4月26日(木)知内 尖山登山
 前から約束していた知内にある尖山に行く事になった。
 天気も良いし言い登山日和になるだろう。

 車を登山口近くの家の空き地に駐車させて貰う。
 尖山は登った事が無い。
 2018年に登った人のGPSログがあったが、道を間違っていたので、余り当てにはならなかった。
 まずは神社を目指してコンクリートの狭い花壇を登る。

 小谷石地区の神社から道が無いではないか?
 かすかにある踏み跡らしきものは獣道程度で、急斜面の腹に付いているので、危険極まりない。
 それに昨日の雨で、ぬるぬる状態なのが更に拍車を掛けて滑る。
 苦労しながらジグを何度も切って高度を上げて行く。

 尾根を行こうとしても片側は大きく落ちている。
 それでも所々にピンクテープがあるので、その辺りを行けばいいのだと分かる。

 ようやく127mのピークに出た。
 ここからは尾根歩きなので歩きやすいが結構な斜度がある。
 1時間少しでマイクロウェーブに行く車道に出る。
 コースはここを横断して再び急斜面にかかる。
 1度ピークを登りきって、少し下り、再び急な斜面を登れば頂上に着いた。

 展望は良いが風が強かったので、それ程居ないで100mばかり降りた風の当たらない所で昼食にする。
 昼食後は再びマイクロウェーブに至る道まで降りる。

 ここからどうしようか?
 神社裏の急な斜面を下るのはかなり危険である。
 そこで考えたのは二通り。
 1つはマイクロウエーブに行く道を下って海岸の国道に出て歩く。
 これは距離にして8km位になるので、少し時間がかかり過ぎだ。
 もう一つは明治の古道を下って行く。
 箱館戦争で土方隊が知内に宿陣した時、松前藩が福島から舟で矢越岬に着き、当時この道しか無かった山越えの道を進んで、土方隊の陣を急襲し、土方隊は食料も全て焼かれてしまったと言う歴史がある。
 今でも残っている筈だが、海岸の川の出口に大きな砂防ダムがあったので、これを越える事が出来るのか? そこが分からなかった。
 マイクロウェーブに行く道の両側はガードレールがあり、道らしき形跡は無い。
 竜神沼に至る古道があったので、この古道の出口と繋がる筈だと、ガードレールの外を見ると。
 意外な所に境界柱がある。
 そしてその近くにコーラの1リットル瓶や焼酎の瓶がある。
 傍に行って見たら年代の古いものだ。
 しかし道の跡は見えない。
 少し下って見る事にする。
 そうすると道が出て来た。

 深く掘れて相当の人や馬が歩いた道だと分かる。 
 長年の古道歩きの感がぴたりと当たった。
 この古道をどんどんと下って行く。



 なかなか良い感じの古道を楽しめる。
 と思っていたら、両側が大きく落ちた場所に来る。
 30cm位しか無く、右手は下の深い沢まで一気に落ちている。
 山肌が大きく崩れてしまったのだ。

 とても危険で行く事は出来ない。
 少し戻って反対側の沢に下りてそこから再び登る事にする。
 登って崩れた道の先に着いた。
 ここから再び古道を下る。



 最後に遂に砂防ダムが出て来た、かなり大きいダムである。
 ダムの左手を行く。
 ここも斜めの道で、斜度も急で落ちたら川まで行きそうだ。
 慎重に歩き平坦地に出た。
 ここは民家の裏にあたり、ここには落石防止のフェンスがあった。
 そこを使って民家の横を通って海岸の国道に出た。
 何とか無事に降りられた。
 海岸にある喫茶店に寄る。



 コーヒーとプリンケーキセットを食べる。

 この田舎に相応しくないと言っては失礼だが、出て来たケーキは洒落たもので美味しかった。
 ランチもあるそうだが、事前予約が必要だ。
 パンフレットには美味しそうな写真があった。
 喫茶店から出て来たら、おばちゃんに声を掛けられた。
 何処に行って来たのと聞くので「尖山」と言って暫らくなす。
 神社裏の道が危険で大変だったと言ったら、2年前に道が崩壊してしまって、道は殆ど消えてしまったそうだ。
 以前は登りやすい道が付いていたのだが、それが無くなってしまったと言っていた。
 それで道が無く、腹の急な斜面を歩く事になったわけだ。
 それでも満足して帰宅した。
 私は古道を一つ探して嬉しかった。
 今度は北側の竜神沼の近くを通る古道を歩いて全古道制覇をしたい。
4月25日(水)「ブギウギ専務」TV撮影
 依頼されていた「ブギウギ専務」の撮影日。
 生憎の雨でどうなる事やら?
 「ブギウギ専務」はSTVテレビ深夜方法のドキュメンタリーバラエティである。
 専務役に北海道のロック歌手上杉周大(THE TON-UP MOTORS)と係長に吉本のお笑い芸人大地洋輔(ダイノジ)の二人が出演している。
 過去には「ブギウギ奥の細道」などを放映している。
 2018年度は北海道命名150年という記念すべき年に北海道はどの様な歴史を辿ってきたかを掘り下げる企画で、その中に土方歳三が入ったようだ。
 
