12月31日(日)年越しも済んだ
 娘の旦那が仕事の都合で北見に帰るので、昨日忘年会が行われた。
 久しぶりのすき焼きに皆満足した。
 大勢で食べる食事は美味しい。
 風邪の方は薬が効いたのか、痰が喉に絡まっているがその他の鼻水も収まって来た。
 今日は昼に皆で花の湯温泉に行った。
 入浴後、私一人が自遊旅に帰り、餅を供えたり、仏壇に花を供えたり、しめ縄を飾ったりと一連の正月の支度をして桔梗に戻る。

 3時頃に旦那さんは出発した。
 子供たちも娘も見送りに行った。
 
 今日はこれから、年越しそばを食べてTVを見て過ごす予定。

 それにしても一年はあっという間に終わった。
 この日記をいつも見てくれている人には1年間の感謝を申しあげたい。
 日記を書いているが、どの位の人が見ていてくれているのかは全く分からない。
 訪問者数を表示しないでいるためだ。
 何人が見ていようとも続ける積りでいる。
 見て下さった方々にはこの一年間の感謝をしたい。
 そして又来年も宜しくお願い致します。
 良い年をお迎え下さい。
12月30日(土)風邪も回復に向かう
 昨日は咳鼻水が止まらず、たまりかねて薬局に薬を買いに行った。
 昨夜は早く布団に入り安静にしていたが、起きたのは8時であった。
 睡眠時間は充分に取れた。
 そのお陰か薬が効いたのかは分からないが、風邪は回復気味になって来た。
 咳も鼻水も余りで無くなった。
 昼にはメルカリで発注していた、キャノンのインクが届いた。
 

 18本プラスブラック1本で1590円と安かった。
 普段からインク使う量は多いので助かる。
 今は写真を大きく伸ばして使用する事もないので、純正のインクでなくても充分だ。

 今日は午後から桔梗に行き、一日早い年越しをやる。
 娘の旦那の都合で明日は仕事で旭川に帰るので、今日になった。
 年末〜正月にかけては桔梗に居るので着替えなどの荷物を沢山持って行く。

12月29日(金)風邪でダウン
 1週間くらい前から咳が出てきて、これは風邪だなと思っていたが、段々と悪化して来た。
 鼻水は出るし、咳が出て喉は痛いし、頭がくらくらする。
 幸い熱は無い様だ。
 朝は6時過ぎまで寝てから起きた。
 薪が無くなったので、外に出ようと思ったら、ドアが開かない。

 そう言えば夜中に雪が屋根から落ちる大きな音が聞こえていた。
 表玄関の引き戸を開けて出て、スコップで雪を取り除く。
 それ以降は何もする気になれず、安静状態にしていた。
 たまに見るタブレットのTVは相変わらず相撲の話題で、もう飽き飽きして来た。
 午後からサツドラに行って薬とマスクを買って来る。

 これで少しは良くなるかな?
12月28日(木)大掃除
 娘の旦那さんの仕事の都合で、30日に忘年会をする事になった。
 今日は自遊旅の大掃除をする。
 まずは貯めておいた紙類のごみを近くの焼却場に持って行く。

 開始と同時に行ったので、まだ誰も居なく直ぐに廃棄で来た。
 103円なり。
 帰って来て少しまったりしてから、大掃除を開始する。
 まずは仏壇を掃除して、宿泊室も清掃と拭き掃除をする。
 台所はガス回りが油で汚れているので、換気扇を含めて綺麗に掃除した。
 カセットガスコンロが自動点火しなかったので、点火ノズルの先を研磨したら治った。
 


 オーブンも焼け跡が見えるので、綺麗に清掃した。
 台所回りも綺麗にして、最後の今も掃除機を掛け、水拭きをした。
 今の棚も全て飾り物を降ろして綺麗にした。
 これで今日は終わりになった。
 明日は寝室と工作室を掃除すればすっきりして年越しが出来る。
12月27日(水)自遊旅は隙間だらけ
 昨日から暴風雪なので、多分雪は沢山積っているだろう。
 5時に起きたらかなり寒い。
 息が白くなる。
 我が家は古民家なので、窓も板窓が1枚しかしかない。
 外と余り変わらない。
 玄関を見たら雪が中に入っていた。

 これなら寒いはずだ。
 薪ストーブに火を入れる。
 少しの間は寒いが直ぐに暖かくなる。
 これが薪ストーブの良い所だ。
 まずはコーヒーを飲んで一息ついた所で外を覗いた。 
 裏玄関のドアが重い。
 雪が20cm位積っていた。

 西側は風が強かったせいかあまり積っていない。


 

 東側が風下になるので吹き溜まり状態だった。







 一気に除雪を行う。
 時間は30分位で終わった。
 家に入ってPCに向かっていたら、表玄関で除雪の音がする。
 行って見たら向かいの鉄工場の奥さんが除雪していた。
 慌ててやりますからと言ったら、自分の家の車を止めるので、スペースが必要なのだそうだ。
 いつも表玄関前に車を置いているので納得した。

