■ 12月31日(月) ■ 大忘年会
NO FHOTO  毎年妻の実家で行っていた恒例の忘年会は、遂にホテルでの開催となった。
 年寄りや障害者がいるので、普段使っていない家は冷え切っているし、仕度も大変だとなってきた。
 皆年取ってくると、億劫になってくる。今年は私たちの他に妻の母、娘夫婦と孫、妹夫婦と台湾から娘と孫、義弟、義弟の長男夫婦と子供2人と総勢15人が集まった。
 それぞれがホテルにチエックイン。私たち夫婦は義弟を迎えに、施設に向う。
 昨年までは歩けた義弟も今は車椅子になった。私達も介護ということの大変さは感じている。普段は施設の方でやるので、苦労は無いのだが、何処かに連れ出すとなったら、やはり大変だ。それでも本人が喜ぶ姿を見たいので、やらなければと積極的にやっている。
 全員がホテルにチエックイン。それまでの間、温泉に入ったりして過ごし、夕食はおばあちゃんの挨拶で開始した。子供が4人もいるのでやはり、子供が主役になる。
 楽しい食事も終わり部屋で宴会。紅白歌合戦を見る人K-1を見る人、それぞれが飲んで話して時間があっと言う間に過ぎる。
 除夜の鐘を聞いたかどうかも定かでないくらい酔って、いつの間にか寝てしまった。
■ 12月30日(日) ■ 後二日
NO FHOTO  年末も押し迫ってきた。朝から灯油の補給や車の洗車をして、しめ縄を飾ってなど、正月を迎える準備をしたが、午前中で終わった。
 毎年作る孫の瑞葵のカレンダーだが、カレンダーはとしては出来ているのだが、印刷が不調だ。
 赤の線が入り、どうしょうも無い。年賀状の印刷の時も出たが、又直ったので、印刷を始めたら駄目になった。
 我家は自分の物は自分で買うが原則なのだが、遊んでばかりいる、自分は資金難だ。
 そこで妻に「カレンダーが出来ないんだ・・」「赤い線が入っても良いかな?」「娘の旦那の両親にはそんなカレンダーはやれないよね」等など言い訳を作って、何とか購入して貰える事になった。
 早速買いに行く。今まではエプソンだったが、どうも線が入るトラブルはエプソンの特徴らしい。
 WEBで見たら、人気の1位2位はキャノンだった。そこで今回はキャノンのMP610にした。カラースキャナーもコピーも出来る。
 さらに両面印刷も出来るので本つくりには最高だ。早速セットアップしてr印刷したら、顔料が入っているので写真は』綺麗だ。
 明日とあさっては大寒波の予想だが、2日間ホテルに宿泊になったので、だらだら過ごせる。
 正月の準備をそれ程しなくて良いのは楽だ。
■ 12月29日(土) ■ 疲労回復は温泉で
NO FHOTO  全身が筋肉痛だ。それにポールに当たった、腕や肩が痛い。今シーズン一番多く滑ったのだから当然だ。
 でも年々俊敏さが無くなって来ている。それとスピード感も以前よりは早く感じる様になって来ている。
 そのため、ポールに入っていても余裕が無くなっている。年取った分仕方が無いのかな。
 でもスキーの技術は上がっているので、まだ救われるかな。
 ここのスキー場には、60歳以上の人はゴンドラに1人で乗車出来ませんと書いてある。60歳ってそんなに危ない歳なのかな?
 そろそろ付き添いが必要なのかも?(笑)

 今日は台風並みの強風と豪雨になったのでスキーは中止。朝からスキーのチューンナップ台のセットを行い、ついでにスキーの滑走面のリペアをする。
 これからは毎日ワックスを塗ったり、エッジを研いだりする作業が始まる。時間も掛りなかなか大変な作業だ。
 午後からは温泉に行く。風と雨の中屋根の無い1人用露天風呂に入る。雨が肩に当たって痛いくらいだが、これも修行だ何て、思いながら入浴。馬鹿みたいだな。2時間ゆったりと入浴して、気分的には疲労回復になった。
 帰りに人気の店で手羽先買う。小さなおばあちゃん達がやっている店で、安くて美味しいのだ。手羽先以外にも、おかずや弁当もやっている。安いし人気なのだが、最近テレビで放映されたら、凄く混むようになった。
 帰ってビールを飲みながら食べる。半分は明日にしようと言っていたのだが、美味しくてついつい全部食べてしまった。
■ 12月28日(金) ■ 激しい練習
NO FHOTO  明日から天気が大荒れになるのと年末と言う事もあり、ポール練習は今日が今年度最後になる。
 早速ポールセットし練習に入る。早速コーチから右ターンで外足に乗り切れていないので、腰が回りスキーがずれてると指摘される。
 ゴンドラ乗り場まで、左外足に乗る練習をして下る。フリーでは良い感じなのだが、ポールに入ると上手く行かない。
 2本目は外足に乗れたが、ターンが回しすぎるので、直線的にポールに入るよう指摘される。
 3本目はポールに当たって行くぞ!と滑ったら、良い感じになったとようやくOKが出る。
 プロテクターを着用してこなかったので腕が痛い。
 今日は高校生の優が来たので、フリーの時は彼の後ろを滑る。やはりスキーの切れが良く、シャープに曲がる。3回程付いて滑ったが、段々とターンのイメージが湧いてきた。何しろ中学では全国大会出場したのでレベルは高い。
 
