■ 4月24日(火) ■ 明日PART-2&3スタート

こんな道具を作った。草履はこんな具合
 今日もいつも通り朝起きて朝食を済ませて、テレビを見ていたら、妻が珍しく早く降りてきた。
 「父さんさん、木無いかい」
 「木?、木と言っても色々あるよ」
 「木だよ」話しが全く噛みあわない。
 すると本を持ってきた。草鞋を作るのに必要な道具だった。もう冥途に行く準備かいと思ったが、口に出しては言えない。
 長さは1mで、角度も付いている。
 「板と言えば良いのに・・・・」
 板を探したら近い寸法の物が有ったので、加工して午前中に製作してしまった。
 今度は草履作りをするようだ。まあ忙しくやる事は良い事だ。
 午後からその草履に使うビニール系の紐が居ると言う。8mmの径だが何処に行っても6mmしかない。
 諦めて明日、手芸店に行く事になった。
 私の方は原口の祝賀会の日程が決まらないので、待機しているが、連絡がなかなかつかないで居た。
 今日の夕方ようやく連絡がつき、5月19日に行うと大幅に延びてしまった。
 そこで急遽明日、スタートする事に決めた。そうのこうのしている内に灯油が残り少ない事に気が付いた。
 明日入れなければ、私は当分居ない。そこで明日の午前中に入れる事になった。何かと忙しい。
 山仲間のSさんから紫芋の焼酎が2本、郵便受けに入っていた。嬉しいな。

 明日からのブログです。
 http://blog.mousan.com/
■ 4月23日(月) ■ パッキング終了
NO PHOTO  今日はパッキングをする。荷物をもう一度並べて見た。やはり宿泊関連が多い。テント、寝袋、マット、シートなどこれで殆ど占める。後は着替えだ
 PART-2,PART-3は食料の調達は良く考えないとならない。
 店の無い場所が多いので、良く考えないと空腹の辛い旅になる。
 準備は終わり後は再スタートをするだけだ。
 妻は畑を耕しに妹と出かけた。今週末は山に行くそうだ。我家は何時もそれぞれが自分に合わせて行動している。自由度があって良いな。
 夕方、娘から電話がきて長い時間話す。日ハム、コンサの話題が主だ。
 先日コンサが勝利して首位になった試合も見に行っているので、その話をした。
 そして日ハムの年間会員で野球のファンでもある。孫の瑞葵は何時も野球やコンサの試合を見ているから、私より選手の名前を知っている。
 応援だってジャンプしながら乗り乗りで応援する。まだ2歳8ヶ月でこれだけスポーツを見れて幸せだ。
■ 4月22日(日) ■ キャリアの修正
NO PHOTO  昨日、某法人から不採用の通知が来ていた。駄目元で出したのだが、面接も無いのは凄く不満だ。
 パソコンが出来る人だから当てはまるのだが・・・。 どうやら最近年金の支給年齢の延長で定年は65歳までの傾向になってきており、政府は雇用条件に65歳までを明記するようにしているらしい。
 そこで法人はそのような表記にしているが、年寄りは実際に採用する気は無いのだろう。
 キャリアの修正をする。一つは取れた前輪。砂原辺りで取れたのだが全く気がつかなかった。でもそれ程の不自由は無かった。後は前輪のシャフトの軸が忘れて固定されていなかった。これも固定した。
 さらに背負う位置が低すぎたので5cmくらい上げた。するとぴったり合った。これで後半は行こう。
 PART-1を歩いて、土方隊の行動が、今まで本を読んでいただけよりも明確になった。
 歩いてみて初めて分かる事かな。机上では分からない。後半も楽しみだ。
 ここで後半を歩くまで日にちが空く。これは2つの理由があり、一つは原口(土方隊が蛸の酢味噌和えに毒を入れられた場所)で旧道探して世話になった。
 「原口ロマンを語る会」の祝賀会があるので参加しなければならない。
 桜や松を国道沿いに植える活動が評価され「日本桜の会」から全国表彰される。
 後は、福島町の旧道を歩くイベントに2年参加していて、これに合わせて函館から歩きたい。この二つの理由で延ばしている。
 今回の旅では一番困るのが食料で、なかなか店の無い場所が多い。テントを張る場所は最初からキャンプ場など無いので覚悟はしていたが良い場所を見つけられた。
 自転車日本一周の経験が役にたっている。キャリアは使ってみて最高だった。歩くのは凄く楽だ。平均速度は4.6〜4.8km/Hrで歩ける。
 普通に歩くのと変わらない。15kg位の荷物をバックパックで歩くのは年配の長旅には相当厳しい。これなら幾らでも歩ける。でもそんな長旅するリタイヤ組って居るかな?
■ 4月21日(土) ■ PART-1 終了〜家まで