 除雪も終えてコンビニに行く。
 メルカリでエプソンのインクが1680円で3セット売っていたので、ローソンチケットで支払いをする。
 これで当分は大丈夫だ。

 古地図の作成の方は結構進んだが、年内は間に合わなさそうだ。

12月26日(火)自遊旅へ戻る
 朝桔梗で起きたら雪が15cm位積っていた。
 5時過ぎでまだ暗いが除雪を始める。
 1時間くらいで除雪は終わった。
 この後、昼食をとって帰宅する。
 国道5号線を来たが渋滞してノロノロ運転だ。
 自遊旅に着いて周辺の除雪をする。
 桔梗よりは雪が少ない。
 人通りの雑用を済ませて、古図の作成をする。
 昨日、収集した大野町の人物の歴史を書きこむ。
 3ページ位作って今日は終了する。
12月25日(月)郷土資料館へ
 天気がここ数日大荒れの様だ。
 朝はまだ穏やかな天気だった。
 朝5時に自遊旅に行く。
 メルカリで注文したインクが配達されていた。
 インクを多く使うが、今までは100均の200円インクを買っていた。
 それでも消費量は多いので大変だ。
 今回はメルカリに出ていたもので13本で1000円だった。
 1本約77円で済む。

 妻が病院に行くと言うので、娘が勤務の途中なので送って行ったが、私が迎えに行く。
 妻が病院や薬局に居ない。
 走って来た。
 銀行に行っていたそうだ。
 所がキャッシュカードの磁器がトラブッて使えないそうだ。
 本人でないと手続きが出来ないので、私が言って手続きをする。
 再発行まで2週間くらいかかるそうだ。
 その後、ヤナセ皮膚科に送って行くが、凄い込みようで駐車場にも入れない。
 車で暫らく待った。
 帰って来て、昼食は友瑛が「自遊旅」の作曲をしたお礼に、びっくりドンキーでハンバーガ−奢る事になっていた。勿論長女や次女も連れて行く。
 昼になったがゲームに夢中になって行かないと言う。
 他の孫二人が説得してようやく行く事になった。
 車に3人乗って行くが、途中で友瑛がゲームのソフトを忘れたと言う。
 「何でゲーム機を持って行くの?」
 ソフトが無いと言ってふてくされた。
 長女からも何で食事に行くのにゲームなのと言われるが本人は納得しない。
 もうこんな状況では楽しい食事も出来ないので引き返す事にした。
 ママが帰って来て、長女から説明を受けたのだろう。
 多分ママに叱られたのだろう。
 少しして2Fから降りで来て「おじいちゃんごめんなさい」と謝った。
 結局昼は余り物で済ませる事になった。 
 吹雪になったが、午後北斗市郷土資料館へ行く。
 旧大野町の周囲に何もない場所は地吹雪で、ホワイトアウト現象だ。
 資料館に着いて大野村史を見ようとしたら棚には無い。
 学芸員に言ったが、あちこち探していた様だが、結局返事もないままだ。
 仕方が無く町史から資料を集めた。
 帰りは吹雪が更に強くなった。
 
 瑞葵の所属の桔梗中学校吹奏楽部からに寄付依頼が来たので、じいちゃんも少ない小遣いの中から1000円を寄付したが、丁寧なお礼状と領収書が来た。


 MHKBSプレミアムのTV撮影を行った、ドキュメンタリージャパンからDVDが送られて来た。
 放送は大好評だったと書いていた。
 嬉しい限りだ。
 でもDVDが来て良かった。

 2月の西桔梗町内会から、DVDの放映を撮影の様子を講演してくれとの話しがあるのだが、我が家で撮った筈の録画は撮れていなかった。
 多分撮れない機種なのだろう。
 どうしようかと思っていたので良かった。
12月24日(日)クリスマスイブ
 朝からTVばかり見ている。
 高校駅伝、男子女子と見ればあっという間に夕方になってしまう。
 友瑛がじいちゃんスーパーに連れていってと言う。
 どうしたの?
 昼間に悪い事をしたので、サンタさんがプレゼントを持ってきてくれそうにない。
 そこでコーラとビスケットを用意してサンタさんに来て貰うそうだ。
 自分の小遣いを220円持って出発。
 お金が10.円足りなかった。
 爺ちゃんが拠出した。
 これでサンタさんが来るのかな?

 夕方からクリスマスパーティだ。
 娘と妻が作った、鳥のからあげやもも肉のからあげ、ミニ海鮮丼、鶏ハム、サラダ、作り続くりケーキなどがテーブル一杯に並んだ。




 沢山の家族の中で食べる食事は美味しい。
 食事も満腹に食べて、子供たちにプレゼントを渡す。
 我が家から、登別のじいちゃんばあちゃんから、ママ、パパからと沢山貰って皆大喜び。
 私と妻もプレゼントを貰った。
 私はオレンジのフリースを貰った。

 色が綺麗だ。
 早速着る。
 半袖の上に着たが肌さわりが良い。
 ありがとう。
 娘には用意しなかったな。
12月23日(土)桔梗に移動
 午前中は古地図の製作をして現在手持ちの資料は書きこんだ。
 その後しめ飾り作りをする。
 買うのも大変なのでいつも手作りだ。
 ハリーキティの段ボールが有り、絵が正月だった。
 可愛く出来た。
 
 午後から桔梗に移動する。
 孫は中学生が吹奏楽の部活に行って、長男と次女が居た。
 午後から長男と西木峡温泉に行く。
 帰りにアイスクリームを6個買ってくる。
 長女と娘が居ないので先に頂く。
 長男友瑛と将棋してまた勝利。
 今まで何十連勝なのか。
 でも何れは負ける日が来る。
 その時はハンバーグを奢る約束だ。
 夜はスケートの女子の選考会を見る。
 宮原知子が圧倒的な点数で勝利した。
12月22日(金)臼尻街道散策
 随分気温が上がってプラスの5度位になる様だ。
 今日は臼尻街道を歩く事になった。
 最後まで行くとなれば到底無理で、雁皮川に沿って登り、12時まで2時間歩く事にした。
 このコースは途中から分岐して雁皮山至るルートでもある。
 林道を最後まで行けば、硫黄山を越えて磯谷温泉に至る。
 新中野ダムの前に着く。
 駐車場には窓ガラスが割れ警察の立ち入り禁止のテープが巻かれた車が有った。
 なにか事件でもあったのだろうか?