 二股口台場のシーンだが、ご両人には私が来る事は知らされていない。
 ADからオープニングシーンの説明を受ける。
 それは二人が台場に行く準備をしているが、どうもこの台場は大変らしいと言う事になり、そこに私が遠くから歩いて来て・・スペシャルゲスト登場と言い、二人と会う事になる。
 歩いて行くがかなりの距離を歩いて行ったら、二人がこちらを見ながら「堂々としているな」とかの声が聞こえる。
 近づいて「やあこんにちは」と挨拶をして握手を交わす。
 ここで3人が並んでトークする場面だ。
 二人は土方のコスプレを着ている。
 話しはハイテンションで流石に芸人だと思わせる。
 私もハイテンションになった。
 長革靴の格好じゃ行けないと言う事になり、どうするとなるが、それはスタッフが用意している。
 着替えて熊鈴やホィッスルが二人に手渡される。
 私が大声を出す方法もあるよと言ったらそこは芸人。
 早速大きな声で「ウォー」と叫んで大喜び。
 私にもやれと言うので、小声で「ォォー」と言ったら、「低いよ」と言う。
 いや「恥ずかしいので・・」
 もう一回やる大杉が「オオー」、大地が「オオ―」私も大きな声で「オオー」で叫び皆で大喜び。
 それからはギャグの連発で私もかなりのギャグを言ったら、大地さんが俺はプロだから厳しい目で見るよと言われた。
 スタートする。
 いきなりの鶉山道の登り坂を歩くが、どうもきつそうだ。
 特に大地さんは体重相当あるから大変だ。
 弾薬庫を案内して本陣に行く。
 ここでもガイドして、それから稲妻形塹壕に案内し、さて高所の塹壕はどうするか?
 今までNHKしか上がった事が無い。他局も来たが上がっていないと言ったら、燃えて来た様だ。
 ディレクターは勿論良い映像を取りたいだろうから、行きたいだろう。
 二人が行こう!と決断し出発。
 体力には自信があると言っていた。
 番組で長距離を歩いているので大丈夫だ。
 山道を少し下って沢を登る。
 「まじ!!!・・ここ登るの???」
 早くも尻込みしたが、行くと言った以上行かない訳には行かない。
 私は普段から藪漕ぎ専門の様なものだから全く大丈夫だが、初めてに人はやはり驚くだろう。
 何とか登りきって今度は笹の斜面がある。
 ここは私は先に登ってザイルを張った。
 さらに高所の塹壕を目指すが、きつそうだ。
 ようやく着いた。

 時期的には丁度良く、新政府軍の陣地も良く見えたし、周囲も良く見えた。
 NHKの時は10月だったのでまだ紅葉の時期で葉が多くて良く見えなかった。
 皆さん満足していたのは嬉しかった。



 大地さんのトレードマークの黄色いパンツはすっかり泥で汚れていた。
4月24日(火)あれこれ
 今日は雨の予報なので、何処にも行かず家の中で仕事をする事にした。
 まずは洗濯から始まって、頼まれた資料を2件作成したらもう昼になった。
 午後からは明日のSTVテレビ「ブギウギ専務」撮影の準備をしたが、天気予報は雨になった。
 今のところ中止の話しは来ないが、笹藪の中を入ればずぶ濡れだ。
 私的にはどおって事は無いが、慣れない人にとっては大変だろう。
 昨年のNHKプレミアムも雨の中の撮影だった。
 二股口の戦いの初戦は雨の中だった。
 NHKは雨の状況で撮れて喜んでいたが、STVはどうだろう。

 夕方には大根で料理を作る。
 貰った大根がなかなか減らないのだ。
 作ったのは「大根とバラ肉の炒め煮」を作った。





4月23日(月)パークゴルフ自由練習日
 町内会のマスターズクラブのパークゴルフ部門が正式にスタートした。
 今日は自由練習なのだが、午前中の1ラウンドはスコアカード提出になった。
 最初から快調に進んで、104でホールアウトした。
 昨年総合優勝者のLさんは108だったのでトップを取れた。
 幸先よいスタートだ。
 妻も今日から参加したが、スコアはそれ程良くないというか昨年並らしい。
 楽しむだけだから良いだろう。
 
 昼食後、1ラウンド半を回って終了した。
 今日は自遊旅に戻る。
 
 明後日はSTVテレビの「ブギウギ専務」の撮影があるので、明日は台場での説明個所や内容を決めなくてはならない。毛利さんしか知らない所が良いと言う事だった。
4月22日(日)桔梗に移動
 昨日今年最初の旅人が来た。
 と言っても知っている方で北海道新聞社の記者で、札幌からもう一人の男性と来た。
 女性も来ているのだが、彼女はホテルに泊まるそうだ。
 昨夜は相当遅く飲んでいたようで、朝もゆっくり寝ていた。
 一人はバイクで来て、戸井に行者ニンニクを採りに行ったそうだ。
 バイクに行者ニンニクを満載していた。
 先日ドキュメンタリー作家の保坂さんが来た事を言ったら、道新の講演で良く北海道には来るそうだ。
 自遊旅に来た事で驚いていた。
 カワサキの650cc





 行者ニンニク満載

 月曜日はパークゴルフなので、桔梗に移動する。
 家に着いたら誰も居ない。
 テレビを見ていたが、どうも退屈なので、あかまつ公園パークゴルフ場で練習する。
 帰って来たら、友瑛が居た。
 皆なで買い物に出かけたそうだ。
 私の分のカセットガスやサラダ油も買って来てくれていた。
 今日はカセットガスが3本入りで200円を切ったのだ。
 最近は滅多に無い事だ。
 
 それを聞いて夕方に孫の愛葵を連れてカセットガスを更に4パック買ってきた。
 夕方には愛葵と妻も一緒に行って100円の特売玉子を私の分としては2パック買って来た。
 小学校の孫も立派な一人にカウントされる。

 夕方には恒例の人生ゲーム。
 今日も後ろから2番目でこのゲームはなかなか勝てない。

 夕食後再び人生ゲーム。
 途中で電話が来る。
 「空いていますか」と女性の声でいきなり来るので「何がですか?」と聞いたら、インターネットを見たら載っていたので泊まりたいと言う。
 自転車かバイクですか?と聞いたら車だと言う。
 「幾らですか」聞かれたので「無料ですよ」と言ったら、何が何だか分からなくなったようだ。
 男性が出てきて「何で無料なんですか」と聞いてくる。
 さらに「布団は有るのか?」とか。
 勿論ありますよと答えたが、どうも怪訝そうで、後で又電話しますと言って切ったが、電話は無かった。
 普通の観光旅行者なんだろう。
 ゲームも終わって、疲れたので直ぐ布団に入った。
4月21日(土)函館山スタンプラリー
 孫に頼まれた函館山スタンプラリーの日だ。
 今日は山仲間のHさんの家に寄って行く予定になっている。
 「土方歳三蝦夷の道」の本を買って頂けると言うので寄って行く。
 本と気無山の山ガイドを置いて来た。
 孫からはまだ爺ちゃん来ないとの催促の電話が来る。
 もう向かっているよの返事に安心したか。
 家に着いたら準備万端となっていた。
 直ぐに出発する。
 車内での話題は「クロッキー」と聞こえたので何かと思ったら、黒字に黄色の文字で書かれた軽自動車のナンバープレートだった。
 行く途中で3台位見つけて大喜び。