たくみこうじさん。撮影はプロのカメラマンが撮ってくれた。
張り切る妻
 5日間の歩き旅も終了した。多くの人と会え、新しい道の発見もあり、無事五稜郭に到着した。
 帰り道、全国を車で寝泊りしながら演歌を歌い、CDを売ると言う事を続けていた、演歌歌手「たくみこうじ」さんがいた。
 自ら旅人と名乗っている彼に興味があり、彼のCD「ありがとう函館」も持っている。
”夢を叶えにひとり旅立つ 想いを伝えて宗谷岬まで すばらしい人との出逢いを求めて 日本一周歌の旅」という歌詞に、自転車で日本一周した時の想いがよぎる。 彼は旅を終え、函館に永住を決めた。
 記念写真を撮って、家に向う。途中の本町に、市議選の候補者がおり、又うるさいくらいに感じていたが、連呼で無く、演説していた。
 今日まで旅の中、連呼は飽きるほど聞いてきた。それで嫌になっていた。
 所が側を通ったら、私に気がつき声を掛けてきた。「歩いているの! 凄い」と・・。
 この人は気がつく人だなと感じた。彼はどんな人か分からなかったが、周りにはテレビカメラが回り、取材している。
 彼とも分かれ、少し歩いたら、又話掛けられた「歩いているんですか? いくつですか?」さらに色々聞く。
 「え〜面白そうですね」そして「取材出来ませんか?」と言い、「何何君 話して」と若い男性を呼んだ。そして今取材しているんで済みませんと、候補者と一緒に居なくなった。
 若い男性が名刺を渡した。HTBと書いてある。テレビ会社だ。「後で連絡します」と言って又取材現場に戻った。色々あるんだ。
 家に着いたら妻がご苦労さんと迎えてくれた。そして風呂に浸かり、2人で乾杯する。
 その後テレビを見ていた。妻は犬の狂犬病の注射に出かけた。
 終えて帰ってきたと思ったら、妻の妹が来て、「ご苦労さん」とビールと肉を差し入れてくれた。
 今日の夕食は肉だ!と思ったまでは良かった。
 妹が市から借りた畑を見たいと言うので、私も車の後ろに乗って見に行く。そこで終わりと思いきや、「おとうさん、焼肉には行者ニンニクだよね。お父さんの知ってる場所に行こう」となった。妹も「行く行く」となり、車で30分も走り、又山中を歩く。
 足がきつい。そして行者ニンニクの群生している場所に行って、僅かの間に沢山取れた。
 帰って焼肉。食べて飲んで、一気に疲れが出て、そのまま寝てしまった。
■ 4月17〜20日 ■ 「蝦夷の道」を歩く
NO PHOTO  詳細は全旅終了後、旅日記で報告致します。
■ 4月17日(火) ■ 土方歳三「蝦夷の道」バックパッキング
NO PHOTO  今日は快晴だ!
 いよいよ出発する。リアルタイム旅日記はブログで・・・。
       http://blog.mousan.com/
■ 4月16日(月) ■ 北海道新聞の取材

土方歳三最後の地碑
 10時半に時間通り館山さんが取材にやって来た。スキーの大会などで取材しているので、こちらは知っている。ゲストハウスの囲炉裏の間で話す。
 土方歳三の道を調べる事になったいきさつから始まり、次々と取材された。最後にキャリアーと一緒に写真に納まり終了。
 ゲストハウスにも興味があったようだ。そして250km歩いたら、又取材をお願いしますと言われた。
 これは完歩しなくてはならないな。
 午後から函館駅まで歩いて行く。電車の時刻を調べるのだが、JRのHPにも載っているので行く必要も無いのだが、天気が良いので散歩も兼ねて歩いて行く。
 途中土方歳三最後の地碑で旅の安全をお参りして函館駅に行き、帰りは函館バスで時刻表を貰って帰る。
■ 4月15日(日) ■ 濁川温泉市に行く

