日暮山 (2005.10.8) 天候 晴れ

道は締まっていて登りやすい

駒ケ岳もすっきり見える

小沼

もう一枚駒ケ岳
 コース 自宅(函館市)〜日暮山往復
 朝起きたら最高の天気だ。いや〜何処かに行かなくては!と早速MTBを用意してまずは出発だ。
 GPSとメディアプレーヤーも持参した。プレイヤーはイヤーホーンを耳にひっかかける方式に変えたので、外れる事が無いので助かるはずだったが、コードが少し短くて一杯一杯だった。
 それでも以前のは直ぐに外れてしまったのでかなり改善はされた。
 地元のFMイルカに周波数を合わせる。古い洋・和のポピュラーソングを流していたので楽しい。やはりベンチャーズやさらに後のビートルズ時代に生きてきたので、この時代の音楽は馴染んでいて心地よく聴ける。
 ビートルズが日本に来て、オープニングで歌った「抱きしめたい」は今でも強烈に印象に残っている。
 町の中をチャリで走るのは面倒だが、天気が良い分まだ許せる。途中から函館新道の高速道路の側道を走る。広い歩道があって気持ちよく走れる。
 今日は何処まで行こうかなと思いながら走る。MTBで大沼方向に向っている人が結構いた。
 峠下で箱館戦争の史跡がある事を思い出したので寄り道する。
 箱館戦争で無くなった松前藩や箱館府の4人の墓があった。看板からここには土塁が今でも残っているそうで、この前の道は古峠という旧道だった。これは知らなかった。思いがけない発見に一人でやったと心で叫ぶ。
 今箱館戦争の際、進軍した旧道を調査しているが、色々調べているうちにいろんな昔の事が分かってきた。旧道と歴史を組合わせたツアーなんて受けないかな?それ程旧道の周りには歴史がある。そして史跡も色々ある。
 今、箱館でも新選組バスツアーなどあるが本当におさわり程度の案内なので、箱館戦争にたくさん興味のある人には物足りないだろうな。
 墓から5号線に出て坂を登る。ここは長い坂だ。そして今日の行き先を日暮山に決めた。
 途中で気が付いたが、最近MTBで100座の登山をすることを目標に決めた事を思い出した。
 5号線をしばらく走り、プリンスホテルに入る道を右に曲がって大沼方面に進む。少し行って右に曲がると坂が出てくる。ここが日暮山登山口になる。
 右手にあった「簡保の宿」は閉鎖してしまった。何度かは宿泊した宿だが、民営化になった新しい会社は、採算の取れないものは整理し始めている。
 坂の道は砂利道だが、締まっていて乗車して登れる。たまに後ろから車が来るので、その度に道端に寄らなければならないが・・。
 やがて頂上に着く。駒ケ岳がすっきり見える。そして大沼・小沼さらにはじゅんさい沼も見えるし、横津岳も見える。
 日が暮れるのも忘れて見たと言う山の語源も分かる。
 写真を撮ったり、ぼやっと景色を眺めたりして下山する。あっという間に下って、再び5号線を戻る。もう2時に近いので腹が減ってきた。
 七飯町に来たら函館ワインの会社がフェステバルをやっていた。ここでカレーライスを280円で食べれた。函館で有名な昭和天皇も食べたと言う「五島軒」のカレーなのだ。作る人もコックのあの長い帽子まで被っている。
 食べたが、う〜んそれ程凄いとは?思えない。プラスチック容器のせいかな?いやそうでもない、やっぱり普通の味なのだ。
 すぐ側でゲームが始まった。ワインの栓抜きゲームだ。もうイベントも終わりに近づいたので人は少ない。出ようと思ったが・・何時もは直ぐに出るのだが・・・今は禁酒しているし、栓の抜いたワインを持って帰るのも面倒なので止めてしまった。
 ここから町の中をのんびり家まで帰った。今日は70km走った。