 昼食後も練習を重ね、7本滑って終わりの時間が来た。今ポールを張っている場所はゴンドラを降りて直ぐの場所で、そこからポールに入り、さらに3.5kmくらいを目一杯滑るので、かなり体力的には厳しい。
 最後のポールは遅れ気味になり、ポールから離れがちになった。
 全身が疲れているが良い感じになったので、気分は良い。
■ 12月27日(木) ■ ぼけもここまで来たか・・
NO FHOTO  今日は全道中学校スキー大会の道南の予選の応援に行った。
 レースを見ていたら、娘から電話が来た。「お父さん!どうなっているの?」とか言ったかな。
 実は娘に孫のミニ写真集を送ったのだが、何とその宛名は、毛利で送ってしまった。娘は3年前に結婚して清野に名前は変わっているのに、すんなりと毛利と書いてしまった。
 郵便屋さんが恐る恐る?ここに毛利さんは居ますかと来たらしい。住所は合っているので尋ねたのだろう。郵便局もなかなかやるではないか。以前だったらお尋ねの住所に、名前が見当たりませんで帰って来たかもしれない。
 午後からはポール練習。右ターンで外足にしっかり乗れない。左は効き足で無いので弱いな。フリーだとしっかり乗れるが、ポールに入ると出来ない。
 最後までポールを抜けなくて良いから、ポールの中で、1つでもトライして見たらとコーチ。
 分かっているんだが・・・。動かないで木偶の坊のように、立っているだけのポールなのだが、どうも気になる・・。
■ 12月26日(水) ■ 七飯歴史館で半日
NO FHOTO  何とどじなんだろう。昼に家を出て桔梗で車を代えてスキーに行こうとしたら、車の鍵を持って来ていない。
 戻ったら滑る時間も無くなるので、諦めて七飯歴史館に行く。ここで夕方まで資料調査をする。
 七飯歴史館は古い資料も多いのでしい。4時間はあっと言う間に過ぎて家に帰る。
 明日は中体連のスキー大会があるので見に行く。
■ 12月25日(火) ■ 半日スキー
NO FHOTO  今日もスキー。天気は快晴でゲレンデも絶好のコンデション。きっちり圧雪されているし、平日なので人は少ない。
 今日はターンの練習をやろうと決めていたので、最初は一気に滑らず、10ターンくらいづつ区切って行った。
 課題は外足にきちっと乗る事と、適度な外向姿勢をとる。両足の開きはなるべく広く取る。の3点を注意して滑った。
 バーンが良いので、感じ的には上手く滑れている感じがする。ズレも少ないが、外足に乗る時の荷重の安定性が毎回同じではない。
 これは繰り返しやるしかない。昨日は初滑り的だったので、一日滑ったら筋肉痛になった。
 その影響で午前中滑ったら、かなり効いてきたので、無理せず切り上げる。
 家に帰って、郵便物や荷物の発送をする。最近はお客さんへのCD送付や本の送付で何度もヤマトに行くのですっかり顔馴染みになった。
 夕方から久し振りの温泉。帰ってあれ!そう言えば今日はクリスマスだ。でも我家は何時もと全く変わらなかった。
■ 12月24日(月) ■ ポール練習
NO FHOTO  今日から倶楽部のポール練習なので、出かける。初日はポールをゲレンデの上まで運ぶので、朝のまだ明けない、6時半には出発して、スキー場に向う。
 天気は雨だ。気温も5度くらいになりそうだ。こんな天候でスキーは出来るかなと思いながら大沼のトンネルを抜けたら、凄い量の雪だった。
 川端康成の「雪国」の一節そのものだった。雨がみぞれに変わって来た。
 スキー場に着く頃には雪に変わり、これなら大丈夫と安心。スキー場は30cmくらい降ったのだろう。これなら今年は雪の心配無しに滑れそうだ。
 ポールはスキー場のスノーモービルで運んで貰い。その他の荷物を持って一番のゴンドラで上がって、直ぐにポールセット。
 今週の27日に中体連があるので、ジュニアが多い。それに殆どが初ポールだ。
 私はまだ今年2度目のスキーなので、フリーを中心に滑る。ポールは2本しか入らなかった。
 それでも長い距離を一気に滑るので、太腿はぱんぱんに張って来た。
 我慢して滑って3時には終了。ゴンドラがこの時間で停止する。
 家に帰ったら疲労感で一杯。食事して、テレビも見ないで寝てしまう。