寒いのに並ぶ
 妻と妹で濁川の温泉市に行く事になっていたが、妹は旦那と行く事になったと朝にぽつんと言った。
 2年も行ってたので、楽しみにしていたのだろう。それなら俺が乗せていくよとなり、張り切って出発。
 何時もは静かな車内も今日は話も滑らかだ。まだ時間が早いと言うので、昆布館に寄る。十分試食をして、昆布巻き用の昆布を買う。身欠ニシンを煮込んでこの昆布に包めば美味しい。
 温泉市に着いたら1番乗りだ。少しして係りの人が来て整理札を渡す。7番と8番だ。まだ前に居たんだ。11時半に整理券が出たのが、販売は2時だ。
 近くのカルデラ温泉に行く。ここは良くそうが沢山あってのんびり出来る。
 その内妹夫婦もやって来た。4人で食事を取ってのんびり。妻と妹は生ビールを飲んで上機嫌だ。
 やがて販売時間だ。整理券が有っても妻は並ぶ。そして知らない周囲の人と何番だと比べあったり。まあまあ楽しく過ごしている。
 私は整理券はあっても多分買わない。時間が来て順番に入る。100番までは記念品も出るそうなので、私も入る。
 トマトときゅうりを貰えた。妻は両手に抱えきれないほどの野菜を買っていた。
 車に戻る途中、そんなに沢山買ったのだから達成感があるだろうと言ったら、やはり重いので持ってくれとなった。
 車に戻ってトマトを食べるがやはり採りたては美味しい。帰りにおばあちゃんの好物のコイの洗いを買って帰る。帰りの車内は日ハムが大量得点で盛り上がって帰る。
■ 4月14日(土) ■ ゲストハウスの居間も完成?

板を張った居間はさらに田舎風になった
昔風の物入れに帯と人形で飾ってみた

囲炉裏の上にイカも増えた
 昨日の残りの、ラッカーの上塗りを行う。シンナーの匂いが充満し、あ〜酔いそうな感じだ。
 乾く間は何も出来ない。妻も妹と出かけてるので、つなぎの作業服を返品に行く。Lを買ったのだが、全く入らない。昨日ホームセンターでMとLとLLを比較したのだが、殆ど変わらない事に疑問を持っていたのだが、ついLを買ってしまった。
 家に帰って着たらお腹部分が入らない。妻は最近太ったからと言うが、それだけでは絶対に無い。サイズが殆ど変わらない可笑しな、作りなのだ。
 ホームセンターに行ったらスキー部の仲間が居てしばらく話す。
 つなぎは違うメーカーのものを購入した。今度はしっかり試着したから大丈夫だ。
 家に帰って、妹がお兄さんにと置いていったカツサンドを食べる。美味しいな。昼は一人になるんで気を使ってくれたんだろう。
 午後から妻達が帰ってきた。映画に行ったそうだ。珍しいな。妻は何十年ぶりだろう。
 その後は、妹の行った四国遍路の話しを聞いて、盛り上がる。
 夕方ニスが乾いた頃を見計らって、CDのセット他を色々やって、良い雰囲気になった。
 JAZZのCDを掛けながら、一人雰囲気に酔う。良いな静かな古風な雰囲気の中で聴くJAZZは最高だな。それともシンナーに酔っているのかな?
 これで居間も完成だな。次の大仕事は外壁だ。デザインを考えなくては・・・。
■ 4月13日(金) ■ 床の固定と塗装を完了
 昨日は珍しく、妻と飲むか!となった。日ハムの試合を見ていたが、どうも打てなくて歯がゆい。そこで酒に走った?訳だ。
 2人で結構飲んで、私は8時頃に布団に入り寝てしまった。
 お陰で朝の4時には目が覚め何時ものCD製作を7時までやり、その後はゲストハウスの改造。板を切ってビスでの固定の繰り返しだ。
 結局80枚近くの板を張り終えた。最後にオイルステンを塗って古めかしいデザインにした。
 今までの青い絨毯に比べてより昔風の感じだ出せたので良かった。
 後はこの上にラッカーを塗れば終了だ。
■ 4月12日(木) ■ ゲストハウスの床改造

