の向かいに住んでいた御夫婦。
 桔梗には定住していないが、随分と知り合いが増えたものだ。
 大人の部が終わって、参加賞を貰って帰宅。
 風呂に入って寝る。
 まあまあ疲れた。
8月14日(月)町内会盆踊り始まる
 朝にパソコンを動かそうとしたら、自遊旅から電源コードを持って来ていなかった。
 そこで車で取りに行く。
 それと町内会盆踊り大会の3日目に行われる、仮装大会はもう締めきったが、出場者が少ない様で、孫二人だけの様だ。
 私は締め切り後の申し込みだったがOKになった。
 パソコンの電源と仮装用のねぶたの衣装一式を持って来た。
 帰って「下二股口台場」の資料を加筆する。
 既に一度出来上がっているが、新たな資料も溜まったので内容を充実させたいのだ。
 来年の箱館戦争150年の節目までに充実させたい。
 昼までやって、午後からはTVを見てのんびりしていた。

 夕方になって盆踊り会場に行く。



 (今日は祭りのハッピーを着て行く)

 妻は町内会の仕事でジュースとアルコールの販売だ。
 子供の時間の踊りはイカ踊りが多く掛るので、体力的にきつい大人はあまり輪に入らない。
 私はずっと踊って居た。
 喉がからからになって100円のジュースで喉をうるおす。
 子供に時間の最後は花火大会だった。

 (ナイヤガラもある)

 (夜の大人の部も踊ってから帰る)

 (寄付もしっかりしてあった)

 明日も又踊りに行くぞ。
8月13日(日)旅人出発&墓参り
 朝に大阪の旅人Mさんが小雨の中出発した。
 雨でも走っているそうで、今の若者でも雨の中は走らない人が多い中、中高年は意思が高い。
 今日は福島の道の駅に隣接のバス待合室が良いよと教えてあげた。
 旅人は自分の好みの宿泊場所を持っているので、あくまでも参考程度だ。


 出発した後慌ただしく墓参りに行く。
 デッキブラシと水をを持って行く。
 着いて墓を清掃して、草むしりもして終わった所に、妻と娘一家がやってきた。
 孫とも久しぶりに対面だ。
 皆元気一杯だった。
 墓に水を掛け、皆で供物を頂いた。


 妻の話しの中で長女の瑞葵が町内で、誰かに挨拶をしたそうだ。
 いまどき珍しい子だと思い、瑞葵の行き先を見たら、あなたの家に入ったよ妻の友人に言われたそうだ。
 最近は挨拶をしない子が多いので、珍しいのかも。
 瑞葵は小さいときから、知らない子どもにも良く話しかける子だった。
 話しかけては一緒に遊んだりしていた。
 今もそれは変わらないのだろう。
 墓で娘一家と分かれる。
 娘一家は、旦那さんの両親の親が住む、今金に行き、その後旦那さんの実家に向かう。
 帰って来るのは15日の夜の予定だそうだ。

 久しぶりに妻と二人になった。
 夕方には温泉に行き、スーパーの寿司を買って食べる。
 妻の作ったなすのから揚げとささぎを煮込んだ料理が美味しかった。
 お腹が一杯になった。
 夜は一緒に日ハムの試合を見たが、今日も負けて6連敗。
 33ゲーム差と言うとてつもない数字になった。
8月12日(土)新たな旅人来る
 旅人が昨日で全て出発したが、今日新たに雨の中を中高年の旅人がやってきた。
 大阪の方で九州を廻っている時にマッキーに会って紹介されたそうだ。
 明日は松前〜江差を廻って、小樽から船で本州に戻るそうだ。
 家の中の片づけはほぼ終わって、家の中もすっきりして来た。
 残っているのは、タイヤ交換で雨が降っているので出来ない。
 車検に出す時に夏タイヤは摩耗していて、車検が通らないと言われ、急遽スタッドレスに変えたが、また夏タイヤに変えなければ、スタッドレスタイヤが減ってしまう。
 夏タイヤも買わなくてはならない。
 中古でも探さなくては・・。
 ゴミも捨ててきたいが雨で躊躇している。
 明日は曇り時々雨なので合い間をぬってやろう。
8月11日(金)旅人も全て旅立ちした
 青森ねぶたが終わって、五所川原の立ちねぶたに行き、さらに下北半島を廻って帰ろうとしていたが、強風と雨の予報で取り止めて、下北の旅は台風の直撃の恐れがあったので、急遽自遊旅に戻ってきた。
 同じ様に避難したい旅人が5人、それぞれのフェリーで自遊旅に来た。
 自遊旅は人で溢れたが、知っている人も多かったのでそれなりに楽しかった。
 (この時点で一人が旅だって4人だった。花織さんの見送り)

 (花織さんは帯広に向かう)

 (山口さんは昨日旅だった)

 (右端の男性がウエストバッグを失くした。カンパで帯広まで行き、バイトをするそうだ。)

 (大阪の松田さんは今朝出発。)



 順次、旅立って行ったが、今日は大阪の松田さんと鳥取の清水君が旅立って自遊旅もようやく静かになった。
 (鳥取の清水君は今朝出発)


 朝から洗濯を2回して、旅の用具を整理していたらもう4時を過ぎてしまった。
 家の掃除などはまだ出来ていないので明日に持ち越しだ。

 今年のねぶたでは写真を撮る機会が無く、ブログも写真が少なかった。
 跳ねる現場にカメラを持って行くと壊す確率が高いので、今回は持って行かなかった。
 ブログの文書もあまりの疲労で書くのが億劫で簡単な物になってしまった。
 
 年と共に体力が落ちてきたのか、普段の運動不足なのかは分からない。
 それでも最終日は完全に跳ねられたので、体力的な自信は付いた事も確かだ。
 何しろ回りには同年代で跳ねている人はまず居ない。
 殆ど歩いているのが現状だ。
 も〜さんまだまだ大丈夫だよと言われるが、もう少し鍛えないといけない。

 今回のねぶたのサマーキャンプ場で悲しい事が有った。
 同じ仲間のSさんが、夜中にトイレに行った時、ウェストバッグを上に有るフックに掛けたまま出てしまい、朝になって行ったが無かった。
 お金やカード類、免許証、車のカギなどなどが全て戻ってこなかった。
 持って行った人はキャンプ場に居る人間しか考えられないので残念な出来事だった。
 全ての手続きを終えて、彼は早めのキャンプ場を去ってしまった。

 その後数日して同じ様に、若者がトイレのフックにウェストバッグを忘れてそれも戻ってこなかった。
 その彼は昨日自遊旅に泊まった男性だ。
 どちらもモンベルのウエストバッグだった。

 今回のねぶたの中で新たな出会いが有った事は良かった。
 油川幼稚園の理事長と園長さんと親しくなれた事だった。
 
 我々年寄3人は毎朝「なごみの湯」に朝5時半に入りに行く。
 ねぶたが始まる前に行った仲間に今日は一人ですかと声を掛けた男性が居た。
 それが幼稚園の理事長で毎日早朝風呂に入っていて、我々がいつも3人で来ていたので声を掛けたのだ。
 そして油川幼稚園も子供ねぶたを運航している事が分かり、そのねぶたに参加した。
 子供ねぶたは2日間なので、その日は打ち上げだった。
 そこに招待されて美味しいごちそうを頂き、そのまま宿泊もさせて頂いた。
 来年はねぶたの製作に来ても良いとなったので、是非行ってねぶた製作を体験したい。

 一息入れてから、今度は大曲花火大会に出発する。
 これが終われば今年の大きな行事は終わる事になる。
 HP TOP