 今日函館市役所のIさんと話し、来年の「湯川温泉のオンパク」に登録する話しが纏まりそうだ。
 オンパくは別府温泉が発祥で、観光客の落ち込みを回復させるために、多くのイベントを開催するものだ。各種体験学習・旅館の料理作り・女将の日本舞踊などなど沢山の項目があり、その中には各種ガイドも含まれる。
 それらの項目をお客さんが選択し、有料参加する事によって、滞在型観光を目指そうとするものだ。最近は人気があり、定員オーバーになるものも多い。
 私は「箱館戦争と土方歳三」のガイドで登録をしようと考えている。現在の登録項目には無いので、良さそうと言ってくれた。
 色々な準備があるので、来年の秋のオンパクからかな。
■ 12月23日(日) ■ 競馬&本作り
NO FHOTO  義理の妹から有馬記念の投票券を買いたいが、分からないと言うので、一緒に行こうとなり、競馬場へ行った。私も始めての様な気がする。
 競馬・競輪は何時やったか覚えてないくらい昔にほんの少しやったくらいだ。
 券の購入も全く分からないが、掛りの人が親切に教えてくれるので、心配はいらない。
 中は凄く綺麗で、ゆったりしている。休憩室はあるし、シルバールームもある。中は熱すぎるくらい暖かい。これなら弁当とお酒を持って来て、競馬を楽しむのも悪くは無いな。
 妹は3種類3000円分購入。私は買わない。妹が当たったら、夕方焼肉に連れて行くとなったが、結果は外れだった。残念!
 競馬場からの帰りに、自然倶楽部に寄る。ここは山用品がおいてある。
 以前はここの社長とは仕事の関係で良く知っている。話すが最近は物が売れないらしい。ツアーガイドで何とかやっているそうだ。
 GORE=TEX等はどんどん値上がりしているそうだ。ますます買えなくなるな。
 モンベルのレィンウェアの下を購入。9800円だ。上は貰ったストームクルーザーだが、下は薮漕ぎもするので厚手の、レインダンサーにした。
 妹もレインウェアの上下を購入した。ポンチョはあるが、荷物の少ない時は、やはりレインウェアが良い。
 オレンジのウェアは目だって格好が良いな。
 私は上がモスグリーンで下は同じのが無かったので、黒にした。
 昼からは本作り、1冊1000円で6冊だから気合いも入る。夕方までに製作も終った。
■ 12月22日(土) ■ 年1回の忘年会
NO FHOTO  会社を退職したら、忘年会が極端に無くなり、元会社のOB会のみになった。
 それでも集まるのは何時も6人程度。それぞれが高齢になってくるので、一番の話題は病気の話になる。
 今回も元気そうだったK氏が心筋梗塞で倒れて死ぬところだったと言う話しが出て来た。
 救急車で運ばれて事なきを得たので良かったが何時こんな話になるかは分からない。
 会費は4000円だが飲み放題。それでも量的には大した事は無い。
 私は飲む方だから、ビール2杯と酒3〜4合いってしまった。
 それぞれの一年間の出来事などを話した。その席で以前から購入すると言っていたTさんがCDを買って貰えた。さらに本が欲しいとSさんが言うので、それじゃ特別作ろうかとなり、6冊買ってくれた。
 やはり本の方が見やすいのだが、自主出版したいが金額的には相当、厳しいので無理だ。
 帰りのOさんが奢るから一緒に行こうとスナックに入る。スナックは本当に久しぶりだ。
 そこに来た御夫婦の奥さんは連れて来てくれたOさんは当時の主任で、私はそこの現場のエンジニアだった。
 Oさんは当然知って居るが私は全く知らなかった。彼女は知っていたそうだ。
 そんな事から盛り上がり、歌も歌ってすっかり気分を良くして帰宅。
 連日、夜の町に繰り出している。
■ 12月21日(金) ■ クリスマスファンタジ&パル

花火も打ち上げられた

あちこちにイルミネーションがある
 妻と妻の妹と私の3人で夜の町に出る事になった。最初に行ったのは、湯川の市で運営している熱帯植物園。沢山のツリーにイルミネーションをしている。夕方からは入園料が無料なのだ。そこで妹と待ち合わせる事になった。
 家からどんな方法で行くかと話したら、妻はバスで行く、私は歩いて行くと相変わらずすれ違い夫婦だ。
 45分歩いた。気温はマイナスなのに、体はぽかぽかになった。着いたら妹が既に来ていて一緒にイルミナーションを見て回る。個人の作品なのだが、皆似ていて20個暗いあるツリーは大きな差は無かった。
 施設内の猿公園では50匹くらいの猿が温泉にどっかり浸かっている。みんな顔はうっとりし、真っ赤にしている。
 ここを出て明治館のクリスマスファンタジィーにバスで向う。函館駅で歩いて会場に向ったが、後、500mくらいというところでバスが居た。
 運転手さんに聞いたらシャトルバスで会場まで行くと言うので乗る。
 バスは直ぐに発車したが、何と反対方向に走る。え〜と思ったが、既にどうしょうもない。函館駅に着いてしまった。
 運転手さんに聞くと、明治館には行くと言う。バスは更に走り、函館市役所、ロープウェイ、弁天と会場には程遠い所を回って、ようやく会場に着いた。
 歩けば10分くらいで着いたのに・・・。
 でも点灯式には間に合った。今回は明日函館で挙式する横浜のカップルだった。
 点灯と同時に花火が上がり華やかだ。ここから繁華街まで歩く。そして今日の最大の目的は大門横丁の屋台村でのパル祭だ。
 500円で好みの店に入ると、飲み物とピンチョー(つまみ)が出る。26店舗それぞれが、メニューを作っていてそれを見ながら梯子をする。
 最初は何処に入ろうかと迷う。最初は「蟹屋」に入った。雪中玉子焼、いかの西京漬け、手羽先ピリカラ煮がつまみだった。それに日本酒1合を注文。
 ママさんの会話も楽しく良い店だった。お客さんとも会話が弾む。
 次に、「ヤマタイチ」ここのチキンソティとクリームチーズ和えはボリュウムたっぷり。
 次は「柏や」揚げたての天婦羅とビール。最後は「カリビアン」店のお兄ちゃんに呼び込まれた。
 ここで2軒目に居た人と再会。またまた話しが弾む。これで4件目。スタンプを4個貰ったので、提出すると500円のデパート商品券と抽選券が貰える。結局1500円でお腹一杯で、すっかり酔った。それでも最初の店にもう一度行って少し飲む。又途中で会った人と出合った。
 この様に凄く楽しい、客同士が話合えるし、安いし年に数回くらいのイベントだが、来月もあるのでまた行こう。
■ 12月20日(木) ■ 求められる観光、感動体験