現在はクロスだが汚れている

板を並べて見た

妻の部屋に出来立ての製品が沢山あった
 今日は12日になるが、歩き旅の日程が決まらない。理由は天候待ちなのだが、その他にも色々ある。
 峠はまだ雪なので、先に松前〜江差をあること思っていたが、そこに毎年参加している、福島の旧道を歩くイベントの案内が送られてきた。
 するとこれと連動して、森の鷲ノ木をスタートして、10日目に福島のイベントに合流しようなどと考え出した。後1週間もすれば雪も融けるだろうと言う読みだ。そんな事からまだぐずぐずしている。
 春からやる事になっていた、居間の床張り工事に取り掛かる。
 まずはホームセンターに行き、2×4の材料板を80枚購入し、久し振りに稼動したフレンディに積み込む。
 2×4の欠点は板の品質が揃っていないことだ。その為1本ずつ良く見て餞別しながら、買わなければならない。80本となれば相当時間が掛るのだが、幸い沢山の在庫があったので、集める事が出来た。
 家に帰って並べてみる。普通に敷けば簡単に終わるのだが、妻も来てあれこれデザインしてみる。妻はパッチワークが得意なので、パッチワーク風に並べたらどうかと提案するが、なかなか複雑で手間が掛りそうだ。しばらく妻の提案を、実際どうするか考えたが、やはり難しい。
 そこで少しオリジナル製を持たした形で施工する事に決定。
 今日は板を少し並べる程度で終了した。
 妻の部屋に行ったら、パッチワークの完成品が沢山あった。最近部屋に閉じこもって、何か熱心にやっていると思ったら、こんなに沢山作ったんだ。
 その内1製品をパチリ。
■ 4月11日(水) ■ CD製作の日
NO PHOTO  今日は朝早くからかなりの時間パソコンに向ってCDの製作をした。妻もパッチワークの製作で部屋に閉じこもりだ。同じ家の中にいてもたまにしか会わないと言う情景になっている。
 お陰でかなり仕事は進んだ。しかし目は疲れるのと精神的にはいらいらする。
 これでは駄目だとウォーキングに出かける。やはり外は気持ちが良い。図書館まで歩いて、ここで新聞を読み、再び歩く。
 帰りは大森浜の浪打際を歩く。久し振りの海はすがすがしい。
 家に帰って日ハム対オリックスの試合を妻と見る。今日は楽勝だった。
 試合中東北を自転車旅しているきよさんからメールが入り、今日は150km走ったそうで、膝ががたがたで、おまけに寒さも相当でかなり参っていた。
 予定した温泉までたどり着いたら温泉は休みで更にショックが大きかったようだ。
 近くの川原にテントを張るそうだが。風邪引かないように・・・。
 野球は娘も見てるので、試合中は何時もメールが行き交う。「おとうさんのリックにつけてる「誠」のグッズ何処で買ったの?札幌ドームにもいるよ」と言ってきたが、この誠は日ハムの田中誠の応援に結構使われているのだ。
 「今度函館に行ったときに見に行くよ」となった。
■ 4月10日(火) ■ パッキング完了
 昨日は早く寝たら、午前2時に目が覚めた。仕事が無い特権で、起きてパソコンに向う。4時までやって、再び寝て7時に起きる。
 そして朝からリックへのパッキングを始める。しばらく旅していないと、物が何処に行っているのか見つからない。
 テントのペグ、ゴムのり、ワイヤー鍵などが無くて探す。夕方までに何とかパッキングを終えた。
 最後に旅のプレートを作って終了。
 土方歳三「蝦夷の道」のPART−3の松前〜江差までをまずは歩こう。
 他はまだ山に雪が残っているので後にする。今週は天気が悪いので後半に出発かな?
■ 4月9日(月) ■ 今日ものんびりの日
NO PHOTO  午前中は病院に行って薬を出してもらう。何故か何時も月曜日は人が居ない。他の曜日は凄いのに・・。
 直ぐに薬を出してもらい、薬局で受け取る。今日も何となく気が乗らない。妻とまるかつの寿司屋に行く。割引券があるので使おうと言うわけだ。
 入って席に着いたら、女の子が少し待って下さいと言って何処に行って戻ってこない。
 黙って見てたらその用事も終わってただ立っている。来た時に呼んで、何で来ないの?と文句。忘れているんだろうか。注文して舞っていたら、他のボックスの若い男の子がその女の子に、来てくれるようわざわざボックスを出てきた。やっぱりあの子は駄目だ。
 注文の物がやって来たが妻のだけがかなり待っても来ない。別な女の子に行ったら、注文書を見て首をかしげている。その子が厨房に入って戻ってきたら直ぐに物が来た。きっと注文が出てなかったんだろう。
 その後久し振りにデパートに行く。これから温泉に行くので、夕食は持ち込んで温泉で食べようとなったのだ。弁当を買って、本を買って温泉へ行く。
 妻はかなり長風呂。ここは無料のマッサージ機があるのでやってるんだろう。それでも本があるから幾ら長くても構わない。
 秋田に行ったきよさんと連絡が取れなかったが、ようやくメールが来た。ショートカットした山越えが10km行って雪で行けなくなりまた戻ったそうだ。そして友達に迎えに来て貰って無事秋田に到着した。
 秋田はあられが降っているそうで寒そうだった。
 今日新聞に載っていた求人に応募し、履歴書を送る。駄目もとで送った。50歳から65歳まででパソコンのできるかただった。
 社団法人の募集なのだが・・・。
■ 4月8日(日) ■ Aさんが出発ー疲れを癒す
NO PHOTO  朝はさすがに遅かった。昨日は相当飲んだので二日酔い気分だ。皆で朝食を食べ、10時過ぎにはAさん夫妻が登別に向けて出発した。これから家族が登別に集結する。
 私は4日目の宴会続きで、何か疲労感が残る体に鞭打ち、キャリアの手直しをする。今まで使っていた軸の合成が弱いので、鉄系からSUSに変更する。これで様子見だ。
 その後もだらだら過ごし、午後から日ハム戦を見る。コテンパにやられ一層調子が落ちる。
 青森から秋田に向ったきよさんは「河北林道」に急遽挑戦し協和温泉に抜けるとメールが来たが、その後メールを打っても返事が来ない。大丈夫なんだろうか?携帯の圏外なのかな?
 夕方温泉に行く。指が痛いのと、肘の皮がむけている。酔ってどこかにぶつかったのだろうか。
■ 4月7日(土) ■ まだまだ来客が来る

