■ 11月29日(木) ■ 新聞記者は元チャリダー

包帯が痛々しい
 今日、北海道新聞の取材を受けたのだが、その記者は何と、昔はチャリダーだった。 
 日本一周を初め、香港、中国などを走っていた。話はすっかり弾み、取材なのかチャリの話なのか分からなくなって来た。
 チャリに乗ったいきさつから、これまでの経歴などをお互いに話し合って、楽しい一時となった。
 結局取材は1時間を超えて終了した。ゲストハウスも気に入って、来年の春の取材も行うことで決定した。

 この日の夕方に妻の愛犬モモに噛まれる。そばに来たから、背中を撫でようとしたら、いきなりがぶりとやられた。歯の跡が5ヶ所付いた。消毒して薬を付けたがずきずきして痛い。
 妻の話では、私の所に来たのではなく、後ろにあったお酒の匂いにつられて来た所、背中に触ったので噛み付いたいう。
 この犬は食料を食べようとする時手を出すと必ず噛まれる。
■ 11月28日(水) ■ MAXのタイヤ交換&灯油を入れる
NO FHOTO  旅に出てて出来なかったMAXの冬タイヤ交歓を桔梗に行って終える。もう舗装が出ているので夏タイヤでも走れる。帰りに灯油を7缶購入して、ホームタンクに入れる。一番安い灯油は配達しないので、自分で入れるしかない。
 終って熊野古道の旅日記をまとめる。今日北海道新聞に取材の依頼申し込みを行ったら、OKの電話が来た。明日取材を受ける。
 何事も積極的にやれば色々な展開が起きる。旅日記も完成してプリントする。家庭用のプリントは時間が掛るな。
 それでも今回世話になった人へのお礼として小冊子を作っている。これに写真集を付けて、これを今回のお土産にする。
■ 11月27日(火) ■ 熊野古道の旅日記の整理
NO FHOTO  旅日記を早くまとめて小冊子にする作業をする。朝の3時に起床。それから延々と夕方の4時まで13時間キィを叩いて99%は完成した。
 目もしょぼしょぼで、早く飲んで寝たい。
■ 11月26日(月) ■ 函館に戻る
 函館に戻る。気温も上がったので道は完全に完走していて楽に走れる。
 途中食事を1回しただけで連続運転で函館に到着。疲れた〜。
 食事後バレーを見ていたが9時で目一杯だ。倒れるように布団に入る。
■ 11月25日(日) ■ ファン感謝ディ
 札幌ドームでのファン感謝デイは朝早く行かなくてはならない。7時過ぎには家を出て、途中でドライブスルーでマックを食べながら到着。
 ドームには相当の人が並んでいた。1時間くらいで開館。席は上の方だったが5人がならんで座れた。
 どの位の時間やるのかと思ったら、10時30分から15時までとかなり長い。
 抽選での選手との撮影会、サイン会、さらには紅白障害物競走、キックベースボールなど内容は盛りだくさん。
 クライマックスはヒルマン前監督のライブ。BBの演奏に合わせて3曲を披露。なかなか歌も上手い。
 その後田中幸雄選手の引退セレモニーがあり、感動の場面だった。背番号の6に因んで6回の胴上げが行なわれた。
 そして最後は梨田新監督の挨拶で終了。来年もV3目指して選手、観客と一体感があって、良いファン感謝ディだった。
■ 11月24日(土) ■ 優勝パレード
 朝は4時頃からパソコンのキィを叩く。熊野古道の旅日記の纏めだ。居間に出て来ないので孫の瑞葵が部屋に入ってくる。お早う!と元気娘だ。
 パレードは11時30分に終るが、その解散場所付近で待つ。交通制限が掛ったら運良く新しい、見学スペースを作ってくれたので一番前に場所が取れた。そしてパレードがやって来た、先頭はオープンカーに乗ったヒルマンと誠だ。
 その後にも、ぞくぞくと選手が乗った車が来て、ビルからは紙吹雪我舞い散る。