 駐車場に着いたら満車だった。
 仕方が無いので駐車場の中で空くのを待っていたら、係の人が駐車エリアの端の方のスペースに止めて良いとなった。
 
 受付でスタンプラリー用紙とパンフレットを貰う。
 1番目のクイズは簡単でウルシだった。
 花も随分咲いて来た。

 次の2番目を目指す。
 天候も良く暖かいので歩く少し汗ばんでくる。
 早くも友瑛は疲れたのか?
 愛葵は元気一杯だ。

 お地蔵さんには二人で全てお参りした。
 ゴールできるようにとクイズが間違わないようにだ。


 子供達は手拭いを頭からかぶり、その上に帽子をかぶった。

 なかなか似あう。
 向かいから来る人も笑っていた。

 2番目は鳥の名前を当てるクイズだが、これは難しい。
 所が建物の中で野鳥や山花の写真展をやっていて、その中に同じ写真があるのだ。
 これも分かって次に行く。
 降りて来る人も老いので「こんにちは」の挨拶を次々しなくてはならず大変だ。
 「爺ちゃん、今ならお早うとこんにちはのどちらが良いの?」と聞くので今なら「こんにちは」だろうと言ったら納得していた。
 5合目の第3スタンプラリー場所。
 函館山でやってはいけない事
  @ 写真を採る
  A 思い出を残す
  B 山の花を採る
  答えはBなのだが、友瑛は「僕は思い出を心に残すためスタンプラリーに参加したんだ」と洒落た事を言う。

 第4ラリーポイントの問題は春を知らせてくれるイスとは?
 イスの付くもので友瑛はザイスで愛葵はアイス・・・正解はウグイス
 勿論二人は分かっていました。
 写真はお遊びです。

 景色も良くなって函舘市街地が見えます。

 暑くなって堪らなくなったのか、カラスの行水でした。
 本当にバシャバシャやっていた。

 ゴールに着いて絵合わせ。

 愛葵もやりました。

 賞品は愛葵が縄跳びを貰って、友瑛はルービックキューブ。
 友瑛と愛葵のゴールの賞品は籤を引いて、友瑛と愛葵はBで手拭いとボーニモリアのパッケージに入った物。

 愛葵はお菓子だよと言う。
 爺ちゃんはAでゲームと手拭い。
 友瑛がゲームが欲しい。
 爺ちゃんが友瑛の賞品と交換する。
 友瑛は大喜びの笑顔だ。

 昼の弁当は稲荷が16個。
 孫達は5個づつ、爺ちゃんは6個だそうだ。

 腹が減っていたので全て完食して、足りない分はお菓子で間に合わせる。
 愛葵は貰った縄跳びで遊んでいた。

 
 充分休憩したので帰る事にする。
 小学校2年生の愛葵は元気だ。
 小学校4年の友瑛が遅れる。

 愛葵が「お兄ちゃんを待って上げる」と優しい。
 待って友瑛が着いてから再スタート。
 愛葵は溌剌として歩くが、友瑛は首をうなだれている。

 疲れたと座り込む友瑛に愛葵が寄ってハートマーク。

 友瑛がゴールに近い東屋で休憩すると言う。
 愛葵は全然大丈夫と言った顔。

 ようやくゴーつに着いた。
 ここで記念写真。
 少しは元気が出て来た。

 弱弱そうな愛葵が元気一杯で、普段煩い位の元気がある友瑛が疲れた、スタンプラリーであった。
4月20日(金)パークゴルフ練習
 ドキュメンタリ―ジャパンの奥村ディレクターから連絡があり、昨年放映された「土方歳三 盟友 近藤勇の生死を握る決断」が5月3日午後8時と5月10日午前8時の2回、NHKプレミアムで再放送されるされる事が決まったそうだ。
 好評で良かった。
 やはり自分が出たテレビの事は気になるものだ。

 STVテレビ「ブギウギ専務」の撮影が25日に二股口台場で行われる事になった。
 ドキュメンタリーバラエティに出るのは初めてだ。
 出演者は上杉周太で本業はバンドマンでTHE TON-UP MOTORSのボーカルだが、ブギウギ専務の番組スタッフが、彼の撮影現場を見て「面白い奴だな」となり、現在番組の看板になっている。
 大地大輔はよしもとのダイノジのメンバーだ。
 お笑い芸人だが、エアーギター世界一になったのは有名だ。
 どんな撮影になるのか楽しみだ。
 土方歳三の服装で撮影するそうだ。


 先日テレビを見ていたら、札幌を案内しているガイドが随分私に似ていた。
 自分でもあれ〜俺が出ている?と思えるくらいだ。
 着ているウィンドブレーカーの色も髪の白髪の感じやメガネを掛けている風貌が似ていた。





 パークゴルフの練習は金曜日に集まっているメンバーとの練習だ。
 色々なグループが集まって練習しているのだ。
 今日は3ラウンドを回ったが、後半はかなり疲れた。
 昨日の山歩きの疲れが残っているのかな?
 スコア的にはまあまあで良かった。
 今日は新しいパターのやり方を練習したが良い感じだ。
 鈴木愛先週のパターレッスンを参考にしたら、かなり安定したパターが出来るようになった。
 長い距離のパターがかなり決まる様になった。
 終わってくつろいでいたら、孫から「おじいちゃん、明日の函館山のスタンプラリーに連れて行って」だった。
 直ぐにOKして明日は函館山に登る事になった。
4月19日(木)313m無名峰から縦走
 今日は山の案内を兼ねて明治時代からの、亀尾地区から戸井地区に抜ける古道の一部を歩く事にする。皆を乗せて直ぐに、今日は軽い登山にしてと言われる。
 その点、今日は1時間の登山計画で良かった。
 それが後にとんでも無い事になる。
c
 所定の場所に車間を止めて登る準備をしていたら、立ち入り禁止の看板の後ろから車がやってきた。どうやら山菜採りらしい。
 立ち入り禁止のガードをよけて出て来た。
 中に車が数台居ると言う。
 我々も準備を終えて歩きだす。
 200mも行ったら右手の崖に、行者人ニンニクが生えている。
 こんな急な所にあっても、採りには取りには行かないな。
 と思っていたら人の気配がする。
 急斜面の木に掴まって行者ニンニクを採っている。
 凄いな!!
 林道を更に歩いて行く。
 ピークに差しかかった所から右手に入る。
 ここが明治からの山道になる。