 スノーシューをスノーシューを付けて出発する。

 雪は30cm位だったが、昨夜は雨も降っていたので、雪が湿った重い雪だった。
 これは脚に効きそうだ。
 木の枝枝にも沢山の雪が積もっており、あちこちで墜ちた形跡がある。



  歩いている最中もどかっと落ちるので、前と上も見て歩かなくてはならない。
 お日様も出てきて暑い。
 早速パーカーは脱いで歩く






 臼尻街道の昔の道は林道をショートカットしている。





 尾根まで出てきて、ここで丁度12時になった。
 まんじゅうやリンゴ、暖かいスープを飲んですぐに下山する。













 下りは1時間10分で下りた。
 帰りにそば屋「蛾媚野」に寄って私はニシンそばを頂いた。

 元小学校の校長先生が手打ちしているそうだ。
 お土産にチカを20匹頂いた。
 道南のチカは小さいのでワカサギより少し大きいか同じくらいだ。
 昔は15〜20cmの物がたくさん釣れたのに今は北の方で釣れている。
 自遊旅に帰って素揚げして夕食のおかずになった。
12月21日(木)今日も古地図製作
 今日も朝から古図の製作だ。
 2時間くらいやってから朝食だ。
 トーストにコーヒーそして目玉焼き、ひじき油揚げ、肉じゃがを食べる。

 地図は書き終え、地番や土地所有者の名前は読めない部分を除きすべて記入した。
 今日は古図の解説を書き始めた。
 午前中いっぱい書いて、一度郵便局に行き、年賀状を出してくる。
 外に出たら少しはすっきりして、再び古図解説を書き始める。
 もう少しで現在持っている資料の書きこみは終わりそうだ。

 後は大野村村史を全て読んで、古地図に関係する人物に着いてや、その他もろもろの事について書きこむ。
 地図以上に中身の充実した解説をしたい。
 これはもう来年にしよう。

12月20日(水)明和園クリスマス
 今日は明和園のクリスマスパーティだ。
 9時前に函館駅に来た妻を迎えに行く。
 クリスマスパーティは10時から始まった。
 ラジオ第一体操をしてから、ゲームを2種類やってその後、テーブルを出してケーキと飲み物、ミカンを貰って、食べながらビンゴゲームをする。
 いつものようになかなか当たらない。
 中身は見えないが目に付けていたのは洗剤だ。
 重さで直ぐに粉石鹸だと分かった。
 ビンゴが進むうちに、Kさんがビンゴになって粉石鹸を持って行った。
 その後、2つ目にビンゴになった。
 貰ったのは、ファブリーズ、ぺンケース、手作りのティッシボックスカバー、巾着だった。
 昼食に食堂に行った時にKさんに、予定していたのが先に持って行かれたと話したら、これは特に入らないからあげるとなった。
 その代わりに手作りの巾着と交換した。
 妻はお菓子が当たったが要らないと言うので貰った。


 帰り道Y子さんから長芋を貰った。

 家に帰って来て古図を作っていたら、北海道新聞の中川さんから電話が来て、出来た原稿を見て下さいと言う事で、メールに添付して送って貰う。
 問題無しと返信。
 古図の方もようやく校正まで来た。
 1部白黒でコピーしたので、これで校正する。
 年内に終わりたい。



 夕食に、肉じゃがとひじき油揚げを作る。


12月19日(火)下二股口台場の取材&撮影
 今日は北海道新聞の下二股口台場の現地撮影と取材。
 8時半に家を出て僅か10分ほどの北海道新聞駐車場に着く。
 今回同行する事になった、函館自然倶楽部の鎌鹿代表は少し前に来た。
 記者の中川さんとカメラマンの西村さんが乗り込んで鎌鹿さんの車で出発する。
 昨日からかなりの雪が降ったので、台場はどの位降ったのか?
 北斗市に入ったら函館市よりも雪の量がかなり多い。
 まずは毛無山に行く時に使う駐車場に車を入れて、スノーシュ−を履いて出発する。
 雪は膝くらいまであった。
 新政府軍の本陣が有った場所まで行く。
 ここから旧幕府軍の塹壕がある山並みが見える。

 10月にNHKBSプレミアムで撮影した場所は、その時に雑草を刈ったので視界は良かった。
 ここで私が説明している所をカメラマンが取って、音声はICレコーダーで録音した。
 写真はかなりの枚数を撮った。
 連射機能が凄い。
 一度シャッターを押せば10枚は連写している。
 それをかなりの枚数を撮った。





 ここの撮影と解説を終えて、旧幕府軍側に行く。
 車は入口にも行けないので離れた駐車場に置いて、スノーシューを履いて行く。
 やがて入り口に着くが木柱は二股の字しか見えない。

 雪は多いと言う事もあるが、木柱が腐って短くなってしまったのだ。
 すっかり目立たなくなってしまった。
 予算が無くて新たなものは建てられないそうだが、150年の節目を迎える来年には何とかして欲しいものだ。
 でも北海道は来年は松浦武四郎が主となるので、箱館戦争はあまり取り上げられそうにない。
 鶉山道は結構な積雪がある。



