梵珠山 (2006.7.19) 天候 曇り時々雨

頂上の地蔵尊

頂上で

展望台
       県民の森 梵珠山     
 コース マンガンの道
 6:40県立ふれあいセンター〜7:05展望所〜7:23トイレ〜7:35頂上 7:45頂上〜8:10県立ふれあいセンター

 昨日の車中泊は少し岸壁に近かったので煩かった。そう言いながらも、朝は5時30分に起きたから相等時間寝ていた。昨夜は夢を見てしまった。その夢とは両方の膝が全く動かないのだ。起きようとしても、全く起きる事が出来なく、のた打ち回っていた。
 そんな夢を見てしまったので、朝起きて膝を動かしてみたら、全く問題なく動いたので安心した。
 昨日の厳しかった釜臥山登山の後なので、こんな夢を見たのだろうか。これなら大丈夫と車をスタートさせ、梵珠山登山口に向う。
 登山口である県立ふれあいセンターに着いたのは6時30分だった。用意をして出発したのが6時40分。今日のコースはマンガンの道というコースで標準時間は2.4kmで70分だ。
 緩やかな道をMTBでスタートするが直ぐに、押しになる。それでも道は締まっているし、幅も広いので昨日に比べたら雲泥の差だ。時々階段が出てくるが、楽で仕方が無かった。途中は時々平坦か緩い登りもあり、時々はMTBに乗れる。
 標識も完備されていて分りやすい。天気は曇りから上に行くに従って霧が出て来て霧雨になった。快調に登って2/3位の所に陸奥展望所があったが、霧で全く見えなかった。
 やがて頂上に到着。所要時間は55分だった。標準時間より15分早かった。MTBを押して早かったのだから、いかに道が良かったかが分る。 頂上には地蔵尊もあったので、お参りをした。写真を撮って下る。道は濡れていて、粘土の道はスリップするので降りて、良い道のみを下るが、結構乗車できた。下りはあっと言う間の25分だ。これだからMTBは止められない。
 帰りの準備をして、コーヒーを沸かしてのんびりする。人も居なく気持ちの良い空間だ。