 道は有るが一部は消えてしまっている部分もある。
 以前来た時は冬だったのではっきりしなかった道も今ははっきりと分かる。
 ひたすら313mを目指して登る。
 山花も随分と咲いて来た。








 もう少しで頂上と言う時に、行者ニンニクが有るよの声。
 沢山の行者ニンニクが生えていた。

 形も良い。
 ストップがかかる。
 山岳会の様な団体では無いから、いつでも自由だ。
 採り始める。
 1時間くらい採ったであろうか、沢山採れた。
 私は少し早く切り上げて、頂上に行ったら、風が凄く強い。
 昼食の予定は頂上からの景色を眺めながらと言うのを止めて、風下の斜面で食べる。

 食事後頂上に至る。
 頂上は木が無く、津軽海峡を望む景色は良い。



 逆光に海がきらきら光っている。

 さてどうするか??
 今日はあまりきつい山登りをしたくないと言っていたが・・・。

 でも提案する。
 ここから主に下りで尾根を縦走して、石山周回山道ルートに出る道があるのでどうだろうと。
 先の下り斜面を見せたら行っても良いとなった。
 来る前にGPSには予定ルートをインプットしてログは作ってあるし、朝には地形図でも検討して頭に入っている。
 早速下って行く。
 少し下ったらまたまた行者ニンニクがある。
 またストップがかかる。
 15分だけ採らせてとなり、採る事にする。
 
 再びスタートするがそこから少し行ったら、道を外れた所に男性がいる。
 「何処へ行く?」と聞かれたので、石山の方向に行くと言ったら特に返事も無かった。
 後ろから来た女性も声を掛ける。
 流石に話しは得意だ。
 「何を採っているのか?」「毒のイヌサフランがあるから気を付けて」「どちらから来たの?」などなど話しは続く。
 あちらから来たと方向を示したので戸井方向から来たのだ。
 それにしてそちらから来れば相当の距離になる。
 ここまで採りに来るんだ。

 話しも終わり、尾根道を進む。
 笹も尾短くて歩きやすい道だ。



 途中でショートカットの積りで右手の腹を下ったら、これは沢に出るなと思いGPSを確認したらやはりそうだった。
 ピークを越えた先に尾根があったのだが、ショートカットの積りが右に下がってしまった。
 直ぐに戻って尾根道を行くと、石山周回ルートに突き当たった。
 石山と村中


 冬に来たルートである。
 ここからは全て下りになるし、ここまで来た事で、亀尾〜戸井ルートの全容が判明した。
 全コース縦断も是非やりたいな。

 後は下って行く。
 途中からは山道を外れ道なき道を行く。
 笹は低いので歩くには問題無い。
 沢が出て来たが水も無い沢なので渡る事にする。
 すると鹿柵が出て来た。
 予定通りだ。
 これに沿って行けばゲートがある。
 同行の人は不安がる。
 出られるの?
 入り口が100m位先にある事は分かっている。
 それでも金属の網を越えて向こう側に行くしかないと言ったら、無理だとの声。
 網に沿って行ったら入り口があった。
 でも鍵が掛っている。
 冬に来た時は鍵が無かったのに・・・。
 ゲートと網に間に隙間が有って、通れそうだ。
 まず私がバックパックを外して簡単に抜けた。
 そうなれば他の人は更に細身なので簡単だ。
 全員が抜けて、後は林道を歩いてスタート地点に着いた。
 
4月18日(水)温泉に行く
 健康サロンin明和園の温泉日帰り旅。
 かねてから決めてあった温泉行きだが、ひろめ荘に行く事になっていた。
 参加者は22名になった。
 男子は私とMさんの二人のみで、後はすべて女性だ。
 時間通りひろめ荘のバスが来て一路温泉を目指す。
 天気は最高だが、気温は少し低い様だ。
 バスのシートの窓際に座って外の景色をぼんやり眺めているのは好きだ。
 普段運転している時は目に入らない山が良く見える。
 今度登ろうかなと思う山もある。
 40.分でひろめ荘に着いた。
 控室があり、バスタオルと手拭いは無料で使える。
 直ぐに温泉に直行だ。
 乳白色の硫黄温泉にのんびりし浸かって上がって来る。
 一緒に行った男性が見当たらない。
 部屋に戻ったら5分位で出て来たそうだ。
 いつもその位しか入らないそうだ。
 何か勿体ないな。

 12時から昼食。
 ご飯は炊きたての釜に入ったご飯で暖かい。
 他に刺身、天ぷら、海鮮鍋、茶碗蒸しと付いている。
 2000円で送り迎え付きでこの値段は安いだろう。
 カラオケも付いていて、歌ったのは2人だったが、私も唄えと言われて一曲歌う。
 食事の後は暇だ。
 温泉に行く人は2度目の温泉を楽しんだ。
 私は暇なので外に出て山菜を見て歩いたが、こちらはまだ雪が残っていて少し早い様だ。
 帰りのバスは疲れたのか殆ど会話も無く無言になった。
 予定通り着いて、今日の一日が終わった。

 帰って明日の山登りの案内書を作った。
 「313m無名峰」
4月17日(火)色々やった
 紋別から購入した蟹を食べる。
 600g位ありそうな蟹である。
 普段飲まないノンアルコールのフリーを購入して頂く。
 我が家にしては年に1度の贅沢な日である。
 これには訳が有って、娘の看護学校時代の友人の実家が蟹漁師なのであった。
 卒業式の時、友人の両親を我々も知る事になり、それから年に1度だけ安く蟹を変えることになったのだ。

 漁師だけあって良い物しか送ってこないから味は保証されている。
 美味しく頂いた。 

 今日は天気も良いので溜まっていた事を目一杯やろうと決めていた。
 朝起きたらまずは洗濯。
 その間に外の薪スペースに置いていたスタッドレスを家の中の棚に搬入する。
 同じく薪小屋に置いていた除雪道具を他の場所の一ヶ所にまとめて移動。
 これで大きなスペースが空いた。
 桔梗から頼まれたゴミと自分の家のゴミを捨てに行く。
 50kgもあって122円取られた。