 僅かの間だが満足して家に帰る。今までは抱っこしていた、瑞葵も家から大通りまでは自力で歩けるようになった。どんどん大きくなってくる。
 夕方温泉に行くが、札幌は何時行っても人が多い。帰って私がほうとう鍋を作る。料理は楽しい。
■ 11月23日(金) ■ 札幌に行く
 娘から旅の終わりになって、何時札幌に来るのと何度も言われていた。
 札幌で日ハムの優勝パレードとファン感謝ディがあるのだ。特にファン感謝ディは倍率が高くて入手が困難であるのを4人分確保出来た。
 朝の10時には家を出るが30分も行ったら、お父さん忘れ物!
 娘の旦那に渡す誕生日プレゼントを忘れていた。家に引返しプレゼントを積んで再出発。
 所が帽子を忘れたと留まることを知らない。お互い忘れ物が多くなる年だから、きつくは言えない。
 帽子はたまたま札幌のスーパーに居た、娘に購入して貰う事で何とか決着が付いた。
 道も良かったので順調に走ったが、娘が夕方5時頃家に着くと言うので、途中洞爺湖温泉でのんびり風呂に入ってから札幌に向う。
 夕方無事着いた。夕食は秋田から買ってきたきりたんぽ鍋を食べる。
 珍しく娘夫婦も缶ビールを飲んだ。私は早めに布団に入る。
■ 11月22日(木) ■ 遅れた冬準備
NO FHOTO  まさか今時期こんなに雪が降るとは思わなかったのでタイヤ交換はしていない。
 家に置いているMAXも夏タイヤで、全く走れないので、桔梗の家に置いてある、フレンディのタイヤ交換をする事にする。雪タイヤが桔梗にあるからです。
 足は無いのでバスで桔梗まで行き、タイヤ交換は無事終了。
 その後、100円ショップでCDを郵送するための、クッション封筒を購入、さらに函館市地域交流まちづくりセンターに行く。
 先日行われた「第3回世界に一冊だけの本・展」に出品した本を受け取りに行く。
 係の女の子に、も〜さんの事は色々聞いているんえすよと言われた。
 誰かなと思ったら、原口の佐々木さんが言ったらしい。
 本を受け取ったら、当日私の本を見た方からのメモが入れられていた。
 内容・・・・・
 「初めまして。私は世界に一冊だけの本・展」に立ち寄り、偶然も〜さんの本を読ませて頂いた者です。私は今自転車日本一周の旅をしていて、日本一周を達成された後も、さらなる旅へと挑戦し、1冊の本を完成させた、も〜さんの底知れぬ情熱に深く感銘を受けました。
 これから先、幾多の困難が待ち受けているであろう自分の旅を後押しする勇気を、も〜さんの本から頂きました。
               H・Y(実名略)
 
 こんなに感動して頂いて嬉しいな。1%の確立があるなら前へ進もう。何もしなければ0%でしかない。
 ドキドキで販売したCDも今日2枚売れた。九州・函館から注文があった。これも嬉しい。
 野宿野郎も5冊売れたので嬉しい。何か行動を起こせば何かが生まれる。
 
 明日は札幌だ! ファイターズ優勝パレード、ファン感謝ディに行く。
 途中の八雲は観測史上最高のこの時期50cmの雪が降った。
■ 11月21日(水) ■ 函館帰還
NO FHOTO  1ヶ月に及ぶ旅から帰ってきたら、函館は真っ白な雪で一面が覆われ、真冬になっていた。
 着てるものは、本州の旅の仕様で寒い。気温のギャップに北海道って厳しいんだとつくづく感じる。
 帰って温泉でも行くかなと思ったていたが、タイヤは夏タイヤのままで全く走れる状況では無い。
 それでもバスで出かける! と100円バスに乗り温泉に行く。
 今回の主目的の熊野古道をMTBで制覇するっと言う計画も達成できた。きつかった熊野の山越えを思い出しながら、ゆったりと1時間半も温泉に入っていた。

<前月へ     翌月へ>>

ホームページトップ