 ようやく本陣跡に着いた。
 塹壕に行っている間に鎌鹿さんがコーヒーを入れてくれていた。
 暖かくて美味しい。
 撮影&取材も終わって下山する。
 何枚の写真を撮ったのだろうか?
 カシャカシャと言う連写音が、まるでここの戦いで3万5千発を打った状況の様だた。
 でも当時の銃は1発づつ詰めるのでそんなに早くは無い。
 記者の中川さんも1眼レフを持っていたが、特集の記事になると、やはり専属カメラマンになるんだ。
 帰り道は時々風が吹く場所が有ってホワイトアウト状況にもなった。
 昼食を蕎麦小屋で食べた。
 いつもは人気の店だが今日は空いていた。
 カレー南蛮を食べる。

 熱々で美味しい。
 北海道新聞の駐車場に着いたら、私の車に無断駐車の張り紙が有った。
 駐車する事を連絡していなかった様である。
12月18日(月)自遊旅に戻る
 北斗市のOさんから講演依頼が2件来た。
 @ 五稜郭の文化価値を考える会・・「下二股口台場、矢不来台場」・・1時間。
   講演場所;函館中央図書館
 A 函館学習サポートセンター・・「道南の古道」・・1時間
   講演場所;別途連絡
 他に町内会で2月のマスターズ例会で、NHKBSプレミアム出演の話しをして欲しいと来ている。
 映像のCDを見ながらとの事だが、我が家のBSを録画したはずが録画されていなかった。
 どうやらBSは録画出来ないのか?
 TVに内蔵の古いタイプだからなのかな?
 まあ録画してもCDに落とす事は出来ない。
 最近取材や、講演で慌ただしくなった。
 来年になれば箱館戦争150年の節目になる。
 まだまだ忙しくなりそうだが、頑張って対応したい。
 
 今日は年賀状の印刷をする。
 途中でインクが無くなり、購入して来た。

 インクを大量に購入出来れば良いのだが、それが出来ずに少しづつ購入するので直ぐに切れてしまう。その都度買いに行くので効率が悪い。
 メルカリを見たら、13本で1000円が出ていたので発注した。
 
 午後からは古図の製作で、今日は時間が無く1枚のみなった。
12月17日(日)孫のエレクトーン発表会
 今日は孫の江レクト−ンの発表会で、昨日から桔梗に来ている。
 今回は「JOC函館店コンサート」で、ヤマハの主催です。
 これは15歳以下の子供が、自分で作曲した音楽の発表会である。
 この発表会に孫の智樹と愛葵が出場する。
 昼に車に乗って家族全員で出発する。
 会場はいつもの金森ホールで行われる。
 13時30分の開園で、まずは愛葵(Jr総合-小1)が3番目に演奏する。
 曲目は「まじょがやってきた」だ。
 まだ長い曲は作曲出来ないので短いフレーズだが、上手に弾いていた。
 それから23番目が友瑛だ。
 友瑛はJr専門の3年で、作曲をするコースになる。
 今回で2度目の作曲だが、今回は私が以前から頼んでいた「自遊旅」のテーマ曲を作曲して演奏してくれる事になった。
 曲目はズバリ「自遊旅」だ。
 「自遊旅」に来る旅人の事を考えて作曲したそうだ。
 友瑛に作曲の意図を聞いた時
 曲の中で4つのパートに分かれていて、
 @ はやる気持ちを押さえて、静かな気持ちで旅人が旅に出る。
 A 旅人は町から町へと歌を口ずさみながら旅をして行く。
 B 台風がやって来て、旅が出来なくなりテントの中で雨を凌ぐ。
 C 嬉しさを満面に浮かべて目的地に到着する。
 と言う内容の曲だそうだ。
 旅人の雰囲気が良く分かっている。
 今日の演奏に備えて私が旅でしているバンダナを付けて演奏すると言うので、急遽早朝に「自遊旅」に戻って、濃い赤、ブルー、黒の3種類のバンダナを持って来た。
 本人は黒が良いと言う。
 私も大好きな色で、もう一枚あるがすっかり色あせて黒もグレーになっている。。
 そのバンダナの横に「自遊旅」のステッカーを張った。
 演奏もじっくり聞きたいが、この様な機会はもう無いので、写真を沢山撮った。
 









 友瑛と愛葵

 先生と
 タブレットに録音はしておいた。
 今まで「自遊旅」のテーマ曲を作曲してとは言っていたが、まさかステージで発表してくれるとは思わなかった。
 孫の暖かい心に感謝だ。

 終わって、帰宅するが、今日は旭川からパパが来ていて、誕生会をする事になっている。
 まずはケーキを皆で食べて回転寿司に行きお祝いした。

 友瑛の話しでは演奏は少ししくじった所もあったので、家で再度録音するからUSBを持ってきてと言われた。
 そのUSBからパソコンに落として、CDに書きこむ。
 それを自遊旅に来た旅人に聴かせるのだ。
12月16日(土)古地図作りの毎日
 今日も古地図作りなのでブログに載せる何の話題も無いまま、午後2時まで作り続けた。
 ほぼ80%は名前や屋敷面積、畑の面積、田んぼの面積、地番などを記入出来た。
 明日は孫のエレクトーンの発表会が金森ホールで有るので、今日は桔梗に移動する事にする。
 夜はジャパンのサッカーの試合も見たい。
 タブレットの小さな画面では球が良く見えないので、迫力に欠ける。
 桔梗はスポーツ第一なので必ずスポーツ番組がかかるのが嬉しい。
 それと今日はNHKBSでエベレストが入るのでこれも録画したい。
12月15日(金)今日も古地図作り
 パソコンに朝から一日中向かって作業するのは結構疲れる。
 昨日は夜10時には寝てしまった。
 朝は3時に目が覚めた。
 如何にも早いので珍しく本を読む事にした。
 「挿画に拾う北海道史」を読んだ。

