貧乏山 (20012.11.16) 天候 曇り後雨

 駒ケ岳が綺麗だ

 入り口のカリマ林道

この看板から入った

植林で使用した道がある

 頂上から駒ケ岳が北に見える。

山頂で記念撮影

もう一枚

三等三角点もある

UFOは写らないか?

快適な下り

一気に下る

ここを突破しようとしたが・・

深い笹になりギブアップ
    UFOの出現した山
 
登山口10:57〜11:44貧乏山11:50〜12:23楢山付近12:40〜12:50登山口
 今朝の気温は3度とかなり低くなってきた。
 もう直ぐ平地で雪が降る予報が出ている。
 そんな中、貧乏山に向かった。
 300名山完登で知られる、函館在住の坂口さんのブログに面白い記述があったのだ。
 貧乏山はUFOの基地であったとの事だ。
 昭和51年の小学館発行の『小学四年生』の9月号と10月号にマンガで連載されたと言う。
 こちら
 「不思議な現象をおこす貧乏山! その山の中にHFOの基地が・・・!?という驚くべき記載。
 「山では石ころを転がす音や自転車の走る音がようく聞こえるんですよ」
 実名で北海道UFO研究会長の小坂孝一さんも出てくる。
 山に登った人達は怪奇なおそろしい目にあう。
 わき腹がはれて四十度の熱が出た。
 などなど
 これは行かなくては・・となった。
 途中の車窓から駒ケ岳が綺麗に見えた。
 カリマ林道入り口に車を置く。
 ここにはゲートがあり車は入る事は出来ない。
 そこはMTBなので横から入れる。

 林道は締まったダートなので歩きやすい。
 傾斜の緩い所はMTBに乗って登る。
 途中に二股がある。
 あらかじめGPSにインプットしているのでそこから左折する。
 ここから少し急な登りになる。
 少し登ると正面に雪を少し被った駒ケ岳が見える。
 更に登って行く。
 頂上の方向はGPSで分かるのだが、笹の土手が続き入る場所が見当たらない。
 殆ど林道のピーク地点まで行ったら、「地球環境保全の森 記念植樹」の看板があり、刈り道が付いていた。
 ここから入った
 GPSの方向と合うので進む。
 やがて三角点が出て来た。
 駒ケ岳と大沼が見える

 UFOは見えないのか?
 あちこち見ても見えるそぶりさえ無い。
 適当に空の写真を撮った。
 UFOは写っていないか??
 帰って写っていれば幸いだ。
 自転車の音や石を転がす音は・・・。
 当時から私がMTB登山をしていれば私だろうが、他にも馬鹿な人が居て私と同じくMTB登山をしていたのでは・・・。
 でも昭和51年にMTBは有ったかな??
 などと馬鹿な事を考えていたが、下山する事にした。
 下りは早い。
 下りは早い
 登りは46分で下りは10分で楢山林道入り口に着いた。

 ここから楢山に向かう。
 林道はMTBで登れる。
 かなり登った所で、頂上にアタック。
 低い笹の部分から登ったが、登るにつれて、笹が長くなり、MTBも前に進め無くなり遂に諦めた。
 次の登れる場所を探して更に林道を上に向かう。
 登れそうな場所が出て来た。
 行こうと思ったら雨が降って来た。
 少し強い雨なので迷ったが、また来ようとなった。
 下りは快適な林道を一気に下ったが、かなり寒かった。
 耳などは冷たくて大変だった。
 そろそろ冬支度が必要か?

 帰りに大沼グリンピアの湯に入る。
 雑誌「HO」の無料入浴券があったのだ。
 冷えた体を温め、帰りには大好きな宮崎鯉屋の鯉のあらいを買って帰宅。