 外のイスとテーブルを配置する。

 これからこれをテーブルを研磨して、塗装すれば立派な食卓になるだろう。
 昨年も夏には外での朝食や夕方の焼き肉などをやったが、なかなか良かったので今年も出来るようにする。

 余った板があったので、薪小屋の横に張った。





 これで冬の雪の吹き込みが無くなるだろう。

 部屋の中のレイアウト変更した際の本や物品がそのままになっていたので整理する。

 気無山の登山マップを頼まれたので印刷をする。

 自遊旅の看板が一部壊れたので、向かいのお兄さんから貰った学習机の天板を切った。
 後で字を書いてそれをジグソーで抜いて作る。


 車のワイパーを見たらまだ冬仕様になっていた。
 これを夏仕様に交換する。

 大野村古地図で残っていた写真の挿入をする。
 今月撮ってきた写真を掲載してこれで完成した。

 と言う事で今日も色々やった。
 終わった所で花園温泉に行ってのんびり入浴して帰る。
4月16日(月)PG個人練習最終日
 今日で個人的な集まりでの練習は最後になった。
 例年なら冬は練習もしていなかったのが、今年は女性二人組に誘われて、毎週行くようになった。
 そのお陰で今の所スコアは昨年より上がった。
 同行した女子もスコアがアップしやはり練習を多くすると良い成果が出るものだ。
 今まで超混んでいたパークゴルフ場も、他のゴルフ場が次々オープンしたので、空いて来たので待つ事も無くプレィが出来るようになった。

 午前中の第一ラウンドは、3名で男子のベテランYさんといつも一緒に練習しているHさんと言う女性と一緒になった。
 Yさんは昨年総合成績男子で9位、Hさんは女子で4位の選手だ。
 天気も良く気持ちよく回る。
 1ラウンドのスコアは私が106でHさんが108、Yさんが117で終わった。
 Hさんは今までの最高スコアが出た。
 昨年総合でのアベレージは127だからかなり良い。
 Hさんも冬の練習仲間だ。

 昼食後の2ラウンドは又Yさんと、冬の練習仲間の女性Kさんだった。
 結果は私が108でYさんも108で、Kさんは129だった。

 午後の最終ラウンドは男子同士、女子同士同士の組み合わせだ。
 男子組みには昨年4位のFさんがいる。
 それに午前で回一緒に回ったYさんの組み合わせだ。
 Fさんとは今年初めて一緒に廻る。
 どうしても負けられない所だ。
 真剣度が増す。
 AコースはFさんが24で私が26で2ポイント負けた。
 BコースはFさんが27で私が25とここで2ポイント挽回し、同ポイントななった。
 CコースはFさんが27で私が25で、2ポイントリードした。
 DコースはFさんが24で私も24になり、最終的に私が2ポイント勝った。
 合計Fさんは102で私は100となった。
 100は今年2回目だ。
 良い感じになってきた。
 来週からは町内会の練習が始まる。
4月15日(日)昨日は友瑛の誕生日
 昨日は友瑛の誕生会があるので午後から桔梗に移動した。
 夕方に友瑛のお父さんも苫小牧から帰って来て、7人全員で回転寿司に行く。
 サムズに行ったが、10年ぶりくらいだろうか?
 最近は殆どサムズには行かなくなった。
 行ったら直ぐに案内された。
 長女や長男はハンバーグやフライドポテトやのり巻きだが、下の愛葵はマグロや鮭等も全く気にしないで食べる。
 久しぶりの回転寿司でお腹一杯になった。

 家に帰ってケーキでお祝いだ。
 ハッピーバースディの歌とともにろうそくが消された。



 今回で10歳になる。
 我々夫婦からは「人生ゲーム」新しいバージョンをプレゼントした。

 ケーキを食べた後、直ぐにゲームが始まった。
 以前のゲームよりギャンブル性が強い。
 お金も最高が50万円と高額になった。
 優勝はお父さん、2位が娘、3位が長女、4位が長男、5位が私の妻となった。
 時間も長くかかる様になり、私は眠気との戦いだ。

 今日は自遊旅に帰って来る。
 頼まれた「健康サロンin 明和園」の2018年度名簿作りをする。
 終わって町内会パークゴルフ例会の集計表をエクセルで作る。
 それに会費を集める名簿作りと行い終了。

 メールを見たらSTVから二股台場案内のオファーがあった。
 STVのバラエティ番組「ブギウギ」の収録だった。
 この番組は深夜放映なのであまり見る機会は無いが、専務が上杉周太で係長がダイノジの大地洋輔と顔なじみの方だ。
 25日か26日は空いていたので、OKのメールを出しておいた。
4月14日(土)あれこれ
 今日は午後から雨の予報なので、溜まった廃材や机、タンスを解体して薪にしなくてはならない。
 さあ始めようと思った所に、「居た〜?」とY子さんがやってきた。
 健康サロンin明和園の30年度の名簿つくりの依頼だった。
 コーヒーを飲みながらしばらく話す。
 彼女も親戚の結婚式が4札幌であって忙しいらしい。

 解体を始める。
 まさかりであっという間に解体し、電気鋸で切断する。



 それを薪棚に納めて終了した。
 
 次に雨どいの修理だ。
 冬の大雪で落ちかけていたのか、台の金具から外れてしまった。
 これを修理する。
 雪の重みで受け台が下に曲っていた。
 これも簡単に修理して終了。




 その後は注文の有ったパークゴルフの玉拾い治具の製作だ。
 何時も行く仲間のK子さんに作ってあげたが、それを見て皆が「良いね何処で勝ったの?」と聞かれるが「このおじさんが作ったの」と言う物だから欲しいとなる。
 あまりやりたくは無いが、少しは提供しよう。


 今日は孫の友瑛の誕生日なので、午後から桔梗に行く。
 帰って来るのは火曜日になるかな?
4月13日(金)山菜採り
 昨日、パークゴルフ仲間のKさんから電話があり、山菜採りに連れて行って欲しいとの事だった。
 どうせもう一度は行く積りなのでOKした。
 旦那さんと一緒に来るそうだ。
 8時にやってきた。
 私の車で行く事にする。
 「自遊旅」に寄って山菜採りの準備をしてから出発。
 天気は良いので最高の山菜採りだ。
 どこにするかなと考え、小安の山に入る事にする。
 Kさんの奥さんは体格が良いので山は苦手だと言っていた。
 登り始めるともう息が荒くなってきた。
 休み休み登る事にする。
 途中から旦那さんに引かれて登った。