きよさんと記念撮影

カツ丼は美味しかった
 朝、ゲストハウスに行ったら、きよさんはもう外にいて出発準備が完了していた。
 外は小雨だったが、青森に向けて出発していった。 何かうらやましい気持ちが湧いてきた。適当な時間に出たのだが、直ぐ出るフェリーがあって乗れたそうだ。
 その後は、キャリアーの一部を変更するので部品を買いにホームセンターに行き。
 家に帰って昼は何故かカツ丼が食べたくなって作る事にした。今日は妻だ外出しているので、料理が出来る。自分ながら美味しいカツ丼だった。
 お腹も一杯になったので、谷地頭温泉に行ってすっきりする。昼なのに結構混んでいる。殆どがお年寄りだ。
 夕方札幌のA夫妻がやってくる。早速宴会の用意をして始める。
 今日で4日も連続して人が宿泊してくれた。人が来てくれるのは本当に楽しいし、嬉しい。
 宴会は大いに盛り上がり、楽しくて楽しくて、何時に寝たか分からないくらいだった。
■ 4月6日(金) ■ きよさん2日目

函館山はリスが沢山いる
 昨日の夜は大騒ぎだった。トイレが詰まってしまった。原因は私がもものトイレシートを水洗に流した事に始まる。何度もトライしたが水は流れず、工具はゲストハウスにあるので、きよさんを起こしたが全く起きない。 今分かれたばかりなのに・・・。
 仕方がないので今日やろうと言う事になった。朝起きてまずはトイレを総て外す。でも詰まった紙は既に無い。
 そこで外の配水管をチエックしたら水が溜まっている。こことトイレの間にある配管内に間違いないだ。
 パイプをつないだ棒で突っついたら、水が少し流れ、やがて量も増えてきて、その内トイレシートも流れてきた。朝から大変な仕事だった。
 今日はきよさんと函館山に登る。車で登山口まで行って、ゆっくりと話しながら登る。天気も良く持ちが良い。
 頂上で景色を堪能してから、砲台跡を見て半周位して下山する。リスがあちこちで見られた。
 その後は観光スポットを回って帰宅。夕方からの食事は今日もキムチ鍋だ。やはり安くて美味しい。
 8時まで飲んで今日は終了した。明日きよさんは東北のチャリ旅に出る。
■ 4月5日(木) ■ 終日会話の日
NO PHOTO  朝起きてから、昨日の余りのキムチ鍋をつつきながら、Aさんと話しが続く。
 10時過ぎにはきよさんが到着して3人で、又色々話す。昨日の大沼は雪が降ったそうできよさんの写真を見せてもらったら、テントに周囲は雪で真っ白だった。寒そう!
 昼にAさんが帰った。きよさんとまたまた話こんいたら、札幌の美穂さんからメールが来る。
 も〜さん7日に友達と行きたいが都合はどうですか?と来た。直ぐにOKの返事をした。
 午後きよさんの買い物に付き合い。これから東北までチャリで走るのだが、現在の衣類では問題ありで、ユニクロで調達。さらにやまだ電気でバッテリーなどを購入して買い物は終了。
 これで秋田までのチャリの旅の準備は完了した。夕方谷地頭温泉に行って、夜は妻の手料理を食べながら、さらにわいわい。10時まで話す。
■ 4月4日(水) ■ 函館に戻り宴会

雷電海岸刀掛け

石川原
 朝方は寒かったので思わず目が覚めた。やがて日が出てぽかぽかしてきたので、また寝てしまった。