 普段から古文書を読む機会が多いので挿画を見る機会は多い。
 読んでいる中に、興味深い写真が有った。
 古道を調べている時に出て来るのは、東本願寺の事である。
 明治2年に政府が北海道開拓を企てるや一族が函館に渡り、桔梗野開拓、鶉山道改修、留の湯〜砂原〜室蘭〜中山峠〜札幌の道の開削をするのだが、その時にやって来た東本願寺法嗣現如上人大谷光蛍が函館に着いた際の船の絵が載っていた。
 お召し船が入ると曳き船数百隻が迎え、陸には男女浜辺より山々の岸までびっしり。

 上人の御姿を拝し喜び無く姿が多く有ったと書かれている。
 上人はまだ19歳であった。
 しかし結果的に留の湯〜砂原〜室蘭〜中山峠〜札幌の道は僅かしか使われなかった。
 開拓使が道路の開削を田の頼んだのはアメリカの技師だった。
 車社会を見据えて、峠下〜蓴菜沼〜森〜室蘭〜苫小牧〜札幌で有った。
 鶉山道も明治18年に新しい道が作られた。
 莫大なお金を費やした結果としては余りにも惨めな結果に終わった。
 唯一桔梗野は今も発展続けている。
 6時には起きて、今日も一日中古地図作り。
 順調に進んでいる。
 今年中に文字を入れたいのだが・・・。
12月14日(木)古地図作り
 朝起きたら快晴の天気になっている。
 何処かに行こうかなと思ったが、やはり古医図の製作が気になる。
 今日もびっしりとパソコンに向かった。
 結局資料館で撮った写真の上からパソコンで上書きをして、部分部分で作る事にした。
 この方が古図と絵が一致するので良かった。
 最初にパソコンで作った古図は、全体図として使うだけになった。
 3日くらい掛けて作ったのに少し勿体なかった。
 地図内に入れる地図もパソコンで入れたので見やすくなった。



 一日掛って1/4位は出来た。
 今年中には作って新年を迎えたい。

 夕方に道新のN記者から電話が来て、下二股口台場の写真撮影は19日に行く事になった。
 今日の朝に再放送した、NHKBSプレミアムを見てくれたそうだ。
 なかなか良かったよと言っていた。
 今回の写真撮影も楽しみにしているそうだ。




12月13日(水)道新取材
 朝は20cm位雪が積もっていた。
 風も強く吹雪いていたが、山での経験があるのでそれほど寒いとは感じない。
 5時過ぎから雪かきを始める。
 風は冷たいが雪かきをしていれば汗がじっと出て来るくらいだ。
 1時間くらい掛ったろうか、終わって直ぐに自遊旅に戻る。
 こんどは自遊旅の雪かきだ。
 終わって古地図を書き始める。

 10時半に道新の記者の中川さんがやって来た。
 来年早々に箱館戦争の特集を組むそうだ。
 中身の濃い話しを1時間半した。
 来週はカメラマンを連れて現地に行きたいそうだ。
 彼も一眼レフを持っているが専用のカメラマンを連れて行くというのはかなり気合いが入っているのかな?

 帰った後も古地図のパソコン製作をした。
 地図の部分は完成した。

 後は文字を入れるだけだ。
 今までは画像をレイヤーで繋ぎ合わせる事を考えたが、パソコンの能力不足でフリーズしてしまう。
 上の画像はA3判に書いたが拡大は幾らでも可能だ。
 変更したい時も簡単に出来るので今後のためには良かった。
 3日で済んだので最初からパソコンでやれば良かったかな?
12月12日(火)桔梗で雪かき
 大野村の古地図を手書きで書いたが、やはり今後の変更を考えるとパソコンで作った方が良いとの結論に達し、作業を始める。
 午前中一杯やったが、大雪警報が出たので、桔梗に電話する。
 「応援に行くがどうか?」
 「・・・・・・・・・・」
 無言が続く。
 しばらくして来て欲しいでは無く「来ても良いよ」との返事。
 来たいなら来なさいと言う事か??
 孫の学校の帰り時間に合わせて行き、学校の前で待つ。
 友瑛がやって来たが、愛葵はなかなか来ない。
 友瑛が下駄箱を見に行ったら、もう無いと言う。
 誰かの車に乗せて行って貰ったんだとの事。
 そこに電話が来てもう家に着いたと言う。
 
 夕方雪かきをして、明日の朝はまた雪かきだろう。
12月11日(月)室内パークゴルフ
 今日は室内パークゴルフに行くと言うので、仲間8人と峠下のパークゴルフ場に行く。
 一人が時間に来ないので電話したら今起きたと言う。
 しばらく待って出発したら、ゴルフクラブを忘れたと言う。
 また戻って取りに行く。
 年寄の集まりになれば、こんなのはごく普通だ。
 午前中1ラウンドを行って、昼はラッキーピエロ総本店に行く。
 私は何時ものチャイニーズチキンバーガーだ。

