庄司山 (2008.11.10) 天候 晴れ

狭い登山道だが、まだMTBと並列で歩ける

稜線に出てくる

頂上で・・

三吉神社の祠には鉄のわらじがある

函館市街地や函館山が見える

下りは少ししか乗れない
           函館近郊の山        
          コース : 蒜沢コース
 2008年も後、1ヶ月半を残すこの時なって、今年はMTB登山をしていないのに気が付いた。テレビ出演など多数のメディア対応が忙しくて、全くMTB登山には気持ちが向いていなかった。
 天気予報を見たら快晴だった。よし行こう!となった。
 この山は兎に角目立つ山なのだ。国道を走っていてもその特徴的な山の姿には直ぐに気が付く。
 この山は、松前藩がまだ館であったの時代に、新たな城を建設する事になったが、現在の松前城の場所は前が海で後ろが山と言う、地理的な条件が悪かったため、江戸から来た設計者が、ここ庄司山を進めた経緯ある。
 しかし、予算不足と箱館府が近くにある事から、現在の地になったが、ここに建設されていれば、箱館戦争も変わったかも知れない。
 第2砂防ダムまでの車道は左右から草が覆いかぶさり、新しい車なら来たく無くなる程だ。
 我が車は15万キロも乗った車なので、そんなに気にしなくて良い。
 車道もかなり荒れていたが、第2砂防ダムに到着。ここで、チャリを下ろす。久しぶりのMTB登山だ。
 第1砂防ダムまでは押して行く。途中で2ヵ所道が分かれるが、しばらく来ていないので考えてしまったが、感で選んだら、間違うことなく無事第1ダムに到着した。
 ここから橋を渡るが、グレーチングで作った2枚の橋は、取り付け部が川の水で浸食されて、1枚は川に落ちていた。もう1枚は岩の角にかすかに引っかかっていて、今にも落ちそうな状態であった。
 恐る恐る渡ったが、無事通過出来た。少し行くと登山届場所があるが、古くからの紙にはたくさん書かれて、スペースも無いくらいだ。
 全くメンテナンスは出来ていない。これが役に立つのだろうか?
 登山道は周りが笹になっているが、刈った跡があったので、少しは道幅が広くなっていた。MTBで登山の時は、幅が狭いと歩きにくいので助かる。
 道は山肌を回り込んで付いている。この時期とはいえ汗が出てくる。 途中から上着を脱ぎ、登るが汗は止まらない。予想気温は12度だが、日が出ているので気温は上がったのだろうか?
 道は稜線に出る。1時間2分でここまで来た。ここまで来ると景色も良くなり、函館山も見えてくる。
 ここから頂上までは稜線を直登になるので、MTBを押して登るのは辛くなってくる。
 毎日歩く事はしているが、しばらくMTB登山をしていないので、使う筋肉が違うのだろう。左足のふくらはぎが痙攣しそうになる。
 騙し騙し歩き、頂上に到着。1時間14分の登山だった。
 頂上の三吉神社の祠でお祈りする。ここの祠には鉄製のわらじが奉られている。
 自分の怪我した、足が良くなる様にお願いした。
 頂上は風もなく、気持がよかった。写真を撮ったりして過ごす。
 下りは、頂上に着いた時にメールしたので、返事が来たりして何度も止まったが、1時間10分で駐車場に到着した。

登り 第2砂防ダム8:20→8:31第1砂防ダム8:31→9:22稜線肩9:22→9:34頂上=合計1時間14分
下り 頂上11:00→10:10第2砂防ダム=1時間10分