完成した本

ANA「感動案内人」プラン
 WEBにも載せている、土方歳三「蝦夷の道」トレッキングの旅日記を本にした。
 やはり本にした方が、気軽に見やすいと言う事もある。さらに本作りのノウハウがだんだん増えて、本作りの楽しさに嵌ったと言う事もある。
 今回は2冊完成させた。プリンタが調子悪く、印刷で手間取ったが、良い出来栄えだ。
 両面同時プリンタがあれば、早く出来るが・・・・。

 函館ハーバービューホテルで行われた、タイトルのセミナーに参加した。
 夜の町に出るのは久し振りだった。当初歩いて駅の近くにある会場に行こうとしたが、少し歩いて、何で歩くの?と気が付き、家に戻りママチャリで走る。雪は全く無く快適だ。気温は0度くらいだが、寒さは余り感じない。
 定員100名の会場は満杯になった。どんな人が来ているのかな? やはりホテルや観光業者が多いのだろうな。私みたいなフリーの人は居ないだろうと思われる。このセミナーの開催を新聞で見たとき何か感じる所があって参加したのだ。
 最初のプレゼンターはANAセールス(株)の田村氏だった。
 現在の観光客の状況は2002年に60%を越えていた団体観光客が、大幅に減少し、2006年では個人旅行の体験志向・本物志向が60%を越えるようになった。そこでANAは2人以上からの、個人客を受け入れ、飛行機で現地に行き、ホテルを予約し、その後は「感動案内人」を現地に置いて、その人が案内する。
 旅は見て、食べてから、人とのふれあいにあり、そこに暮らす人の語るリアリティが旅の感動を印象深くすると言うものだ。
 私も旅の経験から、最終的には人とのふれあいだと言う事は十分体験しているので、話は面白かった。
 このアイデアで国内旅行部門・募集型企画旅行でグランプリを受賞した。
 今年始めた事業だが、人気は上々で、今後も力をかなり入れていくそうだ。
 問題で上げていたのは、現地の「感動案内人」が少ない事だそうだ。
 函館も行政や観光協会からの、紹介が少ないそうで残念そうだった。
 函館は歴史が豊富だ。私の取り組んでいる、箱館戦争や土方歳三に関する人気は根強いアイテムだ。
 以前土方歳三ファンを案内した事があった。マニアックな案内に感動していたし、今でも案内依頼が来る。ガイドブックには載っていない場所を知っている事が、マニアには魅力的なのだろう。
 自分自身もガイドの取り組みを考えていたので、今後マイプランを提案して、「感動案内人」を目指すのも一つの選択肢かなとも思う。
 資格も要らなく、熱意があればOKだそうだ。無料ボランティアは使いたくないそうだ。お金をきちっと取ってやる方が、勉強はするし、レベルが高くなるとも言っていた。今まで一人で色々考えていたが、何かの接点が生まれそうだ。
■ 12月19日(水) ■ 図書館へ
NO FHOTO  今日は妻も外出するのと、私は本の作成に熱中するので、暖房費の節約も兼ねて、北斗市の図書館に行く。ここはパソコンが使えるのでありがたい。
 本当は直ぐ近くに図書館が有るのだが、そこは使用禁止という事で使えない。
 午後3時まで熱心にキィボードを叩き完成した。その後は何時もの、旧道調査をする。
 古い書物を徹底的に見て、その絵の中に書かれている、旧道を見つける。
 今回は3件ほど新しい資料が発見できた。問題はこの後なのだが、絵と現在の道とは一致しない。
 それを現地を見ながら探り当てると言う、時間のかかる作業が待っている。
 今日は資料の写真撮影で終了。又改めて調査をする事になる。
■ 12月18日(火) ■ 初滑りだ〜ぃ
NO FHOTO  家の仕事が何かとあって、スキー場オープンは15日だったが、まだ行っていなかった。
 シーズンオープンの土日は混んでるから行く気も無かったが・・。
 バーンは荒れていて、石か何かも出ているだろうと考え古いショートスキーを持って行った。
 コースは1番下のコースが1本のみオープンしていた。このコースのリフトはかなり遅いので効率は可也悪い。
 まあシーズン初めなのでこれで良しとするか。バーンはアイスバーンはあるものの石は出ていなかったので、ばんばん滑れる。
 きょうぎを競技を始めてから、アイスバーンは余り気に気にならなくなった。
 何本か滑ってリフトに乗って上がった。前にはヘルメットを被っている男性が乗っている。リフトも終点に近づいたのだが、足を乗せている、バーを上げる様子が無い。どうするのかな?掛りの人も何も言わないので、そのまま下り口に付いて、ズズーと下に足の乗っているバーが引っかかった。
 係の人が足をどかせて、バーを上げようとしたが、しっかり噛んでなかなか上がらない。
 その内、思い切り上げたら、バーンと音がしてストックが真っ2つになった。
 バーにストックが挟まっていたのだ。気まずい雰囲気になった。男性は係の人に文句を言うわけでも無い。係の人も何も言わずに、時間が過ぎるのを待っている?感じ。
 その内男性は、リフトから離れたが、何か面白くなさそう。それはそうだ、カーボンの高いストックなのだ。
 その後どうなったのか????
 最初は軽くやろうと思ったが、段々調子が良くなりすっかり飛ばしてしまった。
■ 12月17日(月) ■ HPのデザイン変更
NO FHOTO  何かHPがごちゃごちゃしてきたので、デザインを変えた。簡単に出来ると思ったが、アップやリンクの変更に時間が掛り、結局一日中パソコンに向って作業していた。疲れた〜
■ 12月16日(日) ■ 冊子「静岡まで車を運んで〜完成」