 同席の女性はチャイニーズチキン焼きそばを注文して、半分しか食べられなかったのでお持ち帰りになった。
 年寄にはこのボリュームは大変なのだ。
 午後から1ラウンドをしたが、他のグループの男性2人は疲れて、もう出来ないと半分で終わってしまった。
 余った女子2人を加え、4人と2人を半分に分け2グループを作って最後までプレイする。
 今は1日に何ラウンド回っても良いのだが、何れ歳をとるとこうなるのだろうな。
 プレイ中に北海道新聞のN記者から取材の申し込みがった。
 来年の元旦の特集に、箱館戦争を取りあげるそうだ。
 下二股口台場を以前取材したU記者から、私の事を聞いたそうだ。
 13日に自遊旅で取材を受ける。
 箱館戦争150年の節目にあたり、色々と忙しくなりそうだ。
 
 家に帰ってもう一泊する事にした。
 明日は猛吹雪だと言うので除雪も必要だろう。
 夕食にはカツを沢山食べてお腹一杯になった。
12月10日(日)孫と雪遊び
 今日は娘たちが、函館海峡フェリーで行われるイベントに行く事になっている。
 しかし友瑛はじいちゃんと遊ぶとなり、四季の杜公園にって雪遊びをする事になった。
 大きいそりとスコップを持って行く。
 冬の公園は初めてだったが、公園にはかなりの人が来ていた。
 そり滑りの出来る大きな山があるのだ。
 早速友瑛はそりで滑り出す。





 結構なスピードも出て途中にはジャンプもあって子供には格好の遊び場だ。
 12〜3本滑って今度は雪だるま作りをするという。
 雪は少し湿り気味なので、小さな雪玉を転がすとだるまがどんどん大きくなる。
 頭部分は重いので二人で乗せた。
 友瑛もどんどん力が付いて来ている。
 あちこちで雪だるまを作っているが一番大きな雪だるまが出来た。




 さらにかまくらを作ろうとしたが、力尽きて大きいのは出来なかった。

 家族にはまくらか?と言われた。

 遊び過ぎて昼食は午後2時過ぎになった。
 びっくりドンキーで、友瑛は200gオリジナルハンバーグ、それにポテトフライを注文した。
 それを完食した。
 小学校3年にもなると、食欲も随分と増して来た。
 私はチーズハンバーガー200gでお腹一杯。

 家に帰って夕食は煮込み鍋だったがお腹が一杯だ。
12月9日(土)奥台場山ルート367m峰
 昨日急に何処かの山に連れて行って欲しいとの連絡が有った。
 昼食を何処かで食べると言う事なので、歩く時間はそれ程無い。
 どこしようかと考えながら車を走らせる。
 今日は朝の気温がマイナス8度で日中はマイナス2度の予報だった。
 結局足は川汲方面に向かった。
 昼食のとれる場所があるのも好都合だった。
 決めたのは先日奥台場山は時間が無くて途中で引き返したが、今回は別なルートからの道が無いかを探る事にした。
 先日のルートは最初の急斜面に相当の時間が掛るので、みんなきついと言うし、往復だと7〜8時間掛ってしまう。
 そこで今回は新ルート調査のため、安浦精進川の林道を歩き、途中から367mの奥台場ルートのコースに抜けられないかを調査する事にした。
 ここから行ければ、林道は車で行けるので、時間短縮が出来る事になる。
 今回は林道は雪で車は入れないので、バイパスに駐車して歩いて行く。

 バイパスから林道を歩き、安浦精進川沿いの板木林道を歩き。途中から山側に入る。
 林道は途中まである事になっている。
 林道から367mピークに行けるかどうかが今回の鍵だ
 林道を歩くが、前日降った雪が木々の枝に真っ白く着いて綺麗だ。。

 安浦精進川の流れも雪景色だ。

 途中痛義林道の看板が出て来る。
 この時期は鹿猟をやっているので要注意の看板もある。

 板木林道から分かれ山側に入る。
 50mも行くと砂防ダムが現れる。

 ここを左手に行く林道がある。
 最近は使っていない様なので、雑草が生えている。

 高度も徐々に上がって来て、向かいの山も見えて来た。
 板木林道をそのまま進むとこの山にも行く事が出来る。

 林道が続いていた。

 ここで地形図に書かれた林道から分かれて367m峰の方に向かう。

 植林された木の間を通って行けそうだ。
 向かいには奥台場ルートの尾根が見える。

 尾根が近づいて来た。

 尾根に出る手前に立派なブナの木があった。
 今まで見た事のない様な大きさだ。
 太さも充分あるが、枝が天高く伸びていてカメラに入り切れない。

 枝がまだ上まである。

 尾根道を367m峰を目指して行くが、あちこちにブナの木がある。

 367m峰が見えて来た。

 367m峰に着いた。
 林道入り口から2時間40分だった。

 内浦湾が見える。
 他に古部丸山も見えた。

 奥台場山にはもう一つのピークを越えて行く。
 下の写真の陰に奥台場山がある。

 同じ道を下山した。
 下りは1時間40分だった。
 時間的には昼食はかなり遅れてしまった。
 補助食料で繋いだので空腹感はなかった。
 行ったのは、臼尻の喫茶「珈夢」だ。
 ここの御主人は役場に勤めていたが退職後、喫茶店を始めた。
 オーディオが趣味で、全道的にも素晴らしい装置だと報道が有った。
 今回は2階のスペースに上がる。
 兎に角落ち着いた雰囲気といつまで居ても良いよと云った感覚なのでのんびり出来る。

 早速リクエストする。
 グラシェラ・スサーナのアドロをリクエスト。
 それまで店内に流れていた曲をやめてアドロを掛ける。
 ボリュームを一気に上げたので店全体に良い迫力のある音が流れた。
 良い感じである。