 これでは予定の場所は無理かなと思えた。
 半分位登ったら、行者ニンニクが出て来た。
 いつもは余り出ていなかったが、今日はかなり良い感じの物が多数出ていた。
 ここで採る事にする。
 それぞれが採り始めた。
 ここは行者ニンニクと毒のあるイヌサフランが同居する。
 イヌサフラン
 二人に間違いの無い様に教えてあげた。
 しばらくして見たら、奥さんがかなり高い所まで登っている。

 夢中になれば登りもなんのそのだ。
 先程までは熊が怖いと言っていたが、もうすっかり忘れて山菜採りに熱中していた。
 旦那さんもあちこち動き回って採っていた。 

 2時間くらい採ったらかなりの量になったので終わりにした。
 まだまだ多くの行者ニンニクがある。

 花もぼちぼち咲いて来た。







 満足して帰って来た。
 帰る途中蕎麦を奢ってくれるとなり、天ざるを頂いた。
 久しぶりの蕎麦は美味しかった。

 桔梗に着いて、1/3は置いて、残りを持って「自遊旅」に戻る。
 良いのが採れた
 直ぐにレターパックを購入して、 びっしり詰める。
 仙北郡美郷町六郷の加藤さんに送った。
 皆さんで何とか分けあって下さい。。
 私の分は湯がいて冷凍した。
 これから来る旅人用だ。

 夕方向かいのお兄さんがタンスと机を持って来た。



 明日は午後から雨なので、午前中に処理しよう。
4月12日(木)パークゴルフ総会
 町内会のPGクラブの総会が行われた。
 今回は新人が5名入って合計27名になった。
 今シーズンのスケジュールを決めたが昨年とほぼ同じで、練習日と例会が交互に毎週行われる。
 要望として今まで最終にならないと、当年度の結果が分からないので、例会の都度スコアの集計を出して欲しいと言ったら、難しくて3週間に1回くらいならと言う。
 表計算でやれば自動で計算してくれるが、出来ないと言うので私が集計する事になった。
 
 午後からいつもの3人で桔梗高台パークゴルフ場に行く。
 何と凄く多くの人がいる。
 ここのゴルフ場に木曜クラブと言うのがあって、その例会らしい。
 駐車場は満員だった。
 待ち時間が多かったが1ラウンドを回って、私は106でまあ良かった。
 今年は110を切れるスコアが多いので、冬の練習の成果が出ている。
 来週からのクラブ行事でも良い成績を残せれば良い。
 夜は桔梗で日ハムの試合を見る。
 今日も負けだ。
4月11日(水)悪天候
 今日は昼から午後にかけて悪天候になる予報だ。
 朝に郵便局に行ったが、まだ開局時間に早かったので、自転車でフラフラしていたら、家の解体をやっていた。
 良い感じの柱の木が積まれている。
 貰えないかなと思い、駄目もとで責任者らしき人に声を掛ける。
 「この柱の木は使うんですか?」と聞いたら、「どうするの」と言うから、「冬の雪で薪小屋が壊れたので作りたいんです」と言ったら「良いよ」と言う。
 家に帰って車を持って来て積む。
 まだ解体は半分くらいだったので、残りの木も貰えますかと聞いたら、「出しておいてあげる」と行ってくれた。
 柱の木は乾燥していて、薪には良い材料だ。
 車からはみ出している。

 良い薪になるぞ。
 家1軒分もらえたら、1ヶ月くらいの薪は準備出来るかな?

 雨模様なのでまずは、昨日採った行者ニンニクの処理をする。
 茎の赤い部分を取るのだが、採らないでそのままにして食べる人もいるそうだ。
 私は取る派になる。
 採って来た時の姿。

 茎の赤い部分を取る。

 綺麗になった。

 その後、同じく昨日の運賀川周辺に、僅か残っていたふきのとうを採って来たので「ふきのとう味噌」を作る。
 今年はまだ作っていなかったので初めて食べる事になる。
 自家製味噌にみりん、酒、砂糖、こしょうを加えて作った。

 量は少ないが良い香りがしている。

 これだけ出来た。


 次にカレーラースを2パック分(24皿分)作る。
 忙しい時や、遅く家に帰って来た時は、料理が面倒になる。
 そんな時は作り置きのカレーライスは便利だ。
 ストーブでことこと長い時間加熱した。
 後はフリーザーパックに入れて冷凍保存する。


 更にジャガイモが有ったので、行者ニンニク入りポテトサラダを作る。
 キュウリ、玉ねぎ、行者ニンニク、沖縄のコンビーフ等を入れて、マヨネーズで和えた。


 向かいのお兄さんが来て材木を持って来たよと、太い木を10.本くらい持って来た。
 何処かの家のベランダを壊したそうだ。
 何だかんだと薪が集まって来る。
 来年の冬も快適に暮らすためには充分な量が欲しい。
 「テレビがまだ出ないんだよね」と申し訳なさそうに言う。
 「別にいつでも良いんだよ」と言ったが、彼も義理堅いから出たら直ぐに教えてくれるだろう。
4月10日(火)山菜採り
 今日は今年2回目の山菜採り。
 朝4時半に起きて洗濯し、弁当を作ってその後はまったりしてから山菜採りに向かう。
 今回は椴法華町にする。
 いつも行く場所なのだが、ここは平坦な場所に行者ニンニクが生えていて、大変採りやすい。
 3年前にはここで採っていたのだが、最近は他の場所に行っていたのでここには来ていない。
 多分太くなっているだろうと思って山道に入る。
 山道に入ったら様子がおかしい。
 杉の木が伐採されていて、あちこちに倒れている。





 重機も入っていて道を塞いだ形になっている。
 これは困ったとばかりに、迂回して行くがさらに上にも重機が入っており、チエンソーで木を切っている人もいる。
 なんだか中に入ったら叱られそうな雰囲気が漂う。
 少し登って行ったが、やはりまずいかなと引き返す事にした。
 戻って原木道のから山に入ろうとしたら、冬期通行止めで入れない。
 仕方が無く他の場所から山に入った。
 山菜採りモードだ。