完成した冊子
 最近は冊子つくりに励んでいる。段々要領が良くなったので、作成はスムースに行くようになった。
 今回作ったのは、熊野古道の冊子の前後の旅を纏めた。
 表紙は今まで厚手の紙が手に入らなかったので、画用紙を使っていたが、印刷精度が余り良くない。
 何か無いかと探したら、厚手のマット紙があった。これは写真用なので綺麗に印刷が出来る。
 今回はこれで表紙を作成した。富士山が表紙なのだがなかなか綺麗に印刷出来た。
 CDだと簡単に見れないが、冊子だと直ぐに手にとって見れるので、やはり冊子も捨て難い。
 午後からはクラブワールドカップサッカーを見る。3位決定戦でレッズはPK戦を制して勝った。今回は大健闘だろう。今後の日本サッカーが楽しみになる。
 夜はACミランとポカジュニア決勝戦。内容の濃いゲームで目を離せない。華麗なテクニック、そしてスピード、どれも素晴らしかった。何よりも点を取ろうとする執念が凄い!
■ 12月15日(土) ■ 旧道調査&温泉
NO FHOTO  今日も旧道調査に出かけるとなったら、妻が、今日も七飯のアップル温泉に行きたいと言う。
 私が調査している間、温泉に入っているとなり、妻を温泉まで送って行き、調査地点の上磯の矢不来に走る。
 福山街道の調査なのだが、先日かなりはっきりしたが、後少しが分からなかった。そこで反対側から入る事にした。
 あちこち探したら、旧道らしい道が見つかった。その道を言ったら、先日出て来た場所が見えた。
 これは一発で見つかったと思ったが、高速道路工事の真っ最中で、中に入れない。
 仕方がなく、調査は諦める。高速道路建設が一段落しないと、調査は難しい。
 それでもほぼ予測が付いたので満足だ。ロシアのゴローニンが松前に連行される時に、矢不来台場の前で、急斜面を登ったと言う、記事の内容に合ってい
る地形だ。
 終って温泉に行く。今日は土曜日なので、やはり混んでいた。確かに50円は魅力的だ。
■ 12月14日(金) ■ 温泉が50円!
NO FHOTO  新聞に七飯のアップル温泉が50円と出ていた。温好きにとっては見逃す手は無い。
 途中のスーパーで今日の宴会の材料を購入し、温泉へ。相当混んでいるかと思ったが、それ程でも無く、休憩室もゆったりしていた。
 のんびりと入って、持参した弁当を食べて帰る。家に帰って今日の宴会の準備をする。
 今日は「ほうとう鍋」だ。準備を終えて部屋に居たら、妻からお客さんだよと声が掛る
 降りて言ったら、新聞で記事を見ましたとの事。自分も自転車をやっているんで、是非会いたかったと、ありがたい。
 ゲストハウスであれこれ話しをする。普段はロードレーサーに乗っている。68歳の方だった。
 わざわざ来てくれるなんて,ありがたいな。

  夜は宴会の前に、打ち合わせをした。松前の原口小学校が来年廃校になるので、社教の最後の冊子を作る事になった。担当予定の元校長がガリ版で作ると言っているが、今更ガリ版は大変だ。
 他の方法を考えようとなった。具体的には再度打ち合わせになった。
 私も、難所願掛沢の原稿を依頼された。
 その後に宴会開始。話は松前の観光事業をどうするかになった。
 今松前は、桜、松前城、桜松街道くらいしかない。その中でも江差〜松前間は何も無くて、観光バスの乗客は殆どが寝ているという、退屈地帯なのだ。
 そこで原口の旧道を何ならかの形で、紹介したい。 そのための、道の駅的な建物の建設や道の紹介などをして、出来れば道の整備をして、歩いて貰う事をやろうとなった。
 今後関係部署に説明し、実現に向けて動いて行く。
 道の関係は私が担当する。
■ 12月13日(木) ■ ママチャリで町を走る
NO FHOTO  タイヤ交換の際、自宅に2台の車が来てしまったので、置き場にふ自由していたので、桔梗の妻の実家に預かってくる。 
 ママチャリを積んで行ったので、帰りは町の中をぶらぶらする。
 チャリに乗れば意外と暖かい。気温は2〜3度だろうが、少し飛ばすと汗ばんでくる。冬も良いものだなと思っていたら、後輪がスリップ。
 やはり雪道にママチャリのタイヤだと滑る。しばらく行っていないリサイクルショップに行くが、目ぼしい物は無い。
 最近のリサイクルショップはサプライズ製品が無くなった。価格もそれ程安くないものも多い。