 食事はサンドイッチ。
 コーヒーも豆から挽いて入れてくれる。
 全てにこだわりがある店なのだ。

 サンドイッチには国宝中空土偶の焼き印がある。

 のんびりしすぎて、外に出たら真っ暗だった。
 今回も美味しい食事を御馳走になった。
 有難う!
12月8日(金)函館新聞の取材を受ける
 今日も朝早く桔梗で目が覚め、雪かきを行う。
 外は風が強くて冷たい。
 雪は余り積もっていないので、一気にやったので早く終わった。
 コーヒーを飲みながら新聞を読む。
 読み終わって6時半になり、自遊旅に戻ろうとしていたら、孫の瑞葵が起きて来て、「じいちゃんこのメニューで作れば簡単だからやって見て」と言って紙きれを渡した。
 そこにはレンジで作るチャーハンのメニューが書いてあった。

 これはやって見なくては、それにしても一人暮らしに気を使ってくれる。

 帰って古地図の作製をする。
 昨日資料館で大野村町史を読んで、必要な個所を書いて来たので、判明しなかった名前の内、かなりの人物の名前が分かった。
 それを古地図に写していく。

 10時に函館新聞の今井記者が来て取材を受ける。
 来年の元旦の新聞に見開きで掲載する記事として、私の土方歳三の道に関する事を載せるそうだ。
 土方の道を実際に歩いた記録や今回出版した「土方歳三の歩いた道」も掲載してくれるそうだ。
 来年は箱館戦争から150年の節目になるので、土方歳三を載せる事にしたが、彼の事を書いた本は多数出回っていて、新鮮味が無いので少し変わった取り組みをしている私の事を載せる様だ。
 本の宣伝もして貰えそうだ。

 他に今書いている大野村の古地図も興味があるそうで、この地図がある程度出来て、後は町内の方からの聞き取りを行いたいが、その様子も取材したいそうだ。
 2時間取材を受けた。

 午後から自然倶楽部代表の鎌鹿さんに本を持って行く。
 1冊買っていただいた。
 有難い。
12月7日(木)ぶんぽ例会
 今日はぶんぽ研の例会の日だ。
 朝に妻が病院に行きたいと言う。
 昨日から話して、くるぶしの水が溜まったのは、薬をつけているが直らない。
 薬を見せて貰ったら痛み止めの薬だった。
 痛みを薬で抑えながら、自然に直そうと言う事らしい。
 水を抜くのは簡単なので、病院に行って抜いて貰う方が良いとなった。
 病院に送って行ってからぶんぽ研の例会に行く。
 私が持って行った大野村の古地図を説明する事になった。
 今日はその積りで無く、依頼の有ったKさんに見せるためだった。
 でも皆が感心あるようなので説明する。
 地図の回りに沢山集まり、ああだこうだと楽しそうだ。
 今日は「鶉山道と箱館戦争」の小冊子の説明をしてくれと言われていたのに、その話しは何処かえ飛んで行ってしまった。
 まあ良いか。
 
 午後から古地図に解説を加えるたに資料館に行って大野村史を2時間くらい読んだ。
 関連する情報は結構あった。
 これらを加えて解説をしていく。
 春までには小冊子にしたい。
 会員の方からA3で出来無いかとの要望が有った。
 確かに小さい文字が多いので、良いかもしれないがA3のプリンターは持っていない。
 すると家に有るので使っても良いとなったが、どうするかな??

 夜、NHKBSプレミアムで私の出演した放送を見る。
 土方歳三と近藤勇について歴史家2人と脳学者1人が対談する構成だった。
 それ以外には、日野市の土方記念館の土方愛さん、作家の菊池明さん、お寺のお坊さん、そして私が写った。
 出番としては一番長かったので嬉しかった。















12月6日(水)健康サロン
 帯状疱疹で左足が痛かった妻もようやく健康サロンに車でになった。
 他の要因でくるぶしに水が溜まっていて、それが靴に当たりまだ痛いそうだ。
 健康サロンに行ったら、いきなり会員が一人亡くなったので挨拶をしてとなった。
 詳しい事は知らないので、ここは全員で30秒間の黙とうを捧げた。
 最近、知っている方が亡くなる事が多くなった。
 歳より向きなので軽い体操になる。
 終わって、昼食は三食丼でお腹いっぱい食べた。
 今日は桔梗に帰るので妻と一緒に車で向かう。
 今日はラッキーピエロのオムライスが30%OFFなので、人見町店に行ったが、ここはやっていなかった。
 昭和店に行ってゲット。
 今週は私と娘がラッキーピエロのオムライスで、来週はハンバーグとカツが安いので、顎達と妻の番になる。
 午後からお歳暮を注文しに上磯イオンに行く。
 ここに行くのは久しぶりだ。
 注文を終えて帰宅する途中孫の友瑛が、3人で歩いて来るのが見えた。
 歩道で滑ったり転んだりしながらわいわいの帰り道だ。
 しばらくして帰って来たが、私の車を見つけたらしい。
 手を振ったそうだが、気が付かなかった。
 乗せて欲しかったそうだ。
12月5日(火)あれ〜雪が無い
 今日の天気予報は朝には積雪30cmになる筈だった。
 桔梗は女性だけなので、ここは頑張って雪かきをしなくてはと昨日は泊まった。
 朝に起きて5時に外を見たら、あれ〜雪が5cm位しか降っていない。
 それも少し湿った雪だ。
 まあ一応やるかとなり、始めたら隣のお姉さんも出てきて雪かきを始めた。
 70%位をやった所で孫の瑞葵が出てきて、雪かきを始めた。
 今までは一度も出て来た事はないのに、手なれた様子でやりだした。
 中学校になって少しは変わったのかな?
 でもこんな朝早く良く起きれたものだ。
 終わったところで桔梗を出る。
 他の皆はまだ寝ているのか誰も出てこない。
 道路は雪も湿っているので、早朝に係わらずそれほど滑らず走れた。
 車の通りも少ないので、あっという間に自遊旅に着いた。
 今日は暫らくやっていなかった古地図を冊子に纏める仕事をする。