 ショートカットした景色。
 丁度手頃の行者ニンニクが沢山あった。
 でも時間的には最初の場所に行ったお陰で無くなり1時間だけ採った。
 それでもかなり良い量になった。
 これだけ採れた。
 今日は時間も遅くなりそうなのでこれで帰る事にする。
 足りなかったら又他の場所に行こう。
 まだ数か所は沢山採れる場所がある。

 帰り道うん運賀川に沿った林道に入る。
 この先は気無山に繋がる道なのだが、途中にカタクリガ群生している場所がある、
 それを見に行く。

 急登の山道を10分ほど入った。
 まだカタクリは全開とまでなって居なくまだ早いかな。
 帰りの林道では蕗が出ていたので採って、ふきのとうも少し採って帰る。
 まだふきのとうがあった。

 軟くて美味しそうだ。

 まだ新しい爪跡
4月9日(月)PG練習
 今日はPGの練習日。
 朝には雪がうっすらと積もって外は寒い。
 今日は朝4時半からマスターズゴルフを見て、途中からはMLBの大谷を見る。
 マスターズは松山秀樹が21位くらいになったので、もう見るのは止めて大谷を見る。
 1回から3者三振と凄いスタートを切った。



 その後も圧巻のピッチングで7回まで投げて1安打のみで、12三振と凄い内容だった。
 何か日ハム時代よりも凄くなった感がある。

 パークゴルフの練習は6人が来て3人で21組を作ってスタート。
 今日は調子も良く最初のラウンドは22と今までにないスコアが出た。
 その後も調子よく結局100で終わった。
 今年最高のスコアになった。
 パターのフォームを変えたのが良い感じになった。
 ロングパットが良く入る様になったのが好スコアになった。

 午後は110と少し悪かったが、教えながらのラウンドなのでまあこんな物だろう。
 教えているおばちゃんがメキメキ良くなって、今日は117と113で回った。
 昨年は130前後だったので格段の進歩だ。

 もう半ラウンドをやろうとなったが、途中からみぞれが降って来て、風も強く打ち切りにした。
 そのまま自遊旅に戻った。
 明日は椴法華に山菜採りに行く。
4月8日(日)テーブルをゲット
 約束通り朝の9時に食卓テーブルを取りに行く。
 追分の指定されたGooglemapの場所にったらぴったりだ。
 テーブルと椅子を貰って来た。
 椅子は使えそうもないが、テーブルは良い木を使っているので、後でサンダーを掛けてニスを塗れば4新品の様になるだろう。
 夏になったら外で食事を食べられる様にエリアを作る。

 北斗市まで行ったので、ついでに大野村古地図に載せる写真を撮って来る。
 地図を作成して沢山の事を知ったので、光明寺の花墓を見てみる。
 地図に出てくる名前の人の墓があるのか?
 何件か出て来たが、大野の財閥の品川家の墓があった。
 流石に立派である。

 名前の通り東京からの移住者である。

 午後から日ハムの試合を見る。
 再三のチャンスに中田が打てなくて負けてしまった。

 夜は全員でファミリ―ゲームをするが、今日も最下位だ。
 このゲームはどうも駄目だ。
4月7日(土)桔梗に滞在
 昨日泊まる積りでなかったが、泊まってしまった。
 朝4時過ぎからマスターズを見る。
 タブレットでは見れないので、どうしても見たい時は桔梗に居るしかない。
 午前中は何となく過ごして、午後から日ハムの試合を見る。
 今日は勝利した。
 野球が始まるとどうしてもTVを見る機会が多くなってくる。
 もっとアウトドアーをしなくてはならない。
 自転車旅にも出たいが、何かと忙しくて準備が進まない。
 5月の頭には何処かに行きたいと思っているのだが・・・。
4月6日(金)桔梗に行く
 昨日は行者ニンニクの処理に2時間も掛った。
 自遊旅用は軽く湯がいて冷凍庫に保存する。
 これはこれからやって来る旅人用になる。
 今日は桔梗にやる分を持って行った。
 置いて帰ってこようと思ったが、夕食は天ぷらにするとなったので泊まる事にした。
 
 地元のリサイクルアプリ「アッテ」を見ていたら、食卓テーブルを無料で差し上げますとあった。
 夏になったら旅人が来るので外で朝食などを摂るのだが、昨年のテーブルはかなり古いので探していた所だ。
 先日もテーブルを頂いたがかなり小さかったのだ。
 今度のは板もしっかりした物だと言うのと大きさも丁度良いので貰う事にした。
 表面は少し仕様感があるが、これはサンダーディスクで研磨し、ニスを塗れば新品の様になる。
 北斗市追分の方だった。

 日曜日に貰いに行くことが決まった。

 午後からは日ハムの試合を見る。
 今日も後半は危なかったが逃げ切った。
 それにしても近藤は凄い。
 打率が5割になった。
 
 夕食の行者ニンニクの天ぷらは香りも良く美味しかった。
4月5日(木)山菜採り
 例年よりも暖かい感じなので、もう行者ニンニクは出ているだろうと採りに行く事になった。
 行き先は戸井町だ。
 気温は7度で風も強いが、場所的には風の当たらない所なので良いだろう。
 いつもの駐車場に行ったら、車が既に3台居た。
 毎年何台かは居るのだが、テリトリーが違うのか、いつも有った事は無い。
 私の行く場所で人に有った事も無い。熊も・・。
 急な坂道を登って行くが久しぶりの山なので気持ちが良い。

 30分位登った北斜面に山菜はある。
 いつもより伸びてはいないが沢山ある。
 例年行った時は結構葉が大きくなっていたので、少し遅かった感がある。
 今回は昨年より5日くらい早い。
 いつもの山の花も咲いて来て春を感じる。







 午前中に1時間半くらい採って食事にする。
 風の当たらない場所で燦々と太陽を浴びての食事は気持ちが良い。
 午後からどうするかと思ったが、1時間くらい採ってから帰る。