 夜はクラブサッカーを見る。レッズ対ミランも試合だ。前半は何とか0対0で頑張ったが、後半に1点取られて万事休す。
 それにしてもミランのエースのカカは凄い。レッズの選手がスピードに付いていけない。
 やはりヨーロッパチャンピオンだ! 
■ 12月12日(水) ■ ようやく完成
NO FHOTO  ようやく今回の旅日記が完成した。やはり1ヶ月分の日記を整理するには相当な時間が掛る。
 今回は小冊子もミニ写真集も作ったので特に時間が掛った。
 夕方には温泉に行って、のんびり浴槽に浸って過ごした。やはりストレスの解消には温泉が一番効くな。
 温泉に入っていろいろ物思いにふけっているのが大好きだ。
 今度は何をやろうかなとか、色々な事を考えていると何か良いアイデアが浮かんでくる。
 入浴を終えて、休憩室で資料の調査をする。妻の入浴時間が長いので、いつも資料は持って行く。そうすれば幾ら長く入っていろうが全く気にならない。
 珍しく隣の席の人も書類を出して仕事をしていた。
 その向いでは上長らしい人が寝ている。随分熱心な人なのか、仕事が間に合わずに仕方が無く、やっているのか分からない。
 その内、向いの人が欠伸をして起きて来た。お〜コーヒーでも買ってこいよ。との言葉に彼は急いで自販機に向い買って来た。こんな事で人を使うなよな。
■ 12月11日(火) ■ 天狗山調査登山

弾薬庫跡なのか?
 閉じこもり生活に疲れたので、今日は天狗岳に登り、幕末の土塁の調査をする。
 天狗岳は土方歳三が、明治2年の二股台場山で、新政府軍と戦った時の、前線の仮台場と言われている。戦いでは敵の攻撃にあっさり引き上げて、おとりの基地では無かったかとも言われている。
 昔の絵には土塁が書かれている。今日はこの土塁を探そうと言う訳だ。
 大野ダムの入り口に車を置いて歩いて行く。旧道の入り口から山の方に登る。
 少し登ると、掘れた個所が何箇所も出てくる。この場所は旧道が見える絶好の場所なので、土塁でないかとは推定されるが、まだ確実では無い。
 旧道を降りて行ったら、人工的に掘った跡がある。この感じは大野の弾薬庫。矢不来の弾薬庫と同じ感じになっている。
 ここに弾薬庫があってもおかしくは無い。山の調査も終わり、旧道を下る。
 途中沢を渡る個所などもあり、難儀したが、途中で道ははっきりしなくなり、川に出た。
 浅い川を渡って、国道に出た。そこは当時の旅籠があった場所だった。
 ここの旅籠から山に入ったんだという、イメージが湧いてきた。
 今日はここで終わり、帰る途中友人の家に寄って、しばらく歓談。
 帰りに、彼の娘が使っていた、フリースタイルスキーを貰ってきた。
 彼女は今、カナダに在住し、アドベンチャースキーをやってて、雑誌などに写真が掲載されている。
■ 12月10日(月) ■ 閉じこもり生活
NO FHOTO  まだまだ家に閉じこもっている。外に出たのは、郵便局に追加の年賀状を買いに行っただけだ。
 年賀状はようやく印刷が終えた。今回は住所録を整備したので、時間が掛ってしまった。
 旅日記はあと1日でアップ出来そうだ。

 旧道で世話になった、原口の佐々木さんから電話が来て、今年の春に廃校になった、原口小学校の記念誌を社会教育委員会で作る事になったので、毛利さんにも小砂子山道の執筆を頼みたいと来たの、OKする。

 他に座談会もやりたいと言うので、ゲストハウスで決定。元開発建設部部長や元原口小学校校長などが集まり、原口を熱く語る。

 世界一周チャリダーの小口くんからメールで早めのクリスマス&年賀が来た。明日から台湾に入るので、早めにとの事だった。
 これから世界に出る若者は礼儀正しい。6年間10万キロか?彼が帰る事は、私は70歳になっている。どんな姿になっているのかな。
■ 12月9日(日) ■ 小冊子完成
NO FHOTO  小冊子が7部完成した。プリンターが両面出来れば早いのだが、その機能は無いので、いちいち裏返しにして印刷するので手間が掛る。
 でも本の作り方は早くなった。何度も作るうちにノウハウが出来、改良も加えたので、簡単に出来るようになった。
 後は印刷の品質かな。古いプリンターンなので、印刷品質は良くない。2400dpi×1200dpiなのだ。
 今は9600dpi×4800doiにもなっている。それよりも両面印刷は、本を作る時には最高だな。単純に時間が半減出来る。
■ 12月8日(土) ■ 熊野古道の小冊子製作
NO FHOTO  熊野古道の旅日記の小冊子を8部作ったのだが、あっという間に無くなってしまった。
 それじゃまた作ろうと、追加で7部の製作を初めた。
 プリントしながら、静岡旅行のHPを製作と、ストレスが溜まる仕事ばかりだ。
 プリンターは赤い線が出ていたので、交換かなと思っていたのだが、それでも我慢して使っていたのだが、ある時、紙が詰まってしまった。ショックがあったのか、その後に赤線が消えてしまった。
 良かった。この時ばかりと、年賀状を一気に印刷してしまい、熊野古道の小冊子も一気にプリントアウトしてしまった。
 これで一息つける。
■ 12月7日(金) ■ HPのアップ
NO FHOTO  静岡への旅をHPにアップする作業を行っている。結構なばボリュウムなので、時間が掛る。
 夕方まで仕事をして、温泉に行く。久し振りの温泉は気持ちが良かった。
 毎日部屋に閉じこもって、同じような仕事をしている。
 早くスキーにでも行きたいな。15日にはオープンする。
■ 12月6日(木) ■ 今日も雪だ!