 窓ガラスを叩く音で起きたら、きよさんがテントも撤収し終えて出発準備が整っていた。
 朝ご飯はセブンイレブンの弁当を車内で食べて、8時にきよさんが出発。
 私は函館に戻る。途中鷲ノ木で調査した事があり停車。漁港に車を置いて歩く。鷲ノ木の海岸を森まで歩く事にする。ここは箱館戦争で使った海岸の道になる。石川原と言う岩のごろごろした海岸も確認できた。
 更に額兵隊隊長の星恂太郎が読んだ漢詩に「砂原岳に月が出ている」情景が描かれていたのだが、普通は駒ヶ岳になるのに何故砂原岳なのかなと思っていた。
 それが理解できた。石川原からは正面に砂原岳が見え駒ケ岳は右手の土手で見えないのだ。
 これでこの道を歩いた事が分かった。嬉しい発見fだ。終えて漁港に戻って携帯電話を見たら、昨日の夜Aさんから電話が来ていた。
 直ぐに電話したら、今日伺いたいとの事だった。急いで函館に戻る。
 直ぐにスーパーに行き、酒ときむち鍋の用意をする。やがてAさんが来て、一緒に温泉に行き、すっきりして帰って大宴会。楽しい話しが遅くまで続いた。
 きよさんは今日、チャップリン館、付近でキャンプし、明日我家に来る。
■ 4月3日(火) ■ 大沼一週&きよさんと合流

スタート前に

東大沼キャンプ場

きよさんと道の駅駐車場で
 今日はキャリアーのテストをする。近場だとつまらないので、車に積んで大沼に行く。
 快晴の天気だったが大沼から吹雪になる。
 白鳥のいる所の駐車場に車を置く。雪が止んで日も出てきたので、左回りで歩く事にする。
 舗装路を少し歩いてから、公園内の遊歩道を歩く。雪がまだ残っていたが、MTBのタイヤは難なく進む。
 途中でカップルが・・台湾か韓国の人だろう。挨拶したが言葉では返ってこないで、うなずいた。そして怪訝そうな顔でキャリアーを見る。
 大沼公園を抜けた辺りから吹雪になる。帽子を被って来なかったので頭から濡れる。
 もくもくと進んでようやくキャンプ場に着いた。この辺りから天気は回復した。
 キャンプ場の芝生は乾いていたので、部分的に吹雪いていたんだろう。
 キャリアーの調子は、直進性は直って具合が良い。手で軽く押すだけなので普通に歩くように進める。
 ただ車軸が少し弱い感じだ。少し曲がったがそこで落ち着いてしまった。
 さらに残り半周を回る。天気が良くなり歩くのも気持ちが良い。
 後少しで終わる頃きよさんからメールが来る。実はきよさんが札幌から自転車で函館に向けて走っているのだ。予定では長万部まで来る予定だったが、久ぶりのチャリはきつくて、岩内までしか来れないとのメールだった。
 それなら岩内に行くよと返事して、残りを歩いて車で出発。岩内までは100kmくらいかな。
 車の少ない日本海の道を快調に走り、岩内のバスターミナルに到着。久し振りの再会だ。
 まずは飯だ。道の駅の駐車場の隅でジンギスカンをやる。飲み物は芋焼酎のお湯割りだ。
 始まって少ししたらいきなり霰(あられ)が降って来た。寒い中でのジンギスカンだが、お湯割り焼酎が身体を温めてくれる。
 終わってから直ぐに寝る。きよさんはテント、私は軽4輪車の後部に寝る。
■ 4月2日(月) ■ キャリアー改造&温泉