 家に帰って下処理をする。
 結構時間がかかり2時間はやっていた。
 今回の分は桔梗に持って行くのと、あまり大きくないのは冷凍して、夏に来る旅人に提供する。
 昨年行者ニンニク餃子を作って、大変喜ばれたので、今年はもっと採りたい。
 火曜日には椴法華に行く。
 もう3年くらいは行っていないが、平坦地で採れる数少ない場所がある。
4月4日(水)野球観戦の日
 今日は山菜採りに行く日だとばかり思っていた。
 でも天気は雨模様だし厭だなと思いながらレインウェアなどを準備していた。
 でもこんな天気の悪い日に設定したかと思いメールを確認したら明日だった。
 それなら今日の午後から放映される、高校野球の決勝と日ハムの試合を見ようよ決めた。
 洗濯などを済ませてから温泉に行く。
 10時頃と言う早い時間に温泉に行くのは余り無い。 
 帰って来て家に居たら、外で拡声器の声がする。
 「この道路に止めている車は駐車違反になるので、直ぐに移動して下さい」のミニパトのアナウンスだ。
 急いで来た人は3人。
 他は誰も来ない。
 10回くらいアナウンスして一度何処かへ行ってしまった。
 数分してまたやってきた。
 まだ7〜8台はそのままだ。
 結局違反切符は切られたのだろうか?
 家に入ったのでその後は分からない。


 午後からはまずは高校野球を見る。
 大阪桐蔭と知弁和歌山の試合は2対2まで見たが、ファイターズが始まったのでチャンネル切り替え。
 最後はタイムリーが出て勝利したが、近藤は流石に凄い。
 あの大谷が天才バッターと言うくらいだ。
 今日もチャンスに2度もタイムリーして打率5割に近くなった。
 その点主砲中田はなかなか打てないし、タイムリーエラーまでしてしまった。
 キャプテンの重圧があるのだろうか?
 心配な事態だ。
 高校野球は大阪桐蔭が優勝した。
 我が母校の函館工業高校野球部の話しなのだが、過去に準決勝まで行った事がある事が最近知った。その時の準決勝の相手が和歌山桐蔭だった。
 ここに勝っていれば津軽海峡を準優勝か優勝の旗が渡ったのだ。
 1948年なので私が5歳の時だ。
 私も函館工業高校の野球部に居たが、1年間で挫折して部を辞めてしまった。
 130人くらいの部員が居て、中学校の野球部出身者が多かった。
 私は少年野球の経験だけで入部したが、これは絶対無理だと思った。
 1年の在籍だったが、厳しい練習にも耐える事が出来た事経験は今でも生きている。
 既に野球部は辞めたが、3年生の時には夏の甲子園に北海道代表で甲子園に行っている。
 この時は一回戦で敗退した。
 1963年の事でこれ以降は代表になっていない。
 そんな事も有った高校野球だ。
4月3日(火)取材来る
 今日はドキュメンタリー作家の保坂正康さんの訪問があるので、玄関から入って貰おうと、玄関周りを清掃する。
 シールや汚れを落としてすっきりした。
 仕事をしていたら向かいの御兄さんがホンダのスク―タ−でやってきた。
 不用品として出たそうだ。
 エンジンも良い音をしている。
 まだまだ使えそうだ。
 暫らく使って居なかったので、エンジンをかけっぱなしにして調子アップするそうだ。
 近くを走るなら良いが、その程度なら自転車で十分か?
 今度更に出たら貰おうか?

 昼頃来るのでそれまで「大野村古地図」をパソコンで修正した。
 校正は終わっていたのだが、実際の打ち込みはまだ行っていなかった。
 2時間くらいで終了した。
 これで後は旧大野村(現北斗市)に行った時に写真を撮って載せよう。
 これで全て終了か?


 昼に訪問の予定が遅れて1時半頃タクシーで、北海道新聞東京支社の報道センター記者の原田さんと一緒にやってきた。
 記者クラブでの記者会見をyoutubeで見ていたのでイメージは湧いている。
 そのイメージ通りだった。
 自遊旅に入って早速質問があった。
 今までの方の質問とはかなり切り口が違っていた。
 なかなか難しい質問もあり、答えの出ない物もある。
 それでも何とか質問に答えて終了した。

 これで良かったのか?
 
 夕方ぶんぽ研の菅野副会長が大根を持って来た。
 会長の奥さんから頼まれたそうだが随分立派な大根だ。
 かなりの重量感がある。
 会長は入院中だが、大腿部を骨折したそうだ。
 ようやく食事を取れるようになってきたそうだ。
 早く歩けるようになれば良いな。
4月2日(月)パークゴルフ練習日 
 今日はパークゴルフの練習日。
 最近パターの感触が今一なので、朝5時半に河川敷の無料PG場に行って練習をする。
 ポジションを変え、良い感じになった所で帰って来る。
 練習には8人も来た。
 昨年のチャンピオンも来た。
 久しぶりに会ったので、冬の間どの程度上達したか見どころだ。
 最初は同じ組にならなかった。
 私はパターの練習の成果も出て108と今季(高台ゴルフ場はまだ2回目だが)最高のスコアが出た。チャンピオンに聞いたら106で回ったと言う。
 やはりなかなか追いつけないものだ。
 午後からも組み合わせを変えてプレィする。
 前半のABコースは49で回って、後半も50を切れば合計100を切ると思ったが、後半はスコアを落とし106で終了した。
 チャンピオンは103とやはりなかなか抜けない。
 また来週だ。
 明日はノンフィクション作家の保坂さんが来るので、対応しなくてはならない。
 明後日は行者ニンニク採りに連れて行ってと来たので山に行く。.
4月1日(日)家の周りの清掃 

 今日も午前中一杯は家周辺の清掃をして、薪ストーブの灰も袋に一杯用意した。
 家周辺整理清掃はこれでもう良いだろう。
 灰を持って桔梗に行く。
 孫はまだ春休みなので家に居る。
 将棋を2戦やるがまたまた勝利で、59連勝になった。
 他に廻り将棋やトランプなどで遊んだ。
 午後からファイターズの試合を見るが散々な結果だ。
 全く打てない。
 解説者もファイターズの関係者は3位とか4位とかと予想しているが、本州の方では最下位と言うのも多い様だ。
 果たしてどうなることやら。

 夜は全員でファミリーゲームをやる。
 このゲームは弱い。
 今日も最下位だ。

 HP TOP