入江山 (2005.10.31) 天候 晴れ

七曲り入り口

七曲り登山道

地蔵山見晴台

地蔵山山頂?

入江山山頂
 コース  七曲り〜地蔵山〜千畳敷〜入江山
 
朝から良い天気。早々に準備してMTBで出かける。函館の大森浜横の海岸線を走るが、海がきらきらして綺麗だ。
 外気温度は14度で少し肌寒い。指きりのグローブではこの時期はもう手が冷たい。住吉町の墓地の坂を登る。ここは観光地の立待岬に通じる道なので観光シーズンは混んでいるが、今は閑散としている。
 坂を登っていたら、墓参りに来ていたおばあちゃんに「大変ですね」と声を掛けられる。
 立待岬の手前で180度Uターンして坂を登る。登りきった所が七曲コースの登山口だ。記念写真を撮ってから出発。
 いきなり階段の道になる。ここを登れば後は道は七曲の名前のようにくねくね曲がった道になる。その分傾斜は少なく楽に登れる。のんびりと登っていたが、それでも汗ばんでくるので上着を脱いで登る登る。
 25分で地蔵山見晴台に到着。津軽海峡が綺麗に見える場所だ。海がキラキラと輝いて綺麗だ。
 ここからは道は緩やかになる。少し歩いて地蔵山を探すが、この辺りは明確な高さが無いし、看板も無いので判断がしにくい。
 雑草に覆われている、それらしきところで写真を撮った。
 次に千畳敷に向う。ここは芝生の広場があり、気持ちの良い場所だ。今年の夏には日本一周のチャリダーあくげんた君と夜景を見ながらキャンプしている。
 千畳敷から高台に出て、寒川への道を探す。この寒川だが昔は人が住んでいた場所だが、今は誰も住んでいない。箱館戦争の時の明治2年5月11日の箱館総攻撃の際は、新政府軍が寒川から函館山に登って函館に進攻している。 この道があると言うので歩いてみる。小さな道が付いてあり、歩いて行くが笹が多くて道がだんだん不明確になる。
 途中の木の中に、火消布を掛ける鉄製の構造物がある。という事はここには道が有ったのだろう。
 さらに先に行くが道が分からなくなったので引き返す。
 元の道に戻ってきたら、女性の登山者に「何処からきたんですか?」と言われてしまった。この道は次回に探すことにして尾根の広い道を走る。
 向かい側から女性6〜7人の登山者が来た。「こんにちは!」と挨拶し通り過ぎようとしたら「カッコいい!」と叫ばれてしまった。
 この年寄りでかっこいいとは言われた事は無。少しい恥ずかしかった。その後、2人の女性登山者を追い越す。本当に女性が多いな。
 やがて入江山の入り口に到着。ここから細い尾根道を通って行く。途中には砲台跡がある。さらに行くと頂上に着く。
 頂上といっても特に高い場所ではない。写真を撮っていたら先ほど追い越した女性2名がやって来た。少し話てから戻る。
 下りは旧登山道を行く。従来は快調に走れたのだが、最近道に水を流す溝が出来たので、走りにくくなった。スピードは出せない。
 置かれている石が結構尖っているのだ。途中で前を歩いている女性から「この道はどこまで行くんですか?」と聞かれた。
 下の登山口まで出ますよと言ったら、では上の駐車場に戻るといって再び登っていった。函館山から下りて来たらしい。
 下りはあっという間に終わる。その後、のんびりと家まで走る。気持ちの良い一日だった。