こんなに積もった

雪の福山街道・・土方も通った
 朝起きたら雪が10cmくらい積もっていて、まだ雪は降っていた。嫌だな雪かきか?・・とは思わない。
 張り切って雪捨てを始める。まだ誰もやっていない。
 ママさんダンプを走って押す。トレーニングだと思えば楽しいではないか。普段トレーニングに行けない分、雪かきでやるんだと思えば嫌では無い。
 目一杯やったら、汗をびっしょりかいた。これも気持ちが良い

 終って着替えて、車で出発する。行き先は箱館戦争の激戦地の矢不来台場だ。
 昨年も行ったのだが、夏だったので写真には雪が無い。土方が明治元年の進行時には道は雪に覆われていたと推定される。
 矢不来台場の近くを通る福山街道の雪景色を撮っておきたい。
 台場への急斜面を登って福山街道に出る。ここから函館側に歩く。雪が結構積もっているので、途中の道ははっきりし無いが、高速道路の工事現場に出た。
 前に行った時は、そこで終わりで入れなかったが、工事もかなり進んで、人も居なくなり、あちこち歩ける。前回分からなかった函館側に降りる道も、何となく分かった。旧道に良くある、人の歩いた場所が掘れているので、道だと分かる。永年の経験から割り出した。下り斜面は良く分からなかったので、そこまでで戻った。
 茂辺地側の福山街道は200mくらい行ったら、高速道路の工事で全く地形が変わり道は消滅したようだ。
■ 12月5日(水) ■ 猛吹雪だ!
NO FHOTO  朝起きたら雪が降っていて5cmくらい積もっていた。 朝食は昨日の残りの天婦羅を温めて食べ、直ぐに除雪に取り掛かる。
 ママさんダンプを走って押せば、良い運動になる。何事も前向きに楽しまなくちゃ。
 
 中学校の同窓会に入らないかと進められたので、入る事にする。年会費1000円だし、新しい交流が生まれるかも知れない。郵便局に行こうとしたら、もう雪が積もっている。本日2度目の除雪をする。終ったら義理の妹が来たので家でコーヒーを飲みながらお話する。
 昨日習ったスープカレーを持って来てくれた。彼女のスープカレーは本当に美味しい。食材も良いが、カレーも香辛料が色々ブレンドされている。
 
 プリンターを見に量販店に行く。2軒回ったが大差無し。それにしてもインクが高い。本体の1/3はする。
 それ程大きな印刷はしないのだが、やはり解像度の良い物が欲しくなる。するとインクも高くなる。
 不調のプリンターを資料などの印刷用に取って置こうかな。
 写真や正式な書類のみ良いプリンターを使おう。購入はまだ決めれない。
 まだ雪が降っている。随分降る雪だ。
■ 12月4日(火) ■ 荷物の発送&年賀状の作成
NO FHOTONO FHOTO  今日は真冬日になる。灯油は値上がりして1リットル99円になったそうだ。先月の末に満タンに入れたので、しばらくは持つが、それでも節約をしなければならない。
 妻は寒がりだから、自分の部屋のストーブは温度を下げて焚いている。私は一杯着込んで仕事をしているが、元来寒がりでは無いので、ストーブを焚かなくても大丈夫だ。

 上にダウンを着込んでいれば寒くは無い。寒かったら1枚追加すれば良い。
 これならストーブ無しでも行けるかも。昔の北海道開拓は粗末なわらぶきの家で、火を焚いて冬を越した。
 今は家も良くなっている。死なずに過ごせるじゃんと今日1日はストーブなし。

 夜はモンベルの冬用寝袋に入って寝る。これは暖かい。ぽかぽかで申し分ない。着ているのは薄い長袖で下はパンツ1枚だ。
 軽いし病みつきになりそうだ。もっと寒くなったらテントを張ってフライを掛けて寝るかな。
 キャンプを思い出し、楽しいではないか。何事も前向きで考えよう! 贅沢になった生活を見直すチャンスかも・・・。

 雨も雪も楽しい。寒いからスキーが出来るので、楽しいではないか。

 今日土方歳三のCDを家まで購入に来てくれた。野宿野郎も買ってくれた。有り難い。嬉しくって「苦行の熊野古道詣での旅」の小冊子をプレゼントした。
 一生懸命、頑張ってやれば何かが変わる。自分も変わる。