こんな具合になった。これでテストだ。
 郵便が来た。先月受けた成人病検診の結果だ。内容は、尿酸が少し上がってきた。脂質はまだ多い。最近運動不足だからかな。緑内障の疑い??これは何だ。WEBで見たら視野が狭くなるとの事だが、病院に行った方が安心か?
 そう言えば昨年から本の制作CD制作とパソコンには6〜7時間は向っている。確かに目が疲れている。やりすぎなのかな?
 
 南茅部町の温泉がリアールされたので行って来る。確かに綺麗になったが、温泉に入る前に露天は階段があるので注意して下さいと皆に言っている。
 乳白色の浴槽の階段は見えず、手摺も無い。若い人も恐る恐るい1段づつ入る有様だ。露天は以前は大きいのが一つだったが、小さいのが2つになった。周囲も狭く凄い圧迫感がある。露天間は屋根の桁が低くぶつかるくらい。ここは通らないでの張り紙が・・。
 天井も低く露天の開放感が無い。前の露天の方がよっぽど良かった。入っていた人が皆言っていた。
 休憩室は暖房が無くなった。寒いので落ちつかない。上がって直ぐに帰宅する。
 帰りに商工会議所に行って、函館検定の合格グッズを購入。バッジとプレートホルダーだが妻がお祝いにと買ってくれた。
 家に帰ってキャリアーを改修。何とか出来上がった。雨なのでテストは明日だ。
■ 4月1日(日) ■ 函館検定合格

安い分、身は少なかった

後ろにこのように追加した

合格証
 函館検定の合格通知が来た。合格率は60代が最高だった。やはり人生経験が豊富なのか?観光マスターとしてボランティアやビジネスに活用できるだろう。
 今製作しているCDが完成したら、箱館戦争の土方歳三に関するガイドもやりたい。2年も調査したのでマニアックな場所も多く知った。先日も大阪から来た土方ファンの女性を松前〜江差まで案内したが、行けない場所に沢山行けて良かったと言ってくれたが、彼女のほうがまだ箱館戦争については詳しいな。
 秋には上級試験が行われるが、受験料は5000円と高いのがどうするか考えさせる。
 
 昼に函館菜園の抽選会に行く。妻と妹が借りて家庭菜園をやるそうだ。新たな借り手希望が33人来ていた。やがて抽選が始まる。1番・・・。2番・・当たった!。妻は2番を引き当て、良い場所をキープした。
4月20日から使えるので楽しみが出来たろう。
 
 家に帰って日ハムの応援。勝てない日が続いているので、景気付けに酒でも飲みながら観戦しようとなった。スーパーで毛がにの足が沢山入って580円と安かったので購入。
 前半は良い勝負だったが、お互いに点は入らない。酒が切れたので追加する。そうしたら点が入ってきた。
 結局試合は地元初勝利だった。応援は酒を飲んで気合を入れてやるに限るな。
 
 終わってからキャリアの改造。アームの位置を仮に取り付けて、外にもって行き歩いてみた。今度は良さそうだ。車軸の真上にハンド部分があったので、敏感に車輪が左右に動いたのだろう。手の部分を後ろに30cmくらい下げたら安定した。
 これで行こうと、家に帰って正式版で作る。後は前の車輪の直線性が悪いので、これも改良しよう。
 

<<前月へ     翌月へ>>

ホームページトップ