 郵便局が開く時間になったのでレターライトを買いに行く。
 東京と福岡に「土方歳三の歩いた道」を送らなくてはならない。
 
 午後になってゆうパックが届いた。
 大阪のバイクライダー由佳ちゃんからだった。




 
 ブログを打ちながら寝てしまった所を写真に撮られた。

 昨年、今年と自遊旅に泊まっているし、青森ねぶたにも行っている。


 オンタさんのガイド

 フリーもあった
 8月には六郷に行って、六郷の皆と一緒に大曲の花火を見た。
 バイクで走りながら野宿をして、100名山踏破を目指している。
 たまたま秋田駒に行く事になって、オンタさんと3人で登ったのも楽しい思い出だ。

 夕方までに34ページの冊子になった。
 これに解説を加えて50ページには収まりそうだ。
12月2日(土)地図の纏め
 朝パソコンに向かって作業していたら、外を除雪車が走る。
 そんなに積もったのかと外に出て見たら10cm位だった。

 地図はほぼ完成になったが、どの様に纏めるかという作業に入る。
 まずは全体図を写真に収めたい。
 ライティングをしないと駄目だろうと、先日作ったコピーする蛍光灯を設置して撮影する。
 照明装置は先日作ったのを流用した。

 地図の上に蛍光灯を置き撮影した。
 しかし何枚もに分けて撮って、パワーポイント上で重ね合わせをして、それを画像ソフトに入れて1枚にしようとしたがやはり私のパワー不足のPCはフリーズしてしまう。
 仕方が無いので全体を1枚の写真で撮って、部分部分を拡大して行こうとなった。
 一応サンプルはA4版で作った。
 まずは表紙を作る。

 次に全体図を載せるが画像の質は落としているので、書いた文字は読めない。
 そこで部分を拡大する方式にした。
 例として下の赤の囲いをAとする。
 これで全体図のどの位置か分かる。

 上図のA部分を拡大してA-1として表示する。

 このA-1部分を更に拡大して、元絵の拡大図と複写した拡大図を載せる。
 これで詳細が分かる。
 後は現在の市街地のレイアウトを載せれば良いかな。

 最後に解説を加える。

 この様な具合で全体を作って行けば良いかと思う。
12月1日(金)今日も地図の作成
 もう早いもので12月に入った。
 今年も後、1ヶ月で終わりとなるが、いつものように早い一年だった。
 今日は外が荒れている様だが、ひたすら地図を作成しているので、天候には左右されない。
 文字の判読できるものは全て記入して出来上がった。
 後は、人の手も借りて時間を掛けて文字を判読するしかない。
 今回2種類の地図を書いて見て気が付いたのは、安政年間の地図はかなりしっかりと書かれている。
 地番にしても統一性が有って、地図としてはかなり正確だ。
 それに対して明治2年の地図はかなり大雑把にあ書かれている。
 地番の色も赤だったり黒だったりと統一性が無い。
 出来上がった地図をレイヤーで張り合わせようとして、写真撮影をしてパソコンで作業したが、画像を大きくしたのでパソコンがフリーズしてしまった。
 どうやらこの古いパソコンでは無理だ。
 どうしたら良いのか思案中だ。
 大野の歴史の付いて少し調べてみた。
 面白い事が分かる。
 @ 地図のあちこちの土地に名前の出て来る「小八」と言う人は大野随一の金満家だった。
   名前は新井小八と言う。兎に角至る所に土地を持っていた。
   ちなみにぶんぽ研の木下会長の家の土地も当時の小八の土地だった。
 A 箱館戦争で仙台額兵隊の兵隊が外出を許可されて行った家が、西川初蔵家でこの家の場所も判明した。
 B 『弘化四年日記』に書かれている、箱館奉行所村垣が宿泊した大野本陣は、本町交差点の品川屋文衛門で、現在のタムラ薬局の道路を挟んだ向かいだった。
 C 安政四年に大野に来た、越後長岡藩士は大野宿場マチ風景を「人馬絡えきとして内地五街道のごとし」と評価しているが、大野の市街地には道路の一方に水が流れ、馬がいつどこでも自由に水が飲めるように作られていた。
 大野市街地には湧水の出る個所が数か所あり、そこから水路を引いていた。
 D 上町の本郷境には門があり、ここが宿場町大野の客の送迎所であった。
 E ハンノ木があちこちに植えられている。
   大野は市街地は湿地帯が多く、谷地が各所に有る。ハンノ木は湿地や沼に自生するもので、過湿地において森林を形成する数少ない樹木なのだ。
 まだまだ調べて行くと面白い事が有りそうだ。

   








 NHKBSプレミアムの放送日程が決まった。
 12月7日、午後8時から9時までで、私も出演する予定。
 撮影は1日中行われたが、出番はどの位あるのか楽しみだ。




 HP TOP