 熊野古道の報道で、あちこちから電話やメールが来た。本当に嬉しい。ここから新たな展開が始まる。
 スーパーに行ったら、知らない人から声掛けられた。新聞張っておくよって・・・・。輪がどんどん広がる。旅で世話になった人へのお礼の旅日記小冊子と写真集も完成した。
 朝からダンボールに詰め込のだが、ダンボールもスーパーから貰ってきた物をばらして、又箱を作るという作業に時間がかかった。
 午前中には完成し、発送を終えた。

 午後からは年賀状作りに取り掛かる。我家の年賀状は3種類作らなければならない。私用。妻用、毛利家用となる。
 それぞれの相手によって出す年賀状が異なる。私の友達には私の年賀状。妻の友人には妻の年賀状。親戚などは毛利家の年賀状になる。
 妻は自分の年賀状も全て私任せだ。文書まで私が作る。チエックに持って行くと、良いよで簡単に終わり、もう少し自分の文書で書けば良いのにと思うのだが・・・。
 印刷しようとしたら赤い筋が入る。クリーニングやギャップ調整をやっても消えない。
 参ったな。WEBで調べたら、エプソンのPMシリーズには良くある事で、モーターのトラブルだそうだ。
 メーカ−に修理に出すしかない。1万円は掛るそうだ。古い機種に1万円掛けるのか新しいのを買うのか、判断に迷っている。
■ 12月3日(月) ■ しゅうたくからのメール
NO FHOTO  世界一周チャリの旅を続けている「しゅうたく(周藤卓也)」から久し振りにメールが来た。

 ご無沙汰です。オーストラリア一周して、今5カ国目マレーシア南ジョホール(706日目、22200km地点)です。ちらちらとも〜さんのサイトを覗いてます。

 >>ゲストハウス

 是非見てみたい。旅を終えてからの夢が、チャリダーハウス(安宿)を造りたいと思う昨今で。振れ取り台とか置いたらたまらなくないですか?出来たら是非遊びに来て下さい。おそらく九州なのですが。

 >>土方歳三

 なんだか活躍されているみたいですね。最近、東ティモールディリで司馬遼太郎の「燃えよ剣」を読んだ物だから驚いてます。

 旅に出て二度目の冬が来ますが、今年もまた暑そうです。函館は冷え込んで来るの
ではないでしょうか?お体には気をつけて。

                 周藤卓也
 
 自転車日本一周の際、我家に宿泊しその後、世界一周に出ている。10万km、6年の旅を続けている。
 まだ22歳の若者だ。小さい時からこずかいは一切使わず、バイトも2ヶ所くらい掛け持ちでやって、旅の費用(1000万円)を溜めた。凄い頑張り屋だ。
 私より小さい体で、荷物満載の自転車で世界を走っている。

 他にもう一人我家に泊まった、広大が世界を自転車で回っている。皆頑張っている。

 良い刺激になる。
 
■ 12月2日(日) ■ イカ売り&修理

新鮮なイカ刺し
修理も終わり無事点灯した
 函館の海産物の漁獲量の一番はイカである。イカはスーパーでも比較的新しいものを買えるのが函館の良いとこである。
 昔イカはリヤカーで売りに来た。おばちゃんの「イガ〜イガ〜」の売り声は昔から馴染んでいた。
 ここしばらくはイカ売りは姿を消したのだが、ここ2年くらい前からイカ売りが来るようになった。
 リヤカーではなく、軽四輪でやってくる。売り子も車だけに昔のおばさんよりは若くなった。
 家の近くに7階建てのアパートがあり、そこの前に売りに来る。朝早いのでスピーカーから売り子の小さい声を聞いて、ダッシュしないと間に合わない。
 妻の部屋が南向きで、イカ売りの方向にあるので、イカ売りの声が聞こえやすい。時間が近づけば妻は着替えて待っている。そして声と共に飛び出して行く。
 ここしばらく来ないなと思っていた。イカが獲れていないのかなと思ったらやって来た。
 そして妻は買ってきた。勿論まだ生きている。包丁を入れるとき、ギッと云うような音を発する。正に生きているのだ。
 活きの良い刺身は美味しい。皿の柄が透き通って見える。そして値段もかなり安い。
 今年来た旅人は随分この恩恵にあずかった。提供する側も喜んでもらえるので嬉しい。

 妹のクリスマスイルミネーションの電線を犬がかじってしまった。その修理をする。
 修理をしたが、一部が点かない。それにコンセントに差し込む時にかなりの火花が出る。おかしいな、そんなに容量は大きいのだろうかと思っていた。
 妹に点いていたのかい?と聞いたら点いていなかったそうだ。
 調べたらコントローラーが効いていない。防水性が悪いので外で使った際、水が浸入したんだろう。
 コンとローラーを外して連続点灯のみにするよとの了解を貰って修理。
 火花も出なくなって無事点灯。
■ 12月1日(土) ■ 旅日記及びミニ写真集完成!
 熊野古道から帰って来て、旅の中でお世話になった人に御礼をしたいので、自作の旅日記やミニ写真集を作っていたがようやく完成した。
 本の作成は「土方歳三の道」で作って以来だが、段々作るのが上手くなってきた。
 何事も繰り返してやっていれば色々なノウハウが出来て出来栄えや製作時間も短くなる。
 写真集は初めての製作だが、なかなか良く出来たなと思う。

<<前月へ     翌月へ>>

ホームページトップ